ICHIGUCHI KEIKO さん プロフィール

  •  
ICHIGUCHI KEIKOさん: www.keikosan.com - ボローニャ、ときどき大阪
ハンドル名ICHIGUCHI KEIKO さん
ブログタイトルwww.keikosan.com - ボローニャ、ときどき大阪
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/www_keikosan_come/
サイト紹介文イタリアのボローニャで漫画を描いたり本を書いたりして暮らしています。そんな日々の雑記帳。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/08/25 12:11

ICHIGUCHI KEIKO さんのブログ記事

  • ホーム・カミング・デイ:Home Coming Day
  • 色々な偶然がかさなり、ひょうなんことで、お題のようなイベントに行ってきました。ようは、母校(高校)の文化祭であります。今年100周年を迎えるという母校が、「この機会に先輩達も遊びに来てください」的な意味をこめて、こういうタイトルをつけたようです。Mi è capitata di andare all’evento intitolato “Home Coming Day”. In realtà si tratta di una festa scolastica annuale del mio liceo. Siccome quest’an [続きを読む]
  • ハザードマップ:Hazard map
  • 台風が過ぎたと思ったら地震。天災が続くと、ついつい我が町のハザードマップを見直してしまいます。Tifoni, terremoti… Quando arrivano uno dopo l'altro la calamità naturale, tiro fuori il Hazard map della mia città.最近何かと話題のハザードマップ。私は基本的にイタリアにいますが、両親がこちらにいるので、避難所などの書かれたハザードマップをダウンロードしてPCに入れてます。Principalmente abito a Bologna, [続きを読む]
  • 台風一過:E’ passato il tifone
  • 24年ぶりに長期間滞在している日本。私の知っている限りでは、一番強い台風が通り過ぎていきました。ひとりで仮住まいのワンルームに非常食料と共にこもっていたのですが、すごい風と雨でした。部屋の前の駐車場のスレートの屋根が何枚か飛び去っていきました。私の部屋の窓に直撃したらケガするな、と、停電してしまった部屋の中で、台風が過ぎ去る4時間を、窓越しのゆるい光を頼りに本を読みながら過ごしました。Il tifone pi [続きを読む]
  • 別れのとき:Addio per sempre
  • 8月6日、私の育った家がなくなりました。将来のために、可能な限り色々たくさんのことを考えて決めた実家の建て替えですが、やはり、想像していた以上に、住み慣れた家がなくなるというのは、なんともいえない経験で。Il 6 agosto, fisicamente è scomparsa la casa dove sono cresciuta.E’ vero che abbiamo preso la decisione di rifare la casa dei miei dopo avere considerato tutte le ipotesi possibili per il nostro [続きを読む]
  • ちょっとした告白:Una piccola confessione
  • 突然ですが、実は2年半前から、目がよく見えていません。Confesso che non riesco a vedere bene ormai da due anni e mezzo.といっても、”一般的な”日常生活には問題ないのです。ただ、至近距離が見えない。Ma per condurre una vita quotidiana “in generale” non ho problemi. Ho dei problemi soprattutto alla distanza corta.ぼやける、というのとは少し違うのです。ピントが合わない。距離感がつかめない。画面が2重 [続きを読む]
  • 子供の頃の夢は : Uno dei sogni d’infanzia
  • 日本とイタリアの間を行ったり来たりしている今年、なかなかブログの更新もままなりませんが、これだけはやっぱり書いておこうと思いました。Quest'anno sono incasinata facendo avanti e dietro tra Italia e Giappone e faccio fatica ad aggiornare il blog, ma questo dovevo scriverlo…イタリアとベルギーの試合が始まったとき、私は夫とボローニャ駅近くのピザ屋におりました。イタリアのテレビに映し出される日本選手の姿 [続きを読む]
  • うそのようなホントの話:Non sembra vero
  • 「おい、こんなもんあったぞ」父が実家の片付け中に偶然見つけてきたのがこれでした。“Guardate che cosa ho trovato."Mio padre, mentre stava pulendo la casa vecchia da rifare, ha trovato per caso questi.日本の古い紙幣とコイン。Sono i vecchi banconoti e una moneta dello yen. なんでも、捨ててしまう封筒や紙などを束から、このお金が入った袋だけが、するり、ポトッ、と地面に落ちてきたそうな。昔は私も使っていた [続きを読む]
  • 過去がページをめくるとき:Quando il passato rivolta una pagina
  • 「ボローニャ、ときどき大阪」ではなく、「ボローニャ、ほとんど大阪」な今年です。さすがにくり返して極東とヨーロッパを往復してると、時空が吹っ飛んだ感じになります。「あれ?昨日どこにいたっけ?」「イタリアにいたはずだけど、夢だっけ?」と、記憶の一部がすっぽりぬけおちたような感覚です。でも、ようやくブログを更新しようという気力が出てきました。失ってしまった日常生活のリズムを、どうにか取り戻そうとしている [続きを読む]
  • 穏やかに:Serenità
  • 長年住んだ家の片付けは、ことさらに時間がかかりますね。とにかく昔のモノが山ほど出てくる。思い出に浸っちゃいけない。とっとと使わないものは処分しよう!というのが、片付けの鉄則らしいのですが、こういうのが出てきたりすると、ついつい、母との思い出話にも花が咲こうというもの。Ci mette un sacco di tempo per mettere in ordine le cose accumulate nella casa per tanti anni. Dicono che, per sistemare le cose in [続きを読む]
  • こ、この方角は!:Ma questa direzione è…!
  • 実家建て替えのために、45年住んでいて家から仮住まいへと引っ越しました!引っ越しの騒動は国内国外問わず同じなので省くとしても、これは日本にしかないよなあ、と思ったのが「方向」です。といっても、日本人でも気にしない人は気にしないんだけれど、実家からみた仮住まいの方向がね、良くない。Prima di trasferirci da casa dove abbiamo vissuto per 45 anni ad un’abitazione provvisoria, ci siamo accorti di una co [続きを読む]
  • 最後の夜:Ultima notte
  • 今、とんでもなく疲れています。というのも、明日が実家の引っ越しなのです。私は24年前に出てしまった家ですが、両親はここに45年間住んできたわけで、そこにたまったものというのは、必要不要にかかわらず、彼らの人生であるわけで。In questo momento sono esausta perché domani ci sarà il trasloco della casa dei miei. La preparazione non è stato affatto facile. Io sono andata via da questa casa 24 anni fa, ma [続きを読む]
  • 32時間?!:32 ore?!
  • この間の大雨で橋梁上の線路が歪んでしまい、地元を走る近鉄南大阪線が運休しました。滅多に運休しない路線で、しかも地元民にとっては唯一の足なので、もう大変!いつもは30分ほどで通勤している友人が、3時間かかったほどでした。なんてったって橋脚が歪んだらしく、もうそれは、しっかり運行休止にして直すしかないですよね。復旧のメドがたたない、という報道に「うわあ、大変だ」と思っていたのでした。Dopo una forte pio [続きを読む]
  • イタリア版女子会:JOSHIKAI
  • PCの中の写真を整理していたら、ブログにいつかアップしようと思っていた写真がたくさんでてきました。そのうちの一つがこれ。Mettendo in ordine i file dentro il pc, ho trovato un sacco di foto che volevo mettere nel blog.Questo è una di quelle.腰痛緩和のためにちょっとヨガに行ってたりしたのですが(今は帰国中につきお休み中)、これ、ヨガ教室のお仲間のお誕生日会です。全員女性。しかも(多分)全員アラフィフ以 [続きを読む]
  • 土地かレンガか:Terreno o mattone?
  • 家について、イタリアと日本の事情の違いを再認識しました。Riguardo alla situazione degli immobili, mi sono resa conto di nuovo la differenza fra quella giapponese e quella italiana.大阪郊外、私の地元。マンション増えるも、いまだに一軒家多し。同じ市内でも、駅から遠くなるほど急激に家(と土地)の値段は安くなる。中古の一軒家は価値が壮絶に下がる。価値を保っているのは土地。Nel caso della mia città nella p [続きを読む]
  • 青い自分:una mia parte adolescenziale
  • 実家の片付けが毎日続いています。いっぽうで、仕事になればいいな、と思って新しくチャレンジしてることがあるのですが、そっちがなかなかすすんでないので、毎日悶々としております(苦笑)Sto continuando la preparazione per la ricostruzione e lo trasloco della casa dei miei. Intanto sono bloccata in sviluppare uno story-board… Beh, sono assai frustrata (^ ^;) それにしても、家の片付けって、過去に戻る瞬間が [続きを読む]
  • 麗しいところ:Un bel posto
  • 前回のブログで書いたように、実家の建て替えにともなう「家祓」をしました。朝8時すぎに、宮司さんと若い神職さんが様々な道具を持って家にこられました。それらを組み立てて、玄関前に祭壇ができるまでわずか10分強。祈祷の前に手を洗って、手を拭くための白紙、それを捨てるゴミ箱まで用意されてました!Come ho scritto nell’ultima volta, oggi a casa dei miei c’è stato eseguito un rito scintoista della purificaz [続きを読む]
  • 神頼み:Chiedere un aiuto
  • 実家のリフォームに伴い、庭木を処分することになりました。毎年綺麗に咲いていた紅白の梅は、なぜか今年はうまく咲きませんでした。寒さが厳しかったせいかもしれませんが、ふと、「引っこ抜かれるのを分かってたのかなあ」と哀しい発想もしてしまいます。この梅の木も、家族全員がお気に入りの紅葉の木も植え替えをしたいのですが、庭師によれば「植え替えても根はつかないだろう」とのこと。ダメもとでやってみよう、とは思って [続きを読む]
  • 浮き世:Meglio tardi che mai
  • 実家の関係で、今年は日本とイタリアを行ったりきたりすることになりました。で、ソメイヨシノが終わってしまった日本に舞い戻っております。毎日色々な用事におわれております中、今朝、いきなり、家族一同思い立ち、大阪造幣局の桜の通りにぬけに行ってきました。Quest’anno passo un lungo tempo in Giappone per seguire i lavori della casa dei miei, ripetendo i viaggi fra l’Italia e il Giappone. Così sono ritornat [続きを読む]
  • ZEPPOLE!!
  • 4月1日は復活祭でしたね。十字架にかけられて死んだキリストが三日目に復活したのを記念するお祝いの日です。ということで、復活のシンボルである玉子にちなみ、玉子型のチョコレートはお菓子屋さんの季節の定番。Buona pasqua a tutti! Ogni festa è bella per gli occhi (^ ^) クリスマスと同じで、家族親戚が集まる日でもあるのですが、それを言ったら、日本から来てた方に「食べ続ける、っていう日ですか?」って(笑)確か [続きを読む]
  • 助成金:Fondo per i libri
  • 先日行ったボローニャのブックフェアで、へーっという助成金の話しを聞きました。ポルトガルの文化省が出している助成金です。Alla fiera del libro di Bologna ho saputo un tipo di "fondo" interessante del governo portoghese.ポルトガルのアーティストの作品を海外で出版する契約をした場合、その海外の出版元に対して、出版するための経費(印刷代や前金等)の何%かを、ポルトガル政府が援助してくれるというもの。契約を [続きを読む]
  • 花の下:Sotto i fiori di ciliegio
  • 「桜が咲いているところを見つけたよ」という夫に連れられ、家の近くの大きなマンションが建ち並ぶ地区へ。大きな道からは見えない、マンションの住人くらいしか通らないであろう裏道に、それはありました。“Ho trovato gli alberi di ciliegio fioriti.” Così mio marito mi ha portato ad un piccolo cortile-passaggio, un po’ nascosto, fra i grandi condomini vicino a casa nostra. Forse qui passeranno solo gli aita [続きを読む]
  • 笑顔が呼ぶ:I sorrisi si richiamano
  • イタリアに戻って3週間がすぎました。実は今回のイタリア滞在はわずか一ヶ月。またすぐ日本
    に戻るので、なんだか色々なことに追われてます(苦笑)。そんなわけで、ブログ更新もままな
    りませんでした。Circa le 3 settimane sono passate da quando son tornata in Italia. Visto che devo ripartire subito per il G
    iappone (praticamente rimango in Italia solo per un mese), la mia vita è riempita con sacco di cose da f [続きを読む]
  • Notizie in Giappone : イタリアの選挙、日本でどう見たか
  • Ho saputo in Giappone il risultato dell’ultima elezione italiana. Si trattava di notizie della TV. Ho cercato di assumere il contenuto del commento del giornalista.日本にいる時に、イタリアの国政選挙の結果を知りました。一報は日本のテレビのニュース番組だったのですが、その時の特派員の方のコメントの内容を要約すると、以下のようなものでした。- Se PD e Berlusconi fanno il governo, l’economia sarà abba [続きを読む]
  • 春だねえ:Primavera!
  • イタリアに戻って早々、夫と出かけたミラノの漫画見本市。機嫌良く食べて飲んだら盛大に胃腸
    を壊し、ホテルで一日寝込んでしまいました。ボローニャの自宅に戻ってから数日たちますが、
    まだソロソロと様子をみながら軽い食事に努めている私であります。Appena tornata in Italia, sono stata a
    Milano con mio marito per una fiera di fumetti. Ho mangiato e bevuto tutta contenta, ma purtroppo ho avuto problemi con lo stom [続きを読む]
  • 幸せにフメッターリ:Felicemente fumettari
  • 「フメッターリ(fumettari)」という言葉を聞いたことがありますか?単数形だと「フメッターロ(fumettaro)」。イタリア語で「漫画を描く人」とか「漫画を熱心に読む人」とかという意味の言葉です。漫画家の間でちょっと自嘲気味に「ぼくら、フメッターリだし」とかって使うので、「ぼくら、オタクだし」なんていう使い方にも似てるかも。(ちなみに、イタリアでオタクというと、日本の漫画やアニメだけに興味を持ってる人に対して使 [続きを読む]