名無しリス さん プロフィール

  •  
名無しリスさん: 興味乱舞に引きこもれず
ハンドル名名無しリス さん
ブログタイトル興味乱舞に引きこもれず
ブログURLhttp://rispair.com/
サイト紹介文自民党や橋下維新を批判気味、その他野党を応援気味に取り扱っているブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/09/03 17:20

名無しリス さんのブログ記事

  • なぜ他人の裸の動画を拡散してしまうのか
  • この記事の所要時間: 約 3分5秒中学時代の同級生の少女に裸の動画を送らせたり、この動画を拡散させたりしたとして、愛知県警は17日、県内に住む元高校生の少年(16)や高校1〜2年の男女計14人を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)などの疑いで書類送検し、発表した。全員容疑を認めているという。 少年課によると、元高校生の少年は5〜6月、中学時代の同級生だった少女(15)に自身の裸の動画を [続きを読む]
  • カンボジア総選挙、本当に人民党が全議席独占
  • この記事の所要時間: 約 2分44秒七月二十九日に投開票されたカンボジア総選挙(下院選)で、選挙管理委員会は十五日夜(日本時間同)、公式結果を発表した。フン・セン首相率いる与党カンボジア人民党が全百二十五議席を独占した。最大野党カンボジア救国党を排除した選挙の結果、事実上の一党独裁が確定した。 選挙は比例代表制で、結果発表によると、有効投票約六百三十六万票のうち人民党が76・85%(約四百八十九万票 [続きを読む]
  • 記憶についての一知識と麻生氏の記憶
  • この記事の所要時間: 約 4分18秒われわれは自分の物語を調整して、よりよい物語に変える。われわれは事実を曲げて、もっと集団にアピールするようにする。われわれは社会的動物であるから、過去の記憶も、社会的圧力に即する形で絶え間なく修正されているのだ。(中略)海馬は長期記憶の形成に関わっていることで知られる領域、扁桃体は脳の感情中枢だ。この2つの領域が同時に活性化すると、正しい記憶と虚偽の記憶は、虚偽の記 [続きを読む]
  • ドイツでも徴兵制の議論が起こっているらしい
  • この記事の所要時間: 約 2分9秒ドイツで徴兵制復活議論に火 極右政党の台頭と人手不足 世論は賛成ドイツにて、2011年に廃止された徴兵制について復活させようとする議論が起こっているようです。記事にて説明されている議論を見ると、廃止を主導した政府は「軍隊はプロに任せるのが合理的」というような感じの理屈。その一方、与党内やドイツのための選択肢などの右派が、徴兵制は若者を鍛えられるとか、国のために役務につく [続きを読む]
  • ハンガリーの与党が好き勝手いじった選挙制度が興味深い
  • この記事の所要時間: 約 3分16秒選挙制度見直しで与党有利にオルバン首相が率いる与党「フィデス」は、憲法の改正が可能な議会の3分の2を超す議席を獲得した2010年以降、多くの選挙制度を見直してきました。ハンガリーの議会は、オルバン政権になって、定数が以前の半分近い199議席にまで削減され、106の小選挙区と93の比例代表の並立制で争われます。このうち小選挙区では、選挙区の区割りを見直し、それによっ [続きを読む]
  • 国民民主党の幹部の残念な発想
  • この記事の所要時間: 約 2分15秒先月末から、FNNニュースが野党特集のような連載を始めています。その特集にて、国民民主党の幹部の発言として、ちょっと唖然とする内容が書かれていました。政治部 立憲・国民の溝はなぜ深まった?両党の担当記者が解説 立憲は“野党らしさ”路線「国民民主党はむちゃくちゃだ」 国民は“解決策提示”路線「第2立憲になるなら第2自民」 通常国会で安倍政権を追い“崩れぬ一強、崩れた [続きを読む]
  • 首相動静について、報道側の貴重な証言
  • この記事の所要時間: 約 6分8秒最近、首相動静が注目されることが増えたように思います。そういうことになった大きなきっかけは、加計学園問題にて、理事長と総理が面談したことが首相動静で確認できない、ということだったように思います。 愛媛県が国会に提出した文書に記されている安倍晋三首相と加計孝太郎加計学園理事長による2015年2月25日の約15分間の面談について、「首相動静」では確認できなかった。 新聞 [続きを読む]
  • カンボジア総選挙での、与党による監視体制の一部
  • この記事の所要時間: 約 1分5秒日経新聞が、今回のカンボジア総選挙について、ルポ記事を載せていました。そこについて、案の定といえる与党による有権者への監視体制に関する記述を見つけたので、引用します。カンボジアでは二重投票防止のため、人さし指に簡単に消えないインクをつける。投票したかどうかは一目瞭然。投票率低下を警戒する政権側は、職場を通じた監視を強める。「指のインクが無ければ仕事を失いかねない」( [続きを読む]
  • カンボジア総選挙の衝撃
  • この記事の所要時間: 約 11分39秒 広報担当者は、これまでの集計で人民党の得票率が77.8%に達していると述べ、「まだ流動的ながら、123〜124議席を獲得できるだろう」と語った。 また、2番手につけるフンシンペック党が議席獲得に十分な票を取れない可能性もあると指摘し、人民党の全議席独占もあり得るという見方を示した。選挙管理委員会による集計結果の発表は8月中旬の予定。与党、議席ほぼ独占=野党は結果 [続きを読む]
  • 続・特定枠考察
  • この記事の所要時間: 約 4分5秒前回の特定枠考察という記事にて、以下のように専門家や活動家を支えるのに使える可能性があることに触れました。特定枠考察一方、その他の使い方として、争点などになる社会問題についての専門家や活動家を特定枠に載せることにより、政党としてのその問題に対する姿勢を強調する、という使いみちも可能である。これは、参議院が(自称)良識の府であることからしても、ある程度望ましい使い方で [続きを読む]
  • なぜ参議院は非拘束名簿式比例代表制になったのか
  • この記事の所要時間: 約 2分28秒今回、参議院の非拘束名簿式比例代表制に特定枠が導入されるという話になり、気になったことが一つありました。それは、なぜ参議院の比例は非拘束名簿式比例代表制を採用するに至ったのか、ということです。それを調べてると、自由法曹団の導入議論が行われていた当時の意見書などが見つかりました。【意見書】比例代表制を大きく歪める「非拘束名簿式」の導入に反対する - www.jlaf.jphttp://ww [続きを読む]
  • 特定枠考察
  • この記事の所要時間: 約 5分14秒昨日の衆議院本会議にて、参議院の定数を6増し、比例に特定枠を導入する法案が可決成立した。与党は、次回の参議院に向けてできるだけ早く周知するためなどという理由から、ほとんど審議時間を確保せずに通したのだが、今回の特定枠について改めて考えてみたい。改めて、今回の特定枠関係の改正について説明すると、というものは、参議院の現行制度である、あらかじめ当選する順位を決めずに名簿 [続きを読む]
  • 参議院 拘束名簿部分導入に関して、驚いたこと
  • この記事の所要時間: 約 5分40秒2018年7月9日。参議院の政治倫理・選挙制度特別委員会にて、参議院の選挙制度改正について審議が行われました。参議院選挙の1票の格差を是正するための公職選挙法の改正案をめぐって、参議院の特別委員会は、9日、公明党が提出した案を採決し、否決しました。残る自民党などの改正案は、10日も質疑が行われ、自民党は、質疑終了後、直ちに採決したい考えです。参院選 格差是正 公明案否決 残る [続きを読む]
  • 参院定数6増をめぐる「青年局VS参議院自民党」
  • この記事の所要時間: 約 2分57秒参議院選挙制度に設計思想が存在するのか?自民党が正式に参議院に提出した、埼玉県選挙区の定数を2増し、比例区の定数を4増し、拘束名簿の部分を新しく付け足す公職選挙法改正案について、自民党内で多少動きがあるようです。FNNニュースが2日続けて関連のニュースを出しています。まず、7月4日のニュースです。自民党の若手議員が所属する青年局の中の組織が出した「比例定数増加の撤回」など [続きを読む]
  • 会食での首相発言を巡る定番ムーブ
  • この記事の所要時間: 約 3分9秒安倍晋三首相は3日夜、自民党の森山裕国対委員長ら国対幹部と首相公邸で会食した。出席者によると、首相は憲法改正をめぐる国会論議について、「立憲民主党と共産党がいる限り全会一致の議論は無理だ」と語った。 また、首相は11〜18日の日程で欧州、中東を歴訪することを踏まえ、22日の会期末が迫る中、外遊中に野党が内閣不信任決議案を提出した場合の対応を質問。これに対し、国対幹部 [続きを読む]
  • なんか言われてまスガ・・・
  • この記事の所要時間: 約 0分58秒数ヶ月前に日本代表の監督解任騒動があった頃の情報を色々と漁っていた際に見つけたブログに気になる記述がありました。安倍政権、官邸の中枢にいる某政治家は、自分の選挙区の少年サッカー連盟の名誉会長に就いている。選挙戦になると、その地域のジュニアチームから保護者や指導者が電話作戦の人員として動員される。パーティーにも強制参加。断ると、グランドが使えないなどの圧力が加わる。 [続きを読む]
  • 「『平成のうちに』衆議院改革実現会議」について色々推測
  • この記事の所要時間: 約 5分45秒自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長らの呼び掛けで、超党派で衆院改革について議論する会議の初会合が28日、衆院議員会館で開かれた。参院で採用されている押しボタン式投票の導入や党首討論の夜間開催などがテーマとなる。今国会開会中は週1回のペースで集まり、議論に応じて提言をまとめる。 会合名は「『平成のうちに』衆院改革実現会議」。会長に自民党の浜田靖一元防衛相、役員に国民民主 [続きを読む]
  • 防衛大の下級生イビリ
  • この記事の所要時間: 約 4分25秒防衛大学校(神奈川県横須賀市)の学生だった福岡県の男性(23)が在校時に上級生らから暴行された事件を受け、防衛大が実施したいじめや学生間指導に関するアンケートの内容が判明した。当時の4年生の過半数が「粗相ポイント制」と呼ばれる激しい下級生いびりをしたことがあると回答していた。 アンケートは2014年8月、当時の在校生約1800人を対象に聞き取りなどで実施したが、結 [続きを読む]
  • 公明党が大選挙区制を推す理由
  • この記事の所要時間: 約 3分22秒公明党の北側中央幹事会会長は記者会見で、「公明党も、今の選挙区と比例代表を廃止して、全国を11のブロックに分けた『大選挙区制』を導入するという案を持っている。党として対案を出すかどうかも含めて検討していきたい」と述べました。「『大選挙区制』案を検討」北側氏 全国11ブロックで公明党は11年7月、現行制度を廃止して全国を11ブロックに分けて個人名で投票する「大選挙区制」の導入 [続きを読む]