いじめを許さない教師の会 さん プロフィール

  •  
いじめを許さない教師の会さん: いじめを許さない教師の会
ハンドル名いじめを許さない教師の会 さん
ブログタイトルいじめを許さない教師の会
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ijimeyurusanai
サイト紹介文世の中から「いじめ」を撲滅し、地球的正義の実現を目指す教師の会です。2007年6月24日に始まり、現
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/08/23 18:57

いじめを許さない教師の会 さんのブログ記事

  • 人々を救うために生命を使ってほしい 
  • 自殺したくなったら病院や墓地へ行ってみるとよい 自殺の原因は、いろいろあるでしょう。その理由には、それなりに、もっともなところがあるだろうと思います。 ただ、自殺した人と同じような状況に置かれた人は、ほかにもたくさんいるのです。「現在もおり、過去にもいたのだ」ということを知ってください。 自殺したくなったら、どうか、一度、大病院にでも行って、闘病している入院患者たちの姿を見てください。病気をしても [続きを読む]
  • 心の修行によって無執着の境地へ
  • 借金は年間の売り上げの二割以内に抑える 以前、ある銀行が、融資先に対して、「おたくの宗教は仏教ですか。それはよかった。キリスト教なら、自殺が禁止されているから死ねないけれども、キリスト教でなければ問題ないでしょう。死んだら生命保険金が入りますから、ご主人に頑張ってもらいなさい」というようなことを言ったとして、マスコミから追及されたことがありました。 銀行のやり方は昔からワンパターンです。銀行員には [続きを読む]
  • 経営者は「無理・無駄・見栄」を捨てよ 
  • 不可抗力と思える事態や事故による危機もある 病気以外には経済苦による自殺があります。 悲しいことに、事業で失敗する人は数多いのです。 自分としては一生懸命にやっていても、不可抗力と思える事態が起きることもあります。たとえば、鳥インフルエンザや、いわゆる狂牛病(BSE)が流行ったりすることがあります。 また、事業そのものは順調であっても、事故が起きることもあります。たとえば、本業は順調だったのに、運 [続きを読む]
  • 病気も人生の一部である 
  • 闘病中であっても心の修行はできる 次に、老壮年期の自殺の問題に入ります。 老壮年期においては、病気をして将来をはかなみ、「家族に迷惑がかかる」という理由で自殺するケースが多いのです。 しかし、釈尊の時代から、「生」「老」「病」「死」という「四苦」の教えがあり、「人間は、生まれる苦しみ、老いる苦しみ、病気の苦しみ、死ぬ苦しみからは逃れられないのだ」と説かれています。 その意味で、この世の今生について [続きを読む]
  • 大人になれば親とは別の家庭を築ける 
  • 子連れ再婚の家庭で起きた事件 それから、青春期には、家庭環境の問題で自殺する人も多いようです。 子供時代は辛いかもしれませんが、やがては大人になります。大人になったら、あなたはあなたで別の家庭を築くことは可能なのです。 自分の家庭が嫌だったら、「親のようにはなるまい」と思って、まったく違う家庭をつくればよいのです。 したがって、「あと数年ぐらい我慢できませんか」ということです。 以前、ある新聞に、 [続きを読む]
  • 早いうちから人物の評価を確定できるものではない
  • 早いうちから人物の評価を確定できるものではない 学業の不振というものは人生のなかで一時的なものです。 強制的に勉強させられることになる時期は、二十歳前後ぐらいまでの、ほんの短い期間だけです。 社会に出たら、勉強するのも、しないのも、自由です。勉強をしないなら、しないで、またそれなりに楽しい人生もありますし、人間関係を豊かにしていく道もあります。 あるいは、社会に出てから勉強し、それを何かに役立てた [続きを読む]
  • どのような境遇にあっても平静な心を持つ
  • どのような境遇にあっても平静な心を持つ 「底辺を支えるもよし、真ん中を行くもよし」であって、いろいろな生き方があるのです。 人生のなかで、他の人と違う、キラッと光る部分を、何か見つけることができれば、それだけでも充分です。もし、それを見つけることができなかったとしても、平静な心というものをつくることです。たとえ、どのような境遇にあっても、平静な心を持つことができたら、それは人生の勝利なのです。 た [続きを読む]
  • 世の中では何事においてもピラミッド型になる
  •  有名進学校へ行って、学業で自己実現ができなかった人、つまり、自分をほめてもらえなくなった人は、たいてい、次はスポーツに手を出して、「スポーツのほうで何とか自己実現ができないか」と考えます。 そして、スポーツのほうでも駄目な場合には、その次に、音楽系統へよく行きます。バンドなどをやりはじめ、音楽系統のほうで憂さ晴らしをしようとするのです。 だいたい、流れはそうなっています。 ただ、音楽系統へ行くと [続きを読む]
  • 失恋を経験すると感謝の結婚生活を送れる・失恋で自殺するのは愚の骨頂
  • 失恋を経験すると感謝の結婚生活を送れる  失恋の経験は人生において多少は必要かもしれません。 失恋を幾つか経験しておくと、結婚する段になって、奥さんが来てくれたら、ほんとうに「ありがたい」と感じます。「つくづく、ありがたい。こんな自分を、よく好きになってくれたものだ。毎日、よく逃げずに家にいてくれるものだ」と感謝の念が湧いてきます。 奥さんのほうも同じです。ご主人は、もし奥さんのことが嫌だったら、 [続きを読む]
  • 経験知を増やして命中率を上げていく・恋愛にも練習期間がある
  • 経験知を増やして命中率を上げていく 恋愛においても、野球と同じで、平均打率や相性というものを考えなければいけません。 野球の選手は、「自分は何割ぐらい打てるか」「この種の球は、打てるか、打てないか」「この投手とは、相性がよいか、悪いか」ということが分かるものですが、恋愛にも、そういうことはあり、自分に合うタイプと合わないタイプとがあります。しかし、恋愛では、それが、すぐには分からないのです。 そし [続きを読む]
  • 学校も親も恋愛は指南してくれない・ほんとうに「天下で唯一無二の人」なのか
  • 学校も親も恋愛は指南してくれない  恋愛学のようなものは学校では教えてくれないので、失恋は人生で初めての試練のように見えることも多いのです。 小学校や中学校、高校で、学校の先生が、「恋愛は、かくすべし。かくすれば恋愛に成功する」という授業をしているところはありませんし、同級生たちも、そんなに人生経験に富んでいるわけではありません。 親も、あまり教えてはくれません。「恋愛は、かくあるべし」と雄弁に語 [続きを読む]
  • 初恋の人と結婚できる人は、ほとんどいない
  •  まず、青年期の自殺の問題から入りましょう。 この時期に多いのは恋愛問題、男女関係の問題です。 若い人は、特に異性との関係において失敗すると、全人格を否定されたように感じやすいのです。若いために、人生経験が浅く、純粋でもあるのでしょうが、思い詰めてしまうわけです。 「好きな相手に拒否される。捨てられる」「自分のことを好きだった相手が、自分から、ほかの異性に乗り換える。ほかの人へ気が移っていく」とい [続きを読む]
  • 自殺の二つの山場−青年期と老壮年期
  • 若者と老壮年における自殺の特徴  幸福の科学では二〇〇三年から自殺防止キャンペーンを行っていますが、本章では自殺防止をテーマにして話をしていきます。 自殺論というものは不幸論のなかで一つの極端に位置するものであり、自殺に関しては、さまざまな論点があります。 自殺を決意する人、あるいは実行する人は、結局、不幸な人の特徴を一通り備えているのです。その意味では、まさに、幸福の科学の教えが対象としている人 [続きを読む]
  • 人生で得た魂の経験は死後も続いていく
  •  そして、人生二万日から三万日を上手に生き切った人、智慧を持って生き切った人には、その後の未来もあるのだと言えます。 「その後」のことについて、さらに分かりやすく付け加えるとするならば、人間は、死んでも魂はなくならずに存続します。 某宗教のように、「人間は、死後、大海のようなところに吸収され、その粒の一つとして沈んでいるような状態になる」といった「あの世観」を持っているところもありますが、そのよう [続きを読む]
  • 日々に精進し、自己変革し、課題に挑戦し、環境の変化に耐える
  •  このような考え方は、みなさんにとっても大事なことであると思います。 「今、これで生活が成り立っているから大丈夫だ」と思っていたとしても、いつ、その生活が何らかの外部的事情、例えば、ライバル店の出現等、さまざまな状況によって変わるかは分かりません。また、大手の企業にしても、今、どんどん潰れています。トップメーカーであっても潰れかかっているところはたくさんありますし、現に潰れたところもあります。ほか [続きを読む]
  • 日々、自己変革をして生きよ 
  • 空を飛べなくなった野ガモ」の話 百年以上前の人になりますが、デンマークのキルケゴールという哲学者は、こんな話を紹介しています。 その国のある地方には、毎年、渡り鳥の野ガモが飛んでくる所があり、親切な老人が餌付けをしていたそうです。ところが、栄養のある餌をもらえるものだから、野ガモたちの一部は、寒くなったら南のほうへ飛んでいくという習性を忘れ、だんだん太っていき、飛べなくなってしまったといいます。  [続きを読む]
  • 説かれた教えがすべて記録として遺っている幸福の科学
  •  なかには、すぐに人を疑う人もいるでしょうが、私の場合、自らがしようと思って行うというよりも、本当に天命としてこの道に入っています。 新しい宗教のなかには、いわゆる詐欺、ペテンの類も数多くあるでしょう。ただ、そういうところはあまり大きくならず、小さいものが多いようです。一部には組織的な知能グループのようなところもあるでしょうが、長い間には、やはり、評判や人の信用等を通して、いろいろと明らかになる面 [続きを読む]
  • 数多くの霊言や教えを説き続けている理由
  •  ところが、そうしたことを知らない人は、「オートマチックの車が、人工知能を載せて、勝手に動いている」と考えているのかもしれません。あるいは、遠隔操作ができて、自分をその遠隔操作をしている車のように思っていることもあるでしょう。もしくは、「インプットされた情報に基づいて目的地まで動くような車の、その機械の部分が自分だ」と思っている人が大勢いるわけです。 しかし、これは、現代教育によって生じた間違いに [続きを読む]
  • 心を認めないのは、ハンドルのない車に乗っているようなもの
  •  実際に、心というものが実体としてあり、この心のあり様が、自分の人生を変え、未来を開いていきます。そして、その事実を知った人には、ちょうど、車のハンドル操作を覚えた人が道を自由に走れるようになるのと同じことが起きるわけです。 逆に言えば、「心がない」と思っている人は、ハンドルがあるのを知らずに車に乗っているようなものでしょう。 しかし、アクセルとブレーキだけで、ハンドルがない車に乗せられたら、たま [続きを読む]
  • 過去に遡って人生を黄金色に変えた松下幸之助氏
  • なお、私もこれまでは、「基本的に、過去は変えられない。終わった歴史的事実は変えられないけれども、未来は変えられる」と説いてきました。確かに、一般的な考えとしては、「過去は変えられないけれども、未来は変えられる」というのは、そのとおりでしょう。 しかし、宗教的には、もう一段、ジャンプする余地があって、実は、過去であっても変えられます。過去は変えることができるのです。 例えば、私の次男の大川真輝が、『 [続きを読む]