幾ちゃん さん プロフィール

  •  
幾ちゃんさん: 古墳を動画で見るサイト
ハンドル名幾ちゃん さん
ブログタイトル古墳を動画で見るサイト
ブログURLhttp://kofunwodougademiru78.publog.jp/
サイト紹介文自分が歩いた全国の古墳を臨場感のある動画で基本情報とともに紹介しています。墳丘に登れるもの中心です。
自由文3世紀半ばからの350年ほどの間に、これほどの古墳が造られたとはただただ驚くばかりです。とりわけ日本独特(少数韓国にあり)の前方後円墳の姿には惹かれます。当時の人口は専門家によれば400万人程度だそうですから、人々は強制的に巨大古墳の築造に動員されたわけではないのでしょう。当時の社会システムにも思いをめぐらす日々です。動画で撮った古墳はまだまだ数が限られていますが、徐々に増やしていくつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/09/05 20:24

幾ちゃん さんのブログ記事

  • 象鼻山古墳群 養老町 岐阜県 (前期) Zoubizan Tumuli  Gifu Pref.
  • 大いに期待して目的地に到着して目にしたものは・・・。正直、がっかりしてしまいました。それをお目にかけるのは気が引けるのですが、数多くの古墳を訪ねあるいているうちにはそういうこともあると考えて頂ければと思います。 古墳の位置づけとして象鼻山1号墳は極めて重要です。養老町のHPでも紹介しているように、中国の歴史書『三国志』魏志倭人伝は3C中頃に邪馬台国と狗奴国(くなこく)が坑争していたことを記しています [続きを読む]
  • 蛇塚古墳 京都市 京都府 終末期 Hebitsuka Tumulus Kyoto Pref. 
  • この蛇塚古墳、古墳の横穴石室をほとんど見たことがなかった2013年にはじめて訪れていますが、鉄骨で支えられた巨大な石にしか見えませんでした。しかも周辺はご覧のように住宅が石室を囲むようにびっしり立ち並び、封土が失われた前方後円墳の後円部にはどうしても思えませんでした。それから4年、3回目の訪問でようやくおぼろげながら前方後円墳をイメージすることができました。ご存知の方も多いかもしれませんが巨大前方後円墳 [続きを読む]
  • 愛宕塚古墳(八尾市)(大阪府)(後期)■ Atagozuka Tumulus(Oosaka Pref.)
  • 今回の後期古墳、愛宕塚古墳は古墳踏査をはじめて間もない2014年6月に心合寺山古墳に寄ったあとに訪れています。まだ横穴石室について知識もなく、おまけに梅雨時ということもあって湿気が漂う石室にただただ不気味さしか感じませんでした。ヘッドランプを持参しなかったこともあり長さ約16mの奥壁まで見通すことはできず、真っ暗。そうそうに退散した記憶があります。 以来、三度目の訪問で今回の動画を撮ることができました。 [続きを読む]
  • 沖出古墳 (嘉麻市) 福岡県 中期 Okide Tumulus(Fukuoka Pref.)
  • 非常にダイナミックな印象を受ける前方後円墳です。動画1と2でその一端をとらえることができていれば嬉しいのですが・・・。この前方後円墳、墳長はわずか68mしかありません。なのにこれだけ大きくみえるのは古墳の周囲、とりわけ南側が谷のように削り取られているからではないでしょうか。実は沖出古墳には周溝はありません。丘の先端を利用して造られているために周濠をめぐらす余地がなかったのでしょう。その周濠のように [続きを読む]
  • 大坊古墳  福山市 広島県 終末期 Daibou Tumulus  Hiroshima Pref.
  • JR福塩線 道上駅の東を走る県道393号線を北に3?ほどあがった丘陵端にある大坊古墳。周囲はビニールハウスが立ち並ぶ畑地です。道上駅から歩く予定でしたが、偶然、車で移動することになり途中の景色はあまり記憶にありません。しかし、複数の古墳を短時間でまわるには車は便利ですね。肝心の古墳に戻ります。まだ緑濃い時期だったので丘は雑草に覆われていましたが、見上げると大型の石室がドーンと開口していてびっくりしまし [続きを読む]
  • 舞谷2号墳(桜井市)(奈良県)(終末期)■Maitani 2gou Tumulus (Nara Pref.)
  • 羨道がだいぶ破壊されているためにいきなり小ぶりの玄室が出迎えてくれて少々驚きました。奥には後世置かれたであろう石仏が・・・。石室まわりの藪が刈り込まれていたのでいっそう、露わになった玄室が目立ちます。これまで訪れた石室とはずいぶん印象が違います。思い返せば二つの理由があることに気が付きました。一つには記したばかりですが入口から玄室を見渡すことができる点です。これまでの石室の大半は、狭い空間を腰を [続きを読む]
  • 角塚古墳(奥州市)(岩手県)(後期)Tsunozuka Tumulus (Iwate Pref.)
  • 前方後円墳は全国で5200基を越えて確認されていますが、最も北に築かれたのが今回紹介する岩手県奥州市にある角塚古墳です。古墳時代後期の6C初めの築造といわれています。畿内では大型の前方後円墳の築造が終わりに近づいた頃のことです。多くの場合、古墳はその地域を支配した有力者が数代にわたって同じ区域に築いているというのが一般的ですが、この角塚古墳は一代限りのようです。それこそポツリと築かれ、前方後円墳は南 [続きを読む]
  • 桜井古墳 (前期)(福島県)Sakurai Tumulus (Fukushima Pref.)
  • 今回紹介する前期古墳は墳長約75mの前方後方墳の桜井古墳です。JR常磐線の原ノ町駅の東1.5?ほどの新田川を見下ろす台地に位置しています。2011年3月11日、東日本大震災による高さ10mほどの津波が桜井古墳を襲ったことは報じられていたので、いずれは訪れたいと思っていました。海からは3?ほどのところです。既に紹介した宮城県岩沼市の亀塚古墳も近くまで津波が押し寄せたことは知られていますが、桜井古墳の場合、墳丘の目の [続きを読む]
  • 珠城山古墳群 ■(後期)(奈良県)Tamakiyama Tumuli (Nara Pref.)
  • JR桜井線沿いには数多くの古墳が築かれています。これまで紹介したものだけをあげるだけでその多さに改めて驚きます。北から並べると下池山古墳、中山大塚古墳、黒塚古墳、崇神天皇陵(行燈山古墳)、櫛山古墳、纏向石塚古墳、纏向出現期古墳(矢塚古墳、勝山古墳、東田大塚古墳)、ホケノ山古墳それに箸墓古墳になります(古墳名を すれば直接飛べます)。いずれも出現期を含む前期古墳です。ところが今回の珠城古墳群は [続きを読む]
  • 佐紀陵山古墳 (佐紀古墳群)中期 奈良県 Sakimisasagiyama Tumulus (Nara Pref.)
  • 墳丘の上を歩く、石室の中を観察するというこのブログの趣旨からすれば必ずしも相応しい古墳ではないかもしれません。しかし200mを越える二つの古墳が寄り添うように並んで造られている点はビジュアル的にも見事で濠に沿ってあるく価値は十分にあります。しかも百舌鳥・古市古墳群の大型古墳の周囲とは違い、人の声もはっきり聞こえるほどの静謐さに包まれています。視界を妨げるような建物もまったく見られず別世界に飛び込んだ [続きを読む]
  • 白鳥塚古墳(前期)(愛知県)Shiratorizuka Tumulus (Aichi Pref.)
  • 名古屋市の中心熱田神宮には愛知県で最大墳長を誇る151mの前方後円墳断夫山古墳があります。しかし6C後半の築造の後期古墳。前期古墳ではそこから北東方向に30?ほど行った標高198mの東谷山(とうごくさん)の麓に墳長115mの白鳥塚古墳があります。(犬山市に墳長123mの前期古墳青塚古墳があるので白鳥塚は県下では第二位の大きさ)。 東谷山麓には数多くの古墳が築かれ、白鳥塚古墳はじめ山頂の尾張戸(おわりべ)神社古墳、中 [続きを読む]
  • 番外編 石村洞古墳群(2) 韓国  Seoul Seokchon-dong Gobungun(2)Republic of Korea
  • 今回は日本を離れ、倭の時代に交流が最も盛んであった朝鮮半島、百済の古墳、ソウル市のロッテワールド近くの石村洞古墳群を紹介します。二度目のアップになりますが三年前よりも情報量は増していると思います。建設途中だった高さ555mのロッテタワーを借景にした積石塚は現代と古代の融合の極致ではないでしょうか(動画1)。規模の大きい3号墳は天理市の石上神社に伝わる国宝 七支刀(4C後半に作成)を倭に贈った近肖古王の墓 [続きを読む]