コマネチ さん プロフィール

  •  
コマネチさん: あくまで男目線のアラフォー婚活
ハンドル名コマネチ さん
ブログタイトルあくまで男目線のアラフォー婚活
ブログURLhttp://www.katsudochu.com/
サイト紹介文アラサーからアラフォーの婚活をする女子たちへ、男子目線からの贈り物
自由文男子目線を学んで幸せになってください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/08/27 09:55

コマネチ さんのブログ記事

  • 「レスから脱却」と「子作り」のへ道
  • 皆さん、こんにちは。昨日、子作り宣言をしてから、、、家族の時間ということで、昨日は、新宿にお互いのクリスマスプレゼントを買いに行きました。僕は、北国出身なのでメッチャいつも薄着なのですが、マフラーをもらいました。僕のイメージ高くて1万円、安物で5000円と思いましたが、さらに高いんですね、マフラーって!(-_-;)申し訳なかったけど、まともな店いくと、高いのしかなくて、彼女が買ってくれました。。。。大切 [続きを読む]
  • 結婚後の「性」の意外な結末
  • 皆さん、こんにちは。結婚生活が長続きしない等コメントを頂くこともありますが、無事に喧嘩もなく、仲良くしております。強いて言うなら、題名の通り「性」の問題が大きいでしょう。たまにブログでも言ってますが、僕は奥さんと関係をもっていません。もう半年以上ですよね。当初は、奥さんに対して不満でした。奥さんが元々、「性の欲求が低い」のです。そして、彼女が生活スタイルを変えない為、そういう時間帯が合わないという [続きを読む]
  • マイナスなエネルギーの処理次第で残りの人生が決まる
  • 皆さん、こんにちは。僕は転職する前は、業種的に、めっちゃ暇!と聞いてたのに、、、、入社したら、忙しくて忙しくて、目が回ってます。上司曰く「はらぺこ君は、ラッキーマン。担当した案件のお客さんが次々に決まるんだもん!」だそうです。謙遜はしてますが、一応、難しい案件が営業からあった場合、同僚 ⇒ 冷たくあしらうはらぺこ ⇒ トコトン付き合うがポイントです。性格が悪い僕は、どうせ断るけどトコトン付き合って [続きを読む]
  • 「モテる女子」と「結婚する女子」の違い
  • 筆者は、人間観察が大好きなアラフォー。オタクの友達〜大金持ちまで知人がいます。そんな筆者は、よく雑誌で見ると違和感があるのが、「モテる」存在の定義です。誰しもが、「モテる」と存在を認められたいと心の中で思っているからかもしれません。「モテる」⇒「幸せになる」「モテる」=「オシャレ」⇒高年収男子GET!こんな内容を一般的な方程式で描くかもしれません。でも実際は、この会話の流れの通り、「違います」筆者は [続きを読む]
  • 【大間違い】職場で結婚相手を探す残念な女子達
  • 最近会社の女子達(アラフィフ)が、社内の人たちを動物に例えて遊んでいます。「はらぺこ君は、ラッコだよ」笑顔で言われたのですが、「???」って感じでした。ちなみにお向かいの席の男子は、「ジャイアン」でした。もはや、動物ではありませんでした。。。さて、今日のお話。先日同窓会に行ったのですが、いつも恋愛トークをする36歳の女性がいます。僕が同窓会で一緒に飲むようになったのは、34歳の頃。「結婚するからって [続きを読む]
  • 【必見】男女の距離が縮まるおススメのテクニックとは?
  • クレーマー大企業と言い合いをした今日この頃です。しかし、大企業って表情薄い人が立場が上に立つ傾向があり、社内ストレスは半端なさそう。みんな幸せなんでしょうかね?不幸に見えて仕方ない今日この頃です。さて、ラブラブトーク、、、は、あまり好きではない筆者です。しかし、女子と一緒にいて、「この人のこういう行動はグッと男のハートを掴んでるな」 と思うことはしばしばあります。恋愛経験が少ない女性でも、やっぱり [続きを読む]
  • 彼女の留学後に改めて思う「後悔」
  • 皆様、こんにちは。フィリピン留学から無事に妻帰国しました。いやー、彼女が留学中はフラフラしてましたが、、、内心は、冷静になれば、不安が頭をよぎって仕方なかったです。最初、妻が「(短期)留学に行きたい」そう僕に告げたときは、全力で応援したかったけど、「フィリピン」と聞いて、多少なり戸惑いがあったものの、深く考えずに応援しました。もちろん、留学先が金額の問題ならシンガポールにいけばいいし、お金次第ではな [続きを読む]
  • 結婚後に起きる結婚の「終着駅」
  • 筆者は、妻の「不在」に遊び歩いている世間一般がいう「最低な人間」なことをご理解の上で、この記事をお読みください。。 さて、そんな筆者は、姉がいる。弟の性分から語るのならば、「先に歩く人をじっと観察していから物事を進める」ことがポイントだ。姉がバナナの皮で滑って転ぶところから、成功するところまで、観察し、学び、人生をうまく乗り切るのだ。うちの姉のケースでいえば、姉はかなりの「のんびり屋」なので、5歳 [続きを読む]
  • 妻の描いたことがなかった「夢」を応援してみる
  • 実は、最近日記を頻繁に更新していることには理由がある。それは・・・・うちの「妻」不在なのです。妊娠しているわけでもないし、実家にいるわけでもない。喧嘩しわけでもない。実は・・・外国に留学しちゃいました。しかも、フィリピン!(汗)まぁ短期なんですけどね。いやー超潔癖症の妻が、まさかのフィリピンとは、、、最初に耳を疑ったけど、妻は、結婚前は家族とベッタリ型。友達付き合いさえしない人だった。彼女の仲良しの [続きを読む]
  • 意外に多いかもしれない「40歳からの結婚」
  • 筆者はいろいろなところに、「婚活はできるだけ早く」そう言っている。うちの会社で早く結婚したがっている女子が「まだ負けたくないから相談所にいかない」そう言っているらしい。筆者から言わせてもらえれば、「さっさと加入してから悩め」と言いたい。 結婚相談所では、実は40歳になると、検索される絶対数がめちゃくちゃ減るので、新しい出会いの確立は下がっていく現実がある。しかし、婚活して交際した人は結婚する確率は [続きを読む]
  • 男子が思う「女子に訪れる残酷な現実」
  • 世の中は、つくづく残酷だとよく思う。良いことがあったら、楽しむ。悪いことを見たら、見ないようにする。それが現実だ。男性社会というのは、残酷なようでマイルドだ。社会人になると、「おまえは使えねーゴミだ」そう教え込まれ、厳しい現実に直面する。しかし、「若さ」があれば、乗り切れなくもない。 女性社会もそれなりに大変だろうが、現実への落とされ方が全然違うと思う。特に、特別扱い女性された女性ほど、残酷である [続きを読む]
  • 見た目でわかる「不幸になる予定」の女子
  • こんなタイトルをつけると女性達から袋叩きにされそうだけど、敢えて書きます。女子達から男子を見て、「暗そう」とか「キモい」というのは、比較的わかりやすいものです。男性目線から見ると、普通の男子がやはり近づかない女性のカテゴリーがあります。それは、「貧乏神」に憑りつかれているような女性です。女子同士は、比較的グループで分かれているので、他のグループのことが無関心かもしれませんが、男性から見ても、ちょ [続きを読む]
  • 35歳過ぎたら人生は無限ループ
  • 今回は、ちょっと番外編。僕は、最近大きなプロジェクトを3つほど回している。その中で担当している、法務と建築の人の話だ。 筆者が仕事をうまく回しているかどうか、、、それはさておきだ。簡単に僕のスタンスを言うと、「営業」と「建築」の掛け違いを、「まぁまぁ協力して、いい仕事して結果出しましょう!」というのが僕のスタンスだ。今日の登場人物は、以下の通りだ。・法務の人:45歳ぐらいの女性・建築の人:45歳ぐ [続きを読む]
  • 「メソメソ」女子と「逆ギレ」女子のどちらがお好みですか?
  • 先週のことだった。もう前回のブログを見てくださった方はわかってくださる方もいるだろう。また「金曜に喧嘩」したのだ。正直言うと、「喧嘩」に至ってはいない。いつもの通り、金曜日の夕方になって、以下の会話が定番だ。僕:「ご飯どうするー?」妻:「作ってもいいよー?」原則、僕が決めることが多い。僕は彼女と食の好みが同じなので、好き嫌いが発生しないので、なんでもいける。。。しかし、僕が仕事で多忙だったり、疲れ [続きを読む]
  • 「ダメ夫」にも三分の理
  • 一般的に「喧嘩」というと、「わかってもらえない不満をぶつけてわかってもらおうとする行為」である。ちょっとメンドクサイけど、こんな感じで理解している。しかし、合理的かどうかというと、違うと思う。なぜなら、感情をぶつけられた人間は、原則「ガードする(身を守る)」というのは誰しもが経験すると思う。いい年をすれば、悪いと思うことはしないわけなので、普通の人は、「私、悪くない」というのだ。しかしながら、僕は [続きを読む]
  • 男と女がすれ違う「疲れた」の言葉
  • 奥さんと先週喧嘩をして、また昨日軽い喧嘩をしてしまった。だいたい喧嘩をするのは、女性には申し訳ないけど、「乙女の日」の時だ。僕は最近仕事が忙しくて、妻のことを気にかけてあげられてなかったけど、聞いたら、「乙女の日」だったらしい。しかし、原因は、「乙女の日」が原因だけではない。そもそも喧嘩の原因は、考え方で事なる「疲れの違い」だった。いや、「うちの妻との疲れの違い」とでも言おうか。1.会社はルーティ [続きを読む]
  • 予想できなかった「結婚後のリアル」
  • 今日は奥さんが、旅行で不在のため、久しぶりの更新です。家にいると、「何しているの?」そういわれて、モニターを見られそうで、なかなかブログ書けないんですよねー。さてさて、結婚して1年が経過しました。僕に訪れた変化をお知らせすると、相変わらず奥さんと肉体関係を結んでおりません。僕たちの関係は良好ですが、、、奥さんにもたまに「私達、夫婦関係は大丈夫なのかな?って思う」そう言われるぐらいに、新婚早々肉体関 [続きを読む]
  • 「今日はディナーだね」そう言われた結婚記念日
  • 猛暑が始まりましたね。最近は、忙しくて、バタバタしてます。「明日はオシャレなレストランでディナーだから楽しみだね!」 妻がそう言った日は、「結婚記念日」。1年前、僕たちは、品川区役所で日が変わると同時に「婚姻届」を出したのでした。※後に業務時間外に出すことは大きなミスなことに気が付きますが。山もあり、谷もありましたが、今は、比較的平穏な日々が続いています。僕達には生活のリズムが出来上がりました「平 [続きを読む]
  • 転職嫁ブロック その4 最後は「寄り切り」
  • 皆さん、こんにちは。また日にちが空きました、すいません。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜男子がそれなりに「転職を相談する時」は、ほぼ「転職をする意思が決まっている時」です。実は、転職嫁ブロックは、あまり意味を成しません。そのため、「相談」というより「びっくりさせないための布石」そう考えるべきでしょう。筆者は、転職をする時に日系企業を受けました。しかし、、、しかし、、、アラフォーになったオヤジで [続きを読む]
  • 転職嫁ブロック その3
  • 皆さん、ご無沙汰です。最近こちらに時間を使っていませんでしたので、日々、ご覧になってくださっている方々にお礼申し上げます。転職嫁ブロックいってみましょう。---------------------------うちの母と妻の違いは何か?それは、「しつこさ」であるように思えます。母:相手が言うことをきくまで、催眠術のように小言を言う妻:亭主関白の自宅に育ったので、怒られたら黙る妻は、「理解した」というより「良好な夫婦関係」を望 [続きを読む]
  • 「婚活力」 = 「間を持たせる力」 だと思う
  • 皆さん、こんにちは。実は今、ハワイにきております。ネタバレすると、転職することになり、有給で迷惑をかけた奥様への償いの気分で、僕が決めました。元々海外旅行は好きではないのですが、食事、トイレ事情、日本人の多さ、交通の利便性、海の綺麗さでは、来てよかったなと思います。シンガポール、グァム以外は、いく気がなかったのですが、行く気リストに、ハワイも加わりましたね。ちなみに費用は3泊5日で15.5万円。一週間 [続きを読む]
  • note 始めました。
  • 皆さん、noteって知ってますか?blogの発展版みたいなのです。まとめ方も簡単ですし、有料・無料記事があってライターとしてのモチベーションも上げやすいのかなと思います。ちょっとチャレンジしてみますので、皆様応援をお願いします。IDは、harapeko または8doorsで検索をお願いします。 [続きを読む]
  • 転職嫁ブロック その3
  • 皆さん、こんにちは。実は僕だけ実家に帰ってます。お嫁さんもつれてかないのか?とよく言われますが、つれていきません。彼女のお父様にも言われましたが、敢えてスルーです。 (お盆に一日だけ旅行のついでに僕の実家によるかもしれませんが。)妻は、確かに常に僕と一緒がいいというのですが、うちの両親は未だに現役で働いているので、折角の老人の慰労の休暇にあまり気を使って疲れてほしくないからです。彼女は東京が実家で [続きを読む]
  • 彼女を「妻」と呼び始める日
  • 皆さん、こんにちは。結婚して1年が新婚だと言うことの意味がだんだんではありますが、わかってきた気がします。それは何かというと、 彼女を「妻」と呼び始めたところです。正直、僕はいつも今まで周囲の人に奥さんを「彼女」と呼んでいました。しかし、最近は、「妻」と呼び始めました。最初は抵抗があったのですが、今では、自然に口から出るようになったと感じています。当然、「その心は?」そういいたいところでしょう。僕 [続きを読む]
  • 転職嫁ブロック その2
  • 皆さん、こんにちは。ブログにメッセージを書き込んでくれたり、メッセージを個別に送ってくださる方がいると元気がでますよね。朝の30分のつたない文章ですが、ご容赦ください。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜男性と女性の基本的な違いを感じる時があります。それが、「大事な決断をするとき」だと思います。うちの母がそうなのですが、昨晩話し合った事と、翌日話し合った事では結論が変わります。いえ、正確 [続きを読む]