じむたろう さん プロフィール

  •  
じむたろうさん: “モロッコでも” ひとりよがりな日々。
ハンドル名じむたろう さん
ブログタイトル“モロッコでも” ひとりよがりな日々。
ブログURLhttps://ameblo.jp/jimutarou/
サイト紹介文モロッコでの生活、子育て、モロッコ人との国際結婚において発生する手続きなどの備忘録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供228回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2015/08/19 19:10

じむたろう さんのブログ記事

  • 日本に蔓延して欲しい「老人力」
  • 暑いですね、日本。 モロッコのフェズの気温を見ていると、最高気温は東京と同じくらい。モロッコでは湿気がないため35度くらいだとまだまだ日陰に行けば涼しい方の気温です。 さらには、フェズではいまだに最低気温が20度をきっています。最低気温も25度以上の東京。 完全に、アフリカより東京の方が暑い。夏はアフリカで過ごした方が涼しいのではないか?と思わずにはいられません。 娘はすっかり、家から出ようとしません。せ [続きを読む]
  • モロッコでの教育を選んだワケ
  • 2歳の娘を連れてモロッコに移住することを決めた時、多くの人に「モロッコの教育は大丈夫なの?」と聞かれました。 モロッコと日本の教育を比較したら、識字率からいっても日本の方が進んでいるといって間違いないと思います。心配がありながらも、それでも自分の娘にとってはモロッコでの教育がいいのではないか、という漠然とした思いがありました。 アラビア語とフランス語を話せるようになるから、というのもあったのですが、 [続きを読む]
  • モロッコでは見ない日本でガッカリな光景
  • 日本に無事、到着し、コンビニに荷物を出しに、そして区役所へ手続きをしに行きました。 そこで非常に残念な気持ちになりました。 まずはコンビニ。新人のバッチをつけた中国人の子が対応してくれました。慣れないながらも一生懸命丁寧に対応しようとしてくれています。そんな中、何かを急に探しはじめました。しばらくして、「すいません。出力した伝票をどこかへ落としてしまいました。ちょっと待ってください」もう一度、伝票 [続きを読む]
  • モロッコの物価とボラれない方法
  • モロッコは好きになる人と嫌いになる人にはっきりと分かれる国です。好きな人は、モロッコ人の人懐こさを気に入ります。嫌いな人は、モロッコ人のしつこさを嫌がり、ボラれることを気にします。ちなみにわたしは後者でした。さて、今回は、「ボラれる」ということについて考えてみました。モロッコは「物価が安い」と思ってみなさんいらっしゃいます。実際、そんなに安くありません。ヨーロッパに比べたら格段に安いのですが、安 [続きを読む]
  • 学校のダンスお披露目会
  • 夏休み前最後の学校はダンスや劇のお披露目会でした。(プレスクール生以外は、後日まだ試験がありました。)学校でやるのかと思っていたら、ホールを貸しきり、さらには司会もいるという本格的な仕様。娘は毎日、プレスクールで練習していたダンスを披露。ホールでやるなんて本人たちも全くわかっていなかったにもかかわらず、毎日、練習していたおかげかみんな、堂々としっかり踊っていました。舞台から親に手を振るツワモノも [続きを読む]
  • JICAとKOICA
  • 国際的に技術協力をするボランティア団体JICA。国際的なので世界共通の団体名なのかと思っていたら、韓国はKOICAでした。今回、JICAとKOICAが開催するお祭りに参加してきました。モロッコで韓国語や日本語を学ぶモロッコ人の大学生たちが韓国や日本のダンスを披露したり、民族衣装のファッションショー(日本は浴衣、韓国はチマチョゴリ、モロッコはジラバ)をしたり、韓国と日本の軽食が振舞われたりしました。JICAとKOICAの人た [続きを読む]
  • モロッコの進学方法
  • 中学生までは私立に入れた場合、そのまま同じ学校へ行くことになるのですが、高校受験があるのか、大学受験があるのかなどがイマイチわかりませんでした。先日、大学に通うモロッコ人にモロッコでの進学方法について聞く機会がありました。結論、モロッコには受験がないようです。(建築などの特定の専門に行く場合などはあるようです。)高校もレベルの高い高校というのは特になく、行きたい高校へ行くようです。ただし、小学校 [続きを読む]
  • どんでん返し付きのギリギリ出国許可
  • 一筋縄ではいかなかったモロッコでの滞在許可証申請。本来は申請書類の提出→仮滞在証を受け取るための領収証の受け取り→約1週間後、仮滞在許可証の受け取り→約3ヶ月後、滞在許可証の受け取りという流れで、滞在許可証をもらえることになります。わたしは申請書類のうちモロッコの婚姻証明書がなかなか入手できず、2年以上奮闘しております。しかしやっと、あとは申請書を提出すれば、その日に仮滞在許可証を受け取るための領収 [続きを読む]
  • ショック…。わたしのボールペンが…。
  • わたしは手帳にいろいろと書くのが大好きで、手帳にもこだわりがあり、その手帳にあったペンにもこだわりがあります。 今まではDELFONICS、HIGHTIDE、MARK'Sの手帳を使っていましたが、今年は初めて、今さらながらほぼ日手帳を使ってみました。ほぼ日手帳を買ったら、ほぼ日特製uni(三菱鉛筆)のJETSTREAMがついてきて、これがほぼ日手帳の紙「トモエリバー」と本当に好相性で書いていて嬉しくなるくらいです。 ボールペンはetra [続きを読む]
  • モロッコで韓国VSメキシコ戦
  • 娘の学校が休みに入り、マクドナルドへ行きたいというのでマクドナルドへ。ちょうど、W杯 韓国VSメキシコ戦がテレビで流されていました。窓際が暑かったので席を移動すると、テレビの真ん前を陣取る形に。きっと周りのモロッコ人は、わたしが韓国人だと思っていたと思います。娘がマクドナルドに併設されているキッズスペースで遊んでいる間、久しぶりにサッカーを真面目に観ました。大学の頃、ちょうどJリーグが開幕しそこからサ [続きを読む]
  • 病院出直し4回の悲劇 〜[滞在ビザ申請]日本での婚姻が先の場合
  • オットが警察から書類をもらってきたので、次はクリニックへ。指定の病院へ行かねばならないという。行ってみたら、1軒目は医者が手術中。二軒目は、医者がお昼休み。ということで、次の日に出直すことに。次の日、朝行くと、「パスポートを見せなさい」といわれる。パスポートいるんじゃないかなー、と思ったのに持ってきておらず、また出直し。ガックリ…。さらに次の日、パスポートを持ってクリニックへ。病気か病気じゃないか [続きを読む]
  • 新たな書類の用意 〜[滞在ビザ申請]日本での婚姻が先の場合
  • アラビア語翻訳を受け取りに、家庭裁判所ではなく、法律事務所へ。ここでさらに5000円払わされました。もう、どんな手続きが行われているのか、さっぱりわかりません。おとなしく、オットにいわれたとおりに行動。次は、オットがフェスの警察でまた別の紙を受け取らなければならないとのことで、一人取りに。それが手に入ったら、今度は病院へ行って健康診断書をらもらいに行くとのこと。いつ終わるんだ。 にほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • 逃げたカナリアと慈悲深い娘と共感力のないオット
  • 暑くなったと思ったら、虫が活発に動き始めました。最近、わたしを1番悩ませているのがアリ。アリが大量にどこからかやってきて、家の中を歩いています。家の中は頭が痛くなるほど殺虫剤をばら撒き、なんとか退治できたと思ったら、今度は日向ぼっこのために外に置いておいた鳥かごの中を占領しています。夜は家の中に鳥かごを入れるので、こりゃたまらんと、鳥かごの受け皿を掃除して、受け皿を戻そうとすると…カ、カナリアが! [続きを読む]
  • ほんとにひとりぼっち。
  • オットが仕事でサハラ砂漠へ行くことになり、数日間、家を留守にすることに。休日だったこともあり、義母の家に娘を連れて遊びに行きました(というよりランチを食べに行きました)。 さて、「そろそろ帰りましょう」といっても、娘が嫌だと言います。外は暑いし、まだいたい、と。 しかし、そろそろ家に帰って夕飯の仕度もせねばならないし、外に出している鳥も家の中に入れなければならないし、もうパリッパリになっているであ [続きを読む]
  • 義母と手つなぎ
  • モロッコには横断歩道があまりなく、そのため、車がビュービュー走っているところをタイミングを見計らって道を渡る人がほとんどです。 車は歩行者を優先などしてくれないので、結構なスピードで走っている車の間を縫うように渡らなければならないのですが、わたしからすると非常に恐ろしい。 一方、モロッコ人はスイスイ渡るので、いつもは道路を渡るモロッコ人を見つけて、それにくっつくようにして渡っています。 さて先日、義 [続きを読む]
  • モロッコのお誕生日パーティー
  • 娘のお友達の誕生日パーティーに招かれ行ってまいりました。 主役の従兄弟やお友達が集まり、誕生日ケーキやお菓子を囲んで誕生日の歌を歌います。 さてそれ以外の時間、子どもたちが何をしているかというと、男の子たちは庭を走り回っています。女の子は、というと、「ダンス」。 Youtubeで覚えたダンスを順次、披露しています。4歳の娘も負けじとYoutubeで覚えたプリキュアのダンスを披露。私はこんなレパートリーもあるのよ、 [続きを読む]
  • ライザップとモロッコ人
  • 最近、カルビーの会長の松本さんがライザップの代表取締役に就任するとのニュースが出ました。 ライザップといえば「結果にコミットする」がウリで成功した会社ですが、あー、これモロッコだったら、絶対成功しないコンセプトだなあ、とぼんやり思いました。 軽ーい目標だって持つことがないのではないかと思うモロッコ人。ましてや、結果にコミットするなんて!インシャアッラー(神様の思召しがあれば)な国なのに、先々のこと [続きを読む]
  • モロッコの美容室
  • 最近、義妹が資格を取って美容室を始めました。これが、素晴らしいことに繁盛しています。 美容室といっても、モロッコの女性は髪をほとんど切りません。切っても、ぱっつんと切るだけです。そのため、日本のようにシャギーを入れたり、すかしを入れたりなんてことはできません。 では美容室で何をするかというと、かなり複雑な編み込みをしたりと、主にスタイリングをしてもらいます。中でも1番多いのは、ブロー。モロッコ人の [続きを読む]
  • ワールドカップでカフェ大混雑
  • ラマダン明けの2日間は国民的休日となり、ほとんどのお店が閉まります。 しかし、その中でも開いていたお店がカフェ。犠牲祭などの国民的休日でもカフェだけは開いていたりするのですが、その場合でも、全てのカフェが開いているということはありません。 今回は、ほぼ全てのカフェが開いていました。そして、どこもビッシリ席が埋まっています。 普段は、カフェにいるのはほぼ男性ですが、今回は女性の姿もたくさん! みんなが [続きを読む]
  • ラマダンが終わってわかったこと
  • 2018年のラマダンが終了いたしました。 昨年は、日が最も長いわ、非常に暑いわで、初めてのラマダンでかなり過酷な状況でした。今年はとても涼しく、喉が乾く、ということがなかったので、なんとも楽でした。(ラマダンが終わると同時くらいに40度近くの猛暑となり、外に出るとすぐに喉が乾きます。こんな中で去年、ラマダンをしていたとは!我ながら尊敬。) そんな余裕をもって行ったラマダンですが、ラマダンを1ヶ月してみて人 [続きを読む]
  • ラマダン27日目女の子の日はみんなでヘナ
  • ラマダン27日目は女の子(12歳くらいまで)がみんな着飾って、神輿のようなものに乗るお祭りがあります。モロッコでは、女性が着飾る際はヘナもするのが一般的。ヘナは一晩ほど乾かさなければならないので、祭りの前日までに多くの女の子がヘナをしに行きます。義妹は美容室をやっているのですが、とにかく器用でヘナも上手です。そのため、義妹の美容室ではヘナの施術も受けることができます。ラマダン27日目の前々日、娘が義妹 [続きを読む]
  • ファンシーショップ
  • ファンシーショップをモロッコで見つけました。なんだか、懐かしい感じのお店です。 どんなものが売っているのかちょっと入って見たら、雑貨の他におもちゃを売っていました。 安い!!!ちゃちいけど安い!!! ダイソーのエリーちゃんが人形100円、洋服も100円でびっくりしたものですが、こちらは、これだけ入ってDH120(約1400円)。安い!!!ちゃちいけど安い!!! ショッピングセンターに入っているオモチャ屋の約5分の1 [続きを読む]
  • 個人商店でも必!交渉
  • 幼稚園でダンスのためにゴールドの運動靴が必要と言われ家の近くで探してみるも全く見つからず、義姉の家の近くの商店街がとても栄えているので探してみたらありました!DH170といわれ、ちょっとモロッコの商店街にしては高いなと思い、商店街の個人商店でも値段は下がるのだろうか?と思いながら、「DH150」と言ったら、あっさりOK。あ、これ、もっと下がったわ!後悔先に立たず。義姉の家に戻り見せたら、「DH100?」と言われ、 [続きを読む]