おいじろう さん プロフィール

  •  
おいじろうさん: 一条の光〜ダブルストマ(人工肛門人工膀胱)と日常と
ハンドル名おいじろう さん
ブログタイトル一条の光〜ダブルストマ(人工肛門人工膀胱)と日常と
ブログURLhttps://ameblo.jp/ostomyinfo/
サイト紹介文大腸がん、骨盤内臓全摘術を受けて人口肛門、人口膀胱のダブルストマとなった38歳男のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/08/23 16:31

おいじろう さんのブログ記事

  • 久しぶりの台所ジャックシリーズ&絶食生活のおもひで
  • 久々の「男たちの台所ジャック」です。料理はほぼ毎日やっているのですが、たまには珍しいものを作ったとしても、これわざわざアップするようなものか!?と自問自答しているうちに旬を逃してそのままにしてしまう、というパターンに陥っていました。えー、前置きはさておき、さっそく本題に。おととい土曜日に、近くの農協直売所でたけのこを見つけ、時間もあるし、ぬかもあるし、自分で茹でてみようという流れに。鍋で小一時間茹 [続きを読む]
  • 自然と共に
  • 今日もいい天気です。日向は暖かいを通り越して暑いくらいです。もう、半袖半ズボンでウロウロしています。上の写真は、お気に入りの仕事場。真冬や猛暑では屋外は厳しいですが、気候がよく、時間が許す時はこの河原に来て木陰のベンチに腰掛けて、翻訳の仕事や読書、文筆活動?をしています。川はサラサラと流れ、鳥はチチチと鳴き、風がソヨソヨと木々を揺らす。まだまだ川の浅いこの辺りでは、川底の石の凹凸合わせるかのように [続きを読む]
  • この世を去っても、流れは続く。世界のある限り
  • 以前、時々読ませてもらっていたブログの主さんが他界されていたことを、そのブログのコメントで知りました。 そして、時間を見つけては初めから読み返したのですが、生前に読んでいた時と感覚が違うな、と思いました。生前は、大変な中頑張ってらっしゃるんだ、という思いで読んでいましたが、今回は、その主さんと対話しているような感じがしました。  辛い中でも、先行きが見えない中でも、いろんなことをユーモ [続きを読む]
  • サスペンダーで、ね。
  • 今日はお仕事に来ております。そしてブログは電車で書く!仕事といっても、今は週一、1時間半の勤務。それでも私にとっては大きな進歩。痛い腹を抱えてヒーヒー言いなが歩いていた頃の忘れられない光景があります。といっても、なんのことはない、ある若者が自転車に荷物を載せて働いている姿です。ものすごーーく、羨ましいと思いました。あんな風に体を動かしたいって、なんでもいいから働きたいって、思ったのです。状態が悪く [続きを読む]
  • 術後1年半の結果
  • 今日は書きまくっていますが、今日、検査の結果が出ると書いたので、そのことをお知らせしておかなくてはなりません。結果から言うと、再発、転移はCTで確認されず、でした。ありがたや〜主治医を拝んで、厚く御礼を言っておきました。「先生のおかげです」と、毎回心を込めて言うようにしています。誇張ではなく、骨盤内臓全摘術をしてくださったガチ命の恩人ですから。その後は、自分が入院していた外科の病棟へ。まだまだお世話 [続きを読む]
  • 受け入れるということ
  • さて、病院の待ち時間はそれなりに長いのですが、わたしにとっては貴重な思索の時間。番号をを呼ばれると、おおぅい、もうちょっと待ってくれ、と思うこともしばしば。ということで、この時間にもうひとつ記事を書いておきます。先ほど書いた、「オストメイトではなくなっている」ということについてです。オストメイトである身体的状況は変わらないのですが、「オストメイトではなくなっている」というのはどういうことか。結論か [続きを読む]
  • 薄れていくオストメイトとしての自分
  • 最近更新が滞っていたのには、いくつか理由があります。病気で倒れる前まで通っていたところに週一で仕事に行くようになりました。その他、もろもろの仕事、家事、育児などなど、要するに、単純に時間が一杯一杯になっていること。けど、それと同じく、心境の変化も大きいと思います。このブログを始める時に目標にしたのは、ストーマにならなければいけない人、なったばかりの人、あるいは全くストーマのことを知らない人に生の情 [続きを読む]
  • 三関屋さんの浴室
  • 先日アップした草津の三関屋さんが浴室の写真を送って下さったので、追加の記事を書きます。まずはこちら、露天風呂風の、お庭のある浴室です。開放感のある造りでゆったりできますし、窓を開けて草津独特の涼しい空気や硫黄の匂いを嗅ぎながら温まるのは本当に贅沢です。お湯がぬめっているようみえていますが、このぬめりがまたよいのです。大げさでなく、草津のお湯は入った後、肌をツルッツルのピッカピカにしてくれます。男で [続きを読む]
  • 温泉に行ってきました。
  • もう10日ほど経ってしまいましたが、温泉に行ってきました。群馬県の草津温泉です。目的はスキー(子供達)と温泉ですが、私たち家族にとっては別の楽しみもあります。草津に初めて行ってからもう10年が経ち、毎年一回は通っていますが、行くと必ずお世話になる宿があります。それがこちら、三関屋さん。源泉は湯畑、風呂は個室でかけ流し。お風呂は3室あり、空いていればいつでも入浴できます。最初にその温泉に入った後、部屋で [続きを読む]
  • 賞状もらいました!
  • 先日、とある試合に参加して参りました。わたしがお腹を手術したことを知っているのは道場では師範の先生のみ。ストーマ、しかもダブルなどとは誰もつゆほども思っていないはず、、、はず。で、試合があるという情報を聞きつけ参加の意思を伝えたところ、長男は、負けたくないから行かない!という。ボクはその日用事があるんだ〜!とまで言っている。なら、なおさら行かなきゃねそうして連れて行った大会で、せっかくだからお父さ [続きを読む]
  • 最近のモチベーション
  • 骨盤内臓全摘の手術をすれば体は一旦動かなくなると思っていたので、無事に手術を乗り切ったら、新しい体に生まれ変わって赤ちゃんから生き直すんだ、という覚悟でいました。そして実際にそうなって、生を実感できたことは、、、息をしていること体を動かせること話せること笑えること病院食の小松菜のお浸しが猛烈に美味しいと感じたこと歩けること、痛みなく歩けることチビ達が楽しく遊んでいる様子を見られることといった具合に [続きを読む]
  • この冬のストーマ
  • 寒さのぶり返しもひと段落したようで、日差しがとても清々しい朝になりました。こういう日は、何かいいことが起こるんじゃないかと、ウキウキするのが正解のようです。春も近づいてきましたので、この冬のストーマの様子をまとめておきたいと思います。まず、漏れや剥がれは一切ありませんでした。下着も服も、汚しませんでした。去年はなんだかんだで、寝ている時の姿勢などからコロの方の面版にシワが寄ったりして漏れの危険など [続きを読む]
  • 「古今名言」ー上善は水の若し
  • 本日の古今名言は、上善若水。儒教と並んで東アジアにおける思想形成に重要な役割を果たした道教の源流、老子の言葉です。わたしは余分なことは書きません(サボっているとも言う)。諸橋轍次氏の解説が素晴らしい。ーーーーーーーー上善は水の若し。『老子』八章 最上の善は水のようなものである。水が上善である理由は3つある。第一に、水は万物に利沢を与えている。天地の間に水なくして存在するものは1つもない。それほど大き [続きを読む]
  • カラダとアタマ
  • 骨盤内臓全摘の手術の後、入院していた病院の処置室で看護師さんと交わした会話をよく思い出します。たしかあの時、看護師さんが、ストーマの交換は手間で大変ですよね、と言ってくれたのです。そこで、わたしは、自分のカラダにもっと手間をかけてやれ!ということなんでしょうね、これまでそういう意識がなさ過ぎたんです、と答えました。たしかにそうなんです。今はベンが出ると、自分で見ながら処理しなきゃいけない。でも、以 [続きを読む]
  • 好きなズボンをはいた!
  • 暖かくなってきました、日差しがポカポカですね。そんな陽気に誘われて、外に出たくなる季節がやってきました。私の住む山際の街でも、そこここで梅が咲き始め、華やかな気持ちにさせてくれます。数ヶ月前から植物のことに興味を持ち始め、花を植えたり、苗木を植えたりするようになると、冬を越して春が来るということが今までよりも嬉しく、新鮮に感じられます。そんなこんなでおとといの日曜日は家族で都会?に出かけました。ひ [続きを読む]
  • 古今名言ー「生きる姿勢への覚悟」
  • 前回の続きで、スポーツチャンバラのことを書きます。そもそも私はこの40歳に近づいた年なので、競争がどう、とか、強さがどう、とかそういう意識は薄いように思います。それでもスポチャンが非常に自分にとって大事だと思うのは、心構えが磨かれると思うからです。 スポチャンの剣は、自転車の空気入れで空気を入れるような柔らかいチューブです。が、武道そのもので考えると、もともとは真剣で相手を切ることを前提として発達し [続きを読む]
  • スポーツチャンバラ!
  • 久々の、限界への挑戦シリーズ!今回はスポーツチャンバラです。略してスポチャン。名前の通り、チャンバラをスポーツとしてやってしまおうというものです。具体的には、空気を入れるチューブの剣と簡易な面防具を着けて、一対一、或いは複数人で戦って、剣が身体に当たれば負け、というシンプルな競技です。そのスポチャンに、12月から親子で通い始めました。そもそも、長男に何か習い事を、と思って幾つか案を考えていました。長 [続きを読む]
  • 続100均工作だと!?
  • さて、前回の続きです。作ったランプ、子供達が喜んじゃったので、ヤツらを巻き込んでさらに工作しました。洋風ランプを作ったので、今度は和風和風のランプと言えば行灯でしょう。それで、こんなん作ってみました。本体部分は写真立てのフレームです。これを4つ組み合わせてハリガネで巻いて留めただけ。そこに好みの和紙を貼れば良いのです。そのハリガネをコイル状にして、造花を挿せるようにしました。うーーん、癒される。で [続きを読む]
  • 100均工作だと!?
  • ストーマ所持者の有り様を赤裸々に晒そう!、がスローガンのこのブログ(いつから!?)ということで、病気関連以外のことも時々書こうと思います。怖いと思っている人が、怖くならなくてもいいように。で、今回のテーマは100均工作!以前、あるブロガーさんが工作されているのを見て興味津々。そういう伏線がありつつ、ある時、時間待ちのために立ち寄った100円ショップで、めちゃくちゃビックリしました。わたしのイメージでは100 [続きを読む]
  • 最近の調子と気持ち
  • ご無沙汰してしまっていますが、、、元気です!この間やっていたこと 自分に関係ある方々に病気のことを伝えました。それこそ小学校の時からの友人、中高、大学の友人や先輩方に。数人には会うこともできました。やっぱり物凄く驚かせてしまったなぁ、と思います。よく生きてたな、なんて言われたりもしました。自分でももちろんそう思っているのですが、最近では、まぁ急に死ぬこともないだろう、なんて思い始めているので、死、 [続きを読む]
  • 開ける穴の大きさ
  • 今日は、教科書に物申す、がテーマです!ストーマについてのテキストなどでは、面版をストーマの大きさにカットする時になるべくストーマの壁にピッタリくっつくように、ギリギリにカットするのがよい、と書いてあるのを見かけます。わたしも最初のうちは、ストーマの大きさをきちんと測ってギリギリにカットして、寸分の隙もなく貼れた時にはニヤリとしていたものです。見よ、この手技を!、的なね、、、でも、貼り替えの時、よく [続きを読む]
  • 障害年金の申請
  • 今日は障害年金申請のために、バスで年金事務所に向かっています。余談ですが、わたしはバスに乗るのが好きです。故郷は鉄道のない地域で、唯一の交通手段がバスだったことから、町に出る時は必ずバスだったし、中学高校と片道30分バスに乗って通ったので、乗るのに抵抗がありません。むしろ、のんびりゆっくり町や郊外を走っていろんな景色を見せてくれるのがとても楽しいです。特に、夕暮れ時がいい。街灯が灯る頃、オレンジ色の [続きを読む]