じむたろう さん プロフィール

  •  
じむたろうさん: “モロッコでも” ひとりよがりな日々。
ハンドル名じむたろう さん
ブログタイトル“モロッコでも” ひとりよがりな日々。
ブログURLhttps://ameblo.jp/jimutarou/
サイト紹介文モロッコでの生活、子育て、モロッコ人との国際結婚において発生する手続きなどの備忘録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/08/19 19:10

じむたろう さんのブログ記事

  • ライザップとモロッコ人
  • 最近、カルビーの会長の松本さんがライザップの代表取締役に就任するとのニュースが出ました。 ライザップといえば「結果にコミットする」がウリで成功した会社ですが、あー、これモロッコだったら、絶対成功しないコンセプトだなあ、とぼんやり思いました。 軽ーい目標だって持つことがないのではないかと思うモロッコ人。ましてや、結果にコミットするなんて!インシャアッラー(神様の思召しがあれば)な国なのに、先々のこと [続きを読む]
  • モロッコの美容室
  • 最近、義妹が資格を取って美容室を始めました。これが、素晴らしいことに繁盛しています。 美容室といっても、モロッコの女性は髪をほとんど切りません。切っても、ぱっつんと切るだけです。そのため、日本のようにシャギーを入れたり、すかしを入れたりなんてことはできません。 では美容室で何をするかというと、かなり複雑な編み込みをしたりと、主にスタイリングをしてもらいます。中でも1番多いのは、ブロー。モロッコ人の [続きを読む]
  • ワールドカップでカフェ大混雑
  • ラマダン明けの2日間は国民的休日となり、ほとんどのお店が閉まります。 しかし、その中でも開いていたお店がカフェ。犠牲祭などの国民的休日でもカフェだけは開いていたりするのですが、その場合でも、全てのカフェが開いているということはありません。 今回は、ほぼ全てのカフェが開いていました。そして、どこもビッシリ席が埋まっています。 普段は、カフェにいるのはほぼ男性ですが、今回は女性の姿もたくさん! みんなが [続きを読む]
  • ラマダンが終わってわかったこと
  • 2018年のラマダンが終了いたしました。 昨年は、日が最も長いわ、非常に暑いわで、初めてのラマダンでかなり過酷な状況でした。今年はとても涼しく、喉が乾く、ということがなかったので、なんとも楽でした。(ラマダンが終わると同時くらいに40度近くの猛暑となり、外に出るとすぐに喉が乾きます。こんな中で去年、ラマダンをしていたとは!我ながら尊敬。) そんな余裕をもって行ったラマダンですが、ラマダンを1ヶ月してみて人 [続きを読む]
  • ラマダン27日目女の子の日はみんなでヘナ
  • ラマダン27日目は女の子(12歳くらいまで)がみんな着飾って、神輿のようなものに乗るお祭りがあります。モロッコでは、女性が着飾る際はヘナもするのが一般的。ヘナは一晩ほど乾かさなければならないので、祭りの前日までに多くの女の子がヘナをしに行きます。義妹は美容室をやっているのですが、とにかく器用でヘナも上手です。そのため、義妹の美容室ではヘナの施術も受けることができます。ラマダン27日目の前々日、娘が義妹 [続きを読む]
  • ファンシーショップ
  • ファンシーショップをモロッコで見つけました。なんだか、懐かしい感じのお店です。 どんなものが売っているのかちょっと入って見たら、雑貨の他におもちゃを売っていました。 安い!!!ちゃちいけど安い!!! ダイソーのエリーちゃんが人形100円、洋服も100円でびっくりしたものですが、こちらは、これだけ入ってDH120(約1400円)。安い!!!ちゃちいけど安い!!! ショッピングセンターに入っているオモチャ屋の約5分の1 [続きを読む]
  • 個人商店でも必!交渉
  • 幼稚園でダンスのためにゴールドの運動靴が必要と言われ家の近くで探してみるも全く見つからず、義姉の家の近くの商店街がとても栄えているので探してみたらありました!DH170といわれ、ちょっとモロッコの商店街にしては高いなと思い、商店街の個人商店でも値段は下がるのだろうか?と思いながら、「DH150」と言ったら、あっさりOK。あ、これ、もっと下がったわ!後悔先に立たず。義姉の家に戻り見せたら、「DH100?」と言われ、 [続きを読む]
  • いつも、ひとりぼっち。
  • 人見知りのわたしは、日本にいたときから仕事の関係などでパーティーなどに行き一緒に行った同僚や友人が他の人たちと交流を始めてしまうと、どうしたものかと1人ポツンと途方にくれておりました。モロッコでも同じ状況がよく起こります。モロッコの場合は言葉がわからないので会話に入っていけないというのも大きな理由のひとつなのですが、義母や義姉の家に行き唯一の話相手の娘が従姉妹と遊び始めてしまうとポツーン。オットは [続きを読む]
  • 驚愕!やはりブームだった矯正
  • 歯並びの良かったはずの人たちが、こぞって矯正をし始めました。詳細はこちら。「オットに、義姉や義妹、あなたの友達は歯並びは良かったはずだよね??なぜ、みんな矯正しているの?」と聞いてみたら、「デコレーションだよ!」。まさかの想像が当たってしまった!キラキラ好きのモロッコ人。歯をキラキラにするために、矯正してました…。モロッコで矯正していれば、わたしも途中で断念しないで頑張れたかも…。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • いい加減なモロッコ人
  • 幼稚園でダンスの際にゴールドのスニーカーが必要なので用意してくれ、と言われました。先生にこの辺りで売っているか?と聞いたら、あるある!と簡単に言います。そんなもの売っているお店、この辺りでは見たことないけど…。マーケットに行けばあると言われ、マーケットはどこだ、と聞いたら、いつも通っている寂れた商店街のことでした。そこで、さっそく探しに。しかし、ない。くまなく探してみたがない。なんなんだ!あの自 [続きを読む]
  • 暇なラマダン
  • いよいよ残り10日を切ってきましたラマダン。 ようやくラマダンのタイムスケジュールに慣れてきた感じですが、しかし、暇。 まず普段は、娘の学校が午前と午後の部に分かれていて、学校と家との往復が合計4回あるわけですが、ラマダン時期はお弁当を持って行き15時くらいに帰ってくるようになるので、往復が2回に半減します。「早く用意しなさーい」なんていう準備段階も入れれば、ここで約1時間は浮くことになります。 さらに [続きを読む]
  • 矯正ブーム?
  • 最近、なぜか多くの大人が矯正器具を歯につけています。 義妹がつけはじめて、「あれ?義妹って歯並び悪かったかな?よかったと思ったけどな」と思ったのがはじめ。 しかし、あっという間に矯正終了。 何年も矯正器具をつけてそれでも完治しなかったわたしからすると、そんなに簡単に治るはずはないのだが…。 次に義姉がつけはじめました。義姉も歯並びが悪かった印象は全くありません。そして、また何事もなかったかのようにあ [続きを読む]
  • また在留資格申請し直し…
  • 在留資格申請中の証拠となるはずの紙は全く効力を発揮せず、前回、日本への帰国を試みた際、出国止めを食らったわけですが、この紙があるため申請中になっていると信じて疑わない、いや、面倒だから信じているフリをしているだろうオットは、もうすぐ、再びわたしの日本への帰国が迫っているというのに、全くビザの様子を確認しに行こうとしない。 来週はラマダンが終わる週。その週は、ラマダン開けのパーティーがあったりして多 [続きを読む]
  • 涼しいモロッコ
  • 去年は5月には35度を超える日が続き、この時期には40度を超えていたフェズですが、今年は30度を超えないどころか、25度を超えない日もあります。東京の方が暑いくらい。おかげで、ラマダンがすごく楽。水分をとらなくても辛くないのはありがたい。さらには、ハエの数が未だに少なくゴキブリにまだお会いしていない状況です。涼しいといろいろと助かるのですが、家の中にいると未だに寒いので、衣替えをすっかりしてしまった今、風 [続きを読む]
  • 外国人が日本で働くということ
  • 外国人労働者受け入れ策の原案が政府で検討されているとのニュースを見ました。うまくいけばいいなあと思う反面、なかなかうまくいかないだろうなあという感想を持ちました。 よく、オットが日本にいるとき仕事は簡単に見つかったのか?という質問を受けます。 答えはNOです。 最初は日本語がほとんど話せないため見つけるのが難しいと思っていましたが、日本語が日常会話程度に話せるようになっても状況は全く変わりませんでした [続きを読む]
  • カフェは寒くても外。
  • まだまだ朝晩は冷え込むフェズ。今のラマダンの時期、街が賑わいを見せるのは22時以降です。この時間は、ジャケットがないと寒くてしかたありません。 それでも22時を過ぎ人がわらわらとカフェに集まってくると、みんなこぞって外のテラスに座ります。このカフェは混んでいるな、と思っても店の中にいる人はちらほら。 ヨーロッパでもそうですが、多くの人が冬でさえ外の席に座る。 日本だったら、寒かったら中に座る人が多いと思 [続きを読む]
  • また不法滞在中
  • 去年、3月に滞在許可証を申請したものの滞在許可証がなかなか発行されず、7月にカサブランカ空港まで行って滞在許可証がないからと出国NGになってから約1年。 日本から帰った頃には滞在許可証はできているから!と言われたものの、日本からモロッコに帰国後9月に警察に行っても「まだできていない」と言われ、1月にフランスに行く前に警察に行ったら「この滞在許可証の引き換えの紙は有効でないから申請し直し」と言われ、他 [続きを読む]
  • 幸せとは…
  • 最近、仕事が激減し、このままだと大好きな旅行ができなくなる!と戦線恐々とし、仕事をどうやって広げるか?のヒントを得るためにいろいろと書物を読み漁っているのですが、これからの世の中、会社に縛られることなく、とにかくスキルを磨いていくべきこと、自分のスキルをどんどん増やしていくべきこと、信頼を増やしていくべきことがどの本にも書かれています。こういった本を読むと、焦ります。もっとがんばらなきゃ!もっと [続きを読む]
  • 貯金のできないモロッコ人
  • モロッコ人の多くが「貯金」ということができません。とにかくあったらすぐ使ってしまう。オットは仕事上、羽振りの良い日があったり悪い日があったりするわけですが、「2日前、羽振りが良かったからちょっとお金をもらおう」と思っても使っちゃったよ!と平気で言います。えええええ!もうあのお金全部???そこでこちらとしてはお金が入ったと知った時点で、必要な場合はとにかく早めにオットに「くれ」と言わないともらい損ね [続きを読む]
  • 不思議な住人
  • ここのところ毎日、オットの友達がオットと一緒に帰ってきます。 毎晩、うちで寝ています。 ご飯を食べるわけでもシャワーを浴びるわけでもないので別に構わないのですが(あ、でもトイレ使用はちょっと嫌…)、なんとなく、しっくりきません。 ラマダン中のモロッコ人の多くがそうであるように、仕事がないと1日中、家で寝ているモロッコ人。私が朝からご飯抜きで娘のお弁当を作ったり、掃除をしたり、洗濯をしたりしている中、 [続きを読む]
  • モロッコで流行りのTシャツ
  • キラキラが大好きなモロッコ人が、子どもから大人までこぞって着ているTシャツがあります。それがスパンコールが全面にデザインされたキラキラTシャツ。子ども用のTシャツはスパンコールを裏返すと、色が変わる仕掛け!この子ども用のTシャツは、ショッピングモールに入っているフランスのファストファッションKIABIで購入したので、もしかしたらフランスでも流行っているのかもしれませんね。それにしても、道を歩けば、キラキラ [続きを読む]
  • イフタールに関する難しい選択
  • イフタールとはその日1日のラマダン開けに初めて食べる食事のことを言いますが、わたしにとっては普段の夕食に当たります。朝食、昼食を抜いて、夕食だけ食べる感じです。 この夕食を作る時間について非常に悩みます。今の時期、ラマダン明けは19時30分くらい。 19時くらいに作り終わってしまうと、約30分間、お腹が空いた状況で目の前にある食べ物を食べずに我慢しなければなリません。その日初めて食べるせっかくの食事が冷えて [続きを読む]
  • 不思議なトイレ使用
  • 日本人だと非常に苦手に思う方が多いと思うのですが、モロッコのレストランなどのトイレはビショビショなことが多いです。用を足した後に水をバッシャーンと流すためなので、汚くはないとは思うのですが、やっぱりちょっと…。 それは家においてもそうで、オットの家族がくるとトイレがビショビショになります。 その家族よりもひどかったのがオットの友人が来たとき。それはもう、どうして?と思うほどびしょびしょになっていま [続きを読む]
  • オットにイラッとすること
  • わたしはさっさと寝てしまうので夕ご飯が終わったらそれ以降は断食に入るのですが、ラマダンになるとモロッコ人は食べられなくなる夜中のギリギリまで食べています。 そのため夜遅く帰ってきたオットは、家でギリギリまで食べるために大量の食べ物を持って帰ってきます。1日では食べきれない量なので余った分は冷蔵庫へ入れるのですが、その際、非常にイラッとすることをしやがります。 人が冷凍庫に入れて凍らせておいた食べ物を [続きを読む]
  • ラマダンで大変なこと"あるある”
  • いつ暖かくなるのかと思っていたら、ラマダンが始まったと同時に暑くなってきました。モロッコの場合「暖かくなる≒暑くなる」なんですが、外にいると直射日光がまさに読んで字のごとく射してきます。と思ったら、また寒いくらいになってきまして、今のところ、少々、楽なラマダンです。 断食をしていると、日中、飲めない、食べられないのがもちろん辛いわけですが、それ以外にもちょくちょく「う、これ辛い…」ということがあり [続きを読む]