現役教師が小学生の子どもに送るハッピー黒板 さん プロフィール

  •  
現役教師が小学生の子どもに送るハッピー黒板さん: 現役教師が小学生の子どもに送るハッピー黒板
ハンドル名現役教師が小学生の子どもに送るハッピー黒板 さん
ブログタイトル現役教師が小学生の子どもに送るハッピー黒板
ブログURLhttp://www.nino2no.com
サイト紹介文世界一周、講演家、塾経営。その後教師になり電子書籍化も決定した小学4年生に毎日かいている黒板です☆
自由文毎日学校でかいている黒板を子どもやお母さん、先生方にむけて書いているブログです☆

毎日朝子ども達が登校した時にプラスのシャワーが浴びられるように。黒板にメッセージを残したのが始まりでした。

それを毎日書いているうちに、子ども達がみるみる変わって行った。

いつの間にか講演、書籍化の依頼も。
その黒板とメッセージを残しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/08/29 06:10

現役教師が小学生の子どもに送るハッピー黒板 さんのブログ記事

  • ただただ子供の凄さに感動した話〜人を思いやる気持ち〜
  • 日々子供と接していると子供の行動や子供の成長に涙が出るほど感動することがあります。また、子供の行動から学ばせてもらえることがあります。今日は、私が感動し、学ばせてもらった子供たちの行動をお伝えします。この日、4時間目の図工では絵の具を使った授業を行っていました。一人5枚もの画用紙に様々な道具を使って色々な技法で色を塗っていくという授業。たくさんのパ [続きを読む]
  • 思いやりで世界を回せ!〜係活動0を目指して〜
  • 私は、よく子供達に「ハッピー」「思いやり」「ワクワク」など、結構曖昧な言葉を使います。学級ルールを作る際も「ルールはみんなを縛るものではない思いやりが形となったのがルールだ」と言っています。www.nino2no.comそして、今回は本気で私が目指している環境を子供達に伝えました。それが学級の係の仕事を全て無くす突拍子もないことのように思いますが結構本気でそれが [続きを読む]
  • やりたいことを見つけるための具体的方法を5つ紹介します。
  • 前回の記事の続きです。まずは、こちらの記事をご覧いただいてから読んでほしいと思います。前回の記事はこちらを ↓www.nino2no.com今回は、「やりたいことを見つけるための具体的な方法」を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。①「少し」やりたいこと、経験したいことを書く自分のやりたいことがわからない人が、いきなり大好きなことを見つけるのは難しいと思います。しかし必ずどんな [続きを読む]
  • 目の前の「できること」に全力を出すために必要な考え方。
  • 「自分の目標が見つからない」「今、何をやるべきなのか分からない」と思い悩んでいる人は少なくないと思います。特に中高生や大学生に多い悩みかと思います。ハッピー黒板のLINE@にも同じような悩みを相談していただける方がたくさんあります。やりたいことが見つかればもっと毎日充実するのにやりたいことが見つかれば苦しい部活なんてやめて、そっちに集中するのに逆に部活動が苦しいから「本当にやりたいこと [続きを読む]
  • 「問題解決」よりも「寄り添う」ことが大切。
  • 私のクラスで取り組んでいることがあります。それが、「ニノ先生お悩み、質問ボックス」少し前までは、ただの段ボールの箱だったものが子供たちの愛情と楽しむパワーで素敵なボックスに生まれ変わりました。 実は、去年もその前も以前も同じような子どもたちの悩みを解決するためのボックスを設置していました。 やり方も同じです。専用の用紙に悩み、疑問、知りたいことなどを書いて投函すると私が数日以内に返信を書いて [続きを読む]
  • 先生や保護者は、「学校や部活の価値」を子供に伝えられているのか
  • 私のLINE@はお母さん、先生や中高生の方からよくメッセージをいただけます。その中で、「部活が辛くて辞めたいんですがどうしたらいいでしょうか?」という質問がとても多いです。以下にその部活に関する考えを書いたブログがあるのでよかったら覗いてください。www.nino2no.com第2位は「学校ってなんで行くの?」という質問です。それについて、以前書いたブログはこちらです。www.nino2no.com〜〜〜〜〜〜 [続きを読む]
  • 今日のハッピー黒板は真っ白な「本当にハッピーな黒板」だった
  • この日黒板はこのように真っ白な黒板でした。実はこの日、クラスのある子のお別れ会が行われる日でした。大切なクラスの仲間がこのクラスからお別れする。そう聞いたとき、子供たちの中で本気の火が灯りました。離れてしまう友達のために、最後「このクラスで本当によかった!!」と思ってもらえるようなサプライズ会をしたい。そんな思いが子供たちから湧き上がって子供たちが口々にこう言ってきました。「 [続きを読む]
  • 自分の行動に自信を持つために大切な考え方〜神は細部に宿る〜
  • この黒板を書いたとき運動会の練習を一通り教えた時でした。その時に、この言葉を子供達に伝えました。「神は細部に宿る」誰が言ったかは諸説あるようです。意味も諸説あるようですが『素晴らしい芸術作品や良い仕事は細かいところをきちんと仕上げており、こだわったディテールこそが作品の本質を決定する。何ごとも細部まで心を込めて行わなければならない』という意味だと捉えています。私は「本質は細部にこそ現れる [続きを読む]
  • ちっちゃなちっちゃな一歩を踏み出せるかどうかで人生は決まる
  • 夜12時近く。そろそろ寝ようかなーと思って布団に入る。その時に、ふと子どもとの約束を思い出した。昨日は、前赴任していた学校の子どもから手紙が来ていて、その手紙の返信をすること。ちょうどその時レターセットのストックが切れていて。でも、家の近くのTSUTAYAは25時までやっていて、そこにレターセットは売っている。心の中では「明日でええやん。明日も早いし」って声が聞こえる。でも「約束した手紙を待 [続きを読む]
  • ブログ内の「2万リーチ以上」の記事を集めてみました!!
  • いつもブログを見ていただきありがとうございます! 実は、私のブログは、facebookから飛んできていただく方が一番多いのです。 今、facebookページのいいね!は11530人フォローしていただいている方は12000人を超えてました。本当にありがとうございます!今回はLINE@に登録していただいている方のご要望により記事を書かせていただいています。それは「記事が多すぎて、過去の記事を探しても自分の欲しい情報 [続きを読む]
  • 理想の状態に近づくための「As If(アズ イフ)」の法則
  • 皆さんは、なりたい自分像というはのありますか。「あの人のようになりたい」「もっと勉強できるようになりたい!」「もっとお金を稼げるようになりたい」「もっと楽しく暮らしたい」・・・人それぞれ「なりたい自分」というものを持っていると思います。今回は、なりたい自分に一歩近づくための方法を、紹介したい思います。実は、この黒板はその理想の状態に近づくための方法の一つ「As If」の法則を使っています。As If [続きを読む]
  • やってみることの大切さ
  • 自分が「こんなことしてみたいな」と思うことを「お金がないから」「時間がないから」「自信がないから」と理由でやる前から諦めていませんか?そんなことが少しでもあった方に向けて書かせていただきました。以前、ブログで人によって利き手が違うように、人が物事を認識するために使う五感の中でも、人によって”利き感覚”があるという話をしました。その診断をしたい方はこちらから↓www.nino2no.com大きく分 [続きを読む]
  • 子供に教わった「仕事の本質」
  • 子供は私にいろんなことを教えてくれます。子供は自分の師匠だとさえ思います。子供の素直さ、子供心。私たち大人が忘れてしまったことを思い出させてくれるのが目の前の子供です。今回は、ある子供に「仕事の本質」を教えてもらった気がするのでシェアさせていただきます。子供から教わった「仕事の本質」は与えられたものではなく「自ら楽しんでやることクラスには「係活動」というものがあります。これはい [続きを読む]
  • 思い通りにならないことが多いあなたに贈るブログ
  • 人は生きていると必ずストレスがかかります。なぜストレスとは何か。簡単に言えば「自分の思い通りにならないことと理想のギャップに悩むこと」ではないでしょうか?自分の理想(思い通り)と現実とのギャップがストレスを生み出しているのだと思います。例えば、子供が自分の理想通り勉強して、手伝いしてくれて、いつも優しいならイライラすることはないと思います。しかし、現実は違う。勉強しなくて、ゲームば [続きを読む]
  • 勉強でもクラスをハッピーにするのも「守破離」の法則がある。
  • 皆さんは「守破離の法則」というものを知っていますか?花道、茶道、柔道・・・それ以外にも勉強やクラスをハッピーにする方法も守破離の法則が役に立つことがあります。簡単に説明しますと「守」:師匠やお手本を見つけて「型」を身につけ、「マネる」段階。「破」:いままで身につけた「型」をいったん破り、応用に入る段階。「離」:完全に自分のやり方を生み出す段階。ということです。ある講演家の人はそれ [続きを読む]