しろくま さん プロフィール

  •  
しろくまさん: コンサート紀行
ハンドル名しろくま さん
ブログタイトルコンサート紀行
ブログURLhttp://shirokuma.photo/
サイト紹介文クラシック音楽と旅と写真
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/09/01 15:56

しろくま さんのブログ記事

  • 東京二期会「こうもり」
  • 11月22日(水)日生劇場にての「こうもり」は、二期会創立65周年・財団設立40周年記念公演ベルリン・コミッシェ・オパーとの提携公演です。ヨハン・シュトラウスⅡ世/「こうもり」アイゼンシュタイン/小森輝彦ロザリンデ/澤畑恵美フランク/山下浩司オルロフスキー/青木エマアルフレード/糸賀修平ファルケ/宮本益光ブリント/大野光彦アデーレ/清野友香莉イーダ/秋津緑フロッシュ/イッセー尾形合唱/二期会合唱団 [続きを読む]
  • カンブルラン「アッシジの聖フランチェスコ」
  • 11月19日(日)メシアン 歌劇「アッシジの聖フランチェスコ」本番です。午後2時からの開演で、サントリーホール内はざわめいています。メシアン/歌劇「アッシジの聖フランチェスコ」(演奏会形式/全曲日本初演)指揮/シルヴァン・カンブルラン天使/エメーケ・バラート(ソプラノ)聖フランチェスコ/ヴァンサン・ル・テクシエ(バリトン)重い皮膚病を患う人/ペーター・ブロンダー(テノール)兄弟レオーネ/フィリップ・アデス [続きを読む]
  • インキネン・ブルックナー5番
  • 11月17日(金)日本フィル・第695回東京定期演奏会は、ラウタヴァーラ/In the Beginning (日本フィル共同委嘱作品/アジア初演) ブルックナー/交響曲第5番 指揮/ピエタリ・インキネン コンサートマスター/扇谷泰朋 フォアシュピーラー/齋藤政和 ソロ・チェロ/菊地知也ラウタヴァーラはフィンランドの作曲家、2015年に作曲されたIn the Beginningは7分ほどの短い曲で、聖書の「創世記」に描かれた世界の創造を思わ [続きを読む]
  • ヘンシェル・クァルテット
  • 11月10日(金)第86回 サルビアホール クァルテットシリーズ は昨年6月私たち30名の応援団もクァルテット・エクセルシオと行った、ゼーリゲンシュタット音楽祭の招待先であるヘンシェル・クァルテットです。モーツァルト/弦楽四重奏曲第19番ハ長調 K.465 「不協和音」 ウェーベルン/弦楽四重奏のための緩徐楽章 〜休憩〜 ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調作品131 ヘンシェル・クァルテットウェーベル [続きを読む]
  • テンペラ・クァルテット 
  • 11月1日(水)サルビア・ホール 第85回クァルテットシリーズは、フィンランドのテンペラ・クァルテットです。左から1Vn ラウラ・ヴィクマン、2Vn シルヴァ・コスケラ、Viola ティーラ・カンガス Cello ウッラ・ランペラ2017年で創立20周年を迎えるテンペラ弦楽四重奏団は、かわいい子供もつれての12年ぶり3度目の日本公演となる。今年は、フィンランド建国100年で、フィンランド大使館の後援にもなっている。 [続きを読む]
  • 日フィル・ラザレフ やはり凄い
  • 10月は21日と28日、ラザレフ・日本フィルの演奏会がありました。10月28日(金)  サントリーホール≪ラザレフが刻むロシアの魂SeasonⅣ≫グラズノフ3グラズノフ/交響曲第4番変ホ長調作品48 〜休憩〜 ショスタコーヴィチ/交響曲第1番へ短調作品10 指揮/アレクサンドル・ラザレフ コンサートマスター/木野雅之 フォアシュピーラー/九鬼明子 ソロ・チェロ/辻本玲グラズノフ(1865-1936)は1893年に交響曲 [続きを読む]
  • Q.エクセルシオ・弦楽四重奏の旅
  • 10月19日(木)クァルテット・エクセルシオの弦楽四重奏の旅、第5回目で「北の国から」がテーマです。サントリーホール ブルーローズにてディーリアス/弦楽四重奏曲第2番「去りゆくツバメ」 グリーグ/弦楽四重奏曲ト短調作品27 〜休憩〜 チャイコフスキー/弦楽四重奏曲第1番ニ長調作品11ディーリアス(1862-1934)は、イギリス生まれのドイツ人で、前半は旅の連続だった。今年没後110周年にあたるノルウェーの作曲 [続きを読む]
  • 鵠沼サロン フォンス・ムジケ
  • 10月10日(火)今日はバロック音楽、ストラスブール音楽院で教授を務めるリュートの今村泰典さんが中心のフォンス・ムジケモンテヴェルディ/主をほめたたえよメールラ/子守歌による宗教的カンツォネッタ「今や眠りの時」ボノンチーニ/チェロと通奏低音のためのソナタ イ短調ランベール/貴女のつれなさが日ごと Vos mesprisド・ヴィゼー/前奏曲とサラバンド「ラ・デュ・オー・メニル」ト長調ランベール/春の甘味な魅惑 Doux ch [続きを読む]
  • サルビアホール クァルテットシリーズ
  • サルビアホール クァルテットシリーズは9月から10月初めに連続して3回演奏されました。どれも注目のクァルテットばかりです。10月4日(水)サルビアホール 第84回 クァルテットシリーズクァルテット・ドビュッシー1990年フランスのオーケストラで活動するメンバーによって結成。’93年にはエヴィアン(現ボルドー)国際弦楽四重奏コンクールで大賞を得ました。ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏のための「エレジー」 [続きを読む]
  • 映画「日の名残り」原作 カズオ・イシグロ
  • 10月6日(金)ノーベル文学賞をもらった、カズオ・イシグロさんが原作の映画「日の名残り」(1993)をアマゾンプライムで観ました。監督:ジェームズ・アイヴォリー原作:カズオ・イシグロアンソニー・ホプキンスエマ・トンプソンヒュー・グラント日系の英国作家カズオ・イシグロのブッカー賞をもらった「THE REMAINS OF THE DAY」「日の名残り」をもとに「眺めのいい部屋」のジェームズ・アイヴォリー監督が、侯爵に忠実な [続きを読む]
  • 日本フィル 第330回横浜定期演奏会
  • 9月23日(土)シーズン始まりは、小林研一郎さんの名曲の数々です。メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲     〜休憩〜ドヴォルザーク/スラヴ舞曲第1番、第10番スメタナ/交響詩「モルダウ」チャイコフスキー/荘厳序曲「1812年」 指揮/小林研一郎 ヴァイオリン/木嶋真優 コンサートマスター/千葉清加 フォアシュピーラー/齋藤政和 ソロ・チェロ/辻本玲名曲をレクチャー付きで演奏をする、なのでマイク付き [続きを読む]
  • 渡辺玲子 ヴァイオリン・リサイタル
  • 9月19日(火)第365回 鵠沼サロンコンサートは、渡辺玲子さんのヴァイオリン・リサイタルフランスのフィガロ紙は渡辺玲子について「彼女は全曲を通じ、文句のつけようのないほど見事であり、その光あふれる音色と、一種言葉にできないような魅力が全曲を通じ、疑いをはさむ余地のない優美さに輝いていた」そしてワシントン・ポスト紙は、「身についた優美」と絶賛した。このように世界的に称賛されている渡辺玲子さんですが、収容 [続きを読む]
  • 広上淳一と京都市交響楽団
  • 9月18日(月)2014年度第46回サントリー音楽賞を受賞した広上淳一さんと京都市交響楽団の演奏会、もちろんサントリーホールです。京都で、2015年のスプリングコンサートのときに受賞のことを聴きましたが、広上京響を聴くために何度も京都へ足を運んだ私たちにもうれしい今回の東京凱旋公演です。武満徹/フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム 〜休憩〜 ラフマニノフ/交響曲第2番 管弦楽/京都市交響楽団 指 [続きを読む]
  • バッティストーニのヴェルディ「オテロ」
  • 9月10日(日)バッティストーニ指揮のヴェルディ「オテロ」演奏会形式 オーチャードホールにて昨年10月から東フィルの首席指揮者に就任したバッティストーニ、昨年は「イリス」を演奏会形式で上演し、今年は、「オテロ」です。ヴェルディ/歌劇「オテロ」(演奏会形式)管弦楽/東京フィルハーモニー交響楽団指揮/アンドレア・バッティストーニ映像演出/ライゾマティクスリサーチオテロ/フランチェスコ・アニーレデズデーモ [続きを読む]
  • 日フィル・第693回 東京定期演奏会
  • 9月8日(金)9月サントリーホールの改修後の日フィル演奏会は、首席指揮者の山田和樹さんブラッハー/パガニーニの主題による変奏曲石井眞木/遭遇Ⅱ番作品19(日本フィル・シリーズ第23作)〜休憩〜イベール/交響組曲「寄港地」ドビュッシー/交響詩「海」指揮/山田和樹雅楽/東京楽所(とうきょうがくそ)コンサートマスター/扇谷泰朋フォアシュピーラー/千葉清加ソロ・チェロ/菊地知也今回は「異なるものの出会い」としてエス [続きを読む]