じむたろう さん プロフィール

  •  
じむたろうさん: “モロッコでも” ひとりよがりな日々。
ハンドル名じむたろう さん
ブログタイトル“モロッコでも” ひとりよがりな日々。
ブログURLhttps://ameblo.jp/jimutarou/
サイト紹介文モロッコでの生活、子育て、モロッコ人との国際結婚において発生する手続きなどの備忘録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2015/08/19 19:10

じむたろう さんのブログ記事

  • ロックなモロッコ人
  • 「ロック名言」というTwitterをフォローしているのですが、なかなか素敵なことばが並んでいます。 しかし、ふと、「これって、モロッコ人の生き方だなあ」「わたしはこういう言葉で励まされるけれど、モロッコ人はもう自分の中にこの考えが染み付いていて体現しているなあ」と思いました。 一部を「ロック名言」のツイートから抜粋して紹介させていただきます。 ========== 「今日なんかクソくらえ。明日が勝負さ」フレ [続きを読む]
  • ロンドンでの悲劇
  • 10月末から11月にある娘の学校の1週間の休み。1週間も休みがあると娘が退屈しきってしまうし、自分の気分転換のためにも旅行をすることにしています。 去年はどこへ行こうか迷った結果、フィンランドとロシアに行きました。今年はなぜか、ほぼ日手帳のカバーを別に好きでもないのにロンドン柄にしたためロンドンに呼ばれているような気がしてならず、15年ぶりくらいにロンドンに行ってみることにしました。 そして悲劇が…。 1 [続きを読む]
  • ストレスをぐっと減らしてくれたもの
  • 今年はとても雨が多く、今週もすでに3日続きで雨。さらにまだまだ続く模様。 モロッコの天気はコロコロ変わるので、雨が多い時期はいつも2つの天気予報を駆使し、そこから絶対雨の降らない時間を推定して洗濯物を干しています。 しかし、今年ときたら、モロッコには珍しく1日中しとしと雨が降ります。やっと昼間が晴れ予報の日が出たので、急いで朝から4回洗濯機を回し、3日分の洗濯物を洗いました。 ところが、洗濯機4回分の [続きを読む]
  • びっくり!サマータイム終了しない宣言
  • 10月28日午前3時にサマータイムが終了する予定だったのですが、10月26日の金曜日にいきなり在モロッコ日本大使館からサマータイムが終了しないとのお知らせが! 在モロッコ日本大使館からのメールをそのまま抜粋します。 ===== 2018年10月28日午前3時にサマータイムの終了は実施されず,今後日本との時差は年間を通じてマイナス8時間となります。 10月26日付モロッコ国営MAP通信及びモロッコ国内の各ネ [続きを読む]
  • 自分好きなモロッコ人をみてわかったこと
  • わたしは”自分大好き”な男性が好きなのですが、”自分大好き”な女性があまり好きではありません。 それは、わたしが卑屈に生きている人間なので、男性に対しては憧れを女性に対しては嫉妬を感じているからなのかと思っていました。 モロッコ人は”自分大好き”な人が多いなと感じます。 ここでいう”自分大好き”は自分に対してほとんど迷いがない感じと言いましょうか。 もちろん生きていく上で、傷ついたり反省したりはする [続きを読む]
  • 予想外の出来事
  • オットが味噌汁(具なし)が大好きなことは知っていました。日本にいるとき毎日のように飲んでいたから…。 でもオットはモロッコではほとんど家でご飯を食べないので、オットのために味噌汁を作ることもなく、味噌もわたしと娘が1週間に一度、味噌汁を食べられる量1.5kgを持って帰ってきていました。 先日、味噌汁が残っている鍋を見つけ、久しぶりに味噌汁を飲んだオット。大感激して、また作ってくれと言います。 まあ、一度 [続きを読む]
  • 海外にいると実感
  • 毎日モロッコで暮らしていると、外国に住んでいる、とは特に思うこともなく暮らすことになるのですが、先日、久しぶりに「あー、わたしは外国にいるんだった」と思いました。 娘とカフェに行きました。モロッコのカフェの多くにはフランス語メニューがあります。 コーヒーを頼もうか、でも暑いな、でもやっぱりコーヒーかな、と思いつつコーヒー欄のメニューを見ていました。 カフェ(エスプレッソ)カプチーノカフェ・オレアメリ [続きを読む]
  • 大胆な親切と不便をカバーする親切
  • 最近、突然の雷雨が多くあります。先日などは、雹がふりました。 他のエリアはそんなことはないのですが、我が家の近所の1エリアだけちょっとでも雨が降ると…。 このとおり…。水が溢れだします。 雨が降り出した途端、上の階に住む親切な婦人が、「水が溢れ出すから早く学校に子どもを迎えに行った方がいいよ」と言ってくれました。 でも、まあ、長靴もあるし…。と呑気にかまえたのが大失敗。 ひざ下まである水は轟々と流れ、 [続きを読む]
  • アリの退治方法決定!
  • アリが出てくるらしき穴(というより壁のヒビ)を埋めていたらアリがあまり出て来なくなったので、やれやれ、と思っていたら、またたくさん出てきました。 ハエと同じく暖かいからでしょうか…。 とにかく殺虫剤スプレーを撒いていたのですが、このスプレーがかなりきつくて頭が痛くなります。そこで、サイトで見たお酢と水半々で作った水がアリ予防に効くと書いてあったのでやってみたのですが、全く効かない…。 しかたなく、壁 [続きを読む]
  • 自然のすごさと娘のスキルアップ
  • まだ暑い…。あの涼しかった9月始めはなんだったんだ…。 涼しかった時にはほとんど見なかったハエですが、最近の暑さによって大量に発生しております。これぞ、モロッコ!という感じです。 ハエは鬱陶しいですが、気温の差でこれほどすぐに虫の多寡が変わるなんて自然て本当にすごいなと感動です。 東京にいたらずっとエアコンがきいた家の中にいるので、こういった当たり前であろうことを体感する機会がないのだな、ということ [続きを読む]
  • 時々、非常に神経質なモロッコ人
  • 年度始めになると1年間で必要になる教科書や筆記用具などのリストを学校から渡され、それを揃えて学校に持って行きます。 前年まではリストに載っているグッズをオットが一気に買ってきて、私はうんこらしょっとそのまま学校に持っていく、ということをやっておりました。 しかし毎回年度末になり戻ってきた教科書やノートを見てみると、カバーが付けられ名前のシールまで付いています。 これは先生が親切にやってくれているので [続きを読む]
  • ご褒美キャンディー
  • 年少、年中クラスの時にはポシェットみたいなカバンで行っても、お菓子を持って行っても、マニュキアをつけて行っても、何も言われなかった幼稚園ですが、年長クラスになった途端、 ・お姉さんになったから大きいカバンでくるように・おやつは、お菓子やジュースを持ってくるのはやめて果物と水にしなさい・マニュキュはとってくるように と先生に言われたそうです(娘談)。 モロッコのお菓子はとても甘いチョコ菓子が多いので、 [続きを読む]
  • モロッコ生活で困ること
  • モロッコで生活しているとそれはもう、日本で暮らしているのとは比べものにならないくらい困ったことが起きます。ことばがわからないから、というのがもちろん大きいのですが、それ以前に生活がキャンプ。家の中に虫が出たり、扉が閉まらなくなったり、壁に穴が開いたり、水漏れがあったり、電化製品がすぐ壊れたり…。 この状態にはだいぶ慣れてきて、人間て慣れるものなんだなあ。と自分に感服しております。 今年の夏、日本で [続きを読む]
  • おかまいなしのモロッコの工事
  • 我が家の近くには車を持っている家が多いのですが、その一方で細い道が多く車が通れる道はほぼ1箇所です。 最近、この車が通れる道の舗装工事をしているのですが、作業している日中はもちろん、お昼休みで工事の人たちがその場を外してしまう場合でもそのままブロックや掘り起こした土、シャベルを道の真ん中に置いている状況です。 もちろん、車は通れません。 どうしても車が通りたい場合は、仕方なくそこに置いてあるシャベル [続きを読む]
  • 暑さ再来
  • 日本からモロッコへ戻ってきたと思ったら朝晩は寒いくらいに涼しく、今年は暖かくなるのが遅かったけれど寒くなるのは早いのか、と思っていたら、またすごく暑くなってきました。扇風機いらずだったのに、扇風機なしでは暑くて寝苦しいほどです。 暑くなったと思ったら、今年あまりお会いしなかったハエやゴキブリを見かけるようになりました。 ハエは当然のことながら、ゴキブリも毎日出てくる。けれども、このゴキブリ、すごく [続きを読む]
  • モロッコの郊外にあるカフェ
  • イフラン方面に進んだところにあるカフェに従兄弟の家族と行ってきました。 ラクダがいたり馬がいたりアヒルがいたり(なぜか、ちょっと郊外のカフェにはアヒルがいることが多い)。こどもの遊び場も併設されていて、ちょっとしたアミューズメントパークです。 周りは広大な山々が見え噴水なんかもあり、雰囲気抜群です。しかし、この噴水、吹き出している水を見ただけでも循環水とわかるほどの泥水。それが風が吹くと水しぶきが [続きを読む]
  • モロッコ人のカフェ巡り
  • 近所にカフェが続々とできています。 カフェができると、そのカフェの前にズラーーっと路駐車が並びます。 モロッコのカフェはどこのお店も同じようなメニューで同じような味なので、ほとんど雰囲気で選んでいるのだと思われます。 しかし、モロッコ人も他に楽しみがないんでしょうね…。 そもそもカフェ好きというのがあるにしても、車でかけつけるとは。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ゴキブリとアリ
  • 昨晩はひどい雷雨でした。 ゴキブリを今年はほとんど見ないなーと思っていたら、朝起きたらキッチンと外階段に死んでひっくり返っているゴキブリが。いきなり2匹も! 雷雨で逃げ込んできたのでしょうか?でもなぜ、死んでいる。 そして今年、なによりも悩まされているアリ。(詳しくはコチラ→「にほんブログ村 にほんブログ村" target="_blank">アリ地獄」) アリの侵入口と思われるところを封鎖しても封鎖してもでてきやがる。 [続きを読む]
  • 人気がない!?フェズの魅力
  • 私が住んでいるフェズという町には、迷路のように複雑な細い路地で構築されているメディナがあります。このメディナは世界遺産にも登録されてます。 モロッコの各都市にメディナはありますが、フェズのメディナはモロッコで最大と言われています。が、広すぎるし入り組み過ぎていてわかりにくすぎるし、観光客が見ることができるのはほんの少しです。 観光で行くのであればマラケシュのメディナの方が断然、見やすいし、売ってい [続きを読む]
  • 新学期開始と我が子の成長
  • いよいよ、学校の新学期が本格的に始まりました。1週目は午前中だけでしたが、2週目から午前、午後と授業があります。(1週目はそれを知らずに午後も行ってしまい、急いで準備したのに泣く泣く帰宅することに…。みんなはどうやってその情報を得ているのでしょうか。未だわからず。) 街には、新学期用のノートや筆記用具を売る特設の文房具屋が現れはじめ、いつもの文房具屋さんにはランドセル代わりのカバンが所狭しと並べら [続きを読む]
  • 再会できた猫たち
  • 我が家の前には野良猫が住んでおり、わたしが鍵をシャラシャラ鳴らすと何かもらえると思ってすっ飛んできます。しかし、なぜか、顔ぶれがコロコロと変わります。(詳しくはコチラ→突如、忽然と姿を消す猫たち) そんなわけで、今年の夏に日本へ帰国するためにモロッコへ発つ際、「もうこの子たちには会えないかなあ」と思っておりましたが、嬉しいことにそれは杞憂に終わりました。 帰ってすぐに、鍵の音が聞こえると猫たちが走 [続きを読む]
  • かわいいお客様
  • 朝、家のドアをドンドンと叩く音がします。 開けると、我が家の前に住む4歳ほどの女の子がちょこんと立っています。 我が家は、まず最初に1階の扉を開けないことには、我が家のドアまで来ることができません。 はて、どうやって入ることができたのだろう? 聞いて見ると、その女の子、我が家の娘と遊びたくて自分の家の前で待機していたところ、我が家のマンションのオーナーがマンションの点検に来たそう。 オーナーが1階のド [続きを読む]
  • アリ地獄
  • 今年は、暖かくなるのが遅くハエが出てくるのが遅かったのですが、日本から帰国したら、いつもはまだまだ暑い時期のはずなのに、すでに割と涼しくやはりハエの数が非常に少ないです。 夜なぞは寒いくらいです。去年はクーラーなしでは寝られなかったはず…。 昨日は夜中雷雨がすごかったし、異常気象がモロッコでも起きているのかな、と思わずにはいられません。 ハエの少ない今年ですが、アリには悩まされております。 日本に行 [続きを読む]
  • 再びモロッコの洗礼
  • 日本での夏休みを終え、2ヶ月ぶりにモロッコに帰って来ました。 暑い。けれど、外の暑さは日本の方が暑い。モロッコは家の中が暑い。昔の学校の教室を思い出します。 さて昨年、帰国した日にいきなりモロッコの洗礼を受けました。(詳しくはこちら) 今年は、義姉の家族や義妹が押しかけることもなく、義母と娘の従姉妹一人だけが夕食を用意して待っていてくれました。そして、顔を見ると、さっさと帰って行きました。 でもね… [続きを読む]
  • 日本の親は本当に大変
  • 日本の子どもたちの夏休みも終わりに近づき、子どもをもつ友人の話を聞くと皆が口を揃えて「自由研究が大変」と言います。 私が小学生の時などは、自分でテーマを見つけて自分でできる範囲でやっていたように思うのですが、今の話を聞くと結構、本格的な自由研究をみんなやっていて、親の助けがないと出来上がらないような感じらしいのです。 休みとなると宿題も何もなく放り出されるモロッコとは大違いです。 おまけに、学校の花 [続きを読む]