茅ヶ崎方式北九州黒崎校 さん プロフィール

  •  
茅ヶ崎方式北九州黒崎校さん: 北九州市にある英会話講師のための実用・時事英語教室
ハンドル名茅ヶ崎方式北九州黒崎校 さん
ブログタイトル北九州市にある英会話講師のための実用・時事英語教室
ブログURLhttps://ameblo.jp/ahoberon611617/
サイト紹介文語彙力、文法力、読解力、リスニング力をフル稼働して、リスニング教材に取り組んでいきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/08/25 23:02

茅ヶ崎方式北九州黒崎校 さんのブログ記事

  • 11月も中旬、ゆっくり英語で学びをしっかり回復!
  • 11月も中旬、ゆっくり英語で学びをしっかり回復!北九州でも、朝晩は、冷え込みが厳しくなってきました。みなさま、お変わりございませんか。大学受験生のみなさんは、くれぐれも体に気をつけてください。さて、みなさんは、英語の学習をしていて、少し疲れたなと思ったことありませんか。今回は、そのようなときの、やる気と元気を取り戻す方法を、以下の3つで、お伝えできればと思います。 ① ゆっくり音読、しっかり内容把握 [続きを読む]
  • スピーキングへは、短い口頭英作文から!
  • スピーキングへは、短い口頭英作文から!チャンクの利用は、英作文だけではありません。特におすすめなのが、スピーキングの練習です。なぜなら、英作文にはなくて、スピーキングにはある、「息継ぎ」の問題があるからです。音楽でも、歌や楽器の演奏であっても、必ず出てくるのが、「息継ぎ」(ブレス)です。英語でも、一息で言える範囲の言葉のかたまり、そう、チャンクを利用して、話す練習をすると、滑らかに言えるようにな [続きを読む]
  • チャンクをつないで、英作文に挑戦!
  • チャンクをつないで、英作文に挑戦!チャンクで語彙を覚えていくと同時に、チャンクを利用して、英作文にも挑戦してみましょう。最初から、長い英作文に四苦八苦するよりも、迷わずに、まずは、短いチャンクをたくさん作ってみることです。そのチャンクを利用して、英文を作っていきましょう。英作文の手順については、次の通りです。まず、語彙の選択をし、次いで、チャンクの配置を考えてみましょう。英作文といっても、文の構 [続きを読む]
  • チャンクで覚えれば、語彙もラクラク!
  • チャンクで覚えれば、語彙もラクラク!英語の学習で一番苦労するのが、語彙の習得ではないでしょうか。毎日、メンテしなければ、プロでも忘れるものです。これが、母国語でないことの悲しさですが、それだけにやりがいのあるものでもあります。さて、みなさんは、どのようにして個々の単語を覚えていらっしゃいますか。学習するごとに増えていく単語の数、困っている方もあることでしょう。茅ヶ崎方式の最高レベルのC3講座では、 [続きを読む]
  • 立冬を迎え、さらに進める音声の学習!
  • 立冬を迎え、さらに進める音声の学習!立冬を迎え、暦の上では、冬なりました。街路樹の葉も、風に舞うようになってきています。さあ、英語学習の楽しい時期がやってきました。この時期を逃さず、しっかり勉強していきましょう。今回は、音声学習とライティング、そして、スピーキングとの連携について、お伝えしたいと思います。次の3つで、英語学習も楽しくなるはずです。 ① チャンクで覚えれば、語彙もラクラク! ② チ [続きを読む]
  • まとめたことを、自分の英語で表現する!
  • まとめたことを、自分の英語で表現する!②でまとめたことは、それでおしまいにはなりません。もったいない精神で、教材の徹底利用です。自分の立場に置き換えてみる、例にあげているものごとを変化させてみるなどして、教材を自分のものに取り込んでいくのです。そして、それを、音読から始まり、いつものごとく、暗唱、さらに、自分がスピーチしているかのようになるまで、スピーキングの練習をしていくのです。時間はかかりま [続きを読む]
  • 内容について、自分なりにまとめてみる!
  • 内容について、自分なりにまとめてみる!学習者のみなさんの中で、聞き取った英文の内容を、そのままにしている方はいらっしゃいませんか。新しい教材のリスニングをしたら、1回聞いただけで、おしまいにするなんて、はい、もったいないです。一つの教材を、ただ、リスニングは、リスニングのみに使用するというのでは、意味がありません。聞き取った語句、英文をつないで、自分なりにその教材のまとめを作ってみることです。それ [続きを読む]
  • 英文の内容に焦点を当てて、聞き取る!
  • 英文の内容に焦点を当てて、聞き取る!英文を聞くといった場合、発音の練習で聞くものと、内容を把握するために聞くものの2通りがあります。ここでは、後者の内容を把握するためのリスニングについて扱います。内容を把握するためには、いつもお伝えしているように、語彙、構文、文法の基礎知識が必要です。しかし、実際に音声を聞いてみると、これだけでは、十分に聞き取ることができないときがあります。それは、英語特有の語順 [続きを読む]
  • 台風のあと、深まる秋、英語学習熱も上昇中!
  • 台風のあと、深まる秋、英語学習熱も上昇中!連続して日本列島を走り抜けて行った台風、そのあとに、木枯らしや急激な寒さをもたらしてきました。読者のみなさま、いかがお過ごしですか。季節の急変に、体の方が、ついていかないのではないでしょうか。これからは、寒さとの戦いになります。どうぞ、暖かくして、英語の学習に励まれますことをお祈りいたします。さて、今回は、英語学習の基本に返って、音声から学習していきまし [続きを読む]
  • 英語学習の時間も徹底したもったいない精神で!
  • 英語学習の時間も徹底したもったいない精神で!もともと、語学の学習は、資格試験を受けること以外は、机について学習する必要のないものと考えられてきました。それは、語学の特質として、言葉は行動しながら身に着けるものだからです。言語は生きているものなので、一人静かに個室で学習などは、もってのほかなのです。ですが、最近では、行動しながら学習するのは、幼児向けの学習としてとらえられており、意味のないように思 [続きを読む]
  • 周囲の時間との調整を!
  • 周囲の時間との調整を!時間には、自分が自由に使える場合と、周囲とすり合わせて使う場合とがあり、学習のための時間は、前者です。それをフルに活用するのは、当然のこととして、仕事や学校の授業など時間が拘束される後者でも、まったく使える時間がないかというと、そうとも言い切れないのです。それは、仕事の会議の待ち時間や、移動時間で早く着いた場合など、4,5分のスキマ時間はあるものです。その時間を有効に使うこと [続きを読む]
  • 自己のスキマ時間を見直して!
  • 自己のスキマ時間を見直して!「時間がない」と嘆いている方に多いのが、結構、スキマ時間を見落としている方です。そして、本人自身が、それに気づいていないことが往々にしてあるのです。よくあるのが、本来、仕事や英語の学習に取りかかるべき時に、つい、別のことを思い出したり、気づいたりして、そちらの事柄を優先してしまうことです。本来の目的でない事柄に、大きな時間を割いてしまって、自分のやるべき事柄を、スキマ [続きを読む]
  • 自然現象と社会に対応しつつ、自己を磨いて!
  • 自然現象と社会に対応しつつ、自己を磨いて!衆院選挙に、超大型台風と、何かとあわただしいこの頃です。落ち着いて学習する気分にならないのが現状ではないでしょうか。また、お仕事の上でも、特に、先生方は、この時期は、文化祭などの行事で、手一杯の感があります。また、学生のみなさんも、学園祭などで、英語の勉強に向かう時間が取れないのではないでしょうか。そうはいっても、時間は、万人に共通の一日24時間です。では [続きを読む]
  • 実際に書いてみて、そのあとに修正、復習!
  • 実際に書いてみて、そのあとに修正、復習!ここまで来ると、まずは、英文を実際に書いてみることです。トピックに沿った内容を考えた上で、エッセイの体裁にあわせて書いてみましょう。英作文のテキストには必ず掲載されている、3段階(Introduction → Body → Conclusion)をふまえて書いてみることです。エッセイの長さ、内容は、Bodyの中にいくつパラグラフを含むかで決まってきます。説明、反論、意見等の内容を盛り込んだも [続きを読む]
  • 「英語で何という」を心がけ、使用可能表現を増加!
  • 「英語で何という」を心がけ、使用可能表現を増加!ライティングのためには、日本語の「作文のもと」の上に、英語で表現することができる語彙、構文、文法力を身につけることが必要です。いわゆる使用可能表現です。これは、各自の英語学習履歴により、まちまちです。自分の足りないと思う分野の表現を、積極的に取り込んでいきましょう。英作文だから、作文ばかりに取り組むのは、時間に制約のある現代人には、少々厳しいものが [続きを読む]
  • 「ライティングのもと」を日頃から蓄積!
  • 「ライティングのもと」を日頃から蓄積!英語のライティングだから、最初から英語で・・・とすらすらいけば苦労はないのです。しかし、ノンネイティヴのわれわれにとっては、英作文はやはり、ハードルが高いのが現状です。そして、英作文、それも、自由英作文をするときに必ず出てくる言葉が、「何を書いていいか、わからない」なのです。要するに、机に向かっても、書き手の中に書く内容が準備されていないのです。それでは、書く練 [続きを読む]
  • 日本列島、急に季節が動き、学習も進みます!
  • 日本列島、急に季節が動き、学習も進みます!日格差の大きい季節になりました。みなさま、お変わりございませんか。「寒暖差疲労」という言葉も飛び交うこのごろです。学習のためにも、健康第一で、この超多忙な日々を乗り切っていきましょう。さて、今回は、読解、スピーキングに続く流れで、英作文について書いてみようと思います。「ライティングは難しい」のイメージが少しでも解消されればいいと考えています。①「ライティ [続きを読む]
  • 仕上げは、自分の意見を音声にのせて!
  • 仕上げは、自分の意見を音声にのせて!英語学習の最終の目的は、相手の言うことを聞き取れて、自分の意見を文書や音声で伝えることができることなのです。それをかなえるためにも、是非、スピーキングの練習に励んでいかなくてはなりません。多くの学習者は、英語による会話を望んでおり、学会等でのプレゼンのような長いスピーチは望んでいない場合も考えられます。両者とも、スピーキングには変わりはないのですが、対象と状況 [続きを読む]
  • 上手な人のスピーチをまねてみましょう!
  • 上手な人のスピーチをまねてみましょう!スピーキングの練習は、自分の考えをまとめるには、難しいところもあります。そのような場合は、多く先人たちのすばらしいスピーチを、まねてみることから始めましょう。長いものでなくてもいいですから、自分の好きなスピーチを見つけて、音声があれば、それを利用して、話す練習をしましょう。お手本としては、小学生・中学生、入門・初心者向きのテキストでは、「からだを揺さぶる英語 [続きを読む]
  • スピーキングは、英語学習の入り口であり、出口です!
  • スピーキングは、英語学習の入り口であり、出口です!スピーキングは、難しいと敬遠している方が、多いと思います。しかし、スピーキングは、英語の入門期から、みなさん、練習していることなのです。中学校から、いえ、最近は、小学校からです。ですが、残念ながら、日本の学校や塾、英語教室では、話し方、すなわち、話す方法だけを教えているのが現状なのです。必要なのは、話し方の方法、テクニックではなくて、話す内容なの [続きを読む]
  • 第2回英検を終え、いよいよ英語学習も本番です!
  • 第2回英検を終え、いよいよ英語学習も本番です!10月6、7、8日に行われた、第2回英検の手応えは、いかがでしたでしょうか。4、5級は2次試験がないのでお疲れ様でしたといえますが、3級からは2次試験の準備が必要です。次の段階へと、ギアを切り替えましょう。そこで、前回テーマにあげた読解に続いて、今回は、スピーキングに視点をおいてお伝えします。①スピーキングは、英語学習の入り口であり、出口です! ②上手な人のス [続きを読む]
  • 今こそ、メディアを活用して・・・時間を有効活用
  • 今こそ、メディアを活用して・・・時間を有効活用現在の社会人、学生には、新聞や書籍を読むことが、時間の関係で難しいのは十分理解できます。しかし、それだけで、読むことを遠ざけていのでしょうか。いえ、もっと工夫する余地はあると思います。それは、メディアとの共同活用です。PCやスマホから得られた情報は、瞬時のもので、すぐに通り過ぎてしまいます。学習することを前提にすれば、ペーパーレスの時代だとはいえ、しっかり [続きを読む]