Gakki さん プロフィール

  •  
Gakkiさん: 生きづらさからのエクソダス
ハンドル名Gakki さん
ブログタイトル生きづらさからのエクソダス
ブログURLhttp://exodus21.xyz/
サイト紹介文認知行動療法と自助グループによる、ベンゾジアゼピン(抗不安薬・睡眠薬)依存症からの回復の軌跡。
自由文若い頃から社交不安障害(SAD)、うつ病、HSP、アダルトチルドレンの問題に悩まされ、20代にはベンゾジアゼピン(抗不安薬・睡眠薬)依存症に陥りました。
現在は認知行動療法とマインドフルネス、そして自助グループへの参加により、断薬して5年が経ち回復の道を歩んでいます。
この体験をシェアしたいと思い、回復に関する情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/08/19 10:47

Gakki さんのブログ記事

  • パワハラを受けたトラウマに未だに悩まされる
  • 一昨日からかなり調子が悪く、どうにもイライラと落ち込みがひどかったので、けっこう迷ったのだが昨日はACAミーティングに行ってきた。いつものことなんだが、行く前は最悪の気分で「行ったってどうせ何も変わりっこない」と思っていても、実際に会場に着いて、自分の抱えている問題を話して、仲間と他愛のないお喋りをしていると、不思議と帰る頃には結構スッキリしていることが多い。何年もミーティングに通っていていると、今 [続きを読む]
  • バイクの積載量アップ!DEGNER(デグナー)のサイドバッグは超便利だった
  • バイク乗りにとって、サドルバッグ選びは重要だ。バイクの車種にもよるが、例えば私が乗っているエストレヤのようなネオクラシックタイプのバイクは、荷物を載せるスペースがほとんどないので、必然的にリアキャリアをつけるか、サドルバッグを取り付けるしかなくなる。ただバッグを取り付ければいいというわけじゃなくて、見た目とか機能性、防水性にもこだわりたいところだ。DEGNER(デグナー) のサドルバッグ「NB-1」は購入して [続きを読む]
  • 【先のことで思い悩むな】「今日一日だけを生きる」という考え方
  • 世の中に「心配性」と言われる人は結構いると思うが、自分もご多分に漏れず、何か環境や人間関係が変化したり、はじめて挑戦することがあると、ものすごく不安になるタチだ。こういう現象のことを仲間内では「先取り不安」と呼んでるんだけども、起きてもないことを「ああなったらどうしよう?」「こうなったらどうしよう?」と心配し続ける事は、脳をものすごく疲れさせる。「先取り不安」は、ストレスがひどい割には、体は何も行 [続きを読む]
  • 地方都市で処方薬依存症の自助グループを立ち上げてみようと思う
  • 新しい土地に引っ越してきて、そろそろ1ヶ月が経過した。引っ越しが落ち着いたら、以前からやろうと思っていたことがある。処方薬依存症の自助グループを立ち上げる、ということだ。カバーする薬物は、あんまり厳密に決めてはいないが、抗不安薬や睡眠薬などのベンゾジアゼピン系薬物、抗うつ剤、抗精神病薬、精神刺激薬(リタリンなど)、市販の薬(咳止め薬のブロンなど)、脱法ドラッグなどを想定している。当ブログでも、去年 [続きを読む]
  • 私が鬱な時こそ散歩をする理由
  • 散歩が好きだ。しょっちゅう鬱に襲われる私だが、日課の散歩は続いている。歩いていると、脳の中に溜まったヘドロのようなものが浄化されるような感覚がある。それで鬱やイライラがなくなる、ということはさすがにないのだが、出かける前より落ち着くのは確かだ。散歩コースは、そのへんの住宅地でもなんでもいい。一ヶ月前に引っ越ししたのだが、 私が今住んでいるところは、高齢者しか住んでいないしなびた田舎で、お世辞にも景 [続きを読む]
  • 家で一人で仕事をしていると、ひきこもりの時のトラウマが蘇る
  • 最近、どうにも具合が悪くて参っている。パワハラを受け会社を辞め、バイク事故を起こし、引っ越しをしたのが2ヶ月前。2ヶ月の間でこれだけ色んな事が起こり、日常生活が変化すると、ストレスで脳にかなりの負荷がかかって調子を崩してしまうのは仕方がないことだ。そう分かってはいるが、この鬱感情というやつは何度経験してもやっぱり嫌なものだ。仕事を辞めた2018.01.23鬱やイライラがひどく、頭を抱えることがあったと思えば、 [続きを読む]
  • 「自分を責める癖」を手放すにはどうしたらいいか?
  • 12ステッププログラムの本に、「自分の欠点もリスト化しなければならないが、いいところもリスト化しろ」と書いてあったので、昨日の夜中に「自分のいいところ」をワープロソフトにカタカタ書き出していた(=ω=;)もともと子供の頃から「自分のいいところ」を見つけ出すのが苦手だった。「悪いところ」「嫌いなところ」はスラスラと出てくるのだが、いいところとなると途端に詰まってしまう。特に調子が悪い時は、「自分のいいと [続きを読む]
  • 薬物依存症とは何か?
  • 当ブログでは、様々な依存症をテーマに扱っていますが、今回は「薬物依存症」について、基本的な知識を取り上げていきたいと思います。薬物依存症と言っても、その範囲は広く、覚醒剤、コカイン、モルヒネやヘロイン、大麻、シンナー、抗不安薬・睡眠薬(ベンゾジアゼピン)などの向精神薬、咳止め薬など市販薬も含みます。薬物依存症とは?よく芸能人などが覚せい剤使用の事件などで何度も捕まると、テレビのワイドショーなどでは [続きを読む]
  • 「寂しい」からこそ人は依存症になる
  • 最近、会社を辞めて、家で仕事することが多いのだけれど、人と会う頻度が一気に減って戸惑っている。ベンゾジアゼピン依存症から回復する上で、色んなグループに出たりして、会社以外の人間関係もできるだけ作るようにはしていたが、やはり会社は毎日行くところなので「人間関係のチャンネル」としてはかなり大きなウェイトを占めていたのだな、と思い知らされる。HSPで社会不安障害(SAD)もある自分だが、過剰に空気を読んだり、 [続きを読む]
  • 相手を責めない自己主張「Ⅰ(アイ)メッセージ」を使おう!
  • 「あの人のこういうところが気になる…」「もっとこうしてくれればいいのに……」「なんで自分でも気づかないのかしら?」対人関係において、こういう悩みはつきものです。相手の悪い部分を改善して欲しくて、色々言ってしまう…。それは親子関係や職場の人間関係、友人関係や恋人関係などでもよく見る光景です。また、相手のことが心配だったり、自分が不安を抱えていたりすると、つい一言言いたくなる気持ちにもなります。しかし [続きを読む]
  • 自助グループに通い続けるのが難しい理由を考えてみた
  • 世の中には、様々な種類の自助グループがあります。アルコールや薬物、ギャンブルなどの依存症、アダルトチルドレン、共依存、摂食障害・・・。それらの問題から回復する上で、自助グループには計り知れない価値がありますが、多くの当事者はせっかく繋がっても離れていってしまうのが現状です。最近は昔と比べて、病院や精神保健福祉センターで紹介してくれる事も増えましたし、セミナーや家族会などでもその重要性が説かれるように [続きを読む]
  • うつがひどい時は「少しだけ部屋を片付ける」と気が晴れるよ
  • まあ、こんな事、このブログを見てるメンヘラのみんななら既にやってんのかもしれないけど、あえて書かせて貰う( ̄∇ ̄)私は過去にひどいうつ病を患ったこともあるが、そういう時は本当になーんにもする気が起こらなくて、部屋は足の踏み場もないぐらいぐっちゃぐちゃだった。部屋が散らかりまくってると、余計に気が滅入ってきて更に鬱になる。そしてますます片付ける気力が失せる。ぐちゃぐちゃのゴミ部屋を見渡すたびに、どんど [続きを読む]
  • 【HSP】敏感、繊細すぎて生きるのが辛い人へ
  • 音や光、匂いに敏感。人が多くいるところが苦手。すぐにエネルギーが切れ、心や身体が疲れやすい。空気を読みすぎてしまい、他人の感情や表情、声の調子に敏感。このような特徴に多く当てはまる人は、もしかしたら「HSP」と呼ばれる特性を持った人なのかもしれない。HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは?HSPは “Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)” の略で、直訳すると「人一倍敏感な人」と [続きを読む]
  • 「そんなに緊張するなよ」と言われると余計に緊張する件について
  • 子供の頃からよく「肩の力抜きなよ」「もっとリラックスしなよ」と周りの大人や友達から言われていた。人見知りが激しく、いつも緊張して強張った顔つきをしていたせいだろう。しかし、「どう力を抜けばいいのか」「リラックスすればいいのか」が、私には全然分からなかった。それどころか、「自然体にならなきゃ、自然体にならなきゃ!」と焦れば焦るほど筋肉はこわばり、余計に緊張していく始末だ。その様子を見て、更にもっと人 [続きを読む]
  • 古典「ユートピア」にみる管理社会の恐ろしさ
  • 人類が目指す究極の理想郷、それが「ユートピア」だ。「ユートピア」といったら、あなたはどんな世界を想像するだろうか?普通は理想郷とか、楽園、天国のような世界を想像すると思う。その「ユートピア」が実は一冊の本だったというのを知ったので、興味本位で読んでみた。ユートピア (岩波文庫)[Kindle版]posted with ヨメレバトマス・モア,平井 正穂 岩波書店 2015-01-01 Kindleで購入Amazon[書籍版]で購入もともと「ユートピア [続きを読む]