nonki さん プロフィール

  •  
nonkiさん: ゆったりまったり 〜ふかや暮らし〜
ハンドル名nonki さん
ブログタイトルゆったりまったり 〜ふかや暮らし〜
ブログURLhttp://kitakaze5529.blog.fc2.com/
サイト紹介文未だ知らぬ深谷市とその周辺地域のおもしろ探し。
自由文《興味を持ったらもう止まらない》
たくさんの出会いや発見、そして生まれ育ったこの深谷での暮らしをこれからも楽しんでいきます。
目標は毎日更新!
さあ、明日は何処へ行こうか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/08/21 13:46

nonki さんのブログ記事

  • 「ありがとう」をいおう。。。
  • ほうら、やっぱり!ふと思ったのですよ。この春を超えたような陽気。あっという間に咲いて散った桜。満開のネモフィラ。チューリップも菜の花も。と、言うことは、ゴールデンウイークの頃に咲く花も早く見に行かないと散っちゃう。そこでまず思いついたのが牡丹。と、言えば、、、本庄市滝瀬の立岩寺の牡丹。あれれ、まだ咲いてないのかな。駐車場に車が一台もないよ。まあ、とりあえず行ってみようよ。きれいなお寺さんだね。ああ [続きを読む]
  • さあ、はしれ!
  • 頑張るしかないんです!今月は偶数月。と、言うことは・・・某コンビニ銀行発刊のこれ。「森の戦士 ボノロン」だよ。今回のお話は4人兄弟が力を合わせてお母さんの為にリレー競争を走るというお話。う〜ん、なんとタイムリーな・・・・いや、今はかけっこのお話は辛いな。まあ、それはともかくとして、このお話にはよく”木靴”が登場します。調べてみれば木靴って世界的に存在するそうで。そう言われてみれば日本でも下駄は木靴 [続きを読む]
  • かつじにとけこむのはこちらです。
  • 時間は止まる!毎日忙しく過ごしているとね、ついつい休むことを忘れちゃうもんさ。でも、ほんの数十分でもいいから止まりたい。止まって一息入れたい。そう思うよね。だからこそ、晩酌って重要な役割を果たすんだと思うよ。だって、この時ほどリラックスできる時間ってないじゃい。そこでさ、ちょっと実験してみたの。酔って唄うってできるでしょ。酔って本を読めるかって、バカなことを試みたの。これ、実はよくやるんだけど、ほ [続きを読む]
  • あかちゃんのあおいめだよ。
  • もう公園は花盛り・・・だったお話。高校選抜ラグビー大会が開催されている頃、もう本当に公園は花にあふれていたんだよね。「大島桜」これは、ソメイヨシノが散る頃に満開になるんだ。白い花できれいなんだよね。こちらはレンギョウの黄色とコラボ。この大島桜の葉っぱが桜餅になるんだよ。その大島桜と同じころ、いや、もうちょっとだけ早いかな。「桜熊谷」ちょっと背の低い木でピンクが奇麗。そして、「兼六熊谷」桜も色々だね [続きを読む]
  • びぼうろくですよ〜。
  • もう追いつかないから!「追いつかない」、これは、これから書く内容のモノではないので、悪しからず。熊谷ラグビー場で行われた「高校選抜ラグビー大会」のお話だよ。実はね、もう一週間も前のお話になっちゃうのよ。だから”忘備録”として読んでね。この時期の熊谷ラグビー場はとっても活気にあふれているんだ。もう、すごいガタイの高校生でいっぱい。だって、全国の強豪校の選手が一堂にあつまるんだもん。当然、TV局もくるわ [続きを読む]
  • おうえんしてね!
  • 応援しようよ!ところで、パティオまつりのステージであるお若い女性がキーボードの弾き語りを披露していた。プログラムによると「佐々木かの」さんという方らしい。深谷市出身のシンガーソングライターなんだって。今、深谷市出身の有名人といったら、渋沢栄一翁と村岡桃佳さんと、そして・・・色々な方がいますよね。でも、、、そうだね、三番目に有名なひとを目指して頑張って欲しいな。(画像はお借りしました)こんなのをふっ [続きを読む]
  • はるがえがおをつれてきた。
  • 春はそれだけで嬉しいのです。パティオまつり。だから、と言う訳じゃないと思います。皆の顔が明るいんだよね。春になると、きっとなぜかわからないけど、心が弾む。そんな感じjyないかな。マスクしていればね・・・(笑)冬の花だってそりゃ綺麗だし、夏の花なんか豪華でインパクトを与えるけど、やっぱ、冬の寒さに耐えた後の花は綺麗だよ。だから余計に人々が生き生きして見えるのかな。誰を見てもいい顔してるんだ。ひとも花も [続きを読む]
  • いいかんじ〜♪
  • 元気だからこそ。。。♪からだいっぱいで表現するんだもん。そりゃお腹も空くわな。食べ盛りの子供たち。そりゃ、見ているだけのおじさんだってお腹空くわ。「ねえねえ、お腹空いたよ」「ハイハイ、よく踊ったもんね。なんでもいいよ、買ってあげるから食べよ」そんな会話が聞こえてきそう。でも、そうなんだよ。元気だから踊れるし、食べるものも美味しい。だから楽しいんだね。食べている時にはみんないい顔をするんだよね。風は [続きを読む]
  • のりのり、きれっきれ!
  • みんな、踊ろうよ!「パティオまつり」踊ろう、なんて言われたら、先ずは盆踊りや体育のフォークダンスしか思いつかない年代でございます。花いっぱいの野外ステージでノリノリのダンス。う〜ん、おじさんにはダンスで表現するってあまりイメージないけど、子供たちのその姿を見ると、ああ、時代は変わったんだなって実感するよね。でも、それが楽しそうだから羨ましい。自分をみんなの前でアピールする。そうね、その当時は目立つ [続きを読む]
  • ぐりーんぴーすだよ。
  • 早すぎる春を追いかけて。 その7深谷グリーンパークは桜とチューリップだけじゃないよ、もちろん。春の花にビオラやパンジーがあるの、知ってるかな。冬にも咲いているから冬の花と勘違いされるけど、これ、本当は春の花なんだよね。だって、この子たちはスミレの仲間。冬の暖かい日向に咲き始める花、それがスミレだよね。だから春が一番元気がいい。元気のいいパンジーやビオラに負けずと、こんなモノが開催されるんだよ。確か [続きを読む]
  • ぱてぃおのちゅーりっぷだよ。
  • 早すぎる春を追いかけて。 その6グリーンパークの春は桜だけじゃないよね。知ってるよね。そう、チューリップ。そう、ここではもう主役が入れ替わっているんだね。桜からチューリップへと。しかし、見事だよね。こんなに一斉に咲いちゃってさ。チューリップって何処で春を感じるんだろうね。冬の間、土の中でじっとしている訳でしょう。土の中で季節って感じられるのかな。えらいよね。それにしても、この風景。もうここだけ観た [続きを読む]
  • ぱてぃおのさくら。
  • 早すぎる春を追いかけて。 その5ところ変わって、こちらは深谷の雄、「深谷グリーンパーク」そう、パティオのある公園だよ。向かった時間がちょっと遅かったから、こんな景色も見られちゃったよ。この季節独特の夕焼けだよね。すごくいい感じ。こんな感じをを”おぼろげ”って言うんだよね。おぼろ月夜って黄砂の影響だって、あまりいい現象じゃないけどさ。ところで、桜はこんな感じだったよ。もう最後の桜って感じだね。桜の花 [続きを読む]
  • かぞえたくなっちゃった。
  • 早すぎる春を追いかけて。 その4いくら遊歩道が楽しくって、本庄総合公園から歩くのは無理だよ、小山川の遊歩道の終点。その終点付近は児玉千本桜っていうのがあるのさ。この千本桜、本当に千本あるのかと数えて見たくなるほど、本当にいっぱいに桜なんだよ。土手際にどれだけの距離、桜が並んでいるんだろう。きっと1kmとか2kmとか。それも土手の両側にあるからどちら側からも楽しめちゃう。それはそれは見事だから。河原の草 [続きを読む]
  • ながいみちのりだよ。
  • 早すぎる春を追いかけて。 その3本庄総合公園の東側には小山川が流れています。その土手の中に遊歩道があるのをご存じかな。いや、正確に言えば国道17号に当たる部分から児玉までずっと続いているんです。こんな楽しい遊歩道、どうせなら深谷の中の小山川にも作ってくれたらいいいのに。この遊歩道がまたすごいんだよ。何キロ続いているのかわからないけど、綺麗に整備されていて本当に気持ちがいいの。途中にある隣接の公園に [続きを読む]
  • はなのしたで。
  • 早すぎる春を追いかけて。 その2もうぽかぽか陽気を通り過ぎて暑いくらい。それじゃぁ、桜だって咲かない訳にはいかないよね。この公園にもあるよね〜。桜がいっぱいだよ。桜ってさあ、不思議なもので花だけでも綺麗なんだけど、そこにひとが入るともっと花が映えると思わないかい?ひとと花が合わさって春を感じる。そこに光がはいると、もう眩しいほどの景色になるんだな。こっちははなももかな。色鮮やかな花だね。これも、ひ [続きを読む]
  • かっせかっせ!
  • 早すぎる春を追いかけて。 その1もう、忙しすぎるでしょう、今年の春は。駆け足どころか全力疾走でやってきたよ。この速さにはウサイン・ボルトだってびっくりするぞ。で、ちょうど、本庄に用事があったので総合公園に寄ってみたよ。もう満開の桜の花。でも、その前の野球場がちょっと賑やかなんだ。こりゃ、ちょっと観させてもらっちゃおうかな。それにしてもこの本庄の野球場。深谷市はもちろんのこと、熊谷市にも負けない立派 [続きを読む]
  • おみやげはこれ。
  • ”花の楽園” 番外編”こりゃお安いわ”それじゃ、何をお土産に?はい、このあしかがフラワーパークを後にしました。そして向かったのが足利市街。目的はこれ。「パンヂュウ」足利市民の有名おやつだよ。あれ、向こう側にも駐車場があるんだ。これだけでもその人気の度合いが分かるよね。だって、平日のこんな日なのにお客さ案が途絶えない。外人さんとみられるお客さん、「定休日は?」すると、お店のおばさんが、「お天気次第ね [続きを読む]
  • みているだけでもたのしよ。
  • ”花の楽園” その4ここで一番のウリって、もしかしたらフジの花もイルミネーションもない今はこれかもしれない。ショップね。ここだけで入園しなくても楽しめちゃうくらい充実してるよ。おみやげならこんな感じかな。おいおい、それってどんな味?ちょっと怖いような・・・(笑)それよりも植物だな。これはおみやげというよりも趣味で買っていきたいものばかりでしょ。わお、群馬の冬アジサイじゃん。きっと売れ筋商品。だって [続きを読む]
  • おしゃべりはここでね。
  • ”花の楽園” その3では、他の楽しみって。。。ありますよ、いっぱい。先ずは、この景色ね。こちら深谷では風の強い日だったけど、この足利はとても静かな日だったのね。だからのんびり、のんびり。しかも平日でしょ。そりゃ、まったりするわ。こんな景色の元で、みんな外の椅子に座って、フードコーナーから何かを購入してそれをつまみながらおしゃべりに講じている。ここはフラワーパークじゃなくってオープンガーデンのカフェ [続きを読む]
  • どれだけほりおこしたんだろう。
  • ”花の楽園” その2さて、この「あしかがフラワーパーク」の一番のウリ。それはなんと言っても「フジ」でしょう。これは白いフジのトンネルだそうです。栃木県の天然記念物だそうです。でも、もっとすごいのはこっちね。こんなデカいフジ、見たことがない。これはみんな移植したんだと言うからびっくりだよね。以前、なんだかの本でフジの根っこはとても長いんだと、そんなのを見たことがあるけど、この移植って何処まで掘って何 [続きを読む]
  • せんすでよびこむんだ。
  • ”花の楽園” その1私にもっと花を。そう、春ですからねぇ。と、言うことで「あしかがフラワーパーク」へ行ってきました。多分、ここは二度目の来園。しかも、ここができたのが1997年、その頃以来ですから二十年ぶりぐらい。その当時からフジは有名でしたが、肝心の花の記憶がない。どんな感じになっているんだろうとちょっとワクワク。はい、こんな感じでお出迎え。大量のチューリップに驚かされちゃった。それにキンポウゲ [続きを読む]
  • もう、いそがしいんだから。
  • こちらはどうでしょう。その愛称で呼ばれるビックタートル。いや、びーっくタートルの至近、仙元山はどうなっているでしょう。そう、桜のお話だよ。二日前の写真だからもっと今は咲いているでしょう。まったく春が全力疾走って感じで来るから忙しいよ。しかし、ここの桜はデカい。デカすぎるから桜の下にいるって感じがしないんだよね。桜って距離感が大切だと思わないかい。遠くに見えても綺麗だし、近くで見ても綺麗だし。それは [続きを読む]
  • つよくいきなさい!
  • ここも欠かせない場所だな。そう言えば忘れていました。桜のピンクと似合うもの。それは・・・滝宮神社のラッパスイセン。と、小山川の土手の菜の花。ねえ、黄色って桜との相性がいいよね。場所はこんなところ。あれ、何となく花少なくない?ちょっと隙間が多いような気がするんだけど。まだ花、早いのかな。桜もここの桜は鉾の場所に比べて遅いみたい。まだまだここは春になり切れていないんだね。河原って、風ももろに当たるし、 [続きを読む]
  • これはちゃんすかもよ。
  • まだ完成とはいかず・・・。さて、もう来年今で迫ったラグビーワールドカップ。その前に、春恒例の高校選抜ラグビー大会も開催されるらしいけど、未だに会場となるニューラグビー場は工事が終えていません。見た目は随分出来上がっているけどね。まだまだ工事のクレーン車みたいなのが出入りしていることもあるし、細かい部分の工事が終わっていないのでしょう。まあ、それはそれとして、この熊谷ラグビー場。完成してもやっぱり” [続きを読む]
  • ますますおもしろくなりました。
  • いよいよですね。。。ようやく咲き始めた桜。でも、この熊谷スポーツ文化公園ではもっと色々な面白いことがおきてるよ。特にラグビー場は劇的(でもないか)に変わり始めてる。例えば、こんな木々。とって立派な立て看板による説明書き。これは来年ラグビーワールドカップが開催されて、たくさんのお客様が訪れたときに恥ずかしくないような公園にしようという意図だと思うね。そこでひとつ京見深いものを発見。今まででかいサルス [続きを読む]