MINA さん プロフィール

  •  
MINAさん: KIZUNA T
ハンドル名MINA さん
ブログタイトルKIZUNA T
ブログURLhttp://kizunatvxq2.blog.fc2.com/
サイト紹介文ミンホ ホミン 妄想 R18 含みます!リアルからパロまで♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/08/30 20:00

MINA さんのブログ記事

  • 一途な恋 9
  • R18苦手な方は読まないでください★はぁはぁと息がまだ整わないうちにまさか...と思う「ひょん......っぁ」後ろに手が回ってきたんださすがの僕も寝ぼけてた頭が覚醒する恐怖で「や、やだっ」僕の声は届いているはずなのにこわばった体は拒絶を示しているのにユノヒョンは強引に進めてくるつぷっと…「や、めてっ」逃げたいのにありえない場所に指を受け入れて前を握りこまれさらに擦られてしまえば抵抗の力なんか入るわけがないん [続きを読む]
  • 一途な恋 7
  • そういえば、今何時かな「え....?」時計に目をやって固まった「ヒョン」「ん?」お酒で顔が赤くなってる。かわいい・・・じゃなくて「あの.....」時計を指さしたもしかして最初から泊まるつもりで気にしてなかったとか・・・?だって、もう終電がとっくにない時間「え・・・?」その表情はまったく予想してなかったって顔だ「うわ!ごめん!!帰るな!?」慌てて帰ろうとするユノヒョンを引き留めた「チャンミン?」「どうやって [続きを読む]
  • 一途な恋 6
  • 次の日会社ではお互いに部署が違うからそうそう顔を合わせないたまにコーヒーを買いに来るとあったりもするけど「ね、今日もダメなの?」「ああ、今日も用事あるんだ。ごめんな?」女性に腕をとられながら歩くユノヒョンとすれ違った「じゃあその次は?会いたいの」「こうしてあってるだろ?」どう考えてもお誘い受けているユノヒョン今までは気にならなかったけど…気になる…外で会うのかな…いや、僕は関係ないよね…スマホの使 [続きを読む]
  • 一途な恋 5
  • おしゃれなBARに連れてこられたカップルも多くて雰囲気がいいさすが…モテる男はお店選びが違うな…適当に注文してくれてつまみを食べながら設定を始めたでもあまり広げるわけにもいかない…それに時間も遅いし「今日は電話とトークが出来ればいいですよね?」「うん。今度俺んちきて設定してくれる?」「ええ、そのほうがいいですね」連絡先とかの設定は買ったときに移行できたし問題ないだろう「わからない事あったら聞きたい [続きを読む]
  • 一途な恋 4
  • 「チャンミンスマホいつ買い換えたの?」仕事終わってユノヒョンと一緒に家電のお店へスマホを見にきた「ちょうど二年前ですね」僕もそろそろ新しいのが欲しいなぁとは思っていたけど壊れてないから買い換えるのもなぁと思っていたんだけど...「僕も変えちゃおうかなぁ...」こうして新機種が並んでいると欲しくなるなぁ「じゃあお揃いにしようよ!」「なんでですか」恋人じゃあるまいしせめて親友とかならわかるけど僕たちはさほど [続きを読む]
  • 一途な恋 3
  • 「ユノヒョン...ケチャップ」服に飛ばすなんて小学生か...しかも....「何してくれますか!!」僕に飛ばすとか!!もう!!会社のイメージと全然違うんだけど「ごめん!買うから!」「今日は来客もないし良いですよ」「そうもいかないだろう!先帰っててチャンミン」「え!?ヒョン!?」あ...行っちゃった.........。まあいいや...はぁ...もうすぐ昼休み終わりだし戻るかな...会計済ませようとしたらもう支払われてた急いでたのに [続きを読む]
  • 一途な恋 2
  • 会社行くの憂鬱きっと、色々言われてるんだろうなぁ「おはよう」「おはようチャンミン」「...おはようございます」あれ?みんなの雰囲気はいつも通りだ.......言わないでいてくれたんだ?よ...よかったぁ!と思ったのもつかの間「チャンミン昼食話があるから一緒にな」後ろからユノヒョンが現れた「...はい」ああ!!何を言われるんだろう!!笑い者にされるのは嫌だなぁ目立ちたくないしひっそり過ごしたいのに...お昼、ユノヒョ [続きを読む]
  • 一途な恋 1
  • ホミン、パロです^^★「今度のこのゲームでいくらつぎ込んだ?」「聞くそれ?」「気になるし」「今回は俺がリーダーだから仕方ないだろ?」「で?何万?」「......10万?」「まじか!!さすが!!」今回は僕がリーダーだからねそう、リーダーだから!仕方ないんだ「チャンミン会社の人に誘われたりするだろ?」「うん。でもここにいるほうが楽しい」「女の子にももてるだろ?彼女とかいいの?」「好きな時に好きなようにゲームした [続きを読む]
  • 夢の七日間 34
  • 家に帰ると今度は知らない人が玄関で座り込んでいたこっちに振り返った瞬間誰かわかった「ドンへっ」あの日、腕に絡みついてた人この人が僕を口説くって....言ったってことだよね?「お前なんでだよ!?ここに来んなって言ったろうが」「ユノ!」そう言いながらも抱きついてくるドンへさんを抱きとめるユノさん「だって、あの電話どう言うこと!?留守電にあとはお前一人で充分って!一緒に大会出てくれないの!?」「俺はもうやら [続きを読む]
  • 夢の七日間 33
  • 「もういいです。帰ってください。キュヒョン入ろう」ユノさんを置いてキュヒョンの部屋に入ろうとした「わかった!!話すよ!話すから........行くなよ......っ」ユノさん.......怖いいざ、聞くとなると「......同僚といつも会ってた」会社の人ではあるんだね「それで?」「やましいようなことは何もない」「いつも朝方帰ってきて、スーツにファブリーズ、シャワーして下着を洗濯するのは?」「全部...知ってたのか」「.......... [続きを読む]
  • 夢の七日間 32
  • 週末が開けて仕事へスマホの電源入れなきゃって思うけど...怖いいなくなった僕を怒ってるかな心配してる?それとも気にも留めないで僕がいないから彼と会ってる?家に.....よんでたりして....?そこまで考えて怖くなってやっぱりスマホは鞄の奥底へ沈めたキュヒョンと二人で出社して仕事を終えてキュヒョンにまたお願いした泊めて欲しいとキュヒョンは何も言わずOkしてくれたキュヒョンの家に帰ったら....「な、なんでっ」なぜかキ [続きを読む]
  • 夢の七日間 31
  • 「チャンミン?大丈夫?なあ、飲みすぎだって」今日はどうしても帰りたくないとキュヒョンの家に泊めてもらっただから、わからなくなるまで飲みたかったんだもう.....あの家には帰れない引っ越した時は幸せだったのに...毎日ユノさんと抱き合ってご飯食べて行ってらっしゃいってキスしあって手を繋いでスーパ行って恋人役で終わってる方が幸せだったのかもしれないこんな風に構えてない時に終わりを迎えるくらいなら「な、もうお酒 [続きを読む]
  • 夢の七日間 30
  • え.........ユノさん.....、金曜の会社帰り今日はキュヒョンが用事で遅くなるからあとで合流しようって話になって僕はフラフラ歩いて駅に向かっていたんだけど......同じ駅を使ってるんだこんなこともあるよね勝手に女性と会ってると思い込んでいたんだけどユノさんの腕には男性が腕を絡ませていたかっこいいのに可愛いらしい男性僕より背が低く愛嬌のある感じ男性は全身でユノさんが好きって言ってる幸せそうに見つめて自分のもの [続きを読む]
  • 夢の七日間 29
  • 次の週も遅くなるからそう言われた誰に......会ってるの?やっぱり...浮気なの?聞く勇気はない失いたくないんだユノさんを誰かと共有なんて嫌だけど失うのはもっと嫌だだけどそれもまだまだ続く数回そんなことを繰り返したころ共有しててもいいなんて思ったけど心が悲鳴を上げ始めたやっぱり浮気だよね。毎日するエッチも木曜の夜と土曜はしなくなったんだ他の人と.......するから僕はいらないの..?どうしても気になって僕も金曜 [続きを読む]
  • 夢の七日間 28
  • 「どういうことだよ」「いや、あの」実は親に話しに言ったら素敵な人じゃないのって言われて祝福までされてしまったんだ拍子抜けだったんだけど問題は..「チャンミンが男が好きなことがわからないと思った?あなたのオンマなのよ?」そう言われたこと感動してる場合じゃなかった泣いてる場合でもなかったその場は感動してオンマに抱きしめられたんだけど..今帰りの車の中が大変「男が好きって?」そうだったんだまずそれを言ってな [続きを読む]
  • 夢の七日間 27
  • 「え!?インフル!?今!?」「ええ..」どうやらユノさんはいなくなった僕を探したくとも接点がカフェしかないから毎日仕事終わりに閉店までいたんだとか「もう会えないかと思った.....」「このまま会えなかったらどうするつもりだったんですか?」「写真撮ったから、片っ端から聞こうかなと思ってたとこ」え、それは...その前に会えてよかった.....。片っ端からとかこの辺歩けなくなる...恥ずかしい...「あ、あの...腰で抱かなく [続きを読む]
  • 夢の七日間 26
  • 「チャンミン意外に、他の人と一緒のところなんか考えなかった」「....?」今は..ってこと?「ずっと、今の関係が続くと思ってた」「....恋人役は終わりって言いました」ユノさんだって「役は終わるけど、今の関係は変わると思わなかたんだよ」「なんでそうなるんですか?」「チャンミン のことは恋人役だったけど、特別だったから」え...?どういう意味?「恋人役は、あいつにとってだろ?」まあ..そうだけど「俺には、何よりも大 [続きを読む]
  • 夢の七日間 25
  • 「お前誰だよ」え...?ユノさんの怒った声僕の腕を強く掴み抱き込んでキュヒョンに向かってそう言っているキュヒョンはあっけにとられているそりゃそうだいきなり何が起きたかわからないよね...っていうか僕も意味不明なんで怒ってるの?怒ってる顔......すごいかっこいい.....。それに久しぶりのスーツ...髪もセットされてて素敵///「え!?あ、ちょっ」見ほれてるうちにユノさんは僕の腕を掴み引きずって外へ「キュヒョン!ごめ [続きを読む]
  • 夢の七日間 24
  • なんとか仕事はしたんだけど...昨日朝方まで激しくした後でゆっくりしたと言っても身体は限界だったのかな...毎日だったし...嬉しくて身体がきつくても受け入れてたし...帰ったら、39度の熱だったオンマに会いに行くって話だったけど...スマホを見たらもう1週間泊まってくるわなんてメール良かった心配かけたくなかったから3日寝込んでも熱が下がらず仕方なく病院へなんとか行くと季節外れのインフルだとか...薬はもう効かないし散 [続きを読む]
  • 夢の七日間 23
  • ユノさんは今朝会議があるからと早く出た。そう書き置きがあった。昨日時間を聞いていなかったせいでこんなに早く出ると思わず僕は知らずに寝ていた昨日激しくしたせいで起きれなかったんだけど...目が覚めれば、脱ぎ散らかしたユノさんの服.........。最後だし..寝ていたTシャツを掴んで匂いかいじゃった///ユノさんの匂い///ま、まずいこれ以上嗅いだらシたくなっちゃう///畳んでベッドへベッドサイドにペットボトルの水空っぽの [続きを読む]
  • 夢の七日間 22
  • R18苦手な方は読まないでください^^★花火は終わってないのにユノさんに引っ張られて帰ってきてしまっただって....求められたら嬉しいんだ「チャンミンっ」いつものように焦らすのではなくすぐにベッドへ連れていかれて潤滑油がわりのローションを手早くつけてすぐに後ろを解された「ごめん....余裕ないや」そんなユノさんに僕もドキドキして.....早く、と強請ってしまいそうでも今日は強請らなくともすぐに奥まで貫かれた初めての [続きを読む]
  • 夢の七日間 21
  • もう.........今日で連休最後......。連休中、ずっとユノさんと過ごした本当の恋人のように外に出たのはスーパーくらい他の時間はほぼ、身体を繋げてた最後の今日.....ユノさんをめいいっぱい感じたいどこにもいかないで今までのようにそう思ってたけどユノさんは違ったみたいだ「チャンミン!今日は花火大会があるんだって!!行こう!!」そういえば、ここの近くに大きな花火大会があるってスーパー行くときに張り出されてた最後 [続きを読む]
  • 夢の七日間 20
  • R18苦手な方は読まないでね★あんな風に抱き合ってからそれ以前に甘さを増した「チャンミン」「こら、今ご飯作ってます」「こっちが先がいい」なんて、キッチンで脱がされちゃう「や、やだっ」「こっちは嫌がってないよ?」「ぁ...んっ」流し台に手をついてないと腰が砕けそう...エプロンの下で脱がされてズボンも下着も足元僕の反応したそれはエプロンに擦れる後ろはユノさんが指でぐちゃぐちゃにかき回す「だ、だめ...ごはん... [続きを読む]
  • 夢の七日間 19
  • R18苦手な方は読まないでね★自分から言ったそれはそうなんだけど...!「ん.......ゆの.....さん、っぁ......ね....ぇ」すでにあんな大きななものを受け入れたそこはすぐにでも入るのに...さっきが大変だったからと念入りに指で解されている「まだ..優しく、だろ?」これじゃあたまらない...逆に辛いのにっ僕のいいところを見つけたことで僕が感じすぎちゃうんだ「やらしい...チャンミン、すげぇ...後ろを弄ってるだけで前からも溢 [続きを読む]
  • 夢の七日間 18
  • 「......ミン」「.......ンミン」「チャンミン!!」何度も僕を呼ぶ声.....「チャンミン!」その声が、大好きなユノの声だとわかって僕は目を開けた「チャンミン....」心配そうな顔「ユノ...さん」「チャンミン...ごめん、手加減もなく...求めちゃって」今にも泣きそうだ「大丈夫ですよ.....ただ、喉が乾きました」「今持ってくるから!」ドタバタと足音をさせて冷蔵庫からペットボトルを持ってきて僕を起こしてくれる「ありがとう [続きを読む]