しろくま さん プロフィール

  •  
しろくまさん: コンサート紀行
ハンドル名しろくま さん
ブログタイトルコンサート紀行
ブログURLhttp://shirokuma.photo/
サイト紹介文クラシック音楽と旅と写真
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/09/01 15:56

しろくま さんのブログ記事

  • 大森の「ル・ガリュウM」のパン屋さん
  • 9月10日(月)大森のジャーマン通りにあるケーキ屋さんの「ル・ガリュウM」がパン屋さんをオープンさせました。同じジャーマン通りの環七寄りに同じ名前のパン屋さんです。今日が開店日で、行ったらもう少ししかパンは残っていませんでした。買ったのが上の3点です、これからお昼が楽しくなります。開店の記念品が手帳で、手帳はフランス語で「カイエ」(買ぃえ〜)だそうですよ。(これはうちの物知り、ダジャレ好きの主人の独り [続きを読む]
  • 日本フィル 山田和樹のフランス的な演奏会
  • 9月7日(金)日本フィル第703回東京定期演奏会は、2018年/2019年スタートとして正指揮者の山田和樹指揮、フランス的な3人の作曲家の演奏です。 曲目プーランク/シンフォニエッタ三善晃/ピアノ協奏曲〜休憩〜デュカス/交響詩「魔法使いの弟子」(ストコフスキー版)デュティユー/交響曲第2番「ル・ドゥーブル」指揮/山田和樹ピアノ/萩原麻未コンサートマスター/扇谷泰朋ソロ・チェロ/菊地知也 フランシス・プーランク(1899− [続きを読む]
  • プロムス2018  オン・ザ・タウン
  • 8月25日は、バーンスタインの100回目の誕生日ということで、ロンドンのプロムス2018では、ミュージカルの「オン・ザ・タウン」を演奏しました。「オン・ザ・タウン」は、1944年のミュージカル作品で、「踊る大紐育」(踊る大ニューヨーク)としてミュージカル映画になりました。ニューヨークの波止場で3人の水兵さんが上陸許可の出ている24時間のうちに恋人を探し出すという物語。ロンドンProms 57ジョン・ウイルソン指揮 ロンド [続きを読む]
  • 蓼科大滝で涼む
  • 皆さま、残暑お見舞い申し上げます。今年は、7月初めから暑い日が続いていますが如何お過ごしでしょうか?8月20日〜21日霧ヶ峰、蓼科などをドライブし、蓼科大滝で涼んできました、デジブックにしましたのでご覧ください。「蓼科大滝」 [続きを読む]
  • 大井町で波乗り「スポル」
  • 8月18日(土)大井町駅前に、複合スポーツエンターテイメント施設誕生大井町駅近くに「スポル」が誕生したとの噂で散歩がてら行ってきました。「劇団四季」のテント小屋の近くに、サーフィン、ボルダリング、バスケットボール、サッカー、テニス、ソフトボールなどの施設ができています、今夏休みなので、子供達が夜になっても楽しそう!特にサーフィンができる人工波の施設があり、大人が監視する中、波乗りを楽しんでいる子供達 [続きを読む]
  • クヌルプ・ヒュッテの蝶
  • 8月のデジブックは、「クヌルプ・ヒュッテの蝶」です。2013年、今から5年前の写真。息子が新しいカメラで撮った写真を編集したもので、今や仕事が忙しく蝶どころではないのですが、それに今年の7月「クヌルプ・ヒュッテ」のご主人がお亡くなりになり追悼の意味を込めて。現在「クヌルプ・ヒュッテ」は、息子さんが継いでいて健在です。「クヌルプ・ヒュッテの蝶」 [続きを読む]
  • ミューザ 日フィル ラフマニノフ5番 反田恭平
  • 8月9日(木)フェスタサマーミューザ2018 音の風景〜北欧・ロシア巡り日本フィルハーモニー交響楽団 指揮は藤岡幸夫、ラフマニノフのピアノ協奏曲5番は反田恭平です。 セルゲイ・ラフマニノフ(1873−1943)の作品をよく知る人は「ピアノ協奏曲第5番」という演目を聞いて驚くでしょう。彼が生涯に残したピアノ協奏曲は4曲のはずで 「第5番」は、ウクライナ生まれの作曲家アレクサンダー・ヴァンベルグという人物がラフマニノ [続きを読む]
  • ミューザ 絶品フレンチⅡ サン=サーンス
  • 8月3日(金)フェスタサマーミューザ2018 絶品フレンチⅡは、サン=サーンス特集です。神奈川フィルハーモニー管弦楽団、指揮は川瀬賢太郎、ヴァイオリンソロは神尾真由子さん。サン=サーンス/歌劇「サムソンとデリラ」からバッカナールサン=サーンス/ヴァイオリン協奏曲第3番〜休憩〜サン=サーンス/交響曲第3番指揮/川瀬賢太郎ヴァイオリン/神尾真由子オルガン/大木麻里コンサートマスター/石田泰尚今、乗りに乗ってい [続きを読む]
  • アントニン・レイモンドの建物
  • 先日、名古屋に行って大学の同級生と話しているうちに?南山大学ってアントニン・レイモンドっていう有名な建築家が造ったものらしいよ??なるほど、私が南山大学を選んだのは、あの建物のあの雰囲気だったものね?それで調べてみると・・・聖パウロ協会   ペイネ美術館   イタリア大使館(日光) エリスマン邸(横浜)   聖心女子大学  カニングハム家(西麻布)  南山大学    軽井沢新スタジオ アントニン・ [続きを読む]
  • 宗次ホールでクァルテット・エクセルシオ
  • 7月28日(土)台風12号が接近している28日の朝、品川駅を出発して名古屋に向かいます。午後6:00から始まる宗次ホールでクァルエット・エクセルシオの演奏会を聴くためです。しかも、ベートーヴェンのラズモフスキー全曲演奏会。東京方面や京都方面からエクフレンズが大勢応援に駆けつけてくれる予定になっています。 ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第7番ヘ長調作品59−1〜休憩〜ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第8番ホ短調作品 [続きを読む]
  • ラ・ゾーナ川崎で雪氷(ソルビン)
  • 7月24日(火)ラ・ゾーナ川崎で、韓国の伝統菓子に斬新なアイデアを加えた雪氷(ソルビン)を食べて来ました。台湾にも美味しい氷があると聞きましたが、韓国も相当美味しい。ソルビン川崎 ラ・ゾーナ川崎2Fきな粉餅ソルビン  ミルク小豆ソルビン  チョコレートソルビンふわふわ氷にきな粉がまぶしてあって食感がいい感じ。いちご、抹茶、マンゴ、スイカ、メロンなどのソルビンもあって色々食べてみたくなる。今年は暑いので [続きを読む]
  • 二期会 オペラ「魔弾の射手」
  • 7月21日(土)極暑の都会からひんやり森林浴をして来たようなオペラ「魔弾の射手」を東京文化会館大ホールで聴いて来ました。ハンブルグ州立劇場との共同制作 指揮はアレホ・ペレス 演出はかの有名なペーター・コンヴィチュニーです。ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」オットカル侯爵/大沼徹クーノー/米谷毅彦アガーテ/嘉目真木子エンヒェン/冨平安希子カスバル/清水宏樹マックス/片寄純也隠者/金子宏キリアン/石崎秀和ザミ [続きを読む]
  • 西本智実 みなとみらいホールでラフマニノフ
  • 7月14日日本フィル第339回横浜定期演奏会は、西本智実さん指揮のラフマニノフ特集。7月になって、36度という暑い日が続いている日本列島、広島や岡山や愛媛の豪雨復旧活動は大変な様子ですね。今日、横浜は山下公園で花火大会があるらしく、浴衣を着た若い女性たちがみなとみらい線に乗り込んでいます。 ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調op.18〜休憩〜ラフマニノフ/交響曲第2番ホ短調op.27指揮:西本智美ピアノ:小林愛 [続きを読む]
  • 日本フィル・東京定期演奏会に美智子皇后陛下ご臨席
  • 7月6日(金)日本フィル第702回東京定期演奏会に、美智子皇后陛下がご臨席されました。今年還暦を迎えた広上淳一は、美智子皇后陛下の訪問を受けますます喜ばしい。J・S・バッハ/管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068尾高淳忠/交響曲「時の彼方へ」〜休憩(25分)〜J・S・バッハ/マニフィカト ニ長調BWV243指揮/広上淳一ソプラノ1/鈴木玲奈ソプラノ2/吉田和夏アルト/中山茉莉テノール/吉田浩之バリトン/浅井隆仁 [続きを読む]
  • 小林研一郎×ヴィルサラーゼ
  • 7月5日(木)読響 第580回定期演奏会は、ロシアのピアニズムを今に継承する世界的巨匠 エリソ・ヴィルサラーゼと炎の小林研一郎の組み合わせです。 ベートヴェン/ピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15〜休憩〜チャイコフスキー/マンフレット交響曲作品58指揮/小林研一郎ピアノ/エリソ・ヴィルサラーゼコンサートマスター/長原幸太エリソ・ヴィルサラーゼは、1942年生まれの75歳 ジョージア(旧グルジア)出身。20 [続きを読む]
  • クァルテット・ディ・クレモナ in  サルビアホール
  • 7月4日(水)サルビアホール 第98回クァルテット・シリーズは、2000年にクレモナで結成されたクァルテット・ディ・クレモナです。素敵な髭をたくわえたイタリア4人組で、日本音楽財団が所有する「パガニーニ・クァルテット」と呼ばれるストラディヴァリウス4挺を貸与されている。ウェーベルン/弦楽四重奏のための緩徐楽章モーツァルト/弦楽四重奏曲第19番ハ長調K465「不協和音」〜休憩〜プッチーニ/弦楽四重奏のための [続きを読む]