青山ハナコ さん プロフィール

  •  
青山ハナコさん: ハナコの手紙
ハンドル名青山ハナコ さん
ブログタイトルハナコの手紙
ブログURLhttp://hanako365.com/
サイト紹介文毎日の手紙やメールに使える季節のあいさつや、結びの言葉を紹介しています。
自由文拝啓で始まる手紙が続かない、何を書いたらいいのかわからない、という方のために、自分らしく、かといってだらしなくならない大人の手紙やメールを公開。受け取る人が温かい気持ちになれる日々の言葉をつづります。

日々の暮らしや気持ちを豊かにする商品もご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/09/01 21:37

青山ハナコ さんのブログ記事

  • 梅雨明け待つ日の暑中お見舞い
  • 梅雨が明けそうな予報になってきました。晴れたら取りかかる予定の仕事もあり、ワクワクしています。ただ、こちらは曇天が続いていても、関東は連日猛暑のよう。少し早めの暑中見舞いを書きました。値上がりしたけど、久しぶりにハガキもいいなぁ… スポンサーリンク ハガキで送る暑中お見舞い分厚い雨雲の上には、くっきりとした青空が待っているようです。東京にはもう夏が来ましたか?気持ちと一緒に、気温もどんどん上がります [続きを読む]
  • 留守番ありがとう〜娘の小さな成長の記録〜
  • 良くも悪くも、私は娘2人をなかなか手元から離すことができず、誰かに預けることも、留守番させることもほとんどありませんでした。ただ、子どもたちが体調を崩して1日中家にいる時は、ほんの少し、留守番させることがありました。長女関しては、あまり私に執着しないタイプだったので「平気だろう」と思っていました。けれど体調が悪いとふいに寂しくなることもあったようで、私が広告の裏に書いた置き手紙をずっと捨てずに持って [続きを読む]
  • 星に願いを〜娘に贈る七夕の思い出2017年〜
  • わが家の娘2人はイベント好きですが、同時に飽き性です。季節ごとのイベントはやりたがるものの、準備はいつも間に合いません。桃の節句しかり。クリスマスしかり。幼稚園では先生方が準備をしてくれて、オーナメントを作らせてもらえていたのですが、家でやるならそうは行きません。結局、いつも最後は私の仕事になってしまうことに疲れ、早々に「やりたいなら、やれることをやれ」なスタイルに落ち着いてしまいました。よほど興 [続きを読む]
  • 蒸し暑い小暑に送る、友人へのご機嫌伺い
  • 小暑を迎えました。真夏とまでは行かないまでも、すでに日中の気温は30度を超え、高い湿度にバテ気味です。屋外での作業が多い友人も、きっと疲れているはず。暑中見舞いには少し早いのですが、暑さお見舞いの手紙を書きました。家に帰って、お風呂上りにビール飲みながら読んでもらえるような、軽めのメッセージにしています。 スポンサーリンク 熱中症にはご注意をジミニーさん「来週こそ梅雨明け」の期待も高まるこの頃、いかが [続きを読む]
  • おみやげありがとう〜友人の心づかいに送るお礼の手紙〜
  • ハンバートさんからプレゼントが届きました。以前、「この人いいよ」と教えてもらってから、私もすっかりファンになったアーティストのライブみやげです。ハンバートさんは好きなアーティストが近くに来ると、よくライブを聴きに行きます。子どもがいて出かけられない私は、いいな、と思うこともあります。でもハンバートさんが自由と引き換えに引きうけた「独り」を、私は背負っていません。「すっごい良かったよ!近くであったら [続きを読む]
  • 8歳を迎える娘に贈る手紙〜いつまでも変わらぬ甘えんぼうに〜
  • 自立心の旺盛な長女と違い、次女はとても甘えんぼうです。しゃべることは小さな頃からませていたくせに、ひとり立ちはしないのです。それでも、甘えることでエネルギーをチャージしているのなら、つき放したくはない。そう思っているうちに8歳の誕生日がやってきます。もしかしたら、全力で甘えてくるのはそろそろおしまいなのかもしれない。来年も同じことを言ってそうな気もしながら、お祝いの手紙を書きました。今年も手紙は2通 [続きを読む]
  • 昇進おめでとう〜友人に送るお祝いのメッセージ
  • 友人のハンバートさんが昇進しました。彼女が天職とも言える仕事を見つけ、働き始めたのは1年半ほど前です。「命を捧げるロックンロール」のために、時間の自由を優先し、アルバイトでしか仕事をしてこなかった彼女は、天職についてもその立場を崩さずにいました。仕事には誠実でありながら、それに疑問を感じたことはないようでした。保障や給料など、いろんな面で「もったいないな」と思ってはいましたが、この先もアルバイトで [続きを読む]
  • 進級おめでとう〜2年生になる娘に贈る手紙〜
  • 次女はこの4月、小学校に入って初めての進級を迎えます。「進級とはいっても同じ学校」と思っていたのですが、先生から「1年生のお手本になるように」といったお話でもあったのでしょうか。なぜかやけに緊張していて、見ていてかわいいなと思っています。大きな節目であるならば、手紙で気持ちを後押しします。すごいね、楽しみだね。そしていつものように、成長して私のもとから旅立つ彼女にも、この日のことを伝えます。みんなが [続きを読む]
  • 励ましの言葉をありがとう〜つらい時期、寄りそってくれた友人への手紙〜
  • 昨年末のある日、父が亡くなりました。正月を待たずしての帰省だったため、親しい友人には、葬儀と前後して父が亡くなったことを伝えました。取り繕ったつもりはありませんでしたが、あまりにも突然のことすぎて、なんでも話せる友人にさえ、私はうまく悲しみを伝えることができませんでした。それでも、私が助けを必要とした時、友人たちは、ちゃんといつもの場所にいてくれました。ずっと声をかけ続けてくれた人。いつも通りでい [続きを読む]
  • 大切な人をなくした夜に〜娘に伝える父のこと〜
  • 父が亡くなりました。亡くなる直前までとても元気だったので、知らせを聞いた時からずっと、ウソみたいな気がしています。それでも火葬を終えてからは、もう2度と父に触れることはないのだという思いが心を占めています。もし生前、私が父と言葉で気持ちを伝えあってきたなら、亡くなった父に手紙を書いたかもしれません。けれど私はいつも、たくさんのものを背負う父の両肩を、後ろから眺めていました。だから父への思いや託され [続きを読む]
  • ハナコの手紙を読んでくださる皆様に〜今年もよろしくお願いします〜
  • このブログを始めて、2回目のお正月を迎えました。ハナコの手紙に来て下さって、本当にありがとうございます。年末のご挨拶と、年賀状に書くメッセージの需要があるこの時期は、1年で1番サイトへの訪問者が多い時期です。ただ、昨年は後半から、あまりブログが書けなかったことを反省しています。それでも、前年よりもたくさんの人に私の書いたメッセージを参考にして頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。2017年も、どうぞよろしく [続きを読む]
  • 慌ただしい12月に送る感謝の手紙〜師走のねぎらい〜
  • 11月に、やっておけばよかったと思うことばかりです。年賀状も、クリスマスの準備も。でも年末の盛り上がりもない時期には、毎年そんな気持ちになれない。喪中のハガキを見て焦り出すのは、いい加減やめたい。そう思いながら、久しぶりに手紙を書きました。どうしても、ありがとうだけは伝えたくて。 スポンサーリンク 年内にひと言かけておきたい義両親お正月には顔を合わせるので、その時にとも思う反面、気にする人なら、「年末 [続きを読む]
  • 10歳を迎える娘に贈る、誕生日の手紙〜一緒に歩いた道のりを〜
  • 長女が10歳の誕生日を迎えます。毎年誕生日には、今の彼女と、いつか私のもとを巣立っていく彼女にあてて、2通の手紙を書いています。今年は成人まで半分の、節目の年。これまでとは違った目線で、彼女のこれからを支えたいと思いながら手紙を書きました。1/2成人式のメッセージを用意する時期です。お腹に宿ったころの気持ちを書いた手紙はこちら。4月の息吹、思い馳せるはあの日の桜〜娘に贈る誕生の手紙〜 スポンサーリンク 10 [続きを読む]
  • 冬を届ける初時雨〜過ぎ行く秋に祖母に送る手紙
  • ふくよかな祖母は暑がりです。そのため、最近は夏の盛りになると「もうダメかもしれない。」と、そうめんをモリモリ食べながら凹んでいるのですが、涼しくなると元気です。以前は紅葉を見に、京都だ奈良だと毎週のように出かけていたのですが、足腰が弱くなってからは、それもほとんどなくなりました。駅からマンションまでの銀杏並木では、物足りないだろうな。そう思いながら、雨の日でも季節を感じられるような手紙を書きました [続きを読む]
  • 冬を届ける初時雨〜過ぎ行く晩秋に祖母に送る手紙
  • ふくよかな祖母は暑がりです。そのため、最近は夏の盛りになると「もうダメかもしれない。」と、そうめんをモリモリ食べながら凹んでいるのですが、涼しくなると元気です。以前は紅葉を見に、京都だ奈良だと毎週のように出かけていたのですが、足腰が弱くなってからは、それもほとんどなくなりました。駅からマンションまでの銀杏並木では、物足りないだろうな。そう思いながら、雨の日でも季節を感じられるような手紙を書きました [続きを読む]
  • 霜降の夜に送る、北国の友人への手紙〜足元に気をつけて〜
  • ようやく秋がやって来ました。朝晩はずいぶん冷えるようになってきたな、なんて思っていたのですが、札幌はもう冬の気温なんだとか。天気予報を見ると、雪マークがついている日すらあります。「寒い。」というメッセージは、朝の通勤時間のあいさつがわりかと思っていたのですが、本当に寒いみたいです。北国がこんなに冷え込んでいるなんて。知らなくてごめんね。帰り、気をつけてね。 スポンサーリンク 冬の知らせに驚きました〜 [続きを読む]
  • お義父さんお誕生日おめでとう〜義理の父に贈る誕生日のメッセージ
  • 義理のお父さんとは仲良し!と素直に言えればいいのですが、そうでない場合もあります。わが家の場合も、価値観の合わない義父とはあまりうまくやれている方ではありません。仲は悪くないのですが、気が合っている感じもしない、といった状態です。このサイトでは、友人や娘へのお誕生日のメッセージをいくつか公開しているため、義理のお父さんへのメッセージを求めて訪れてくれる方が増えました。みんな苦労しているんだな、と思 [続きを読む]
  • そろそろ冬支度がいりますね〜立冬に友人へ送る手紙〜
  • 毎年、秋はこんなにお天気が不安定だったでしょうか?夏が終わらないのではないかと思うほどの暑さや、やまない雨。台風や地震など、大きな災害も続きました。それでも、いつもと同じように気温は少しずつ落ちて、季節は冬へと向かいます。私も急激な温度の変化に体調を崩すこともあり、冬の準備をしておかなくてはと思っています。暦は立冬。いよいよ、やって来るのです。寒くて暖かな、あの季節が。 スポンサーリンク [続きを読む]
  • 11月、誕生日を迎える友人に贈る手紙〜やさしく暖かい1年を〜
  • いよいよ今年も終わりに近づく11月。秋は深まり、日は短くなります。それでも、師走とはちがった趣きのある11月は、寒い季節を楽しみながら、のんびりお祝いする時間も持てそうです。お祝いの手紙も、秋の夜長を楽しみながら書きました。 スポンサーリンク カードやプレゼントに添える、短いメッセージ朝日さんお誕生日おめでとうございます。秋も深まり、変わりゆく景色が日々美しさを増す時期。彩り豊かな屋外で気持ち [続きを読む]
  • 急に寒くなりました〜10月の下旬に送る友人への手紙
  • 10月も半ばになり、突然気温が落ちました。慌ててて衣替えをし、寒さに備えます。「この時期って毎年こんなに寒かったっけ?」と思ったのですが、どうやら気温は平年並み。今年は暑さが異常に長引き、下がっていてもおかしくない気温が下がっていなかっただけのようです。それにしても。関東地方の予報は「真冬並みの寒さ」。友人は元気でいるでしょうか?ご機嫌伺いの手紙を書きました。 スポンサーリンク 突然の秋の到 [続きを読む]
  • 試験お疲れさまでした〜発表前に送る友人へのねぎらいメッセージ〜
  • 資格試験の勉強をがんばっていた友人の、試験日が終わりました。抜けがらになるようなタイプの人ではないので、きっと今頃は、勉強にあてていた時間を、家族とゆっくり過ごしているはずです。それとも、気になっていた仕事を片づけているかしら。どのような結果が出ても、発表後はそれなりにまた忙しくなるはずです。だから発表までのわずかな間くらいは、体も気持ちも十分に休めて欲しい。そんな気持ちで手紙を書きました。 [続きを読む]
  • 試験お疲れさまでした〜発表前に送る友人へのメッセージ〜
  • 資格試験の勉強をがんばっていた友人の、試験日が終わりました。抜けがらになるようなタイプの人ではないので、きっと今頃は、勉強にあてていた時間を、家族とゆっくり過ごしているはずです。それとも、気になっていた仕事を片づけているかしら。どのような結果が出ても、発表後はそれなりにまた忙しくなるはずです。だから発表までのわずかな間くらいは、体も気持ちも十分に休めて欲しい。そんな気持ちで手紙を書きました。 [続きを読む]