ゆり さん プロフィール

  •  
ゆりさん: 通訳と少し贅沢なご褒美と
ハンドル名ゆり さん
ブログタイトル通訳と少し贅沢なご褒美と
ブログURLhttps://interpreting-petit-luxury.blogspot.com/
サイト紹介文フリーランス通訳を夢に、オーストラリアの大学院へ進学しました。プチ贅沢はしばらくお預けかな。
自由文社内通訳 兼 翻訳をしながら、フリーランスの通訳を目指しています。2017年2月からオーストラリアの大学院に進学しました。
ブログには、社会人大学院生として日々のハッピーなことや悔しいこと、ちょっとだけ贅沢なひと時を記念に残しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/08/24 12:59

ゆり さんのブログ記事

  • ブリーフィング会議の自己パフォーマンスについて(最終)
  • 今回が最後の退職前最後のブリーフィング会議でした。今回、海外出席予定であった役員さんが急きょ出席できなくなり、突然ですが、私の通訳としての役目は終わりました。まさか欠席するとは思っていなかったので、少しだけ複雑です。でもそれは先方にも予定がありますし、仕方ないことです。さて、見直すパフォーマンスも特にないため、今まで入社してから今までの通訳として、翻訳としてのパフォーマンスについて振り返ってみよう [続きを読む]
  • フリーランスの通訳者さんに学ぶ(2016年11月)
  • さて、大人気のコーナー、「フリーランスの通訳さんに学ぶ」の11月を書こうと思います。お天気の良い日でした。① 天候に恵まれる  have a good weather② 強めの予想を立てる have a bullish forecast上昇傾向の予想の場合もbullishが使えるようです。③ 課題 a challenge we are facingissueともいえると思うんですが、この表現もいいですね。④ 〜の背景にある主な理由 the main reason behind 〜⑤ 先ほど触れた通り As 〜 [続きを読む]
  • Monashから条件付き合格通知が届きました
  • Monashから最終的な条件付きのオファーレターが届いたのは9月末でした。書類審査をしてもらうまでの道のりも長く、中々出口が見えないような気になったことを覚えています。なので、オファーレターが届いたときは、ほっとしました。Monashの出願および書類提出はオンラインで行います。自身でオンライン申請をすることも可能ですが、エージェントの無料サポートに出願サポートがあったため、ご厚意に甘えてサポートをお願いしまし [続きを読む]
  • 辞表提出した時のこと
  • 会社に辞表を提出したのは忘れもしない11月15日。半期毎の面談の日でした。いつもなら、中々業務成果を認めてくれない上司が、初めて良い評価をつけてくれた面談でした。まさか、辞表が出てくるとは夢にも思っていなかったのかもしれません。辞表を目の前にして、上司が豆鉄砲くらった鳩みたいな顔していました。ですが、退職理由に納得がいったからなのか、思ったよりもすんなりと受け取ってくれました。もちろん、受け取ってくれ [続きを読む]
  • UQからCoEを受領しました
  • MAJITから合格通知が来ましたので、入学に必要な諸手続きを進めようと思います。エージェントから送られてきたのは全部で3つの書類です。① Payment Declaration大学院のコースを卒業するまでに必要な資金が十分にあるという事を宣言するための書類です。② Payment Detail支払いの詳細を伝えるための書類です。私はクレジットカードでの支払いを希望していたので、クレジットを選びました。③ AcceptanceUQに入学するにあたって [続きを読む]
  • UQ MAJITから合格の連絡
  • 9月の末にAptitude testを受けてから3週間程度で結果が来ました。外出中に合否のメールを受信しました。ドキドキしながら、携帯のメールを開いたのですが、合格の知らせは非常に簡潔な物で、拍子抜けしちゃいました。もっとすごい通知が来るのかと思った。I wish to advise you that you have passed the MAJIT Aptitude Test, with a pass in the Written Paper and a strong pass in the Oral Paper. Once you have satisfied [続きを読む]
  • MAJITのAptitude testの感想(口頭試験)
  • さて、筆記試験に続いて、口頭試験です。笑っちゃう位手ごたえがなかった筆記試験ではありましたが、Aptitude testはまだ終わりではありません。口頭試験が残っています。落ち込んだままの気持ちで受けて、パフォーマンスに悪影響が出ると良くないので、昼食休憩中に気分を少しでも盛り上げようと思います。試験会場の最寄りにジョナサンがありましたので、そこで軽食と甘い飲み物を摂取し、エネルギーを補給します。いつもなら決 [続きを読む]
  • MAJITのAptitude testの感想(筆記試験)
  • Aptitude testの詳細が発表されてから、ずっと取り組んできた受験対策。とうとう、その成果を出す時が来ました。まず、日程と会場ですが、私は国内での受験を希望していたため、エージェントを介して東京の受験会場の案内が来ました。案内が来たのは確か8月中旬だったと記憶しています。日程はは9月24日または25日のいずれかで選んでほしいとのことでした。25日はあいにくIELTSの受験日と重なっていたため、25日を希望す [続きを読む]
  • UQ MAJITのAptitude test対策(通訳・翻訳・3分間スピーチ)
  • さて、先日の記事では、私なりの日英の運用能力対策についてお話しました。今回は、通訳、翻訳、3分間スピーチの対策についてお話したいと思います。先日の記事にも書いた通り、Aptitude testの目的は通訳技術、翻訳ノウハウを評価するための試験ではありません。あくまでも日英の運用能力を評価することと、文章の主旨を理解する能力と分析力を評価することです。試験を受けた感想を元に言いますと、通訳技術や翻訳ノウハウを身 [続きを読む]
  • UQ MAJITのAptitude test対策(日英の運用能力対策)
  • 今回はAptitude test受験に向けて、私が行った対策について書こうと思います。MAJITは私の第一希望のコースだったので、Aptitude testに何が何でも受かりたいと思ってました。なので、自分の力量を十分に理解した上で、自分に合った具体的な対策を立てて、着実に実行していく必要があると思ったのです。Aptitude testの詳細はこちら:「UQ MAJITのAptitude test詳細発表」Aptitude testの対策(通訳・翻訳・3分間スピーチ)はこち [続きを読む]
  • 会社の不祥事を経験して思ったこと(その3)
  • さて、11月は10月よりも穏やかな月でした。東証開示の第3弾と第4弾が待っていますが、それ以外は特に何もなく平和に過ぎていきました。まるで、不祥事がなかったかのよう。しかし、事態は思ったよりも深刻だったようです。第2四半期決算の発表延期が決まり、関東財務局へ有価証券報告書(以下、有報)の提出を延長する申請を行うことになりました。延長申請前は11月中旬が有報の提出期限でした。それを、12月中旬に変更 [続きを読む]
  • フリーランスの通訳者さんに学ぶ(不祥事)
  • この月次会議は、内容が複雑且つ濃いものになる可能性が高かったため、上司と相談の上でフリーランスの通訳さんに来てもらいました。社内通訳・翻訳として働き始めてから、初めての経験でしたので、フリーランスの通訳さんのパフォーマンスに興味深々でした。翌月以降のブリーフィング会議にぜひとも役立てたかったんです。では、色々と学んだことを書き出していきます。? 背景と経緯を考慮して 「Given that the background, S + [続きを読む]
  • 会社の不祥事を経験して思ったこと(その2)
  • 不祥事という一連の出来事で何が起こったのか、渦中で何を感じたか、何を思ったかなどを書いていきたいと思います。その1では、2015年10月のブリーフィング会議のところまで書きましたので、それ以降について書いています。2015年10月のブリーフィング会議についてはこちら:会社の不祥事を経験して思ったこと(その1)2015年10月のブリーフィング会議のパフォーマンスについてはこちら:ブリーフィング会議の [続きを読む]
  • 会社の不祥事を経験して思ったこと(その2)
  • 不祥事という一連の出来事で何が起こったのか、渦中で何を感じたか、何を思ったかなどを書いていきたいと思います。その1では、2015年10月のブリーフィング会議のところまで書きましたので、それ以降について書いています。2015年10月のブリーフィング会議についてはこちら:会社の不祥事を経験して思ったこと(その1)2015年10月のブリーフィング会議のパフォーマンスについてはこちら:ブリーフィング会議の [続きを読む]
  • 会社の不祥事を経験して思ったこと(その1)
  • 会社の不祥事を初めて経験しました。何が起こったのか、渦中で何を感じたか、何を思ったかなどを書いていきたいと思います。中々頻繁に経験できるものではないですよね(たぶん)。今回の件に関しては、一社員としてだけでなく、社内通訳・翻訳者としても関わっています。一気に全部書くと膨大な量になってしまうので、いくつかに分けて書こうと思います。翻訳した経験、通訳した経験に関しては別記事を設けますので、しばしお待ち [続きを読む]
  • フリーランスの通訳者さんに学ぶ(2016年9月)
  • 大人気シリーズ、フリーランスの通訳者さんに学ぶ、9月です。色々と学んでいきたいなと思います。? 今まで以上にご協力をお願いいたします。Thank you very much for your strong effort to close the meeting on timestrong effortという表現は新しかったです。② 〜時まで参加可能 〇〇 can stay with us until 〜 o'clock③ 過大評価 over-evaluation、over-evaluated④ 累計 accumulated number⑤ 補足コメント s [続きを読む]
  • UQ MAJITのAptitude test詳細発表
  • UQ MAJITのAptitude testの詳細について連絡が来た時のことです。オファーレターを受領してから1ヶ月程、首をなが〜〜くして待っていました。Aptitude testのざっくりとした概要は、他のブロガーさんやエージェントのサイトに書いてあったので、ある程度知っていました。ですが、詳細まではわからず、本当に待ち焦がれていました。だって、具体的な対策したいもん。こちらがUQから送られてきたメールです。私はエージェント経由で [続きを読む]
  • Macquarieから条件付き合格の連絡を受けました
  • 今回はMacquarie大学からのオファーについて書こうと思います。7月上旬に出願し、8月上旬頃に結果通知がありました。無事、条件付き合格がもらえました。わーい。Macquarieは書類審査のみです。IELTS以外は懸念事項がなかったので、条件付きのオファーが出ることはほぼ確信していました。Macquarieに行くのであれば、IETLSの点数を再度取り直す必要があります。これがちょっと切ないところですね、、、ではでは、気を取り直して [続きを読む]
  • UQ MAJITから条件付き合格のレター受領
  • 6月上旬に出願したUQから条件付き合格のレターが届きました。届いたのは7月中旬頃。メールの本文とオファーレターはこんな感じです。エージェントを通しているので、直接UQへ出願している場合は内容が異なるかもしれません。[ メールの中身 ]Please find attached the above named applicant’s conditional offer to study at The University of Queensland, as well as instructions on how to accept the offer. Please submi [続きを読む]