okinawaseikatsu さん プロフィール

  •  
okinawaseikatsuさん: なんやかんやで、沖縄。
ハンドル名okinawaseikatsu さん
ブログタイトルなんやかんやで、沖縄。
ブログURLhttp://okinawaseikatsu.hatenablog.com/
サイト紹介文沖縄生活6年目。ゆるりと日常を綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 131日(平均0.5回/週) - 参加 2015/08/26 11:00

okinawaseikatsu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ふせんのこと。
  • 先週から、高雄市に来ている。夏の繁忙期。その合間を縫っての弾丸台湾出張。ここのところ、台北24時間滞在のとんぼ返りが、2回ほど続いていたが、オヤジにはキツい。3つのプロジェクトを強引に詰め込み、今回、1週間ほど滞在できる見込みだ。首都台北市とはまた違った面持ちの南部地方。高雄市、台南市。このノスタルジックな雰囲気が大好きだ。********パスポートとVISA(ビザ)は別物。今回、企業アテンドが2社。初海外 [続きを読む]
  • 質のこと。
  • 温度差。台風10号をすり抜け、個人的搭乗率が上がっている青組に揺られながらの関西出張。自称晴れ男たちが集まったイベントたげあり、滞在した4日間、ずっと晴天。頭上に拡がる青空とは裏腹に、海況は安定せず、チャパチャパチャパチャパ。開催出来ずのメニューもあったが、それでも、来場した子供たちの笑顔を拝め、なかなか楽しいお仕事であった。??????????40度だの、猛暑日だの、連続だの。こうなってくると、「沖 [続きを読む]
  • 女帝のこと。
  • 満員御礼。台風の合間を縫ったバンコク→シェムリアップ→ハノイ3か国行脚出張を終え、10日あまり。もう、8月が、目の前。老いるスピードが、早い早い。くわばらくわばら。秋口に団体のアテンドが決まっており、現地ホテル、ツアー会社等との事前確認/ロケハン、某「〇〇大陸」にも出演された若きバナナペーパーデザイナーとの打ち合わせ、海外駐在時代の仕事メンバーとの再会などなど、慌ただしかった、1週間東南アジア巡業。顔見 [続きを読む]
  • ヤスイヨのこと。
  • シンチャオ。日本に帰任して以来、約3ヶ月ぶりの東南アジア出張。バンコクからシェムリアップ。シェムリアップからハノイ、そしてまたバンコクという3カ国行脚中である。沖縄には、台風7号が襲来している中、どうにか台風を避けて、予定通りの行程で、今回の出張を終えられそうだ。今、ハノイ・ノイバイ国際空港で綴っている。________________発展著しい東南アジア。たった3ヶ月、間を空けるだけでも、事情は様変わりしている。配 [続きを読む]
  • キキのこと。
  • じじぃの目覚めは早い。先月末に、大台に突入。めでたく!?40代にのったこともあり、朝、目が覚めるのが早いこと早いこと。ニワトリ級。これは、お天道様が出ている時間帯に活動するという、『人間らしい』生活に体内時計が戻りつつあることだと、プラスに捉え、真っ向から、自らの老いに勇敢に立ち向かっている。と、まぁ、大袈裟な表現をしたが、ありがたいことに、相談や引き合いが増加し、朝イチから夜まで動きっぱなしだ。そ [続きを読む]
  • 風神雷神のこと。
  • 空梅雨。2010年に来沖して以来、幸いにも、節水制限を食らったことはないが、このままでいくと、そうなってもおかしくないというくらい。連日晴天が続く、沖縄。4月末の開業から1カ月。“新たな船出” という意味を持つ帆船エチケットをまとった小洒落た開業祝いまでいただきつつ、毎日それなりに忙しくしている。会社ロゴ、材質、型押しの仕方等、デザイナーと、あーだこーだと言いながら制作を進めていた名刺もようやく刷り終わ [続きを読む]
  • チカラのこと。
  • 裏腹。梅雨入り宣言した翌日から、晴天が続いている沖縄。ゴールデンウィークの来客ラッシュもひと段落し、毎日そこそこ忙しくも、時間に縛られることなく、マイペースで動いている。開業して、はや2週間。頭の片隅にはありつつも、具体的にどうやって進めるかな〜と、悩んでいた、自社サイト制作。独立以来、「まずは、なんでも自分でやってみる、 ダメだったら、プロ・パートナーに頼もう」という、スタンスでいるのだが、つい [続きを読む]
  • 開拓のこと。
  • 2年のブランクは大きい。来たる夏の来客ピーク時に備え、せこせこと新店開拓に励んでいる。ここは沖縄。恐ろしい勢いで、どんどんと新店舗がお目見えするので計画的にペースを上げていかないと、とてもじゃないが追いつかない。不在にしていた2年間を取り戻すかのように、日々、チャリンコを漕ぎまくっている。ーーーーーーーー来沖する知人友人、仕事関係の方など、ご本人から「またあそこに行きたい」とのリクエストが入らない限 [続きを読む]
  • 天職のこと。
  • 2年ぶりに、沖縄へ戻った。仕事の都合で、沖縄を離れ、東南アジア某国へ。いわゆる「駐在」と呼ばれる生活を送り、現地のスタッフと、毎日戦争のような日々を過ごしてきた。洪水のようなバイクの群れ。あちこちから鳴り響く工事音。肌に纏わりつく生あたたかい風。国の平均年齢28歳、人口1億人突破間近。経済発展真っ只中。毎日、いや、毎時間のように街の表情が変わり、喧噪と熱気、もっともっと暮らしを良くしたいという人々の欲 [続きを読む]
  • 過去の記事 …