姫路空 さん プロフィール

  •  
姫路空さん: 同床異夢「こちら地球市民対策本部」
ハンドル名姫路空 さん
ブログタイトル同床異夢「こちら地球市民対策本部」
ブログURLhttps://ameblo.jp/hinomaru-lunch/
サイト紹介文「世の中、何かおかしい?」と思うことを兵庫県姫路市から発信しています。
自由文「地球市民」とは?国家観がない人達のことです。
国家観がないので、日本の神社などに価値を見いだしません。それは、自由ですが、そういう人は他国の宗教(国教)にも価値を見いだせないので、道徳に価値を見いだせません。
なぜなら、その国の宗教というのは道徳だからです。
全員とはいいませんが、「地球市民」と言っている人は道徳観が薄い人が多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/08/20 00:39

姫路空 さんのブログ記事

  • ”頭大丈夫か? 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領”
  • 1年前のブログを読んでも、やっぱり韓国っておかしいな国なのがわかる。そんな、韓国と仲良くやっていこうというのが、世間の潮流みたいだけどこんなに、反日されてても仲良く出来ると思いますか? それとも、世間の人は大統領をはじめ韓国の人達が反日していることを知らないのだろうか?相手が嫌っているのに、こちらが好きにならなければならない理由は一体何なのでしょう? 朝鮮半島とはそろそろ、断行を考えた方がよいと思う [続きを読む]
  • 35万人も外国人を受け入れるの!?
  •  政府が人手不足による外国人労働者受入の人数を設けたようで、その数・・・5年間で35万人https://www.asahi.com/articles/ASLCG454QLCGUTFK00D.html(朝日新聞デジタル)        人気ブログランキング         にほんブログ村  FNNの報道では34万人となっているが、いずれにしても一つの都市ができる人数であることに違いない。https://www.fnn.jp/posts/00405439CX(FNN PRIME)FNNサイトには国会でのやり取 [続きを読む]
  • 移民受け入れで崩壊する地方自治体
  • 「人手不足で会社が成り立たなくなる」などの意見が相次いで、安倍政権で外国人労働者の受け入れ拡大を行うとしている。 姫路市や市の商工会議所なども外国人材派遣を積極的に行なおうとしている。「姫路市国際化推進プラン」(姫路市役所)        人気ブログランキング         にほんブログ村  すでに、日本は世界第4位の移民受け入れ国になっているのをご存知だろうか? 「移民流入」日本4位に 15年39 [続きを読む]
  • なぜ日本が嫌いな国から労働者を受け入れるのか?
  •  慰安婦問題で日本から金を取れると学習した韓国が、次は徴用工で金が取れると思っているようだ。 さすがに、日本人も今回は韓国に対して「いいかげんにしろ!」と思っている人が多い。        人気ブログランキング         にほんブログ村        (韓国ヒップホップグループの防弾少年団)そもそも、慰安婦や徴用工だけでなく、日頃から反日的な言動や行動が目立つ韓国。芸能界では、「防弾少年団」の [続きを読む]
  • 徴用工問題と外国人受け入れ拡大
  •   約70年前に、人手不足ということで、朝鮮半島から募集してやってきた人達。「徴用工」などと言っているが、この単語は誤解を招くのでやめた方がよい。    (奴隷でもなんでもなく、当時の工場で普通に働く工員)  ※徴用とは・・・国家が国民を強制的に動員して、一定の仕事に就かせること。また、物品を強制的に取り立てること。        人気ブログランキング         にほんブログ村   この度、韓国の [続きを読む]
  • 政府専用機は航空自衛隊所属です
  •  就任してから、世界を飛び回っている安倍総理だが、そこで使用されているのが皆さんご存知の政府専用機だ。現在はボーンイング社の747−400通称ジャンボという機体を使用している。 政府専用機を管理しているのは、どこの省庁かご存知だろうか?     (政府専用機は航空自衛隊に所属している) 政府専用機は2機有り、2機とも航空自衛隊に所属している。もちろんパイロットは航空自衛隊の隊員で、機内のキャビンアテ [続きを読む]
  • 韓国の暴走と11月3日
  •  11月3日は祝日だが、なぜか「文化の日」とされているので一体、何の日なのかわからない。巷では、文化の日だから「文化祭」といったりしている・・・ 戦前まで11月3日は「明治節」と言われていた。文字通り明治天皇の誕生日だった。それが、なぜか「文化の日」になっている。        人気ブログランキング       にほんブログ村  今年は、明治維新から150年の節目の年であり、11月3日に明治のことを [続きを読む]
  • 11月2日は例大祭・・・陸上自衛隊の第三音楽隊もやってくる
  •  明日11月2日は、大切なお祀りである秋季例大祭が兵庫県姫路護國神社で開催されます。        (兵庫縣姫路護国神社)今年は、ここ姫路でご英霊に対する祭祀がはじまって125年、そして神社が建立されてから80年が経過するという節目の年です。        人気ブログランキング       にほんブログ村   その特別なお祀りということで、伊丹にある陸上自衛隊から、なんと第三師団の音楽隊が奉納演奏を [続きを読む]
  • 日本経済新聞のデタラメ
  •  前回のブログで、日本経済新聞が日本の自衛隊や国防について、無責任な書き方をしていると指摘したが、「自衛隊の予算って本当に少ないのです」(前回のブログ) 経済でも彼らはデタラメを言っている。  人気ブログランキング   にほんブログ村  ネットの世論調査、「新聞の中で最も信用出来る新聞は?」の調査で堂々と1位になった日本経済新聞。 「おいおい」ちょっとまってくださいよ。なんで日経なんだ?と言いたくな [続きを読む]
  • 自衛隊の予算って本当に少ないのです
  • 「防衛費が過去最高!」と近年、毎年のようにマスコミがおおげさに報道し、あたかも、防衛予算がもの凄く伸びているような報道ぶりをしているが、本当にそうだろうか?              人気ブログランキング            にほんブログ村 (災害救助も回数が増えれば、持ち出しする金額が増え何かを削ることになっている) 日本のマスコミは、増えたことだけを報道し、その金額が順当なのかどうかの評価はし [続きを読む]
  • 自衛隊は国民の財産です
  •  普段、我々が平穏に暮らせるのは、憲法9条があるからではない。自衛隊の皆さんが日本を守ってくれているからだ。     (シンガポールに入港した「護衛艦かが」産経新聞) 近年のきな臭い世界情勢や、頻繁に発生する自然災害。もし、日本に自衛隊が存在していなかったら、日本は1週間と持たない。持たないとは、日本国として存在出来ないという意味。  (北海道の地震で災害派遣された隊員 給水を行っている) 我々は当た [続きを読む]
  • 陸上自衛隊 マッチョコンテスト
  • 10月21日は陸上自衛隊姫路駐屯地の記念行事が開催された。 天気もよく、大勢の方が基地につめかけた。近年、自衛隊に対する関心が高まっていることがよくわかる。    (陸上自衛隊 第3音楽隊 めちゃくちゃ上手)  特に感じるのは、若い女性の来場者が多い。日本の男性が中性化して男っぽさがなくなっているから男っぽさを求めて女性が来ているのではないか?などと思ってしまう。              人気ブロ [続きを読む]
  • 10月21日は陸上自衛隊姫路駐屯地へ
  • 今週末の21日 陸上自衛隊姫路駐屯地で67周年記念行事が開催。 「自衛隊ってどんな組織なんだろう?」「隊員ってどんな人達なんだろう?」              人気ブログランキング            にほんブログ村   (姫路駐屯地は大砲の部隊でその訓練の様子を見ることができる) そんな風に思っている方は、この機会に是非、姫路駐屯地にお出かけ下さい。基地が開放される貴重な日です。 会場では、自衛 [続きを読む]
  • 沖縄の基地は日本の安全と直結
  •  10月12日沖縄県の新しい知事の玉城デニー氏が安倍総理と会談し、「基地について意見交換」を行ったと、報道されていたが、玉城氏が最初に総理に言ったことは・・・        (二人の表情が対照的) 「沖縄振興予算を増額するように」だった。              人気ブログランキング            にほんブログ村   舌の根もかわかないうちに、堂々と自分の公約を撤回する玉城氏・・・彼は、知 [続きを読む]
  • 単純労働者にも永住権?
  •  安倍政権が推進しようとしている政策のなかで問題だと思う一つが「外国人労働者受け入れ」である。「外国人労働者の受け入れ拡大」(10/11読売新聞)https://www.yomiuri.co.jp/politics/20181010-OYT1T50135.html              人気ブログランキング            にほんブログ村   簡単に説明すると、働き手が減少しているので、外国人でそれを補うというものだ。さらに最長10年の滞在資格や熟練の [続きを読む]
  • 九州電力が太陽光発電の停止を指示
  • 災害で役に立たなかった、自然エネルギーのことはこのブログで先月紹介した。「災害では役に立たなかった、太陽光と風力発電」大規模太陽光発電は災害だけでなく、日常において電力会社の足を引っぱっていることを皆さんご存知だろうか? こんなことを書くと、批判する自然派的な人達がいるが、批判している人達の主張が現実の社会にそぐわないことが明らかになった・・・       (自然エネルギーは安定的ではない)     [続きを読む]
  • 北海道電力に損害賠償9億6千万円請求が一転して・・・
  • コープさっぽろ(生活協同組合)が北電に対して、停電になった為に自社の冷蔵庫が停止し食品を破棄した金額が9億6千万円に上ったとのことで損害賠償請求を検討というニュースが10月7日に報道された。              人気ブログランキング            にほんブログ村   北海道新聞には一面トップで掲載された。 元々、コープは共産党系などの組合。根っこは反日と考えてよい。コープさっぽろは、「 [続きを読む]
  • 今後の米中貿易戦争はどうなるのか?
  •  トランプ政権の中国たたきは本気だ。経済摩擦と言っているが、国にとって経済というのは存亡に関わることなので日本で報道されている以上に事態は深刻だ。ある意味戦争状態といってよい。 かつて日本も、経済封鎖から戦争に突入していった。              人気ブログランキング            にほんブログ村   アメリカは、とことんやるつもりと見てよい。 「米中で落としどころを探っている」などの [続きを読む]
  • 関空の貨物輸送回復せず
  • 海外からの旅客便は回復した関空だが、物流は減少したままだ。連絡橋の規制などから、搬出・搬入が思い通りにできず、伸び悩んでいる。「全面復旧した!」と単細胞に喜んでいる陰で、こういう事態になっている。https://www.sankei.com/economy/news/181004/ecn1810040024-n1.html              人気ブログランキング            にほんブログ村   KPAの山谷社長は「9月末までには従来の80%まで [続きを読む]
  • 反日に使われる「教育勅語」
  •  初入閣の柴山大臣の会見で、NHKをはじめ反日マスコミが「教育勅語」があたかも、悪い物という前提で大臣に質問している。              人気ブログランキング          にほんブログ村   マスコミのやりとりは、どう考えても悪意に満ちたものだと言わざるを得ない。そもそも、「教育勅語」のどこが悪いのか? 柴山大臣は、かなり言葉を選んで答弁されたが要約すると・・・ 「教育勅語」は現在の道徳に [続きを読む]
  • 早速はじまった安倍内閣たたき
  • いつもながら朝日新聞の見出しが酷い↓ 「在庫一掃、閉店セール内閣」野党が改造後の顔ぶれ批判10月2日朝日新聞      (第4次安倍内閣) まだ、何も仕事していないのに、いきなり駄目出しをしている、共産党の小池氏や立憲民主の福山氏。仕事ぶりもみないで、なぜ評価できるのだろうか? そもそも、朝日新聞も含めて野党の皆さんは、いつも「人権」だの「平等」などと言っておきながら、安倍政権を物扱いですか? 仮にも [続きを読む]
  • 中国に呑み込まれる沖縄
  •  中国が、尖閣沖(日本のEEZ内)にブイを設置していることが確認された。日本政府は中国共産党に抗議したそうだが・・・10/2産経新聞より 中国という国は、百年単位で侵略を考えている。喉元過ぎたら忘れる日本人とは、少し考え方が違う。 見た目が東洋人だから、我々と同じように考える日本人がいるが歴史も違えば文化もまるで違う。一番違うのは、中国には神社がないことだ。              人気ブログランキン [続きを読む]
  • 中国共産党がアメリカの選挙に介入している
  • トランプ大統領が国連安保理事会で異例の発言! 9月26日の国連安保理で議長を務めたトランプ大統領が、いきなり中国批判・・・ 「11月のアメリカ中間選挙に中国が干渉しようとしていることがわかった」 BBCニュースよりhttps://www.bbc.com/japanese/45661989              人気ブログランキング            にほんブログ村      その発言にパニックになったのは、中国の王毅外相だった。とっ [続きを読む]
  • トランプ大統領の中国に対する怒りとは?
  • 米中貿易摩擦激化!というような見出しが目立つ昨今だが、 日本のテレビやラジオでは、一方的にトランプ大統領が中国を目の敵にしていて中国を困らせている。 といった印象の解説を行っている。       人気ブログランキング          にほんブログ村  親中で反トランプの多い日本のメディアの報道では、真実はあまり語られない。トランプ大統領が最近、中国共産党に対して厳しい姿勢を取っているのには、理由が [続きを読む]