幾ちゃん さん プロフィール

  •  
幾ちゃんさん: 古墳を動画で見るサイト
ハンドル名幾ちゃん さん
ブログタイトル古墳を動画で見るサイト
ブログURLhttp://kofunwodougademiru78.publog.jp/
サイト紹介文自分が歩いた全国の古墳を臨場感のある動画で基本情報とともに紹介しています。墳丘に登れるもの中心です。
自由文3世紀半ばからの350年ほどの間に、これほどの古墳が造られたとはただただ驚くばかりです。とりわけ日本独特(少数韓国にあり)の前方後円墳の姿には惹かれます。当時の人口は専門家によれば400万人程度だそうですから、人々は強制的に巨大古墳の築造に動員されたわけではないのでしょう。当時の社会システムにも思いをめぐらす日々です。動画で撮った古墳はまだまだ数が限られていますが、徐々に増やしていくつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/09/05 20:24

幾ちゃん さんのブログ記事

  • 御旅所古墳(伊賀市)(三重県)(後期)■Otabisho Tumulus (Mie Pref.)
  • 天井石の隙間から覗いた石室は立派 石室を含め古墳の残存状況は実にバラエティーに富んでいます。「エー」これが古墳?今回のような盛り土(封土)の部分がすっぽり失われた石室をはじめてみた人は驚き「なーんだ。この程度か」とガッカリするに違いありません。おそらく私も数年前であればそう思ったと思います。しかし開発の犠牲になって亡骸が葬られた石室を含め全て破壊された古墳からすればよほどましです。今回の御旅所(お [続きを読む]
  • 長福寺裏山古墳群(笠岡市)(岡山県)Choufukujiurayama Tumuli(Okayama Pref.)
  • バラエティ―に飛んだ古墳が楽しめる古墳群 少々変わった名称の古墳群ですね。真言宗の長福寺の裏山にあるということでつけられたそうですが、古墳のほうが先に造られたのになぜと思いました。それはともかく、JR山陽本線岡山県笠岡駅から井笠バス笠岡矢掛線に30分ほど乗り山口で下車。ひたすら県道48号線を北に向かって歩きます。どこまで行っても周りは田んぼ。追い越していく車に少々びびりながら30分ほど経ったでしょうか。 [続きを読む]
  • お知らせ 記事検索機能の追加について
  • いつもブログにアクセスして頂きありがとうございます。今回、トップ頁の右上に記事検索欄を追加しました。●●古墳等あらかじめご覧になりたい古墳があればここに記入して頂き、 すればお目当ての古墳頁まで飛ぶことができます。ただしキーワード検索なのでお探しの古墳名が含まれている頁全てが表示されてしまうという不便さがあります。たとえば愛媛県の妙見山古墳と検索窓に入れますと、埴輪を紹介した頁(幾ちゃんの独 [続きを読む]
  • 真龍寺古墳(茨木市)(大阪府)■ Shinryuji Tumulus (Oosaka Pref.)
  • 横穴石室を上から見ることができる珍しい古墳 追手門学院の茨城キャンパス造成中に発見された今回の真龍寺古墳は長さ4.5mの石室をもつ径22mの円墳です。羨道の状況が不明なために石室全体の長さはわからないと説明板にはありました。墳丘は木々が繁茂し動画1でみるように円墳という形はわかりません。それもそのはず円墳の上半分の封土が削られてしまっているのです。ですから肝心の柵に囲まれた横穴石室は上から見下ろすことにな [続きを読む]
  • 横瀬古墳(大崎町)(鹿児島県)(中期)Yokose Tumulus (Kagoshima Pref.)
  • 1?先に墳丘を確認できた大隅半島の大型前方後円墳日本の最南端にある前方後円墳の一基は鹿児島県大隅半島に築かれていました(より南に下ったところの塚崎古墳群の51号墳が南限)。こんなところにと思いながら大崎三文字のバス停から志布志湾方面に歩き始めると周辺は一面田畑。視界を遮るものは何もありません。じっとみると東の方角約1?のところに墳丘が確認できました(動画1)。墳長約140mの大型前方後円墳です。おそらく築 [続きを読む]
  • 柳田布尾山古墳(氷見市)(富山)(前期)Yanagidanunooyama Tumulus (Toyama Pref.)
  • 富山湾を望む見応えのある前方後方墳 春雨に煙る和田山古墳群(石川県能美市)を訪ねた翌日金沢から新幹線で一駅、新高岡まで行きずっと訪ねたいと思っていた墳長100m超の前方後方墳、柳田布尾古墳に寄ってきました。雪のシーズンを迎える11月末から3月末までは見学できないというので時期を失していたのです(もっともガイダンス施設古墳館は閉鎖されているでしょうが、墳丘は見学できると思われます)。その意味では満を持して [続きを読む]
  • ムネサカ1号墳と2号墳(桜井市)(奈良県)終末期■Munesaka 1&2(Nara Pref.) 
  • 巨大切石の石室がこのような斜面に残されているとは! 横穴石室ファンにとってはよく知られた辿りつくのが大変な古墳と聞いてはいたものの実際、そのとおりでした。いずれかの機会にと延び延びにしてきた古墳行き。縁あって案内して頂きましたが、動画1の冒頭にあるような斜面いっぱいに生い茂った熊笹が行き手を遮ります。あっち行き、こっち行き。いやはやどうなるかと思いましたが、斜面頂上近くにどでかいという表現がぴった [続きを読む]
  • 薄井原古墳(松江市)(島根県)後期■ Usuibara Tumulus (Shimane Pref.)
  • 二つの石室が見学できる前方後方墳 出雲には今市大念寺古墳、上塩治築山古墳、妙蓮寺山古墳(古墳名を すると直接飛べます)など石棺が残る貴重な石室のある古墳がいくつもあります。その中でもかなり特徴的な薄井原古墳を今回は紹介します。墳長約50mの後方部の東西に一つづつほぼ同規模の石室が築かれてており、中でも東石室(第二石室、薄井原古墳調査報告書、島根県教育委員会、1962年)には組合せ式箱型石棺が置かれ [続きを読む]
  • 亀塚山古墳(前橋市)(群馬県)(後期)Kametsukayama Tumulus (Gunma Pref.)
  • 可憐という言葉がぴったりの帆立貝形古墳前橋市教育委員会発行のパンフレット、「朝倉・広瀬古墳群」の表紙には「群馬の古墳時代はここから始まった!!」あります。鍵になるのは利根川水系の広瀬川で流域の南側台地に150基を越える古墳が4Cから6Cにかけて次々に造られたようです。現在では今回の亀塚山古墳をはじめ7基(一部を含む)が残されているにすぎません。既に古墳踏査をはじめた頃に早速訪れた墳長130mと大型の前方後方 [続きを読む]