前村よしあき さん プロフィール

  •  
前村よしあきさん: MaemuLab.log|人と仕事を見直し、自然を感じ生きよう
ハンドル名前村よしあき さん
ブログタイトルMaemuLab.log|人と仕事を見直し、自然を感じ生きよう
ブログURLhttp://blog.mysyaroushi.com
サイト紹介文鹿児島の社会保険労務士、前村よしあきのブログ。独自の情報提供が中心。 山歩き等のWLBも実践中。
自由文「人と仕事を見直し、自然を感じ生きよう」をテーマに、情報提供+草の根ブロガー?として更新しています。タイトルは、「前村の研究ブログ、 そして社労士・前村ひと・しごと研究所のブログ」という両方の意味・・・。
各種のトピックを独自にまとめて発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/08/30 19:29

前村よしあき さんのブログ記事

  • 違いを出すこだわり「共感・全員参加の人中心、人を活かす経営」
  • 前回に続き、私自身が掲げる「共感・全員参加の人中心、人を活かす経営」の話題を・・・より具体的に、前回記事を踏まえて「言葉のこだわり」についてまとめてみます。「共感・全員参加」、そして「人中心」そもそも、勝手に掲げた私の方針に興味を持つ人は限られるでしょう・・・しかし、あえてやや観念的な表現を解説することでブレがないか検証してみます。さて、まず「共感・全員参加」からあらためて見て行きます。それぞれは [続きを読む]
  • 「共感・全員参加の人中心、人を活かす経営」の背景には?
  • 今回は、私自身が目指すところとして掲げているタイトルのことについて取りあげます。あらためてこの背景を検証しつつ、現状の社労士の仕事上でどう生かすかについてまとめてみます。そもそもの発想の元になった経営者像基本的に個人行動が好きな私が組織の有り様に興味を持ったのは、20代始めぐらいでした。たしか、社会人になる前にホンダ創業者である本田宗一郎氏について読んだことがきっかけですね…。そこに書かれていた本田 [続きを読む]
  • 最低賃金が改定されたら気をつけたいポイント
  • 10月は全国的に都道府県最低賃金額(地域別最賃)が改定される時期です。特にパートやアルバイト(時間給)で働く方には影響が大きい最低賃金について、気をつけたいポイントをまとめます。最低賃金の全国ランクとは?最低賃金は「最低賃金法」で定められ、国で大枠を決めてから地域ごとに決定する仕組みになっています。当然、決定はほぼ同じ時期になり、その上げ幅も大枠に沿ったものになりますね…。(今回はいわゆる「地域別最 [続きを読む]
  • 今まで避けてきたものをやってみたらどう感じるか?
  • 長らく避けているものがあるとしたら、逆にそれに向き合うのも一つの考えです。文字通りの意味で、ここ数年私自身が実際に取り組んできたことを含めてまとめます。今まで避けてきた理由は「何となく」?そもそも避けているものですから、それが嫌いか、苦手などが理由になるでしょう。しかし、あらためて冷静に考えると「何となく・・・」ということもあるものです…。自分自身を振り返る方法として、「苦手なものの中に、何らかの [続きを読む]
  • 対人関係を改善するために最初に心がけること
  • 日常生活や仕事をする上では、常に対人関係の問題がつきまとうものです。そうであれば、パワハラ!になる前に改善するのも結局自分のため。そんな時に心がけたいことをまとめます。どうしたら相手を変えられるかと考える前に…対人関係ですから当然相手は人です。ごく近い間柄から浅い関係?まで幅広くはなります。その中で問題となり、また日常的な悩みやストレスになるのは、前者の関係がほとんど…。そんな状況では、たいていは [続きを読む]
  • 社労士の手続業務で気をつけたい3つの鬼門?
  • 労働社会保険制度は複雑なため、実務上で間違いやすい点が多いものです。そのための社労士である一方、社労士にとっても「鬼門」となる複雑な手続についてまとめます。複雑な制度設計であることを知る労働社会保険手続は、社会保険や雇用保険などをはじめとする労務管理の中心と言えます。社会保険労務士は企業等から依頼を受け、そうした業務に日常的にあたっています。実際のところ「労務管理」と言ってもイメージがわかないはず [続きを読む]
  • 「自分メディア」をかんたんに作る3つの方法
  • 現在はフリーランス的にビジネス活動をする個人がだんだんと増えています。私自身もそうですが、そうした個人がいわゆる「自分メディア」を持つ方法をまとめます。ブログの新しいカタチに…「自分メディア」とは?「自分メディア」という表現を知ったのはおそらくこの本のタイトルからです。「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記posted with amazlet at 17.08.30ちきりん文藝春秋売り上げランキング: 10,398A [続きを読む]
  • 県外客を案内したい鹿児島市内5つのスポット
  • ここ数年、仕事関係でお呼びした県外客を観光等でもてなす機会が増えています。ほとんどが市内観光で、そうしたややフォーマル寄りの案内に向いた鹿児島市のスポットをまとめます。県外客の鹿児島観光をお供するというケースあまり意識しないで行っているものとして、県外客の観光案内があります。旧友が来鹿したとか、仕事絡みの出張で来られた方をもてなすとかも多いのではないでしょうか。私自身は過去それほどなかったものの、 [続きを読む]
  • ラジオ初出演!鹿児島で山歩きを始めたい人に向けて話したこと
  • 8月7日の地元FM局の放送で、人生初のラジオ出演をしました。本日11日の「山の日」を前に、初心者向けの山歩きについて話した内容のまとめです。初めてラジオに出ることができた理由とは?前回の記事でもお知らせしたとおり、人生初!のラジオ出演(スタジオ)となりました。依頼された経緯は、まさにこのブログをお読みいただき直接コンタクトいただいたのです。今回出たのは、フレンズFM(正式名:鹿児島シティエフエム)のパ [続きを読む]
  • 10年目に考えるブログを続けるための3つの柱
  • 毎年8月5日は、ブログを開始した日として過去に節目的な記事を書いてきました。1日過ぎましたが、ブログ通算10年目に考える継続する工夫について自分なりにまとめます。10年目を目前にブログからの出会いが・・!?8月に入り、実は久しぶりにブログを通じてある出会い(※後述します)がありました。約5年程前に今のワードプレスに移行してから基本的に自粛?していたので、ここ1年ぐらいの投稿の成果かもしれません・・。移行前の [続きを読む]
  • 神社仏閣巡り遠征・2017「東京・鎌倉」編
  • 普段から自然を感じ、癒しの時間を持てる神社巡りはおススメです。数年前からプチ趣味?となっている神社(たまに仏閣)巡りですが、東京出張の際、東京・鎌倉の有名スポットを巡った様子をまとめます。神社仏閣巡りの遠征をしてみたら…?久しぶりの東京出張に際し、できればしたいと思ったのが実は神社仏閣巡りでした。個人的には過去の在京時はそれほど興味はなく、有名スポットでさえ未訪だったのです・・。今、私の住む鹿児島 [続きを読む]
  • 「言葉の力」を信じて発信を続けること
  • 普段は当たり前に聴いたり使ったりしている様々な「言葉」。ブログを始め、言葉を話したり発信することについて最近あらためて思ったことをまとめます。人を動かし、影響を与える「言葉」これまでの人生の中で、心が動いたり、影響を受けた言葉は誰しもあると思います。私自身も少なからずそうした言葉のおかげで救われたり、方向性を決めたことも多いです。今の仕事である社労士に関しても、当然ながら様々な「言葉」の影響を受け [続きを読む]
  • 高齢者の雇用保険加入で気をつけたい3つのこと
  • 年度更新も大詰めですが、雇用保険では高年齢者の保険料免除の部分がやや複雑です。特に節目の満65歳到達が基準とならず、独特の区切りをするため間違いやすいのです。そんな要注意な高年齢者の雇用保険まわりについてまとめます。法改正後の雇用保険料免除は当面継続に「高年齢者」とは厚生労働省が定義した、雇用関係の法令上で高齢者を表す呼び方です。まずは、気になる法改正後の高年齢者から給与控除する保険料について簡単に [続きを読む]
  • 姶良市の中心、加治木の街で訪れたいスポット。
  • 地理的に鹿児島市から国分(霧島市)に向かう途中に位置するのが、旧姶良町と加治木町でした。現在は蒲生町を加えて合併し姶良市となったのですが、中でも代表的な街の加治木についてまとめます。古くから姶良郡の中心地だった加治木とは?加治木の歴史を引いてみると、戦国時代の加治木氏、後に島津氏の分家の領地として栄えたようです。近代以降も国の出先や役所などが多く所在しており、旧姶良郡の中心地にもなっていました。私 [続きを読む]
  • 労働保険加入を事務組合を通じてするメリット
  • 労災保険と雇用保険をまとめた労働保険は、いわば国が運営する事業主加入の強制保険制度…。毎年の年度更新(申告)時期となったこのタイミングで、「事務組合」を通じて加入するメリットについてまとめます。労働保険事務組合とは?まずは、この時期なので事務組合の年度更新について概略から。(※一般加入の事業所は、まさに6月中にスタートし、申告書類が労働局より直接送付されます。)正式には『労働保険事務組合』は資格で [続きを読む]
  • 眺望とミヤマキリシマの高千穂峰登山(2017初夏)
  • 先週末、初夏の霧島・高千穂峰(たかちほのみね)に業界の仲間で登ってきました。一昨年以来の「きつい」高千穂河原コースでしたが、今年ならではのダブル見どころを含めてこの山の魅力をまとめます。高千穂峰に登るならこのシーズン?私の前回の高千穂峰登山は、2015年初夏で同シーズンでした。ブログ上でも、その「キツさ」と絶景の魅力についてそれぞれ記事にしたところです。昔の記憶はいい加減…?久しぶりの高千穂峰登山 [続きを読む]
  • 眺望とミヤマキリシマの高千穂峰登山(2017初夏)
  • 先週末、初夏の霧島・高千穂峰(たかちほのみね)に業界の仲間で登ってきました。一昨年以来の「きつい」高千穂河原コースでしたが、今年ならではのダブル見どころを含めてこの山の魅力をまとめます。高千穂峰に登るならこのシーズン?私の前回の高千穂峰登山は、2015年初夏で同シーズンでした。ブログ上でも、その「キツさ」と絶景の魅力についてそれぞれ記事にしたところです。昔の記憶はいい加減…?久しぶりの高千穂峰登山 [続きを読む]
  • 参加型の研修、ワークショップのカタチまとめ
  • 最近は直接タッチする機会は減りましたが、参加型研修やワークショップの話題を……私自身もともと苦手でしたが、こうしたカタチのセミナー等に参加するようになってから変わった部分も多いです…。ワークショップという新鮮なカタチとの出会い私がいわゆるワークショップを初体験したのは、確か臨床心理学の先生のセミナーが最初でした。その頃から、参加型の研修だったり、ワークショップ手法に興味を持ち出したと記憶しています [続きを読む]
  • ワードプレスのテーマ選びで気をつけたい3つのポイント
  • ワードプレスでブログを独自運営することは、当ブログの中でも推奨してきています。その大きな理由である自由さの象徴の「テーマ」選びについて、初心者向けにまとめます。簡単にデザインが選べる「テーマ」機能ワードプレスでのブログの利点は多いですが、テーマ機能は初心者にメリットが大きなものの一つです。管理画面(記事編集や各種設定用)から、ワンタッチ感覚でテーマ変更できるのです…。インストール時から標準のテーマ [続きを読む]
  • ドライブルートとしての霧島高原(鹿児島編)
  • 鹿児島を代表する観光地の霧島ですが、南九州ドライブの定番でもあります。日頃、温泉や山歩きで多用している霧島の道路ですが、個人的な視点も交えてまとめます。丸尾交差点付近で拡幅・架橋された路上より霧島へ車でアクセスする場合例えば、私の住む鹿児島市内から霧島方面への車でのアクセスは1時間強になります。ここでの「霧島」とは霧島市というより、観光地としての霧島温泉や霧島山一帯を指します・・。ホテルや温泉宿等 [続きを読む]
  • 人事労務の「パラダイム・チェンジ」に気づくこと
  • 2015年頃を境にパラダイム・シフト(チェンジ)が起こるという、ある未来予測がありました。実際に2017年現在、その表れと思うことが顕在化しています。仕事とする人事労務分野で感じることをまとめます。人吉駅内の復元された人吉機関庫最近の人事労務の流れを見てみると…まず、パラダイムシフト(英: paradigm shift)とは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしく [続きを読む]
  • とっておき?のドライブロード(日置広域農道編)
  • 大型連休は終わったとはいえ、季節的にはドライブに良いシーズンが続きます。ドライブも道路ひとつで印象が変わりますが、広域農道と言われるドライブロードについてまとめます。区間で一番の下りヘアピンコーナー?山間部を縫うように走るいわゆる広域農道とは?唐突に始めた感のあるドライブロード紹介ですが、近場の日置広域農道は以前から気になるところでした。今回取りあげる区間もかなり前からできており、若かりし頃?から [続きを読む]
  • 八重山高原(鹿児島)の見どころピックアップ
  • 鹿児島市郊外にある八重山高原は、一般には入来峠近くの山と言った方が分かりやすいでしょう。市内から気軽に行ける自然ウオッチングのスポットとして、最近見た状況をもとにまとめます…。牧場付近から北を望む。真ん中には鹿も・・・国道328号線入来峠近く、八重山高原とは?鹿児島市小山田から始まる国道328号線は、鹿児島市境と出水市までを結ぶ主要な道路です。このルートで最初の山越えは入来峠ですが、周辺の代表的な山であ [続きを読む]
  • プチ田舎暮しとは?自然と近いメリット・デメリット
  • 「プチ田舎暮し」は勝手な造語ですが、ここではイメージとしての表現をしています。自らの体験をもとに、自然に近い場所に住むメリット・デメリットという点を中心にまとめます。郡山中央橋の上より(修正あり)地方に移住する流れの方向は?ちょっと前から、一部の有名ブロガーや文化人等の間で田舎への移住が流行っていると感じます。以前からその兆候はありましたが、より本格的に取り上げられるようになったイメージです。一つ [続きを読む]