博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ さん プロフィール

  •  
博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログさん: 博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ
ハンドル名博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ さん
ブログタイトル博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mapfan01
サイト紹介文博多湾に面した福岡市を拠点に、仕事にプライベートに活動する日々を綴ります。趣味の吉田初三郎話や郷土の
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/08/30 06:35

博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ さんのブログ記事

  • 実感ドドド!@福岡9/14天神特集(9/15朝再放送)
  • 9月14日(金)夜に放送されたNHK福岡「実感ドドド!@福岡(19:30〜20:00)」を、ご縁あって企画からお手伝い(台本監修・資料提供等)させていただきました。今回のテーマは九州一の繁華街「天神」。私の収集資料や文献、NHKさん所蔵の「懐かしい天神の映像」とともに天神の今、そして未来を見つめる内容の第1弾です。下の写真は昭和13年頃の天神交差点の絵葉書なんですが、これを見せながら打ち合わせしていたところ、同じ頃の [続きを読む]
  • 元西鉄ライオンズ田辺義三さんの訃報
  • 9月12日(水)夕刻、お世話になっている埼玉西武ライオンズのKさんから電話をいただき、元西鉄ライオンズ田辺義三さんの訃報を伺いました。今年は2月に高倉照幸さんが亡くなり、訃報続きです。プロ野球史上初の高卒新人捕手の日本選手権出場など捕手・外野手として活躍した田辺さん、稲尾和久さんや畑隆幸さんらと同期の昭和31年入団でした。(上の写真2枚は2011年9月4日、ライオンズクラシック最終戦前のトークショーにて。)私 [続きを読む]
  • 郷里の偉人・小今井潤治翁を学ぶ(資料入手)
  • 先日、大阪商船などを作った豊前宇島の豪商・小今井潤治翁の銅像建設記念の写真帖(大正6年)を入手。お盆前の8月12日に実家に帰省した折、豊前市教校にある小今井翁の銅像にお参りしました。翁生誕200年記念で制作された歴史漫画本も入手。現在の銅像は、戦時中に金属回収で供出された銅像に代わって、戦後に再建されたものだそうです。・豊前学歴史シリーズ「積善と陰徳に生きた傑商 乗桂・小今井潤治翁」小倉藩が唯一発行を認め [続きを読む]
  • 「九州鉄道発祥地」記念碑、移設された場所は初代駅の外?
  • 少しだけ気になることを1つ。きれいに整備された出来町公園ですが、「九州鉄道発祥地」記念碑は現在のJR博多駅に近い公園南端に移設されてます。手持ちの昭和5年の「博多駅」空撮写真に、碑がある場所を赤い丸で入れてみました。手前(写真下)が現在の博多駅に近い南側です。Googleマップをみると記念碑の場所は整備前のまま。以前の位置なら問題なかったと思うのですが、土地区画整理事業の報告書をはじめ、古い博多部の地図な [続きを読む]
  • 山崎伸子さんの写真展「博多祇園山笠〜西流」が素晴らしい!
  • 8月14日から始まった山崎伸子さんの写真展「博多祇園山笠〜西流」に初日午後伺いました。大判のモノクロ写真が大迫力で迫り、まるで山笠の男衆がその場にいるような臨場感。14年にわたり西流だけを撮影してきた女性カメラマン。被写体を理解しよく考えられた展示構成、女性ならではの視点も含めて、山笠の魅力がぎゅっと凝縮された素晴らしい内容です。ご指名いただき、私も推薦文を寄稿させていただきました(撮影仲間、博多総鎮 [続きを読む]
  • 花巻温泉のお土産「はなまめ」新パッケージは初三郎鳥瞰図!
  • お盆前、花巻温泉さんのお土産商品「はなまめ」新パッケージ&商品見本が届きました!今年初めから相談を受けていたもので、吉田初三郎の戦前の作品「花巻温泉鳥瞰図」の素晴らしい再活用事例、ぜひ息の長いお土産になって欲しいです。さっそく初三郎のご遺族にもお知らせしたいと思います。今年は初三郎のご遺族や研究者、お世話になった方が次々に亡くなられショック続きです。お元気な方もご高齢なので、ご支援いただき研究して [続きを読む]
  • 帰省途中の筑豊ラーメン山小屋
  • 今年のお盆は休みが取れず、12日に豊前の実家まで日帰りマイカー帰省しました。博多への帰路、筑豊ラーメン山小屋に立ち寄って話題の「小峠らーめん」食べてみました。創業店が道路拡幅で立退いて、新店舗が近くの道の駅香春に開店したんですね。前職時代に博多へ転勤する前、若い頃はよく山小屋本店に通ったので私的には懐かしい味でした。旧街道の朝倉橋や鏡山神社の銅鳥居は、道路拡幅後もそのまま遺るようでひと安心です。帰省 [続きを読む]
  • だざいふ遊園地の夏休み企画&記念電車
  • 今春、60周年記念フォトグラフの企画編纂を担当させていただいただざいふ遊園地ですが、ご縁いただき秋の特別展のお手伝いをさせていただき、毎週現地で打ち合わせが続いています。夏休み中は小さなお子さん連れ向けの企画「ハワイ風遊園地」が開催中で、酷暑の折でも園内の水系アトラクションはけっこう賑わってます。ちなみに、天神大牟田線では「ハワイ風遊園地」を記念したヘッドマーク搭載&ミニラッピングの「だざいふ遊園地 [続きを読む]
  • 真夏の筥崎宮蚤の市「風の市場」
  • 8月11日(土・祝)早朝、夜明けと共に始まる西日本最大規模の骨董市「風の市場〜筥崎宮蚤の市」を覗きました。朝から多くの人で賑わってましたが、8時過ぎには汗が止まらないほどの暑さに。馴染みの古物商さんのお店で、阿蘇や日奈久など熊本県内の戦前の温泉地絵葉書を見つけました。箱崎宮前駅出口そば、西鉄バス停前にはタモリさんも懐かしんだ(ブラタモリ#18)福岡市内線の溝付きレールが、バス専用道路標識柱として今も再活 [続きを読む]
  • 如意輪寺(通称カエル寺)の風鈴に癒されて
  • 7月19日午後、日田へ向かう前に小郡市の如意輪寺(通称カエル寺)に立ち寄りました。「風鈴まつり」の時期に如意輪寺を訪れたことが無かったので、一度観てみたかった訳です。境内いっぱいに無数の風鈴が飾られていました。この季節はさすがにカエルの置物より風鈴の存在感が素晴らしいですね。緑いっぱいの境内全体のいたるところ、風が吹くたびに風鈴が鳴り響きます。ここから少し南は先日の豪雨被害で浸水被害に遭ったエリアに [続きを読む]
  • 豪雨被害中止から2年ぶり開催、19日夜の日田祇園山鉾集団顔見世
  • 7月19日は16時過ぎに気温37度超の日田豆田町に入りました。7月21日・22日は日田祇園祭、この日は8基の山鉾が日田駅前に揃っての第30回山鉾集団顔見世。昨年は豪雨水害で中止だったので、世界遺産登録後初となる催しです。昨秋、日本丸館さんで吉田初三郎展を開催させていただき、豆田町の皆さんに会場へ足を運んでいただいたご縁からの日田祇園初体験。豆田上町・下町の新調したばかりの山鉾の出発を見届け、日本丸館さんのお隣「 [続きを読む]
  • シーサイドももちの花火
  • 7月18日夜、シーサイドももち花火ファンタジアを、ちょっと離れた西公園下(海洋スポーツ協会そば)のお気に入りの場所から観覧。ここ、車は駐車禁止ですが徒歩やチャリで来たご近所の方がけっこうたくさん観てました。私も当然ながらチャリでココへ。カメラは設定だけして固定、あとはリモコン操作で花火観ながらの撮影。ココからはマリノアシティの観覧車に掛かる花火の構図です。福岡タワーも左に見えますが、今日はうす雲が掛 [続きを読む]
  • 博多祇園山笠2018「追い山」七番山笠・中洲流の櫛田入り
  • 7月15日早朝、博多祇園山笠「追い山」七番山笠・中洲流の櫛田入り。明るくなった清道旗廻りのカットでは、拡大するとKBC「走れ!山笠」ゲストさっしーの表情もよくわかります(笑)。タイムは37秒78。来年は1949(昭和24)年に中洲流が山笠に初参加して満70年の節目ですね。櫛田神社・博多祇園山笠振興会が発行する博多の公式「博多カレンダー」の委員に任命いただき11年。西流は五十周年史の編纂まで担当させていただいたご縁で今 [続きを読む]
  • 博多祇園山笠2018「追い山」六番山笠・東流の櫛田入り
  • 7月15日早朝、博多祇園山笠「追い山」六番山笠・東流の櫛田入り。タイムはさすがの30秒69、今回も最速であることはムダのない清道旗の廻り方を見てもわかりますね。過去の記録をみると、昭和30年以降の追い山櫛田入りタイムで20秒台は昭和35年の土居流のみ(驚異の27秒2)。30秒台を出したのはわずか7回。その半分以上は近年の東流なんですね。東流は30秒台を2004年、2009年、2012年、2014年、2017年そして今年、なんと5回も記録 [続きを読む]
  • 博多祇園山笠2018「追い山」五番山笠・大黒流の櫛田入り
  • 7月15日早朝、博多祇園山笠「追い山」五番山笠・大黒流の櫛田入り。タイムは34秒24。見送りの撮影時、太鼓台や審判席が入った構図を意識してズーム。櫛田神社・博多祇園山笠振興会が発行する博多の公式「博多カレンダー」の委員に任命いただき11年。西流は五十周年史の編纂まで担当させていただいたご縁で今年も全行事を記録撮影。時間のゆるす限り、可能な範囲で他流の行事も撮影させてもらってます。ブログ等に公開している写 [続きを読む]
  • 博多祇園山笠2018「追い山」四番山笠・土居流の櫛田入り
  • 7月15日早朝、博多祇園山笠「追い山」四番山笠・土居流の櫛田入り。この時間帯ならでは、動く舁き山にピントを合わせての流し撮り。綺麗に撮れたときの満足感は格別です。清道旗に向かって各方向からスポットライトが当たっているので、ライトの当たり具合に加えて、台上がりしている三人の動き&表情がきちんと見える一瞬を捉えるのに毎回試行錯誤します。タイムは35秒72。櫛田神社・博多祇園山笠振興会が発行する博多の公式「博 [続きを読む]
  • 博多祇園山笠2018「追い山」三番山笠・恵比須流の櫛田入り
  • 7月15日早朝、博多祇園山笠「追い山」三番山笠・恵比須流の櫛田入り。三番山の時間になると空もだいぶ明るくなって撮影も少し楽になります。タイムは33秒77。櫛田神社・博多祇園山笠振興会が発行する博多の公式「博多カレンダー」の委員に任命いただき11年。西流は五十周年史の編纂まで担当させていただいたご縁で今年も全行事を記録撮影。時間のゆるす限り、可能な範囲で他流の行事も撮影させてもらってます。ブログ等に公開して [続きを読む]
  • 博多祇園山笠2018「追い山」二番山笠・千代流の櫛田入り
  • 7月15日早朝、博多祇園山笠「追い山」二番山笠・千代流の櫛田入り。綺麗に清道旗を廻り、タイムは31秒22。来年の一番山に向けて好タイムですね。というか、千代流は1948(昭和23)年に大津流として初参加してから今年で満70年だったんですね。「博多祇園山笠史談」を読み返して気づきました。櫛田神社・博多祇園山笠振興会が発行する博多の公式「博多カレンダー」の委員に任命いただき11年。西流は五十周年史の編纂まで担当させて [続きを読む]
  • 博多祇園山笠2018「追い山」一番山笠・西流の櫛田入り
  • 7月15日早朝、博多祇園山笠「追い山」一番山笠・西流の櫛田入り奉納を、博多総鎮守・櫛田神社の清道旗廻り・能舞台を見通す定位置にて撮影しました。西流については、山小屋の舁き出しから山列入り、当番町櫛田神社参拝、手打ち等の行程も追跡撮影した後に清道桟敷席の定位置へ。清道旗を廻る舁き山と男衆越しに、能舞台の宮司を写します。一番山だけに与えられた博多祝い唄のため、能舞台に向かっていったん山を留めます。静まり [続きを読む]