Pianeys さん プロフィール

  •  
Pianeysさん: ピアノライフを読む | Piano Life
ハンドル名Pianeys さん
ブログタイトルピアノライフを読む | Piano Life
ブログURLhttp://pianeys.com/life/
サイト紹介文ピアノの練習、指導、音大受験など。ピアノについてのアレコレを更新しています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/08/23 13:18

Pianeys さんのブログ記事

  • 初心者(幼児)のピアノ発表会曲考察
  • ピアノを習い始めて数か月〜1年余り。初めての発表会に出る可愛い子供達!実は本当に個人差があるので、同い年でも弾ける曲の範囲が違ってきます。もちろん理解力は重要ですが、筋力も関係してきます。そしてやはり楽器も侮れません。アコースティックピアノのコツをつかんでしまえば、後はそれほど問題はないのですが、コツをつかむまでになかなか時間がかかる生徒さんもいらっしゃるのは事実です。つまり聴力です。一番弾きやす [続きを読む]
  • 発表会のプログラム演奏順は??
  • 子供の頃、ピアノの発表会のプログラムを受け取る時はドキドキしました。私が当時通っていたピアノ教室は、後ろになるほどだんだん上手な人になっていくというランク付けの順番で、低学年が高学年を追い越したりは当たり前のことでした。もちろん同い年の中の順番も気になりました。抜かした、抜かされた、の繰り返しで、ハッピーになったり落ち込んだりしましたが、不思議と先生には悔しさの矛先は向きませんでした。むしろ、相手 [続きを読む]
  • 発表会のプログラム演奏順は??
  • 子供の頃、ピアノの発表会のプログラムを受け取る時はドキドキしました。私が当時通っていたピアノ教室は、後ろになるほどだんだん上手な人になっていくというランク付けの順番で、低学年が高学年を追い越したりは当たり前のことでした。もちろん同い年の中の順番も気になりました。抜かした、抜かされた、の繰り返しで、ハッピーになったり落ち込んだりしましたが、不思議と先生には悔しさの矛先は向きませんでした。むしろ、相手 [続きを読む]
  • モンスターペアレント予備軍ママの話〜4.
  • 友人はbちゃんママと戦闘態勢に入るのが恐ろしかったので、次のピアノレッスンまでにbちゃんが知っていると思われる曲を集めました。こうなったら聴き映えがしなくても演奏効果が低くてもかまわないと思ったそうです。ご本人の強い希望なので。『チューリップ』は手の移動が2回あるので無理。『ぶんぶんぶん』はOK。『かえるの歌』は移動が2回あり速く弾くところもあるので無理。というように絞り込みました。その上bちゃんは [続きを読む]
  • モンスターペアレント予備軍ママの話〜3.
  • 友人が苦労して探したピアノ発表会用の曲は、bちゃんママがお気に召さないので結局弾かないことになりました。連弾もダメとなるといったいどうすれば良いのか…友人は困り果てました。こうなったら選曲はbちゃん(ママ?)に任せるしかないと思ったそうです。友人はわかっている限りのプログラムの草稿をbちゃんママにメールで送りました。これ以外の曲で本人が弾きたい曲をリストアップして下さいと。ただし、bちゃんはまだ初 [続きを読む]
  • モンスターペアレント予備軍ママの話〜2.
  • 昨日の続きです。bちゃんにとっての初めての発表会。しかし彼女のレッスンは毎回思うように進みません。まだ左右バラバラの動きができないのです。友人は選曲に悩み、暇があればyoutubeを聴いたり楽譜を探したりしました。そしてとうとうbちゃんでも間に合いそうな、単純な音形の割にはなかなか良い曲を見つけたのでした。友人はbちゃんのレッスン時にその曲を弾きました。ところが楽譜を一目見たお母さんに 「この曲はbちゃん [続きを読む]
  • モンスターペアレント予備軍ママの話
  • 音大時代からの友人と久しぶりにご飯を食べに行きました。彼女もピアノ教師なのでなかなか時間が合わなかったのですが、案の定積もる話は山ほどありました。友人の最近の悩みの種は、生徒bちゃんとそのママだそうです。bちゃんは幼稚園の年中さんで、とにかく母も子も礼儀知らずにもほどがあると友人は言いました。習い事というのは目上の人に対する敬意や礼儀も入っていると思うし、まず親が色々子供に言い聞かせたりやって見せ [続きを読む]
  • 昔習った曲をもう一度弾きたい!
  • 大人の方はピアノを習うのが初めての方と、再開組の方がいらっしゃいます。再開組の方はテクニック的なことを取り戻すのは案外早いです!なので、昔の続きにすぐに戻れます。しかし、昔どの曲を弾いたことがあるかは案外覚えておられません。ご実家に帰られた時に古い楽譜を見つけてこられ「先生〜この曲習っていた形跡があります!」とおっしゃることもしばしば。「ではこの曲はこのまま置いて、他の曲にしましょうか?」と申し上 [続きを読む]
  • 音符の穴埋め問題でリズムを頭で理解する!
  • ピアノの譜読みでは、音符の高さと同時に音符の長さを覚えることが大切です。「1と2と3と・・・」小さな生徒さんには、楽譜だけではなくノートに書いてリズムを理解してもらっています。今更聞けない大人の方も、どうぞお試しください。リズムを確認する時は音量にお気を付けくださいね♪音符の穴埋め問題〜基礎編をおすすめします。 [続きを読む]
  • 反田恭平さんのあごのラインが気になります…。
  • 2016年のデビュー・リサイタル以来、注目を浴びながらばく進している反田恭平さん。次から次へとコンサートをこなされていて頼もしい限りです!しかしまだ23歳ということですが、ちょっとぽっちゃりさんになってませんか??おそらく、真っ先にあごの辺りにお肉が付いてしまうタイプだと思います。情熱大陸で拝見したトマトのパスタを自ら作っていた頃の彼は、シュッとしていて可愛かった!もちろん今も可愛いですが、仕事が増えて [続きを読む]
  • 電子ピアノでピアノを習い始める幼児の苦労
  • 昨日のブログでアコースティックピアノと電子ピアノの違いを書きましたが、今日は電子ピアノでピアノレッスンを始められる小さいお子さんが、苦労している現実について書きたいと思います。それは個人差もありますが、手が華奢なタイプの子に多いです。ピアノを習い始める場合、まずはじめに中央の「ド」を色々なリズムで弾くところから始めます。しかし中にはいつまで経っても音が鳴ったり鳴らなかったり、どうしても揃わない子が [続きを読む]
  • 夏休みはピアノコンクールの季節
  • 夏休みに突入しました!全国大会のあるピアノコンクールやオーディションの第1次予選は、夏休みに開催されるところが多いです。人前で演奏することは、ピアノのみならず人間力を大きく成長させるチャンスでもあります。審査員の先生方の講評などもいただけるので、自分の注意しなければならない点もはっきり見えてきます。姪は花の音大生ですが、小さい頃からピアノの先生にコンクールチャレンジを勧められてきました。賞をいただ [続きを読む]
  • 奥歯を抜いたらピアノが上手になってきた
  • ピアノの練習で虫歯に気付いたという話の続きです。前回のブログ⇒ピアノを弾いていて虫歯に気付く結局かぶせ物の中で奥歯が割れていました。選択肢はいくつかあったのですが、歯を残せるかどうか微妙だったので思い切って抜きました。今は一番奥の下の歯がない状態で、歯を食いしばるということもなくなりました。すると非常に楽にピアノが弾けるではありませんか!例の難所を弾いている時、ものすごく歯を食いしばっていたのです [続きを読む]
  • 「先生、『ゲゲゲの鬼太郎』の楽譜書いてください〜。」
  • ゴールデンウィーク明けのレッスンでの出来事です。「先生、『ゲゲゲの鬼太郎』の楽譜書いてください〜。」玄関に到着するなりCちゃんが叫びました。いつもは車からCちゃんを降ろすとお買い物にいくママさんも、後から駆け込んでいらっしゃいました。何でも鳥取など山陰地方を旅行して、「水木しげるロード」をすっかり気に入り『ゲゲゲの鬼太郎』のメロディーをずっと歌っているとのこと。発表会の曲の練習もあって大変だったの [続きを読む]
  • 自分の動画を他の人から見せられてドキッ!
  • 「私が大好きなのですが、娘にはこの曲は無理でしょうか??」お母さんがピアノ発表会で弾かせたい曲は中田喜直作曲のエチュードアレグロでした。YouTubeで色々聴いた時に、発見したということです。しかし、その子には残念ながらちょっと無理だと思います。特にこの曲はきちんと音階など16分音符を粒を揃えて弾けるテクニックが無いと、弾く方も聴く方も疲れ果ててしまいます。そのことを申し上げると、すんなりわかって下さり、 [続きを読む]
  • 練習してこない生徒への奇妙な宿題
  • お月謝をいただいている限りは、楽譜を読めるようにしてあげたい、音感を付けてあげたい、ピアノを弾くのが上手になってもらいたい、と思うのですが、温度差を感じることがあります。Uちゃんは他の教室から変わって来ました。高学年ですが、楽譜があまり読めません。音感教育も特に受けて来なかったのか、音の高低さえもわからない時があります。前のピアノの先生が厳しすぎたとのことですが、私は先生の気持ちもお察しします。楽 [続きを読む]