リュウ さん プロフィール

  •  
リュウさん: リュウ博士の自分で考えるスピリチュアル
ハンドル名リュウ さん
ブログタイトルリュウ博士の自分で考えるスピリチュアル
ブログURLhttps://ameblo.jp/shoutokureiki/
サイト紹介文26万部ベストセラー『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』(サンマーク出版)全国書店で発売中!
自由文日本版ザ・シークレットは神社にあり! 科学者×霊能者のリュウ博士による、おもしろくて、ためになる「見えない世界」の授業開講中です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供395回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2015/08/19 21:29

リュウ さんのブログ記事

  • 神社と私のパートナーシップ、その始まりは……
  • 「いつから神社に興味あるんですか? やっぱり子どもの頃から?」なんて質問、たまにいただきます。「神社と私」、その関係はいつから深くなったのか? そのきっかけは何か? ってことですよね。そんなにセミナーでまとまってお話する事も無いので、8月25日(土)13:30〜15:30に、東京都港区芝3丁目の株式会社トータルヘルスデザイン元気アップショップでのセミナーで、その辺のことお話しようかなと思います。こちらの会社さ [続きを読む]
  • 太郎さんの今後に幸あれ!
  • 週末は、人生の転機を迎えている(?)、太郎さんの初・単独お話会に参加してきました。招待とかじゃないです。フツーにいち参加者として、参加費6000円を振込んで参加してきました。嫁のはるちゃん、岡田哲也さんも、フツーにいち参加者として、3人で座ってた。これ、太郎さんにはプレッシャーだったのかね?(笑)もともと募集があったのを知ってから、参加するつもりでいたのだけど、ある日はるちゃんと話していると、「た [続きを読む]
  • 情の裏にある理
  • 「情と理」、情いっぺんとうでも、理いっぴんとうでも上手くいかないものです。情の裏に理があり、理の裏に情があると、効果を発揮します。といっても中々難しいですけどね。もう熱が過ぎ去りましたが、サッカーのW杯でひとつ気になることがありました。日本代表のGK川島選手に対して、「試合に出すな」という世論が中々熱いものがありました。それはいいのですが、あれはグループステージ第3戦ポーランド戦の前、ネットのコメン [続きを読む]
  • メルマガ:魂の欲求を、動作に落とす
  • 2週間に1度のお楽しみ(?)、8月11日(土)にメルマガを配信します。7時40分〜17時30分くらいの配信です。今回のテーマは、「魂の欲求を、動作に落とす」です。昨晩はるちゃんからの「間違い電話」がありまして^^ で、そのまま1時間以上しゃべり続けたときの話題です。興味深いが沢山だったので、その一部だけでもシェアしたいなと思いました。キーワードは「水瓶座的気質」。われわれ夫婦の性格や価値観の話しで [続きを読む]
  • 感動する。芸術は個人で味わう☆
  • 8月8日はライオンズゲートだったとか。僕は勤務先のとある締め切り日で、無事に提出できてホッとしております(フツーか!)。8/19(日)関西スピリチュアル祭り in 神戸六甲アイランドのとある企画がアトムさんから。いろいろ考えるなーと思いつつ、こちらでできることをお伝えしました。ご参加の皆様向けのお楽しみ企画ってやつですね^^ ちょっとテンションあがる提案にしたつもりです☆さて、先月下旬に合唱指揮者の橋爪さ [続きを読む]
  • 大人の処世術、若者の純粋さ
  • ここ最近、大学生のレポートを120人分ほど読んで、採点しておりました。出版企画書を書いてもらったのです。読ませていただいて、僕自身も含めて、普段接する大人たちは、ちゃんと”不純”になってると思いましたよwいや、もう僕たち失ってますよ、きれいな何かをww言葉にすると、その違いをどう表現できるんやろ。そもそも彼ら彼女らは成熟した大人達に比べると純粋だからか、純粋さへのこだわりが薄いかな。そして、承認欲求 [続きを読む]
  • 管理しない、管理されない
  • スピリチュアルを仕事にするシリーズ、今回は「管理の問題」です。僕自身、スピリチュアル界にもぐりこんで10年以上がたちますが、様々な人間関係の諸問題を見てきました。ごちゃごちゃ言わずに結論だけ言うと、管理する団体・個人には、関わらない方がいい。これにつきますね。ちょっと利用してやろう、なんて近づくと火傷しそうかな(笑)。スピリチュアルと管理自由と管理私らしさと管理これらは相性悪いでしょう。ぜんぜん上 [続きを読む]
  • 神様に呼ばれるシンクロニシティ
  • 「◯◯神社の神様が、あなた(ないし、あなたのご家族)を呼んでいます」初対面の人が職場にたずねてきてとつぜんそう言われたら、どう反応するでしょうか?オンラインスクール「そらみつ大学」の2ヶ月目に配信する、ある神社の宮司さんとの対談で、実際にその神社に、そういう方が宮司さんを訪ねて来られたエピソードを語っていただきました。そこから、本当にわかりやすいシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)が起こって、 [続きを読む]
  • パートナーシップの神社+チャクラ的解説
  • 関西スピリチュアル祭りの主催のおひとり、いでの幸恵さんが、4月に僕の星田妙見宮散策イベントを主催された後、彼氏ができたそうで。仲むつまじい様子が、ブログ・Facebookなどで伝わってきます。どうも、星田妙見宮イベント後の僕のひとこと(パートナー探しは忙しいし関西スピ祭り後から、とおっしゃってたのを、今でしょ! と言った)と、あと関西スピ祭りでご一緒するMACOさんのこの本、『ネガティブ思考があっても最高の恋 [続きを読む]
  • 神社について語る資格はあるのか?
  • 以前、お寺さんがある部屋を借りようとして、でもその募集要項を見ると、「宗教お断り」と書いてありました。まあ無理だろうなあと思いつつ、借りられますかね? と恐る恐る問い合わせると、「どうぞどうぞ!」と歓迎でした。「お寺なのですけど、宗教お断りとありますが、大丈夫ですか?」「いえいえ! お寺は宗教じゃありませんので!!」なかなか複雑な気持ちだったようです。もっとも日本人の宗教観とは、なかなかユニークで [続きを読む]
  • 全貌、明らかになりました☆
  • 関西・夏のスピリチュアル祭り、いつの間にか、すべてのスケジュールが発表になっています☆8月19日(日)関西・夏のスピリチュアル祭り20189:30−10時 akaneさんamical®というボディケアで、楽チンなのに、かんたんにきれいになる体験をパフォーマンスされます。10時ー10:30 新井てるかずさん不登校、そして自己肯定感の高め方の専門家。公共教育機関での多数の講演実績のある方です。10:30ー11時 大 [続きを読む]
  • 真実はひとつか、人の数だけあるか。
  • 「批判はスルーすればいい」「批判に耳をかたむけるな」なんて事、ブログで発信している人達からよく耳にします。きちんと耳をかたむけましょう、というのは、少なくとも発信者からはほぼ聞いたことが無い。学問の世界では、様々な批判に、真摯に回答することが求められます。まあ、細かいことをいろいろ言われる。それに、ちくいち反論する。学問の世界は、真実はひとつです。正しいか間違っているか。自分の主張も、正しいか間違 [続きを読む]
  • そらみつ大学総長の正体は?!
  • そらみつ大学の真の総長、なかなかの人気者でした^^羽仁斗素夫(ハニトスオ)さん、この名前の由来は何だろう? 気になる方もいらっしゃるようです。日本の神様のどなたと関係があるだろう。。。ドキドキ。。。。・・・・・・えっと、はい。もういっちょ。ご存知の方はご存知、パセラリゾーツのハニートーストです^^うちの嫁さんから、このハニートースト男子のぬいぐるみをプレゼントでもらったのです(ハニートースト女子も [続きを読む]
  • 【募集開始!】ディープに神社の授業やります!「そらみつ大学」開校のお知らせ☆
  • そらみつ大学、募集開始しました!そらみつ大学の募集サイトはこちら神社ブームと言われる昨今、ご参拝される方も増えました。僕の著書『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』もおかげさまで26万部発行されています。ブームを創った元凶よばわり(言葉の使い方おかしいかな?)してくださる方々も多く、神社の普及に一役買えたのかなと嬉しく思っております。とはいえ、「神社、ちょっと行ってみようかな。でも、もっと深く [続きを読む]
  • 過去の自分に乾杯
  • 「過去は馬力」って言葉で検索すると、嫁の子宮委員長はるちゃんの動画が真っ先に検索される。過去を扱うと、願いが叶う。過去の経験は、未来をつくる馬力になる。こういうことを直観でわかってしまうのだから、この人は天才だなあ、と思わされる。僕も同意なのだけど、僕の場合は、ごめん。クルト・レヴィンという偉大な社会心理学者さんと、彼に影響をうけて時間的展望理論なるものを整備した発達心理学者さん達に答えを教えても [続きを読む]
  • もし自分が突き抜けると、何が起こるか?
  • 今回の話しは、「もし自分が、ちょっと今より突き抜けた存在になってしまったら、何が起こるのか?」ってことです。人間の願望として、今よりもっと活躍したい、大きな存在になりたい、というのは、持っている人も多いでしょう。それも、ぐっと突き抜けたいと。「あそこに行きたい!」という舞台なり集団なりがあれば、わかりやすい。そこに行くっていうことですね。僕自身は、記憶する限り、そういう体験を4回しています。その変 [続きを読む]
  • 比較はするけど、しない方がいい
  • スピリチュアルを仕事にするシリーズ、今回のテーマは「比較」です。よく聞いたなあ、同業者間の比較話し。もちろん「ネガティブ95%」です。ちゃんと比較しようという気はさらさら無くて、基本は否定ありき(苦笑)。ただ、実際のところ、この見えない世界は、比較ができないです。ヒーリングでもチャネリングでも、あるいはセミナーの類いでも、サービス提供者の能力を比較できるかというと、うん、無理でしょ。足の速さなら、 [続きを読む]
  • 思い入れをもって、事にあたろう
  • 最近よく活動をお見かけする男性、橋爪大輔さんと、お会いしました。橋爪さんは3ヶ月前には想像していなかった状況にあり、ちょっと大きな流れに乗っているところです。そういうのは、やっぱり事前に計算できない。ただ沸き上がる思いに基づいて、自分にできることを全力でやっていただけなのです。ある小規模コンサルティング会社の協力で、ぐんぐんネットのアクセス数をのばし億単位の売上になった企業さんが、「もっと大手にコ [続きを読む]
  • メルマガ:覚悟のススメ
  • 7月28日(土)、メルマガを配信します。今回のテーマは、「覚悟のススメ」です。神社は「祓い」の場。心身を清める「潔斎」のエネルギーに満ちています。潔さとは、清らかで思い切りがいいこと。斎/忌は、心身を清め神に仕えること。潔斎することは、覚悟することです。そんな清らかに覚悟するのにおすすめの神社を、2社ご紹介しています。ご紹介だけでなく、神社ツアーの告知も兼ねてます☆ご一緒したい方はご一緒しましょう [続きを読む]
  • 筋書きの無いドラマが、風を起こす!
  • 会議やグループワークに最適な人数って、どれくらいだと思いますか? 「3人寄れば文殊の知恵」と言うように、3人は良い人数です。3人だと多様性に欠けると、5人をおすすめする専門家も多い。4名や6名だと、対立する可能性が高まる。そして7名以上だと、多すぎる。僕は「協同」「ファシリテーション」をテーマにした研修に、2001年から10数年たまに参加してましたが、グループワークの難しさを体験させたい時は4人で [続きを読む]
  • のびる人、のびない人
  • 「のびる人、のびない人」、これは僕が最初の会社員時代から、よく考えていたテーマでした。システム開発を担当していたとき、ある仕事をして、次に同じような仕事をしたら、通常は「進歩がある」と想像するところですが、よりひどくなるケースというのを見てきました。もちろん、あざやかな手腕を発揮する人達もいます。のびていく人は、よく記録していたのを覚えています。ノウハウを記録しておくのですね。システム設計の過程で [続きを読む]
  • スピリチュアルはもう特別な人、特別な能力の時代じゃない。
  • スピリチュアルというジャンルをふりかえってみると、やはり20世紀や、21世紀も2000年代までは、特別な人、特別な能力の持ち主の時代でした。ジャンルの創造主ともいえる江原啓之さんはもとより、スピリチュアルという言葉が出てくる以前に活躍した人物、メディアには出てないけれども草の根で活動していた人達、みな「普通の人ができないことができる」というのが特色になっていたし、もしそれが無いと、スケートのすべれ [続きを読む]