名古屋のワクドキ先生 さん プロフィール

  •  
名古屋のワクドキ先生さん: 20代大学生におくるワクドキに生きるコツ♩
ハンドル名名古屋のワクドキ先生 さん
ブログタイトル20代大学生におくるワクドキに生きるコツ♩
ブログURLhttp://www.wakudokidoki.com/
サイト紹介文名古屋の塾講師が大学生や社会人に送るワクワクドキドキに生きるコツを伝授します。
自由文名古屋で学習塾を経営しながら、
大学生や社会人にも自分の人生にワクワクドキドキしてほしい!
だって、
人生一度きりなら自分の可能性信じて最高に謳歌しよう!

[名古屋の学習塾]
http://www.kotobako-jyuku.com/
[大学生向けの場作り]
http://kotobako-daigaku.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/08/29 01:15

名古屋のワクドキ先生 さんのブログ記事

  • no.457 仕事が増えた。
  • 良きもせぬところから仕事が舞い込んできた。今まで英語の仕事なんてしたことなかったけど、来週から本格的に英語を使って仕事も増える。まぁ仕事量はかなり増えるんだけども色々とぐちぐちするんだけども頼まれごとは試されごとだと思ってやってみることにする。ちょっとワクワクもしている。これを自分なりに一生懸命に取り組んでみるとまた自分の幅も広がるだろう。それはそれで面白そう。おしまい [続きを読む]
  • no.456 モヤモヤーとしたブログでした。笑
  • 誰もが自分のために生きている。みんな自分の損得で生きている。俺はそんなことない、なんてことはない。俺はみんなのことを考えてこうしてるんだ。それはそれぞれが思う「みんな」のため。あぁ正義 対 正義 は永遠に戦い続けるのだろうなぁ。だったら逃げるが負けであり勝ちであるってことなのかなぁ。と。それぞれがそれぞれの理屈のもとで日々、削りあってる気がする。笑誰も悪くないんだけどな〜こ [続きを読む]
  • no.455 嫌いな人ができました。
  • 嫌いな人。もし、嫌いな人がいた時嫌いな人が嫌いなことをしてるのを見た時その嫌いな人を目でおう自分を省みる。その嫌いな人を嫌いだからネガティブな感情を感じる自分を省みる。嫌いだとしても隣にはいるわけで。嫌いだとしても一緒に仕事はしていくわけで。でも嫌いだからって一緒に仕事ができない訳じゃない。むしろ嫌いだからこそ気づけることもある。嫌いって感情ってなんだろうね。 [続きを読む]
  • no.453 自分の会社への関わり方。
  • どう働くかを考えているとどれだけ自分のことばかり考えているか、と気づく。良い会社とはなんだ。一人が一人が考えないと良い会社はできない。となると自分がもっと良い会社になるためにはどうしたらいいのかを考える。誰かを批判したり誰かと敵対したりそんなことをやっていても良い会社はできない。みんなが幸せに仕事ができる会社とはなんだ。昨日、大河ドラマなおとらを見て思った。徳川家康が井伊なおとらの [続きを読む]
  • no.452 仕事について
  • 帰りの車の中で仕事について考えてみた。全く興味のない分野の仕事をしてるが一生懸命に働くとそれはそれで面白い。全く興味のない分野に少し興味が湧いてくる。たまにはめんどくさいって思うけど基本的に楽しんでやってると思う。うちの会社は60年経ってるけど、ベンチャー企業だ。成長と失敗のトライ&エラーがたくさんある。まさに日進月歩だ。毎日できないことが増え毎日できることが増える。毎日失敗することが増 [続きを読む]
  • no.450 ぼーっと1日がすぎた。
  • 1日 暇な時ってぼーっと時間がすぎる。やりたいことがあってもいつの間にか夕方になっている。ある程度忙しい時って合間時間でやりたいことがサクサク進むことがよくある。膨大に時間があると何も進まないことがよくある。やりたくないことをやると(仕事とか、やなきゃいけないこととか、めんどくさいこととか)やりたいことに火がつく。そんな感じの1日でした。おしまい [続きを読む]
  • 自我と無我②no.449
  • ここ数日、新人さんと専務の喧嘩がよく勃発する。笑それはまじで無意味な争いだな、隣で感じている。まさに自我VS自我だ。自分が正しい VS 自分が正しいこの争いはどこまで行っても勝敗がつかない。それぞれの正義がそこにあるから。 [続きを読む]
  • 自我と無我no.448
  • 自我と無我仕事の中でも生活の中でも自我が出るとうまくいかないことがあるような気がしてきた。自我が出ると相手も自我で答える自我 対 自我 はまじで良いことがない。なぜならその戦いには終わりがないから。納得もしない。なぜなら自分が自分のために、をお互いが繰り広げる。それを横目でなるべく無我状態に、、、と気構えてる時点で自分も自我になっているだろう。結局は何も考えずその目の前のことに取 [続きを読む]
  • いつの間にか自我満載。no.447
  • いつの間にか自分が中心にいて相手のことを相手の気持ちに全く寄れていない時がある。そういうときはだいたいうまくいかない。先輩に後輩に社長にお客にとって良いこととって優しいことそういう「こと」を提案していきたいしそういう「こと」を考えていきたい。その前提に自分にとって良いこととって優しいことから始まる。と書いたら相手にとって良いこと優しいことは周り回って自分にとっても同じようになる。って [続きを読む]
  • まず目についた物から始める。no.446
  • 何かの課題が見えたときそのためにする行動って最初はめちゃくちゃ小さいかもしれない。でも、その小さい何かを取り組むない限りはその先は見えないかもしれない。部屋が汚すぎてどこから片付けていいか分からない。そんなとき、まず一番最初に目についた物から片付ける。片付ける場所が分からないから片付ける場所を作る為に片付けるそれを片付けるために、また片付ける。そうやって1時間たってようやく最初に目につ [続きを読む]
  • 対人関係って本当に大事。no.445
  • 働く、暮らす、遊ぶ、生きる。色んな場面で色んな「人」との関係がある。好きな人とならうまく関係を作る嫌いな人ととはうまく関係を作れない好きでも嫌いでもうまくいっててもうまくいってなくてもどちらであっても関係は続く嫌いであってもうまくいかなくても関係は続くのだ。関係は続くということが「前提」に持てるかどうかで次の行動がおのずと見えてくる。 [続きを読む]
  • 日々の暮らしの中に一工夫を。no.444
  • 静岡に来て織物屋で働き初めて同棲生活が始まって生活の中に一定のリズム感が生まれてきた。生活の中にルーティンが生まれてきた。そのルーティンに一工夫を加えていくと日々の生活が少し楽しくなる。いや、ちょっと楽しめる。同じ道を帰るのに飽きたら違う道で帰ってみる。ちょっとした発見が楽しい。そんな感覚。それを暮らしの中でやってみる。この数ヶ月で小さな変化がたくさんある。週一で農業 [続きを読む]
  • 織物屋で働き初めて⑦「人も会社も一長一短」no.443
  • どんな会社もどんない人も一長一短だな、とつくづく思う。1つの事象に対して物の見方はたくさんある。もっというと良い事も悪い事も表裏一体している。だから良いも悪いもなくてただそう在るだけなんだよなぁ。良いか悪いかなんて自分で勝手に決めてしまえばいいだけで他と比較もできないしそんなの決めたところで特に価値はない。結局周り回って自分がどう感じるか自分がどう生きるかま、そんなことも関係な [続きを読む]
  • 織物屋で働き初めて⑥「良い会社にしたい」no.442
  • 今日、社長に噛み付いてしまいました。伝えることって難しいですね。でも、良い会社にしていきたい、ただそれだけなんですけどね。良い会社にして働き続けたい、と思える会社にしたい。今はまだまだそれが出来ていない。システムの問題もある。でも、一番は自分がまだ使えないことだ。でも、だからってすぐに使えるようになるわけでもない。今の自分ができることはなんだ提案できることはなんだ伝えられることはなんだ [続きを読む]
  • 織物屋で働き初めて⑤「お客様=神様?」no.441
  • 分からないんだけどお客様=神様みたいな感じがする。当たり前なのかもだけど本当にそうなのか?お客様あっての商売だと思う。それは事実。でも、お客様が欲しいモノ・コトを提供するのが仕事。ってことは欲しいお客様と与えるお店があって成り立つ。お互いは対等でなくてはならない。いや、ならない、というよりは長くは続かない。お客様=神様なんだけどお客様→神様お店→お客様にとっての神様結局は人と人とのつな [続きを読む]
  • 織物屋で働き初めて④「好きなことを仕事に?」no.440
  • 前職の仕事は好きな仕事でした。最初は食えてなかったけど(あー、辛かった。笑)でも、好きなことを仕事にしていました。今はあえて全く好きでもなんでもないことを仕事にしています。でも毎日が楽しいです。そんな日々を送っていて思うことがあってそれは好きなことを仕事にするんじゃなくて今の仕事を好きなることのが大事なのかも。って。ま、自分の「好きなこと」がわかってる人はさっさとそれを仕事にした方が [続きを読む]
  • 織物屋で働き初めて③「働く上で大事なこと」no.439
  • 転職活動を終え、新たな職場で働き初めて1ヶ月が経つ。前回の職業が設立から働いていたこともありある仕事をこなすことではなくない仕事をどう作るかそんな働き方だったと思う。今の職場は仕事が山のようにあるのだ。山のある仕事というのはそれもそれで大変だ。笑少しずつわかってきたのは1日でやりきらない大事さ、というものがある。山のように仕事があったとしてもどこかのタイミングで打ち切ること。1日で山 [続きを読む]
  • 織物屋で働き初めて②no.438
  • 働き初めて2週間が経とうとしています。静岡県に移住して3ヶ月。転職をして思うことは職場というコミュニティってのはすでにだいぶ絆の強いコミュニティだなって感じます。だって2週間前まで赤の他人だったのに今ではお友達になっている。お知り合いかな。笑移住して3ヶ月なかなか友達が作れなかったけどこの2週間で一気に信頼関係を築けるのかぁ!って感じ。そんでこの前、世界青年の船のコミュニティで70歳の方と出 [続きを読む]
  • 織物屋で働き初めて①no.437
  • 織物屋で働き初めて1週間が経ちました。27歳全くの異業種への取り組みですがやはり苦戦しております。新卒の1年目の子達にめっちゃ教わっています。新卒と言えど繊維の大学に行っていたので僕よりも数倍はこの業界に詳しい。当たり前に使う業界用語に全く付いていけない。頭の中がフル稼働で1日の後半になると何も入らなくなる。。。笑でも、面白いのは1日1日少しずつではあるけども出来ることが増えていく、という [続きを読む]
  • 絶賛転職活動中その③。no.436
  • 昨日の続きwww.wakudokidoki.comお互い言いたいことは言い合えたような気がする。お互い言いたいことは言い合えたから「納得感」が生まれたゆう訳ではないだろうけどお互いがお互いの価値観の譲歩、共有、受諾みたいなものができたような気がする。お互いの価値観の受入ができると納得感はないが、事を進めて良いような、そんな気がした。それでいいのだ。今すぐに「納得」や「理解」をする必要はないのだ、きっと。今は [続きを読む]
  • 絶賛就職活動中その2。no.435
  • www.wakudokidoki.com絶賛就職活動中なのです。色んな人に相談をしてるのですが、本当に難しい。結局何が一番難しいかって「自分が」「一人で」決めることではなく「パートナー」と「納得感」を持って決めるということだ。今までなら自分さえよければあとは何でもよかった。リスクヘッジ、選択基準、給料、環境。全部、自分で決めてもその責任をとるのは自分だからである。それってすごい簡単だったなぁと今になって感 [続きを読む]
  • 絶賛就職活動中。no.434
  • きっと、次の就職先が決まります。でも、ちょっと自分の中で「何か」があるので、ここで書きながら、それを整理してみます。まず、「自分の想い」から自分の想いってのは本当にテキトーだな、ってつくづく感じています。なぜなら、結構ぶれぶれで。次の仕事を選ぶ・決める 上で前提に思っていることが1つ。それは置かれた場所で生きる、ということ。結局、どんな仕事になったとしてもその場で一生懸命に仕事をすることが [続きを読む]
  • ガンジーの自立の思想no.433
  • 機械とは機械とは人間の営みを便利にしてくれるものである。と同時に人間の営みをなくしてしまうものである。誰のための機械なのか。その機械で便利になってどうしたいのか。はて、そこまで生きて、どうするというのだ。おしまい。 [続きを読む]