indonanomi さん プロフィール

  •  
indonanomiさん: インドなので
ハンドル名indonanomi さん
ブログタイトルインドなので
ブログURLhttp://fanblogs.jp/japaneseinindia/
サイト紹介文インド人旦那と息子二人。10年間の日本での生活から一転、インドに呼ばれた。海外子育てスタート。
自由文2004年に米国にあるArcosantiにてインド人の旦那さんと知り合い結婚。10年が経ち現地採用で来たのはインド西ベンガル州!旦那さんの地元、南インドにあるAurovilleとは違ったリアルなインドの世界が待っていました。さてさて。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/08/27 20:39

indonanomi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • google アシスタントと会話する息子たち
  • 最近のAIってすごいんだな〜と。旦那がgoogleアシスタントを使って何やら検索していたら、それを見ていた息子たちが携帯を奪って必死に話しかけ始めた(笑)旦那はもちろん英語で話していたので、子供たちも頑張って英語を使っている。次男は友達になったつもりでいる(笑)これから世の中は急速に変化していくんだなと感じさせられる出来事。学校の先生もAI、お友達もAI、人が人と接する必要がなくなってしまう。それで安心する子 [続きを読む]
  • 結局は個性と興味
  • インターナショナルスクールに通う子たちを見ていて思うのは、言語の習得はその子その子の持つ個性と興味次第なのではということ。せっかくのインター校なのに、日本人のお友達としか話さない子もいる。日本人のお友達といるけど、積極的に英語を身に着けようとする子もいる。日本人も外国の子も関係なく積極的にコミュニケーションをとる子。これはもう親の目の届く範囲ではないし、日本人が多くいるインターでは仕方のないこと。 [続きを読む]
  • 息子の誕生日
  • 長男が先日11歳になった。彼は二歳の誕生日を迎えて二週間後にネフローゼを発病した。誕生日を迎えて盛り上がってすぐの出来事にショックを受け、誕生日がくると当時を思い出す。病気の再発は5年以上なく、のみ続けていた免疫抑制剤も2年前から服用していない。体もどちらかと言えば大きく、手も足も私より大きくなったし、身長も145以上ある。すくすく成長できている事が何よりも嬉しい。昨年の彼の誕生日には美味しいものを食べ [続きを読む]
  • International Schoolに通う子どもたち
  • 私はインターで日本人の子供たちを対象とした母国語の授業を担当しているのだけど、教師資格はないので、先生というより近所のおばちゃん的な距離感で子供たちと接している。勉強も教えるし、子供たちの愚痴も聞く。とにかくたくさん話す。英語が分からないまま来た子供たちは、「今だ!」とばかりに話す。海外生活に慣れてきた子は友達や英語生活への愚痴が出る。そろそろ日本へ帰国しなければいけない子、受験を控えている子はや [続きを読む]
  • 寝台列車編!西ベンガル州からバンガロールまで
  • ずいぶん前になってしまった。。。インドの北東・西ベンガル州の田舎町コンタイから、IT都市バンガロールへ引越した当時のお話。荷物はトラックで6日間かけて移動。人間は寝台列車で2泊3日で移動することにした。長い昼間が2回の1泊2日より、夜が2回を選んだ次第。子供たちにとってはゴロゴロできる上に、二段ベッドというのがツボらしく、長い時間も文句言うことなく過ごしてくれた。バンガロールで快適に暮らしている今では2泊3 [続きを読む]
  • ネフローゼ症候群 【寛解】と言う 喜びと不安
  • コルカタで腎生検をしてから2年近く経った。実はこの腎生検で病名的には再発率の高い病名を告げられ、一時は日本に帰国して治療をするべきか悩んだりした。しかし息子(当時8歳)はとても元気だし1年以上再発もしていない。コルカタの主治医に対して以前から不信感があり、主治医の勧める治療もすんなり受け入れる気になれずにいた。そんな治療方針は日本にいた時の主治医から聞いたこともないし、驚くほど高額だ。インドに来てか [続きを読む]
  • 久しぶりの投稿
  • バンガロールに来て一年半が経ったガーデン都市と言われるだけに、本当に緑が多く爽やかな風が吹いている。。。いろんな事があって、やっと今落ち着きつつある私達の生活。希望を持ってやって来たけど、会社と合わずあっという間に辞職(泣)旦那はすぐに仕事が見つかり何とか生活が継続できたものの、肝心の私の仕事が見つからない。理由は明らか、英語力(泣)そんな私のところに夢のような話が!!あるインターナショナルスクー [続きを読む]
  • ガネーシャ誕生祭
  • ものすごく久しぶりにブログ更新です。ガネーシャの誕生日くらい記録として残さないと!今週の月曜日9月5日はガネーシャ誕生祭で会社も学校も休み!祝日です。みんなが大好きなガネーシャの誕生日ということで街中いろんなところでガネーシャが売られていました。この売られているガネーシャはプージャ(供養)が終わると川や海に流されるのだとか。もちろん素材は木材と藁を芯にして粘土性の土でできているので大丈夫。んんん、で [続きを読む]
  • 学校が週休二日だった〜
  • 子供たちが行き始めた学校は現地の私立校。インターではありません。お金ありません!でも全教科英語授業で国語としてヒンディー語なので、アクセントの問題などに過剰に反応しなければ十分いいと思うけどな。個人的には。その学校は以前西ベンガル州で通っていた学校の姉妹校。というかフランチャイズみたいにオーナーがそこのカリキュラムで学校運営している。と言うわけなので、もちろん以前と同じ隔週土曜と勝手に思い込んでい [続きを読む]
  • 南インドのオヤツ?
  • 今まで気がつかなかった軽食「chat屋」さん。以前からあったのかは分からないけど、ここバンガロールに来てから発見した。写真の解像度が悪くて、あまり美味しそうに見えないかもしれないけど、なかなか好きな味。「サモサchat」です。いろいろのっかているけど下にちゃんとサモサがある。その上に豆のスープ(甘くないお汁粉っぽい)がかけてあり、さらに色んなものが乗せられてくる。もちろん、ちょっと辛い。そしてたくさんのス [続きを読む]
  • やっと学校が始まった!
  • 子供たちの学校がやっと、やっと始まりました〜西ベンガルの学校を1月いっぱいで辞めて引っ越してきたものの、学期の途中かつ年中〜1年生しか始動しておらず、2~5年生は来学年(6月)からと言われ、丸4ヶ月学校に行かずに過ごしてました。日本では有り得ないことですが、ここでは特に誰も問題視しません。途中2ヶ月を近所の塾に通わせましたが、本格な学校生活がやっと再開しました。さすがに4ヶ月ぶりだし、、、、と心配する親と [続きを読む]
  • 過去の記事 …