菊乃 さん プロフィール

  •  
菊乃さん: Message
ハンドル名菊乃 さん
ブログタイトルMessage
ブログURLhttps://ameblo.jp/msg-kikuno/
サイト紹介文すべてはメッセージ。地球環境、日本古来の文化など、その時どきで心に浮かんだことを書いています
自由文動植物、人間、空、神社、人の心、書物、その他地球や自然や人間の行いなど、あらゆることで目にとまったものについて書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/08/25 11:52

菊乃 さんのブログ記事

  • 葦の導くところ
  • 前回に引き続き、埋め立て地で見聞きしたことをもう少し続けます。 この土地で目にする人工の緑の中で、葦(アシ又はヨシ)という植物があります。名前ぐらいは知っていましたが、身近に生えているのを初めて見ました。日本をはじめとして地球上に古くからあったそうで、調べているうちに、とても大事な植物であるという事実が浮かび上がってきました。 ススキと同じイネ科の植物です。最初はススキだと思っていたのですが、よく [続きを読む]
  • 海は循環する
  • 前回の続きです。 埋め立て地は、四方を海に囲まれています。毎日海を見ることができると最初に大喜びして、暇さえあれば窓際に行って眺めていました。もう1か月半もそんな毎日ですが、一向に飽きません。 海の水はいつ見てもキラキラ光っていて、一方方向に流れています。湾なのでぐるりと向こう岸が見えます。おそらく千葉県の柚子ケ浦や木更津あたりで、 同じ関東地方なのに、「海の向こうに見える」というだけで、エキゾチ [続きを読む]
  • 生命のみどり
  • 前回の続きです。 高速道路を降りたすぐのところに緑がいっぱいの遊歩道ができています。平日は人の姿がほとんどありませんが、土日などにランニングをしている人などがときどき見られます。 朝の限られた時間なので、全部を歩きとおすことができないのですが、結構長くて、この埋め立て地の先にあるレジャーランドに続いているのだと知りました。 すぐそばをトラックがひっきりなしに走っています。少なくとも見た目にはやさし [続きを読む]
  • セキレイ
  • 前回の続きです。 毎朝行く東京湾沿いの公園で、いつも見かける鳥がいます。 調べてみるとセキレイの一種で、日本では水辺でよく見かける鳥だとわかりました。 スズメと同じくらいの大きさですが尾が長いのが特徴的で、白と黒のコントラストがよく目立ちます。 ピッピッという高音の鳴き声、長い尾を上下に振って走り回る姿に、毎朝ほのぼのと癒されています。 セキレイは日本では古くからいる鳥です。尾尻を上下に振りながら [続きを読む]
  • エネルギーに関する経験値
  • 前回の続きです。 湾岸の埋め立て地を歩いていてもっとも目に付くのは、エネルギーに関することです。 「エネルギー資源問題の解決策は、誰でもどこでも使いたいだけ使えるフリーエネルギーだ」 と言うこともできますが、 人類がさまざまに経験を積んで成長してきた過程で、エネルギー資源を無駄にしないということを学んできました。その証明のように、この土地にはエネルギーに関することが集まっています。 ◆「エネルギー」wi [続きを読む]
  • 太平洋ベルト上にて
  • 1か月前から通っている職場は、高速バスで湾岸道路を30分走ったところの海沿いにあります。最初は海が見えるのがうれしくて、毎朝早く行って海岸公園で一息ついてから出社していました。それに飽きると今度は周囲を散策するようになりました。 たくさんある緑の植物はすべて人の手で植えられたものです。空も土地も空気も、自然のものとはどこか違っています。 ここが埋め立て地であることがヒシヒシと伝わってくるようになり [続きを読む]
  • 糸績み作業の神通力
  • 先週、大麻の糸を作る講習会の応用編に参加してきたので、糸績み(いとうみ)といわれる一連の手順を、自分である程度できるようになりました。 大麻の繊維を柔らかくしたものを自分が作りたい糸の細さに裂く過程は、両腕をいっぱいに広げて行います。力が必要な部分もあります。まるで繊維と格闘しているような作業で、気が付くと部屋中繊維くずがちらかっていて、自分自身が繊維にまみれていることもあります。 これをしていて [続きを読む]
  • 魂に印がついている人
  • 横浜の湾岸道路で、港の方面から横浜〜川崎を見下ろせる場所があります。 私は毎朝ここをバスに乗って通ります。雨が降っているとぼやけて見えないのですが、お天気がいいと海の水に街全体が照らし出されるようにキラキラ光って見えます。 たいへんきれいなので、ここを通るのをとても楽しみにしています。 昨日はいいお天気だったのですが、いつもよりも明るく光っていてもっときれいでした。まるで街全体が透明な光に包まれて [続きを読む]
  • この秋の自分
  • 毎朝ある朝礼では社訓を唱和します。 電話は3コール以内に取ります。日本の企業なので一人一人のデスクがパーティーションで区切られていません。プリンタやFAXの動く音がしょっちゅう聞こえてきます。一人一台割り当てられているノートパソコンをフルにつかって仕事をします。 ・・・という感じの、絵に描いたようなオフィスワークに従事するようになってもうすぐ1か月たちます。 クリエイティブでもなんでもないし、自分の才 [続きを読む]
  • 2017年秋分 次元を開く光
  • 昨日は土曜日でしたが、出勤をしました。この職場に来てから初めての、休日出勤です。 休日の朝は交通機関が空いていて、ラッシュにあわないですみます。会社自体がお休みなので、いつもと違う感じです。部署によっては人がいなくて電気がついていない階もありました。 だいたい世間一般はお休みなので、電話もメールもFAXも少ないです。何かトラブルがあっても取引先の企業がやっていなかったりするので、 「週明けにしましょ [続きを読む]
  • 女性は戦(いくさ)をしない
  • 用事があって、本日1日だけお休みを取りました。早朝にPCに向かうことのできる幸せを感じています。 職場のことは、守秘義務を気にしつつ差支えのないところだけを記事にしようと思います。 今いる部署は全部で12人。内、女性は4人です。男性はアルバイトの2人以外は全員が課長代理以上の役職にあります。 女性は一人が主任でそれ以外の人は役職なしですが、 この主任ともう一人の、合計2人が、私が今までの記事でさんざん書 [続きを読む]
  • What a Feeling!
  • す 1983年に公開された「フラッシュダンス」です。 私が以前お世話になった職番の先輩(♀)が好きだった映画で、ストーリーを細かに聞かされて、私もDVDを借りて観ました。 彼女は「もともと持っている能力の上に男性性が乗った女性」の一人で、私が出会った中では最年長です。一緒に仕事をしていたのは5年前のことで、その当時で70歳を過ぎて居られました。 小柄な方なのですが健康そのもので力もあって、私が重くて持てない荷 [続きを読む]
  • 女性性の時代の真のリーダー
  • 新しい職場に入って2週間たちました。 アルバイトなので残業になることがほとんどありません。海の見える公園に毎朝行けるし、定時で帰宅して家事を済ませてPCに向かう時間もあります。 週に2日のお休みも大変に有難く、勤務条件や人間関係、その他諸々のことにも大きな不満は見当たりません。デスクワークなので体力的にも楽です。 ・・・少し刺激に欠けますが、当面はこのままやっていけると思います。 守秘義務があるのであ [続きを読む]
  • 方法は、ひとつではない
  • 朝の5時少し前に必ず目が覚めます。 本当は朝一番でPCに向かいたいのですが、台所仕事を一通りやると、あっという間に出勤時間になってしまいます。 7時に家を出て、通勤時間は1時間ちょっと。8時くらいに職場についてしまいます。9時始業まで時間があるので、近くの公園で海を見て過ごします。 公園での時間が、一日の中ではもっとも好きかもしれません。今の仕事について何よりもよかったと思うのは、毎日海を見れることです。 [続きを読む]
  • 虹は何色
  • 今日は雨が降ったり日がさしたりと、お天気が忙しく変わる一日で、 夕方5時半過ぎに、海の方に虹が出ていました。 私は子供のころから「虹は7色だなんてウソじゃないだろうか」と思っていました。 こうやって写真に撮って拡大してみても、「何となく明るい色の帯」という感じがしますが、7色とは程遠くないでしょうか。 よくイラストなどでくっきり7色ある虹が描かれていたりしますが、実際の虹はもっとあいまいで、色と色のさ [続きを読む]
  • 調和に向けた「矯正と膿出し」
  • 前回の続きです。 9月4日の初出勤の朝、最寄りの駅のホームで見つけました。 女性専用車両です。朝の通勤時間帯のなかで、ラッシュが一番ひどい7:30〜8:30までです。 だいぶ前からあったそうですが、どういうわけだか今まで気が付きませんでした。 たいへん有難いです。通勤だけでも疲れてしまうのに、電車の中で余分な心配をしたくありません。 主人にこの話をすると、「男としてもありがたい」と言います。朝のラッシュで両側 [続きを読む]
  • 女性がもともと持っている能力の上に、男性性がのるとどうなるか
  • 月曜日から仕事が始まったので、この1週間は、新しい環境と慣れない仕事で何がどうだかよくわからないうちに過ぎてしまいました。 やっと週末休みになりました。今日と明日、2日間の休みが死ぬほど有難いです。 疲れているはずなのに、8月末に書いていた「男女融合脳」の続きを書きたくて、日の出とともに目が覚めました。 過去記事にも書きましたが、いつも仕事の内容によって頭の構造の切り替えが起こる私は、 今回の仕事が決 [続きを読む]
  • 2017年9月 神のいる場所
  • 帰省から帰ってきた翌日のことです。 「そういえば、最近一之宮神社に行ってないな」 と突然思い出しました。 家から歩いて数分のところにある一之宮神社は、私の生活に溶け込んでいる神社です。 商店街に日々の買い物に行くときに必ず通ります。夏のお祭りと年末年始の出店がでているときには覗きにいきます。 お正月には初詣でにも来ますが、ときどき電車に乗って有名な川崎大師に出かけてしまいます。そんな年は、一之宮神社 [続きを読む]
  • 山の神
  • 福島帰省2日目は、とてもいいお天気でした。 買い物や諸々の用事を済ませて戻ってくると、まだ14時。青い空がきれいなので、家にこもっているのがもったいなくなり、復興住宅の周辺を少し歩いてみました。 復興住宅は海のすぐ近くです。海がわに、小高い山があるので行ってみました。 ふもとに着くと、鳥居がありました。 山津見神社・・・初めて聞く名前です。 主宰神は誰なんだろう、とりあえず行ってみよう、 鳥居をくぐっ [続きを読む]
  • メガソーラーと青い空
  • 福島に帰省した2日目は、とてもいい天気でした。 買い物や親戚周りで相馬市内を車で走り回るのですが、今回は車がありません。 義母が利用している高齢者向けの無料タクシーに、私も付き添いということで便乗させてもらい、 相馬市内を走り回って買い物を済ませた後、海沿いのお墓のある方面に連れて行ってもらいました。 海岸方面に向かい始めたところです。以前は海水が入って土地がダメになっていたところにも、田んぼや畑が [続きを読む]
  • 樹木の神
  • 東北新幹線から在来線を乗り継いで相馬駅に着くと、まずスサノオが祭られている八坂神社を探しました。 スマホの地図を頼りに探したのですが、近いと思っていたのに歩いても歩いても見当たらないのです。 一度駅に戻って出直しをすると、突然スマホの地図が逆向きを指しはじめました。 おかしいな、勘違いしていたのかなと思いながら歩いていくと、前方に小高い山があって、ふもとに赤い鳥居が見えます。 ここだと思って近づいた [続きを読む]
  • 「行く」ときめたとき
  • 今回の福島帰省は、いつも一緒の主人がどうしても行けず一人です。そのうえ急でもあったので、車を借りることができませんでした。田舎なので親戚の分も含めて数件分の手土産が必須で、どうしても大荷物になります。義理実家が引っ越してから行くのが初めてで場所もわからないし、土地勘もないところで道に迷ったりしたらどうしようと思っていました。出発前夜は早めに床に入ったのですが、めずらしくすぐに深い眠りに入ってしま [続きを読む]
  • 帰路にて
  • 今回の福島帰省は予定していた日程ではどうしても足りず、一泊のつもりが二泊になってしまいました。 今はまだ帰りの電車の中で、これはスマホ投稿です。 毎回そうなのですが、帰省中のことを記事にまとめないと気が済まず、そこまでやってやっと自宅に戻ってきた気がします。 今朝の6時半に相馬駅で帰りの電車に乗った時から強制瞑想のようになりました。 頭の中に記事にする内容が浮かんでは消えて行く、これが繰り返され、 [続きを読む]
  • 福島帰省につき
  • 今朝書いた「過渡期に必要とされる男女融合脳」の続きを書こうと夕方からPCに向かったのですが、考えても何も出てきません。たぶん、ああいうのは早朝でないと書けないのです。 福島に帰省するので、明日の朝早く家をでてしまって2日間ほどPCを触れません。続きは帰って来てからにします。このところ毎日更新になっていましたが、2日ほどお休みです。 帰省は1泊で、用件が済めばすぐ帰ってくるようなスケジュールです。慌ただ [続きを読む]
  • 過渡期に必要とされる男女融合脳
  • 実生活が忙しくなってきました。まるで、世の中の慌ただしさが自分自身にも反映されているみたいです。 来週から新しい仕事に入ってしまうので、今のうちにやっておきたいことがたくさんあります。明日には福島帰省を控えていて、朝からPCに向かっている時間などないはずなのですが。 私はいつも自分の仕事の内容によって頭の構造が変わるのですが、今回の新しい仕事に合わせて、今すでに自分が変わってきていると感じています [続きを読む]