ぐーぐー さん プロフィール

  •  
ぐーぐーさん: BLUE  MAZE
ハンドル名ぐーぐー さん
ブログタイトルBLUE MAZE
ブログURLhttp://bluelovelyroom.blog.fc2.com/
サイト紹介文CNくん…ミニョクくんをメインで、びーえる風味な妄想中〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供351回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/09/01 07:47

ぐーぐー さんのブログ記事

  • Journey
  • よんみにょ-------------------------------------------------------------生まれ育った国とも、何度も行き来してひとときを過ごした国とも、ライブイベントで何回も訪れた国々ともちがう。石畳の続く道を行き交う人の多くは僕とは肌の色も骨格も違う。言葉もままならない国だけど、僕を知っている人はいなくて無遠慮なカメラに追い回されることもない。本当はヨンファひょんと来たかったけれど。今度は一緒にいこうなって言って [続きを読む]
  • 鳥籠
  • 暗いお話で(^^;誰だろ?→ミニョクさん-------------------------------------------------------------閉じ込めたなんて、人聞きが悪い。別に鉄格子の中や地下室に押し込めた訳じゃない。鎖で繋ぎ止めた訳じゃない。ただちょっと。ほんのちょっと。心の弱いところをついただけ。だって、そうでもしないと彼の所に行ってしまうだろ。そんなの、許せない。「彼に知られてもいいの?」あられもない姿を納めた小さな機械をちらつかせ [続きを読む]
  • 休憩
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------自分にはできんと思い込んどるところもあったけど、1曲、形にしてやりたかった。消極的ながら、そもそも真面目な性格やし、作業に入ってからはもう呆れるくらい集中していた。でも思うように進まないことで、かなり思い詰めているようだ。あんまり根を詰めるんも良くない。適当なところで休憩も取らせたかったが、頑固なミニョクは広げたままのノート [続きを読む]
  • with me
  • 昨日の裏側のまんねず-------------------------------------------------------------眠りが浅かったのかもしれない。ベッドがぎしりときしんだことで目が覚めた。咄嗟にジョンシンの服を掴んでしまったのは、本当にほとんど無意識で。あっと思ったけど離せない。「ん?どした?」振り返ったジョンシンに答えることも、手を離すこともできない。どうしてとか、どうしたとか聞かれても、僕自身、きちんと説明することなんてできな [続きを読む]
  • with you
  • まんねず-------------------------------------------------------------喉が渇いた。水でも取りに行くかとベッドから出ようとしたけれど、スウェットをぐいっと引っ張られた。振り返ると、いつのまに目を覚ましていのか、ミニョクが俺を見上げていた。その手が俺のスウェットを握っている。「ん?どした?」聞いてみたところで答は戻ってこない。拗ねたような目線とかち合うだけだ。「水、とってくるだけだよ」ミニョクのこめか [続きを読む]
  • morning rain
  • よんみにょで、おちゃにごし-------------------------------------------------------------雨?起き抜けのぼんやりした頭で捉えたのは、カーテン越しにも聴こえてきている雨の音だった。ーー俺が雨男だから初めてヨンファひょんと一緒に外で泊まった時、目を覚ましたら雨が降っていた。ーー6月生まれだからな僕も6月生まれだけど別に雨男じゃないよ、とは言えなかったけど。あの日もベッドの中で雨の音を聴いていた。あの日は [続きを読む]
  • 勲章
  • ぽーくすーぷ……ごめん、ばー兄さん-------------------------------------------------------------俺の可愛いミニョクは、俺の愛撫に可愛い声をあげて啼いて。さんざん啼いて、その後はこんな風に可愛らしく抱きついてくる。「ひょん…」「ん?」ふたりして裸のまま、まったりと過ごすベッドの上で俺の胸にぺたりと頬をあてじっとしていたミニョクがふいっと顔をあげた。柔らかい髪の毛が俺の頬をくすぐる。「あのさ…」俺の可 [続きを読む]
  • 彼とファッションと
  • なんじゃこりゃ〜な、ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------「ファッション関係のイベント?」思わず確認してしまった。「おお」って、ひょんは涼しい顔をして言う。「え?本当に?ファンタジスタとかじゃなくて?」って、それでも違和感あるけど。ファッションって言われるよりは現実味があるような気がする。「ちゃうわ」「本当に?」ひょんの眉間に皺がよるけれど、やっぱり確認せずには [続きを読む]
  • 僕だけの宝物
  • よんみにょ-------------------------------------------------------------今の時代、僕らの周りには情報が溢れている。おかげで。なんだかんだとヨンファひょんの様子も伝え聞くことができている。元気で頑張っている様子は会えないでいる毎日人見知りするのに大丈夫かな?とか。よいっぱりなのに、しかも直前まで留守中のあれこれの為にいつにもまして夜型になっていたのに、大丈夫かな?とか。こちらの心配はまったくの余計な [続きを読む]
  • He knows…
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------ひょん、煙草を吸ったのかな?喉によくないのに。合わさった唇から伝わる香りに、そんなことを考えていられたのはわずかな間だけで。徐々に深くなるキスに思考を奪われてしまって、意識が朦朧とし始めた時。腹の辺りに触れた手に、思わずびくりとしてしまった。Tシャツの裾からゆるやかに侵入してきた手のひらに肌を撫でられて、身体中をぞくりとした [続きを読む]
  • くらめ、まんねず-------------------------------------------------------------キスされる…咄嗟にぎゅっと目を閉じてしまった僕が、柔らかな体温を感じたのは唇にではなくって、額に、だった。慌てて目を開くと、優しくて温かくて、そして。少し淋しげな瞳が…僕よりほんの少し高いところから僕を見下ろしていた。「ジョ…」「ばーか」とんっと、ついさっきジョンシンの唇で触れただろう僕の額を指で軽くついて、それから僕の [続きを読む]
  • Calm Down
  • おちゃにごし、ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------なんだか些細なことに苛立った僕の心はささくれだっていて、どうにも可愛くない態度をとったのに。ひょんは怒りもしないで、ぽんぽんっと自分の座っている隣を叩いた。促されるまま腰をおろして、そのまま、よっかかった。僕らの回りにあるのは、静かに流れる音楽と、ひょんが本のページを繰る音だけだ。苛立ちがしゅるしゅると萎んでゆ [続きを読む]
  • 僕にはわからないけど
  • まんねず-------------------------------------------------------------「ミニョ〜」「うざい…」ぎゅっと抱き締められた腕の中は、居心地がいいけど息苦しい。少し距離を取りたいところだけど、ジョンシンの長い腕は僕をしっかりと抱え込んでいて、思うようにいかない。精一杯の抗議の声なんてジョンシンんは聞いちゃいなくって。「可愛いな〜」構わずにぎゅうぎゅう抱き締めてくる。「うざい…」「まったく、もう〜口が悪いん [続きを読む]
  • 大人の味
  • 宿舎時代の、ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------寝付けれん…こういう時にはビールや。缶ビールのプルトップを開けると、プシュっと小気味のいい音がした。ええ音や。ひんやりと冷えた缶に口をつけて口内に取り込むと、少しの苦味と炭酸の刺激が心地よく喉を通ってゆく。それがまた、ええ感じや。「また飲んでるの?」深夜の、誰もいないはずのキッチンで後ろから声をかけられた。チッ… [続きを読む]
  • sleeping kids
  • 宿舎。同室時代のまんねず-------------------------------------------------------------さあ寝るぞ〜って。明日はオフだし寝坊するぞ〜って。アラームもかけずに、目が覚めた時に起きる形式なって。それぞれのベッドに入って、電気を消して。…。……。………。「ミニョク」「ジョンシナ」ふたりの声が重なった。「…いい?」暗いなかから、伺うようにミニョクの声が聞こえてくる。「おいで」布団の端を持ち上げて待っててやる [続きを読む]
  • いまさら
  • 宿舎時代のよんみにょ-------------------------------------------------------------ひとりきりのリビングで洗濯物を畳む。最初は面倒でしかなかったけど、すっかり慣れてきたこの頃では案外と嫌いじゃない時間だ。取り入れたばかりの洗濯物はほわほわしていて気持ちがいいし。この単調な作業って、なんていうか、無心になれる。「ひとりか?」頭の中を空っぽにして男4人分の洗濯物と向き合っている時に、不意に聞こえた声に顔 [続きを読む]
  • やめないで…
  • 昨日の裏側のぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------呼吸すらできなくなるくらいの瞬間がもたらした絶頂感に、頭が真っ白になった。一瞬だったような気もするし、すごく長い時間だったような気もするし。大きく息を吐き出して目を開くと、そこにヒョニひょんの顔があった。ああ、本当に綺麗だな…髪が乱れていて。髭ものびていて。自分を飾ることなんて何もしていなくって。なのに、この人は [続きを読む]
  • このまま…
  • おとな、ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------一瞬、意識をとばしたせいか。ぼんやりとした、いまいち焦点の定まらない目で俺を見上げる。大人しいながら、そのくせ意志強くて頑固ないつもの光は影を潜めていて。乱れたシーツの上に、力をなくした身体を投げ出して。紅潮した頬も。汗ばんだ肌も。まだ整わない呼吸も。どれもこれも、爽やかな優等生のミニョクしか知らないやつは知らないも [続きを読む]
  • エイプリルフール
  • なんか、ちょっと足したくなっちゃった、まんねず-------------------------------------------------------------〜JS〜「ばーか」って、どうしてそんな顔をすんだよ。俺のことをからかっただけなら、もっと憎たらしい顔をすればいいだろ。してやったりって、俺の顔をみて笑えばいいだろ。なんで、そんな泣きそうな顔をすんだよ。なんで、そんな切なそうな顔をすんだよ。適当に笑うの、おまえ、得意じゃんか。爽やかに笑ってみ [続きを読む]
  • えいぷりるふーる
  • まんねず-------------------------------------------------------------〜JS〜「ジョンシナ…」ミニョクが抱きついてきた。どうしたかと尋ねても、ううんと首をふりながらぎゅっと抱きついてくる。「ミニョク?」いつものようにすっと肩に腕をまわしてくるのとも違う。ふざけて抱きついてくるのとも違う。すがるように抱きついてくる。そのことにどきりとしてしまう。迷いながらも、おそるおそる。背中に手をまわしてぽんぽん [続きを読む]
  • in my …
  • 昨日の裏側のまんねずでおちゃにごし-------------------------------------------------------------ミニョクを腕の中に引き寄せた。振り払われたら気持ちが折れる。その隙を与えてしまわないように、勢いにまかせて肩を抱く。引き寄せた腕のなか。ふわりと香る匂い。俺の肌をくすぐる柔らかな肌。抱き寄せた瞬間にかすかにもらした小さな声。自分から引き寄せておいて動揺してしまったのに気付かれないように、はしゃいでみせて [続きを読む]
  • in his …
  • おちゃにごし、まんねず-------------------------------------------------------------ジョンシンの長い腕に捕まった。どきどきとうるさく騒ぐ僕の心臓のことなんて知りもしないで、僕の肩を引き寄せて、にこりと笑うんだ。おまえの腕のなか。近づいた香り。寄り添ったぬくもり。僕をくすぐる息づかい。震えそうになるのを悟られないように、無表情を装い、視線をはずす。「ミニョ〜笑えって」「うざい」言ってしまってから、自 [続きを読む]
  • 十三夜
  • よんみにょ-------------------------------------------------------------見上げると、満月に少し足りない月が僕を見下ろしていた。あの日と同じだ。あの時。僕はまだジョンシンと一部屋で寝起きをしていた頃。あの夜、見上げた月もこんな形をしていた。□□□□□□□□□□ふっと目が覚めた。すごくよく寝た気もするし、あまり眠れなかった気もするし。何時だろう。枕元の時計を手に手をのばしてみたけど、まだまだ深い夜のう [続きを読む]
  • 乱暴なスタイル
  • ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------出迎えてやったのに、ミニョクは俺の顔をみて…視線は俺の顔より少し上にあったけども…目をパチパチさせた。「なんや?」「あ…んっと…ずいぶんと乱暴な…」「あ?」ミニョクの訪問に気がついて、なあんっと甘えた声で出てきたルーにも視線を落として。「ふたりして…って、おまえは自分の意志じゃないか…」身体を屈めて、ルーに視線をあわせて、ル [続きを読む]
  • わかる理由
  • なんだろな←こればっか(^^;じょんしん→ぽーくすーぷ-------------------------------------------------------------ヒョニひょんがおそろしく優しい眼差しでミニョクの顔を見つめながら、ミニョクの頭をくしゃりと撫でて。ミニョクは控えめながらも、ほんのりと口元に笑みを浮かべてヒョニひょんの視線に応えている。「ひょん」「ん?」ミニョクが呼ぶ声に、ヒョニひょん一段と優しい顔をする。そんな二人をみて、ぼんやりと昔 [続きを読む]