切り絵 浮世絵 さん プロフィール

  •  
切り絵 浮世絵さん: 切り絵
ハンドル名切り絵 浮世絵 さん
ブログタイトル切り絵
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/krsw888757
サイト紹介文浮世絵を切り絵に
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/08/20 07:52

切り絵 浮世絵 さんのブログ記事

  • 名所江戸百景 外桜田弁慶堀麹町
  • 「外桜田弁慶堀麹町」今の桜田堀を弁慶堀と呼び、四ツ谷辺りまでを広く糀町と呼んだ。現在の憲政記念館のある所に彦根藩井伊家の上屋敷があり、堀に沿って甲州道が通っている。釣瓶が3つ並んだ井戸は「桜の井」と呼ばれた名水として知られていた。桜田門は幕末大老・井伊直弼が攘夷派の水戸浪士に暗殺される(1860年)「桜田門外の変」が起きている。 [続きを読む]
  • 一年前のブログ 隅田川雪の朝
  • 広重 六十余州名所図会 武蔵 隅田川 雪の朝「武蔵 隅田川 雪の朝」画面中央を流れる隅田川に左手前からほぼ直角に合流しているのが「山谷堀」音無川の三ノ輪あたりから隅田川の今戸をつなぐように掘られた掘割で、水害対策とともに......>続きを読む [続きを読む]
  • 名所江戸百景 亀戸梅屋舗
  • 「亀戸梅屋舗」ヴァン・ゴッホによって模写されたことでも有名なこの図は、亀戸梅屋舗にある梅の古木で臥龍梅と言われ、江戸第一の名木とされて文人墨客が集い合う名所であった。亀戸の梅屋敷は、亀戸天満宮の裏手にあり、現在の江東区亀戸三丁目になる。 [続きを読む]
  • 一年前のブログ
  • 広重 六十余州名所図会 上野 榛名山 雪中「上野 榛名山 雪中」    群馬県高崎市榛名湖町ここ数日一気に冬の寒さが本番となってきた。このあたり昔、毛野(けぬ)とよばれる国であったのが分割して上毛野と下毛野となり、その......>続きを読む [続きを読む]
  • 名所江戸百景 王子装束えの木大晦日狐火
  • 「王子装束えの木大晦日狐火」毎年、大晦日の夜、社に近い榎の下に集まった狐は、此処で衣裳を整えて王子稲荷社に参上した。近在近郷の農家では、狐がともす狐火の量で、新年の豊凶を占いた。寒空にきらめく星と榎の小枝は、雲母引き(きらびき)で表現されている。闇に包まれた森の木々の先には、わずかに緑が含ませてあり、間近に来ている春の息吹を感じさせる。  [続きを読む]
  • 名所江戸百景 筋違内八つ小路
  • 「筋違内八つ小路」江戸城の守りとして、外濠と内濠、見附と呼ばれる堅牢な城門は三十六あったと言われている。濠に面した櫓付の見附には2つの門扉があり、橋を渡って1つ目の門扉を抜けると石垣で囲まれた空間に阻まれ、それを抜ける為には、さらに直角に曲がって、2つ目の門扉を通らなければならない。大軍が一気に攻め込めないようにする軍事上の防御策で、これを枡形造りと言う。筋違橋御門もこの見附のひとつであり、元々は加 [続きを読む]
  • 広重 六十余州名所図会 隠岐焚火の杜
  • 「隠岐焚火の杜」焼火山(たくひさん)は隠岐(おき)国(島根県)隠岐郡西ノ島の東部にある山で半島形をしている。島中の船人やこの附近を航海する人々はこの焼火権現を殊に崇敬し、航路の安全を祈願したもので、現在でも「焼火さん」といわれて多大の信仰を集めている。船の舳先をクローズアップし、そこで御幣左右左に振る船子を描いている。 [続きを読む]
  • 1年前のblog
  • 歌川国芳  忠臣蔵十一段目夜討之図「忠臣蔵十一段目夜討之図」「仮名手本忠臣蔵」十一段目の討ち入りの場面を描いている。国芳は積極的に西洋絵画の表現技法を風景画の中に取り入れており、オランダで刊行された『東西海陸紀......>続きを読む [続きを読む]
  • 広重 名所江戸百景 上野山内月のまつ
  • 「上野山内月のまつ」上野清水堂の崖下の向かいに描がかれた「月の松」と呼ばれた奇松の大写しである。 樹の肌が画面いっぱいに描かれ、不思議な曲線の背景には不忍池が広がり、池に突き出た中の 島弁財天、対岸の池之端にびっしり軒を接して町家が、そして本郷台地に火の見櫓を三基突き出して大名屋敷が連なっている。月の松が形作る中に見える火の見櫓は本郷の加賀百万石前田家のものと思われる。 [続きを読む]
  • 名所江戸百景 はねたのわたし弁天の社
  • 「はねたのわたし弁天の社」江戸時代後期、多摩川の河口には広大な洲が形成されていた。 この洲の南の先端に羽田弁天と呼ばれる古い弁天堂があった。中ほどには、穴守稲荷と呼ばれる波除(なみよけ)の稲荷もあり、参道沿いに何百本も続く奉納鳥居で有名だった。図は現在の羽田空港がある辺りから、房総方面を望んでいる。船頭の脇に見えるのが弁財天、海上のはるか向こうには房総の山々が描かれている。 [続きを読む]
  • 広重 名所江戸百景 四谷内藤新宿
  • 「四谷内藤新宿」元禄11年(1698)、信州高遠藩・内藤若狭守の下屋敷の跡地に設けられた内藤新宿は、甲州街道の最初の宿駅です。甲州街道は、多摩や秩父地域で採れる鉱物や農産物の運搬路で、牛馬の往来が盛んだった。馬の尻を全面に描いた印象的な浮世絵で、広重得意の近像型構図の1つである。 [続きを読む]
  • 一年前のblog
  • 広重 六十余州名所図会 筑前筥崎海中の道「筑前筥崎海中の道」玄界灘に突き出した砂嘴は、荒波を受け止め、穏やかな博多湾を作った。この砂嘴が海の中道で、画面を区切った上が博多湾、下の玄界灘とは海面の様子が描き分けられてい......>続きを読む [続きを読む]
  • 広重 名所江戸百景 五百羅漢さざゑ堂
  • 「五百羅漢さざゑ堂」 (東京都江東区)黄檗宗の禅寺、羅漢寺の境内には「栄螺堂」という、らせん状に昇る三階建ての三匝(さんそう、と読むが江戸訛りでこれを、さざえと読んだ)堂があった。建物の内部はらせん構造で、上りと下りがそれぞれ一方通行になっており、参拝客がグルグル廻りながらすべての羅漢像を見られる様になっていた。この辺りは江戸の郊外で、景色も素晴しく北斎も「冨嶽三十六景」で取上げている。安政の暴風 [続きを読む]
  • 浮世絵を切り絵で
  • 広重 名所江戸百景 びくにはし雪中「びくにはし雪中」びくにばしは、現在の京橋の下を流れる京橋川に掛かっていた。手前左側に「山くじら」と書かれた看板が、雪景色の中に置かれているが「山くじら」とは、猪の肉のことで別......>続きを読む [続きを読む]
  • 広重富士三十六景 下総小金原
  • 「下総小金原」 (千葉県松戸市)小金原は、現在の柏、松戸、鎌ケ谷、船橋、習志野等に広がっていた原野で、江戸幕府直轄の馬の放牧場があった。広大な原野に放し飼いの馬が群れ遊ぶ風景は江戸近郊では珍しかったので、数々の紀行文に記され、絵にも描かれている。ゆるやかな起伏がどこまでも遮るものなく続く小金原。地面すれすれの視点で、地平線から顔を出す富士を見る。近接拡大した馬と、大小の松、起伏の陰に赤い花を置く [続きを読む]
  • 広重 名所江戸百景 真間の紅葉 手古那の社継はし
  • 「真間の紅葉 手古那の社継はし」真間は、現在の千葉県市川市にあたる。ママのテコナ神社の近くには、紅葉の名所・弘法寺があり、中央には、その弘法寺の継橋が描かれている。赤く色着いた楓の葉の奥には、房総半島の山々が見える日蓮宗真間山・弘法寺を中心としたこの一帯は、紅葉の名所として賑わいを見せる。画面左下の手古那社は万葉美人「手古那」を祀っていて、安産と疱瘡に霊験があるとされ、参詣者が絶えなかった。 [続きを読む]
  • 広重 富士三十六景 甲斐犬目峠
  • 「甲斐犬目峠」桂川の渓谷を見通すと、たちこめる紫雲の上に富士が聳え立つ。絶壁の上に続く坂道を登った高台から、旅人たちは秋の渓谷を眺めている。行く手に張り出した山が富士山を隠してしまうため、実は殆ど富士を望む事が出来ないが道が右に大きくカーブするほんの数か所で富士が突然顔を見せるのでそれがかえって広重に強い印象を与え犬目峠の富士を好んで描いていた様だ。 [続きを読む]
  • 広重 名所江戸百景 増上寺塔赤羽根
  • 「増上寺塔赤羽根」五重の塔は、仏舎利(釈迦の遺骨)を奉安する仏塔の一つで、古くから寺院に建立されてきた。芝増上寺の境内に、かつては図の様な五重塔が存在していた。奥から流れているのが古川で中程の橋が赤羽橋となる。「赤羽根」とは、向かって左側のあたりの当時の地名だったが、地名は無くなり橋と交差点名と駅名にその名を留めている。古川の左側の築地塀は増上寺の警備担当であった久留米藩有馬中務大輔の上屋敷である [続きを読む]
  • 広重 富士三十六景 甲斐大月の原
  • 「甲斐大月の原」広重が北斎の「冨嶽三十六景」に対抗して描いたと言われる「冨士三十六景」のうち、甲州街道大月から桂賀沿いに富士吉田に向かった辺り、大月ヶ原の眺めを描いた一枚。低い視点から秋草越しに富士を望む構図が、草むらに座り込んで景色を眺めているような印象を与えます。ススキ、桔梗、女郎花、野菊など、秋の草花をふんだんに描いた情景は、秋の詩情に満ちている。 [続きを読む]
  • 広重 名所江戸百景 京橋竹かし
  • 「京橋竹かし」四季の景を叙情的に京橋にかかる秋月を描写している。京橋は、慶長8年(1603)創架の日本橋と同じころに架けられた由緒ある橋で、この橋にも擬宝珠が見える。東岸には竹問屋が多くあったことから、竹河岸と称された。正月飾り・七夕飾り・竹垣・竹細工など、現在で考えられないほどの需要が江戸にはあった。月に照らされた竹がしの風情を、幾何学模様的に表現されている。 [続きを読む]
  • 広重 六十余州名所図会 備後 阿武門観音堂
  • 「阿武門観音堂」ポニョの街のモデルとなった鞆の浦に橋を新設する事業について裁判所が許可しなかった。その鞆の浦から海岸沿いに4?5キロ西に行ったところにある阿伏兎(あぶと)岬に今もこの図と同様の威容を残すのが阿武門観音堂である。備後の国は現在の広島県東部、観音堂は福山市沼隈町に位置している。観音堂の歴史は古く (西暦992)年航海の安全を祈願して十一面観音像を本尊として花山法皇が創建。その後源平合戦で被害を [続きを読む]
  • 広重 名所江戸百景 みつまたわかれ渕
  • 「みつまたわかれ渕」隅田川の下流から右岸の芭蕉記念館展望公園から箱崎川の永久橋で、その左は箱崎にあった田安家屋敷、右側の朱塗り門は堀田備中守 あるいは安藤長門守屋敷であろう。「わかれの淵」とは隅田川と箱崎川の分れ流れるところから呼ばれた。隅田川には、米 俵、酒樽、木綿を積んだ荷船が描かれ、猪牙船や釣船も遠くに見えている。今では想像もできないが、江戸時代の隅田川は洲が多い川だった。特に新大橋と永代橋の [続きを読む]
  • 名所江戸百景 浅草川首尾の松御厩河岸
  • 「浅草川首尾の松御厩河岸」隅田川の船遊びは四季折々で様々な趣向がこらされており、納涼船は夏の風物詩であった。「首尾の松」は倉庫街蔵前の一画にあり、船で吉原へ向う遊客がこの松を見て今宵の首尾を語り合ったのが由来だ。時代劇では障子をはめ込んだ小部屋付きの舟を屋形船と称していて、暑気払いの舟遊びに使われた。のちに屋形船が幕府により規制され、代わり に登場したのが二人差し向かいで、一杯やるくらいのスペース [続きを読む]