しおり さん プロフィール

  •  
しおりさん: 今度あなたといつ会えるのかな
ハンドル名しおり さん
ブログタイトル今度あなたといつ会えるのかな
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/orange157/
サイト紹介文夏の暑い日、最愛の夫は末期がんの短い闘病の末、旅立ちました。夫がいない現実を受け止められずにいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/08/23 20:38

しおり さんのブログ記事

  • 明るい道へ行く
  • お久しぶりの投稿になりました。ご心配して下さった方、ありがとうございます。*最近またオットの夢を見なくなった。(正確には覚えて帰ってこれていない)でもそばにいてくれてるのは知ってる。寝る前に相変わらず会いたい会いたいと涙を流す私だけどセッションで言ってくれたように、オットが枕元で私の頭を撫でてくれていると信じてる。「これから夢の中で会えるのに」と。なんとなく夢で会っている記憶。曖昧なんだけど信じて [続きを読む]
  • 今年も喪中
  • 今年8月に弟が亡くなり、10月に祖父が亡くなった。どうしてこんなに続くの?と言いたいくらいで・・・また喪中ハガキ・・・今年も自分で無料テンプレートをDLする気にもなれず、それすらも面倒で。やってしまえば簡単に終わることができないんだなぁ。結局お店で頼んで作ってもらうことにした。目に付いたのが横書きのちょっとほんわかした感じの図柄。「愛する身内が人生という学びを卒業しました。」よく言えば型にはまらない・ [続きを読む]
  • 心の闇
  • (※お断りしておきますが、気分を害するような内容かもしれません)とても嫌な夢を見た。小中学校の同級生たちが出てきた。私の子供時代は最悪だった。小学校は学級崩壊の走りで、クラス全体が担任の先生の言うことを聞かず、(リーダー格の男子グループが主導していた)罵声を浴びせられた先生は眼鏡の上から私たちを睨むだけ。当然授業もできないし学級経営なんて到底不可能。イジメが蔓延していた。クセ毛がひどかった私も当然 [続きを読む]
  • 冬眠したい
  • 日々寒さが増してきた。そのせいか、さみしくてさみしくてたまらない。オットを求めて求めて、砂漠で水を求めるかのように渇望しているのに、この世にいないって何なんだ。仕事から帰ったオットを、おかえり〜〜ってハグすると、スーツから煙草の匂い。コタツに入ってテレビ観てるオットに、「抱っこしてーーー」と無理やりオットの膝にのる。暖かいし、オットとくっつけて私は幸せなんだけど、「重いし、でかいし!!(子供じゃな [続きを読む]
  • ザ・観光
  • 一昨日の祝日、仙台の友人の元へ出かけた。友人が行ってみたいということで、玄米菜食のランチの店へ。玄米ご飯に味噌汁、大根の煮物、パスタサラダ、サツマイモの天ぷら、レンコンの甘辛炒め?などなど・・・ワンプレートランチでこの内容で1,380円はちょっと高いかと思ったんだけど、今野菜が高いし、仙台駅前価格だからこんなもの?味は普通だった。この手の店は最近ほんとに多くて、私たちが入ってからずっと満席だった。みん [続きを読む]
  • 「半年待って」
  • セッションで、「半年待って」と言っていたオット。半年経ったら、サインを送れるように頑張るから。「位牌でも倒してみるか〜〜(笑)」なんて冗談まで言った。オットらしい冗談だと思ったけど。そろそろ半年経ちましたよ!前回の記事のあと、3日連続で夢を見た。1日目:闘病中のオットがパジャマ姿で私の作ったお粥を何口も食べて、「すごいね!だいぶ良くなったね」って私が喜んでいて、「そうだな〜」って答える。2日目:元気 [続きを読む]
  • 夢で逢ってる
  • ミディアムさんに、私とオットがいつも夢で逢って会話もしてると言われた。そうなのかな。ほんとに逢ってるのかな。もう1年以上、オットと逢っていないのが、信じられない。一緒にいるのが当たり前だったから・・・夢で逢っても、覚えていないことが多いそうだ。っていうか、ほとんど覚えてないよ。゚(T^T)゚。でも、1年以上経っても、オットの顔はもちろん、声や話し方や笑顔、私の大好きな、節がごつごつした長い指、浅黒い色、独特 [続きを読む]
  • 余命宣告
  • ドラマの中の登場人物が、余命宣告をされた場面があった。思い出したくないのに、一気に1年ちょっと前に引き戻されてしまう。“あなたの命はあと数ヶ月です”なんて宣告されたら、普通は混乱してパニックになると思う。あの日、オットと私は突然、本当に突然、「末期ガン」の宣告をされた。・・・・訳が分からなかった。その後の入院待ちの時間、私のほうがわんわん泣いてしまっていた。入院中も、自宅に帰ってきてからも、オット [続きを読む]
  • ミスターラグビー
  • 今日、ラグビー界のスター選手だった平尾誠二さんの訃報を知った。有名人の訃報の中で今までで一番ショックだったかもしれない。平尾さんといえば、伏見工業高校から同志社大、神戸製鋼という経歴で、80年代後半頃からラグビー人気を支えたスター選手。私が京都の大学時代は、神戸製鋼で7連覇を続けていた頃で、他の追随を許さない圧倒的な強さを誇っていた。そんな平尾さん(大八木さん、大西さんなども)に憧れて、ラグビーを始 [続きを読む]
  • オットの天国での仕事
  • ※この前にupした記事が「最新記事」に反映致しません。大体原因は分かりましたが・・・ この記事と関連していますので、宜しければ前記事もご覧下さいませ(*・ω・)ノ 今回はスピリチュアルな話になります。オットは今頃何をしているんだろうと、ずっと考え、知りたかった。セッションでは「今はゆっくりしている。逢いたい人には逢っているし、しおりのそばにもいるよ。どこにだって行ける」と言っていたオット。ただ具体的な [続きを読む]
  • 変わらないものは何もない
  • ここ半年ほど、(この世で)“変わらないものは何もない”のではないか・・・と思うようになった。オットが天国に行ってしまってから、近所の風景も少し変わった。最寄のスーパーが改築して駐車場がやたら広くなり、衣類の量販店が撤退してレンタルショップになり。空き地が更地になり、不動産屋の広告。隣組がまた一軒増えた。田んぼが少しずつなくなっていく。こんな日常を話す人ももういない。形あるものは全ていずれ壊れる、朽 [続きを読む]
  • 別れの夏から本格的な秋へ
  • だいぶご無沙汰をしていました・・・・・これだけ放置状態だったのに、毎日数十人もの方にアクセス頂いているというのは有難くうれしいことです。*8月、オットの一周忌が終わって10日ほど経った頃、実家の弟が亡くなりました。ほぼ突然死の状態でした。長いこと精神的な病に苦しんでいて、実家の父母も大変な思いをしていました。私は姉として、何もしてあげられなかったのです。いえ、ほとんど何もしなかったのです。特に結婚し [続きを読む]
  • どうして
  • どうして貴方はそのような行動を取ってしまわれたのでしょうか。発作的にですか?「先輩」として、助けられていました。救われていました。優しい方なんですよね。1度もお会いしていないですが、分かります。いろんな分野に造詣が深くて、料理上手で、大切な方をとてもとても愛してらっしゃって。冷静沈着で、バランスのとれた考え方をお持ちで。そんな風に思っていました。どうしてですか?私は納得できません・・・本当にお辛い [続きを読む]
  • お盆に発光体で現れたKさんのご主人
  • 同志のKさんから、去年のお盆に体験したというとても不思議な話を聞きました。とても羨ましいです・・・・・きっとKさんのご主人ですね。了解もらったので、ほぼそのまま掲載します。<Kさん談>去年は、11日の夜中に偶然に夫が外から光になって(ものすごい発光体)うちのリビングに入ってきたのを目撃したので、絶対来てくれたと思いました。発光体・・・。本当にびっくりしたんですよ。一階で寝ていたのですが、玄関からリ [続きを読む]
  • 別れたくない
  • 震災か内戦か何かで、住んでいる町のあちらこちらが立ち入り禁止区域になっている。宅配便だけはなぜか動いていて、人のいない家に勝手に荷物を置いていく。(生ものだったら悪くなっちゃうよな〜)なんてそれを見ながら思っている私。・・・・・もちろん、夢の話なんだけど、私とオットは一緒に暮らしているようだ。でも、もうすぐ別れることが決まっている。離婚?結婚してるのかも分からないんだけど(夢の中では)でも別れなき [続きを読む]
  • 1年経って
  • 1年経って、自分が何も変わらないことに不安や焦りを感じていた。相変わらず泣いているし、オットの元にいきたい気持ちはあるし。命日の前日の一周忌法要。お寺さまの読経の時も、なんでここにいないのかなぁと思う。舅の七回忌法要も同時に行ったので、本当ならそれをオットがてきぱきと段取りよく進めていたはず。なんで、なんでいないんだろう・・・・・?そもそもなんで私がオットの法要なんてやってるんだろう。受け入れがた [続きを読む]
  • 夜明けの添い寝
  • 何も考えたくない。オットがいない事に気づきたくない。現実を見たくない。テレビや読書に集中したり、友達と食事したり、ぐだぐだに酔ったりする。でも涙が止まらない日もある。なんでいないの?なんで帰ってこないの?いつ会えるの?なんで私を置いていったの?なんで一人で逝ってしまったの?その時は連れていってって言ったのに・・・あなたが元気な頃に戻りたい。運命を変えてやる。代わりに私が早く逝くのなら、それも結構。 [続きを読む]
  • 命日を前にして
  • いよいよ近づいてきたあの日。前回の記事のあと、どうにも気持ちが落ち込んで何もできなくなってしまった。7月末は、オットがちょっと元気になった数日間。去年の今日は、○○さんたちが来てくれたもんね。仕事上の大事な取引先の方たちと会社の部下の方たち。だから気を張ってたのかな・・・それまでトイレに行くのがやっとで、壁をつたいながらだったのに。息をきらしてあとは寝ているしかなくて。でもその日は朝から椅子に座っ [続きを読む]
  • シングル友との連休
  • 連休初日。バツイチシングルの友と出かけました。誘ってくれて感謝。今日は暑かったので、「やっぱこれでしょ」 冷たい肉そば!!(画像お借りしました)今までの記事でお分かりの方もいるかと思いますが、ここは山形です。全国B級グルメのランキング上位にも入る、「冷たい肉そば」。山形県人は、冬でも冷たい肉そばを食べます。私は寒くてダメ〜と温かいものを注文すると、「邪道だ」とオットに言われてました。ちなみに肉は鶏 [続きを読む]
  • パパと僕  1
  • 僕コタロウ。柴犬のオス、11才。関係ないけど、柴犬って国の天然記念物なんだよ?なんかわかんないけどエライでしょ。えっへん。年の割に若いって言われるけど、単に落ち着きがないだけだってママはいう。去年の夏から、ずっとママはパパがいなくなったって泣いてる。でも、僕には見えるよ。パパいるもん。「ママには見えないんだよーーコタロウ教えてよ。どこにいるの?」ってよく聞かれるけど、なんでママ見えないんだろう?ここ [続きを読む]
  • オットが喜ぶこと
  • 晴れた風の強い日は、なんだかさみしさが増す。なんでかな。風に揺れるカーテン、窓の外の樹と葉っぱがざわざわ音をたてる。私の脳の記憶中枢を刺激するらしい。オットと行った旅先の田舎道、ドライブした山の清々しい空気、窓から入ってくる風。たぶん、楽しい記憶とリンクされているのだろうか。*投票券が一人分しか来なかった選挙・・・私は期日前投票してきたけど、オットと政治的思想は一致していたので、二人分投票してきた [続きを読む]
  • 亡くなった人には勝てない
  • 来月で1年になるなんて・・・一周忌で会食をするお店は、オットの小中学校の同級生が勤めている。その方は葬儀にも来て下さり、電話をした時も「もう1年なんて信じられないですね」と言ってくれた。でもその後、そろそろ立ち直りましたか?っていう言葉がきたので、ついつい「・・・いえ、立ち直ることは一生ないと思います」と返してしまった。オットの車を洗車して拭き上げしてる時だったので、隣の男の人が私の言葉の剣幕に、振 [続きを読む]
  • 七夕と月命日
  • 今日は七夕。オットの11回目の月命日。もう11回目なんだな・・・夕べは、今夜こそ夢で逢いたい!とオットにもお願いしてはりきって寝たけど、ダメだった。私が覚えていないだけなのかもしれないけど。*織女(しょくじょ)星と呼ばれる、琴座のベガと牽牛(けんぎゅう)星と呼ばれる、わし座のアルタイル。この2つの星が旧暦の7月7日に天の川を挟んで最も輝くため、年に一度の巡り合いの日と考え、七夕ストーリーが考えられたと言 [続きを読む]
  • 京都の思い出
  • オットは、私と出会う前までとてつもない量の本を読破した。いろいろ苦しい時期があって「たぶん、現実逃避だな」と言う。1番すごいと思ったのは、平家物語を最初から最後まで読んだということ。私なんて学生の時に古典ゼミだったのに、軍記モノが苦手だったので完読なんて・・・結婚してすぐの頃、オットおすすめの本をいろいろ教えてもらったが、その中でも宮本輝や高橋治などの読んでいない作品に出会い、それらは人生や男女の [続きを読む]
  • オットへの留守録
  • 先月から落ち込みの波が来ている。今日はテレビでオットと映画を観に行った「ダイハード4.0」とかやってるし。これってもう9年も前の映画なんだ。またこの頃に戻りたいモードになる・・・あーーー幸せだったなぁ。オットはキャラメルポップコーンが大好きだった。映画館の売店で、いつもそれを買ってたな。*この前のセッションでは、涙を拭きながら旦那さんが現れた、と言われた。私があまりに泣いているから、申し訳ないと。「泣 [続きを読む]