くろめがね さん プロフィール

  •  
くろめがねさん: 組織内会計士の日常
ハンドル名くろめがね さん
ブログタイトル組織内会計士の日常
ブログURLhttp://kurorogucpa.hatenablog.com/
サイト紹介文組織内会計士の日常を綴っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/08/22 20:41

くろめがね さんのブログ記事

  • 米系外資系事業会社で20代を過ごすことの価値
  • よく事業会社に転職したい相談を受けるので、個人的な経験を書いてみます。会計士の方でまだ管理職じゃないけど、これから事業会社や他のプロフェッショナルファーム含めて転職を考える方は参考にしてみて下さい。僕自身はやりたいことを追いかけ続けていたら、なんとなくキャリアタグが連続的につながって、履歴書がとんがりはじめて、周りに同じような経験の人がいなくて、もう周りのことを気にしないようになっています笑キャ [続きを読む]
  • 読み返すストレッチ本
  • 今日はストレッチ本を紹介したいと思います。Tarzan 2017年8月10月号はストレッチ以外にも身体をリラックスさせる様々な方法が紹介されています。Tarzan (ターザン) 2017年 8月10日号 No.723 [ゆるめる+伸ばす=柔軟なカラダ!] [雑誌]出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2017/07/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る職場で、家で、学校で、働くあなたの疲れをほぐす すごいストレッチも良書です。とにか [続きを読む]
  • 経営の修羅場って何?
  • 修羅場を昨日連呼しすぎたので、ちょっと具体的に補足します。kurorogucpa.hatenablog.com人に関わる意思決定はだいたい修羅場経験上ですが、顧客はもちろんのこと、従業員などの人に関わる意思決定は修羅場になることが多いです。例えば…今年の新卒の採用人数を増やしたい⇔離職者が多くて中途の即戦力を取りたいクビにしたい人がいる⇔他社に流れるとやっかいだ優秀な若手を昇格させたい⇔モチベーションが下がったベテランの反 [続きを読む]
  • 40歳が社長になる日
  • この方の著作、結構好きなのですが、2冊目が出たようなので早速読みました。40歳が社長になる日(NewsPicks Book)作者: 岡島悦子出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2017/07/29メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 社長候補か否かは30歳で決まる サクセッションプランニングのリアル 10年後は40歳が社長じゃないかも 社長になるための処方箋は「場数を踏みまくること」 30代チャンス、大企業チャンス、経営 [続きを読む]
  • 監査役 野崎修平がKindleで期間限定無料配信中
  • 期間限定で1、2巻が無料で読むことができます。監査役 野崎修平【期間限定無料】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)作者: 周良貨,能田茂出版社/メーカー: 集英社発売日: 2017/06/21メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る最近、常勤監査役の募集案件が非常に増えてきています。時代背景がだいぶ異なり、かつ、銀行という特殊な環境でもあるものの、読み物としては面白そうです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 人生はワクワクすることだけをやる
  • 「多動力」という本を読みました。この「多動力」。かつてはマイナスでなかったしかなかったもんかもしれない。多動力を仕事に活かす場面は少なく、おかしな人だと思われていたはずである。しかしこれからの時代は多動力こそ最も重要な能力だ。一つのことに集中することを全てのリソースを突っ込むことが善だとされていた時代から、いまは違う時代に入っていることを「多動力」というわかりやすいフレーズでまとめています。こ [続きを読む]
  • オススメのストレッチ本
  • 疲労回復におすすめの本を発見しました。イラスト付きでとてもわかりやすいです。今までのストレッチ本は写真で解説しているものが多かったのですが、やはりイラストで筋肉のどの辺りを伸ばすべきなのかを強調してくれている方がわかりやすさですね。kurorogucpa.hatenablog.com [続きを読む]
  • 会計士が事業会社の経営企画部へ転職して驚くこと
  • 以前はこのような記事を書きましたが、経営企画でも働いたことがあるのでその経験を今回は書いてみたいと思います。kurorogucpa.hatenablog.com 予算を達成すると嬉しい、達成しないと悲しい 定量的な見積もりが難しい 企画するだけでは終わらない予算を達成すると嬉しい、達成しないと悲しい予算を達成するとみんなで喜びます。この点は前職の監査法人にいた際は中々意識しづらいものでした。固定的な監査報酬に対して [続きを読む]
  • 精読vs速読
  • 最近は昔に読んだ本を読み返しています。今までは新しい本を速読することに重きをおいていましたが、数ヶ月前ぐらいから過去読んだ名著を読み返しようにしています。今までは新しい本を読むことが新しい知識を得る方法だと思っていましたが、昔の本を読むことでも知識の習得は出来ると思います。特に学生時代に読んだビジネス書の名著を今になって読み返すととても参考になることが多いです。理由としては自分自身の職業体験を通し [続きを読む]
  • 経理でよく使う用語を辞書登録用語まとめ
  • 1秒でも無駄な仕事を減らすために、日々、よく使う用語を辞書登録しています。yossense.com随時更新していきますが、このほかにも人名や社内用語などは特に有用です。頻出回数が高いので。あと、一般的な用語ではなく、誤って変換されやすいもの(例:内部統制→ない舞踏性)も単語登録しておいたほうが良いです。#略語用語1あいふぉんiPhone2あさassumption3あし明日で結構です。4ありありがとうございます。5ありありがとうござ [続きを読む]
  • 組織内会計士のCPE履修戦略
  • 組織内会計士のCPEはなかなか難しいものです。kurorogucpa.hatenablog.com CPEの前提 楽に40単位をクリアするための2つの方法 その1 協会活動 その2 有志研修会 CPEの前提まず初めにその内容ですが…1年間で求められてる単位は403年間では120が必要120単位というのは結構大きいですね。また、40単位であれば、なんでもいいのかというとそういうわけではありません。40単位の内訳も [続きを読む]
  • 偏差値50の会計士のリアル
  • 一般的な会計士ってどんな感じですが?とよく聞かれることがあり、あぁ僕は一般的な会計士だとは思われていないんだなーと思う今日この頃です。一般的に会計士といえば、高収入で頭の良さそうな方が多いイメージですが、会計士業界での偏差値50って…年齢が23-25歳のときに合格大手の監査法人に東京事務所入所監査業務8-10年の経験を経てマネージャー1-2年目年収1,000万の男性ぐらいのイメージなんですよね。良いか悪いかは別 [続きを読む]
  • CFOサーベイ2017年6月期調査の開始
  • グローバル・ビジネス・アウトルック・サーベイの2017年6月期調査が先週23日より始まったようです。CFO Global Business Outlook Survey Japan集計データのみがレポートされるので、どういう企業が答えているのが傾向がつかみづらいのですが、日経平均株価に対する予想の項目は、今後の株価を考える上で少しだけ気になります。日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。 22年勝ち残るNo.1ファンドマネジャーの超投資 [続きを読む]
  • 監査調書や契約書へのオススメサイン
  • 紙の監査調書って今どれ位あるんですかね、中小の監査法人はまだ紙が主流っぽいのですが。監査調書でなくても、事業会社でもサインする機会は結構あり、こんなサイトで格好いいサインを作ってもらいました。お名前をお洒落なサインに|手書きサイン・自筆署名創作専門会社(署名ドットコム)プライベートでもクレジットカードの書名とかは格好良いほうが良いですよね。kurorogucpa.hatenablog.comにほんブログ村 [続きを読む]
  • 音声認識アプリ「Dictanote」
  • chrome.google.comGoogle が提供しているDictanoteという音声認識サービスがとても便利です。以前このブログで他の音声認識アプリを紹介してしましたが、今のところを他のものよりも遥かに高性能だと感じています。kurorogucpa.hatenablog.com様々な形で音声認識の技術が向上していると入力できるようになり、社会全体として、生産性が上がるのは良いと考えています。ただ現在では、それほど多くの人が音声認識による文字入 [続きを読む]
  • 非常勤監査業の実情<2017年度版>
  • 非常勤会計士の実情について、意外と情報が出回っていないので自分が知っている限りの情報をまとめたいと思います。まず皆さんが一番気になっているのが時給ですよね、ぶっちゃけ。この時給については現在東京近郊の相場は、公認会計士として登録されており、かつ、監査法人での経験が数年あれば、6,000円から8,000円前後/時間だと思います。監査の非常勤というのは、他の会計士が受託する業務とくらべても相対的に高単価です [続きを読む]
  • MFクラウドのテンプレートが便利すぎる
  • 有難いことに、色々な所から御誘いを受けたこともあって、請求書を出すことを多くなったのですが、このMFクラウドが無料で配布しているテンプレート、本当に便利です。MFの回し者ではありませんが、こういうテンプレートものはドンドン共有化されて、無料で使える世の中になってほしいなぁと思います。invoice.moneyforward.comにほんブログ村 [続きを読む]
  • 2017年の始まりとキャリアの棚卸
  • 2017年が始まって14日が経過し、年間の3.8%を消化しました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。変化に対する嗅覚と半歩先にフライングする俊敏さ2016年はあまり変化のない年で、仕事は年始から結構楽でむしろ3月が終わる頃にはこのままではまずいと思うほどの危機感を覚えていました。与えられた変化がなければ、自分で変化を創り出さなければならないと思い、4月辺りから様々な仕事の可能性を探り、年の後半にはご縁があって [続きを読む]
  • 監査法人の営業利益率は低いわけじゃない
  • 利益は意見、お金は事実監査法人の決算が出揃ったようです。www.nikkei.com4大監査法人ともに増収だったようですが、業界全体の報酬単価が上昇したのでしょうか。売上の増減と顧客数の増減との相関だけでは見えてこないところなので、年末年始の忘年会・新年会で聞いてみようと思います。ただ、なんでもかんでも欧米化するのが良いことだとは思いませんが、価格の適正化が行われ、会計士の主たる仕事である会計監査の"値段"が上 [続きを読む]
  • 会計士として独立を考える
  • ここ数週間、様々な形で独立している方のお話を聞く機会があり、やはり会計士のキャリアの選択肢の一つとして独立も魅力的と思えてきました。一方、隣の芝生は青いと言うまでもなく、それ相応のリスクがあるので準備や計画が絶対的に必要とも感じています。お客さん確保まずは一にも二にもお客さんの確保が最も重要のようです。お客さんがいなければ、売上がたちません。どういう経路で独立された方が顧客確保をしているかというと [続きを読む]