amnjack さん プロフィール

  •  
amnjackさん: amnjackのWeblog
ハンドル名amnjack さん
ブログタイトルamnjackのWeblog
ブログURLhttp://moon.ap.teacup.com/who_taro/
サイト紹介文オーディオから電子工作まで,下手の横好きな爺さんのサイトです。雑多な内容ですが,のぞいてみて下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/08/20 20:10

amnjack さんのブログ記事

  • 12面体SP用 Blue Tooth AMP
  • ほったらかしていたブルーツース入力(もちろん他のライン入力も可ですが)の12面体スピーカー用のアンプを仕上げました。というより,音出し確認しましたの方が正しいのですが,,,[画像]ペアリングは,スマートフォンです。[画像]ちょっと興味本位で,このドングルにはどれくらい電流が流れているのか確認しました。[画像]93mAですか・・・結構流れてますね。電源は電池で。[画像]アンプの回路に入れて・・・ドングルはバラさない [続きを読む]
  • ST-12使用のMCヘッドトランス
  • このところまたMCイコライザーの調子が悪くなった。[画像]以前の関連記事はこちら↓http://moon.ap.teacup.com/who_taro/1618.html症状は同じ。左チャンネルの音が小さい。これはゆっくり治すとして,ちょっと興味本位で,MCカートリッジ用に昇圧トランスを作って見ました。以前トラブルシューターさんが作っていて,いつかやってみようと思っていたものです。トラブルシューターさんのサイトはこちら? ?結果は・・・・音悪い! [続きを読む]
  • 24V400mAアダプターの再修理
  • 新しく何かを作りたいと思ってはいるのですが,その前に何かと修理するものが出てきてしまい,意欲がそがれます。今回,ちょっとの間を縫って,以前温度ヒューズが飛んだアダプターに安い温度ヒューズがあったので,取り替えてみました。前回の修理では,念のためにと2Aのガラス管ヒューズを入れたのですが,[画像]400mAの出力に2Aではちょっと大きすぎますし,基本的に温度上昇で遮断しなくては意味がない。Aliに安い同型の温度ヒ [続きを読む]
  • SPF材で多目的工作台
  • 陽気が良くなってきたので,お庭で軒下工作。多目的工作台です。[画像]あまり考えずに天板を2×6(38*140mm)にしたら,ごらんのように間がありすぎ。ホントに間が抜けちゃった!! 今度は2バイ8を使います。学校の技術室にある椅子のように,いろんな方向にたおして使えるように考えました。[画像]立てて約60cmの高さの台に。[画像]天板が出ているので,鋸挽きのときのとっかかりになります。[画像]横にしてやや広い面積の工作 [続きを読む]
  • DriveRecorder新調
  • もう5年以上前に買ったドライブレコーダーが等々お亡くなりなった。起動画面が点滅して止まらない。amazonを徘徊してたら,なんとかタイムセールというのをやっていて,5999円のバックモニター付きが5000円であった。ギフト券もいくらかあったので,ポチってしまった。[画像]ブツはこれ。(画像を )昨夜それも10時過ぎに注文したのに,お昼には届いてしまうんですね。クロネコさんご苦労様です。バックカメラ付きというのは [続きを読む]
  • 古TRIACのコンセント
  • 片手間の工作ですが,[画像]大昔に作った秋月のキットですが,この露出コンセントを[画像]ルーターテーブルに使ってしまったため,[画像]こんな風になっていましたが,このまま捨てるのももったいない。たまたま,⇒コンセントが安くでているのを発見。10個で245円でっせ!!見てくれはちょい悪いけど,これを付けることにしました。[画像]パネルは2mmくらいの圧やつとも思ったのですが,工作が面倒なので,0.5mm(たぶん)の板。透 [続きを読む]
  • 24VACアダプタが壊れた
  • [画像]これちょっと別な用途に使ったら,熱を帯びて,出力しなくなった。リセッタブルヒューズだと良いが,開けてみたら,[画像]どうも温度ヒューズのようで導通がない。もちろん代替品など持ってないので,直接バイパスしてしまおうかとも思ったんだが,気を取り直して念のためにミゼットヒューを差し込んでみた。たぶん構造が単純なんで,ここだけで直りそう[画像]これならケースの中に突っ込めそう。[画像]無理したせいかピンが [続きを読む]
  • 正12面体SP用アンプは・・
  • 久しぶりのオーディオネタ。[画像]この正12面体スピーカー駆動用のアンプを考えていました。いろいろと物色していたんですが,結局はじめに考えていた[画像]これにしました。他の小さなアンプをSP本体に内蔵も考えたんですが,SPが沢山あるので,駆動力が足りない感じ。このアンプはTPA3116 D2 Dual Channel Digital Audio Amplifier12V-24Vで駆動力は100W(って2Ωの話で実際は20Wくらいでしょう)。他と聴き比べて駆動力有り。とり [続きを読む]
  • できたんだけど・・・
  • 使うのは,あとで!![画像]電源部分の感電防止カバーを取り付けて完成。【感電防止カバー】[画像]ちょっと大きめに作りました。高さは45mm。取り外し手メンテ可能なようにツバ付きで・・・[画像]蓋は適当な板材がないのでお気軽にプラ段。[画像]こんな風に取り付けて,埃も防止。[画像]ルーター本体も取り付けて,操作性を確認。[画像]このコンセントにルータが繋がります。安全のため,その場を離れるときはコンセントを抜いてお [続きを読む]
  • routerTable-2
  • なんとか使えるようになりました。【ルーターガイド】[画像]ガイドは,M5ネジ1本で固定。0.5mmMアルミ板を添えて,テーブルを押さえ込みます。[画像][画像]垂直ガイドをボンド付け[画像][画像]後で,ここに掃除機のパイプをねじ込める板を取り付けるつもり。[画像][画像]ガイドはこんな感じで,ほぞ錐の時はこの垂直板を平行移動してやれるようにしました。ほぞ切り用の板はまだ作ってない。【ルーターテーブルの組み立てと配線】[ [続きを読む]
  • router Table
  • 暖かくなってきました。ここ数日道具を出しては仕舞い,出しては仕舞い,板を切り刻んでいました。[画像]作っているのは,ryobiのTR-40を使ったルーターテーブル。テーブル面は35cm×35cm,高さは24cmくらいにしました。だいたい必要なカットは済んだんですが,構造上,補強が少し必要に思えてきました。何か角材でまた切り出しましょう。[画像]ルーターホールはガイドプレートと同じ30mm。10cmの高さの垂直ガイドを付けます。ほぞ [続きを読む]
  • vistaがwin10になった
  • いただいたVaioのvista機,OSをwin7に変えて,認証成功[画像]coa2duoのT8100で以前のFMV NFA75では,メモリーを4GBにしてもwin10ではブルーアウトしてしまってどうしても修復が効かなかった。そんなわけでここで止めとこうと思ったんですが,win7にはいつでも戻せるので,お試しにwin10までアップグレードしてみました。win7やwin8から無料でwin10にできる期間はもう過ぎているので,不可能かとも思うのですが,うわさに今でもアッ [続きを読む]
  • 古いVAIOをもらった
  • 年度末は,参加している団体の会計処理やら監査会議やらを開かなくてはならず,結構落ち着けない。そんな中でも・・・・古いvaio PCG7131Nという機械をもらった。OSはVISTAでもうサポートが切れている。時々電源が落ちるというし,ディスプレーも突如として映らなくなるというが,まだその症状は現れない。いろいろといじって壊すのには好適と有り難く頂いてきた。CPUは core2 DuoのT8100 2.1G。32bitでメモリーは2G。ディスプ [続きを読む]
  • 旋盤モード
  • [画像]旋盤のバイト台を作って・・・[画像]こんな感じにセットします。[画像]モーターをセットしましたが,,,バイトがない!!そこで[画像]これを使って,ごりごり[画像]杉材を削ってみました。[画像]節のところは,このバイトだと歯が立ちません。でもまあ,削れることは削れますね。バイトは購入するかということですが,どれほど使用するかってこともあるので,留保。[画像]この台はむしろディスクサンダーの方が使用価値があ [続きを読む]
  • ディスクサンダーモード
  • [画像]ディスクサンダー。[画像]台座は移動可能。[画像]12cmの円盤を取り付けてみました。[画像]ちっちゃいものから,大きなものまで結構効率よく削れます。面はオービダルサンダー,端のバリはディスクサンダーで!曲面もきれいに仕上げられます。これはGOOD!! [続きを読む]
  • 時間かかってますが,,
  • [画像]なんとかここまで!ドリルの受け台はあえて[画像]90度をやや下回る角度で設置して,重みで丁度よくなるように考えました。角度が決まったら3角コーナーで固定します。[画像]その結果,まあこのくらいで良いでしょう。芯ブレも多少ありますので,これ以上追い込んでもしょうがない。どうしてもだったら本格的なボール盤を購入するしかない!!   安く上げてるんだから,これでいい(と自分にい言い聞かせて・・)。[画像]角度調 [続きを読む]
  • 垂直が出ない
  • 精度が出るように注意深く切り刻んだ木工のボ−ル盤の移動式のドリル受け台とドリルそのもののスライド台,ともに精度が悪く,ドリル受けは支柱に直角が出ません。台の面と支える板は直角が出ているのですが,支柱に取り付けるとどうしても狂いが出てしまいます。[画像]あまり良いやり方ではないけど,写真のようにSMD用の基板を切って少し浮かしてみました。[画像]こっちはこれでなんとかなったのですが,スライド盤にドリルを取 [続きを読む]
  • 板を刻むのって大変
  • このところ暇を見ては庭先で板材を刻んでいました。手作りのボール盤はあるので,2つも必要ないんですが,ボール番兼旋盤,兼円盤サンダー,兼ドラムザンダーというような(しょうもない)ものを作っておこうかなって思って,サブロクの合板を1300円も出して買ってきて作り始めました。車に入らないので,多少切り刻んでもらいましたが,,,専用の工作室があれば良いんですが,庭先工作ですので,寒さや北風ピュ〜ピュ〜の日はこた [続きを読む]
  • 古くなった充電池では・・
  • SNSでお世話になっているja7jqjさんが,古い充電池の放電特性のグラフを提供してくれた。[画像]解説によると,「4年前に同等の電池の長年放置さてていたものを復活できないかと持ちかけられたときの充放電カーブが残っていたので報告します。  一回目は放電すると1個1個電圧が落ちていくのがわかります」グラフのカクカクと落ちているところが各セルのばらつきなんですね。[画像]「2回めになるとだいぶ揃ってきたのがわかりま [続きを読む]
  • 充電電圧の変化
  • またまたしょうもないことをしてました。5時間かけて,充電電圧の変化をグラフ化。といっても,データーロガーがやってくれたんですけど。こうして目に見える形にしてみるのは面白いですね。[画像]充電アダプタと電池パックの間kら電圧を取ってます。0.1Ωの抵抗はバイパス。[画像]充電初期。24Vはアダプターの電圧でしょうね。一瞬24Vが出て,データの間隔が10秒なので,次の10秒までに充電が始まってます。[画像]その後は35分く [続きを読む]
  • 放電電圧測定
  • しつこく18Vバッテリーの測定。昨日の放電電流測定は,電子負荷の定電流機能の追認みたいなことになってしまいましたので,今日は,電圧の変化を追ってみました。[画像]結果は,きれいなカーブを描いてますね。終了段階で急に電圧が上がっているのは,放電が終止して電流が流れないので,電池の電圧が復元されたからでしょう。[画像]電池は新品ですので,各セルのばらつきもないようです。師匠によるとばらつきはあると放電特性に [続きを読む]
  • VERSOS 18VBatteryの放電特性
  • まず,備忘録です電子負荷で放電特性を測る。スイッチ類。[画像]この画像,ネットから頂きました。赤いON-OFFスイッチを押しながら電源を入れる。[画像]工場出荷状態では吸い取りモード(Fun1)になっていますが,ここで切り替えます。Fun2が放電特性モード。ロータリーエンコーダを押下すると,[画像][画像]ピーブー音のON-OFF。[画像]ロータリーエンコーダを押下して項目を選び,エンコーダを回して電流と終止電圧を設定。[画像]赤 [続きを読む]
  • 18Vバッテリーを充電してみる
  • ※ 2/10 末尾に「補足」追加電子負荷が途中で止まってしまうのは,このバッテリーは負荷がかかると急速に電圧が降下し,停止電圧を割ってしまうからのようです。はじめに止まったときのデータ。[画像]止まるとRUNのLEDが消え,アンペア表示のところが−−−となります。このときの停止電圧が,17.46V(設定15V)。停止電圧より高いのですが,これは電流が流れなくなったからで,電圧が復元されているからです。たぶん,15Vを下回った [続きを読む]
  • 簡易旋盤つづき
  • 先日の動作試験で固定に難があることが分かって放置していた旋盤,今日は朝から陽が出て気温もそれほど寒くないので,庭先工作を始めました。[画像]まずは問題の旧作。下の1本の鉄棒で固定しようとしたのですが,不安定。[画像]これを改良。枠を作って左右に2cmのつばを作りその間を4cm開けて,上下からネジでねじ込む方式。[画像]これは裏側の様子。つばが2cm。その間が4cm。[画像]上から見ると,,,フレームは,3*4*65cmの角材 [続きを読む]
  • 充電器の供給電流
  • 昨日紹介した18Vインパクトドライバーの充電アダプター。[画像]この回路のように,トランス式の非安定化電源で,AC100Vの電圧によって充電電流が大きく変化しそうです。 そこで,取り合えず今日は,アダプタの電圧変化による供給電流の変化について,調べてみました。[画像]といっても,簡単でこのように充電器のインレットと電源アダプターのアウトレットの間に0.1Ωの抵抗を挟んで,電圧を測るだけなんですけど。[画像]旧式のス [続きを読む]