幾ちゃん さん プロフィール

  •  
幾ちゃんさん: 古墳を動画で見るサイト
ハンドル名幾ちゃん さん
ブログタイトル古墳を動画で見るサイト
ブログURLhttp://kofunwodougademiru78.publog.jp/
サイト紹介文自分が歩いた全国の古墳を臨場感のある動画で基本情報とともに紹介しています。墳丘に登れるもの中心です。
自由文3世紀半ばからの350年ほどの間に、これほどの古墳が造られたとはただただ驚くばかりです。とりわけ日本独特(少数韓国にあり)の前方後円墳の姿には惹かれます。当時の人口は専門家によれば400万人程度だそうですから、人々は強制的に巨大古墳の築造に動員されたわけではないのでしょう。当時の社会システムにも思いをめぐらす日々です。動画で撮った古墳はまだまだ数が限られていますが、徐々に増やしていくつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/09/05 20:24

幾ちゃん さんのブログ記事

  • 行者塚古墳(加古川市)(兵庫県)動画追加のお知らせ
  •  兵庫県加古川市の100m級の前方後円墳、行者塚古墳はブログ開始まもなくの頃、アップしています。訪れたのは12月初旬、動画で見るように名残りの紅葉がとてもきれいでした。ただ墳丘のくびれ部分と後円部に二か所ずつある造出しは一か所を除き撮影されておらず、今回の再訪となりました。自然に任せた保存の場合、造出しがあるといわれても専門家でないとわからないことが多いものですが、復元整備された行者塚古墳では動画 [続きを読む]
  • 幾ちゃんの独り言(21)アップした古墳の数
  • 東京では桜も散り新緑がまぶしい季節を迎えています。皆さん如何おすごしでしょうか。今年は全国的に一か月ほど春の訪れが早かったようで先週歩いた奈良の池部周辺の古墳の墳丘は既に青々としていました。こうなると雑木に覆われた墳丘ではやぶ蚊が待ち受けていますし、横穴石室には密集するカマウドが不気味です。これからのシーズンに古墳を訪れる方は公園化されている場合には草刈が行われているか確認されたほうがよいかと思 [続きを読む]
  • 池田1号墳 (豊田市)(愛知県)(後期)■Ikeda 1gou Tumulus (Aichi Pref.)
  •  自動車のトヨタで知られる愛知県の豊田市。地図を広げてみるとその巨大さに驚かされます。面積は愛知県の20%を占めますが人口は42万人と少なめです。今回の池田1号墳は径20mほどの円墳で豊田市の西の端にある標高600mほどの猿投(さなげ)山の近くにあります。三河地域と呼ばれるところですが東5?ほどのところには矢作(やはぎ)川が流れています。説明板は三河では最大の横穴石室を有する円墳だそうで猿投山の麓から広がる [続きを読む]
  • 両宮山古墳群(赤磐市)(岡山県)(中期)Ryouguzan Tumuli (Okayama Pref.)
  • はじめて訪れたのは夏が終わりかけだった9月の末でした。2013年のことです。登れると聞いて前方部に向かおうとしたら道を聞いた女性がマムシがいるから注意しなといわれ足がすくみ断念。まだ古墳踏査をはじめて間もないころのことでした。水を湛えた周濠に映える緑濃い墳丘はなかなか見応えがありました。満を持してそれから3年経った2016年12月、再度訪れてみました。なんとしても前方部に立って後円部を見渡してみたいと思った [続きを読む]
  • 朝子塚古墳(太田市)(群馬県)(前期)Choushizuka Tumulus (Gunma Pref.)
  • 東武伊勢崎線太田駅(群馬県)まで8時25分発のバスに乗るために朝1番で自宅を飛び出ました。これを逃すと次のバスはア二時間後です。古墳巡りをしていると案外バス停がどこにあるのか、南口なのか北口かわからず時間をとられることがあります。幸い東日本最大の前方後円墳太田天神山古墳、女体山古墳( すれば飛べます)を既に訪ねているので駅前のバスターミナルも覚えていました。県立がんセンターを経由する尾島歴史公 [続きを読む]
  • 亀甲山古墳(大田区)(東京都)(前期)Kamenokoyama Tumulus(Tokyo)
  •  東急東横線の多摩川駅から徒歩5分。駅のホームからも見える今回の前期古墳、亀甲山古墳の紹介が遅れたのはわけがあります。いつ行ってもこんもりとした森にしか見えず、墳丘が確認できなかったのです。以前、アップした同じ江原台古墳群(多摩川台古墳群)のもう一つの大きな前方後円墳、宝来山古墳とは違い、墳丘全体が東京都の保全林になっているとかで一面、樹木と藪に覆われています。後円部が一部欠損していますが墳長108m [続きを読む]
  • 小迫大塚古墳(矢掛町)(岡山県)(後期)■ Kosakoootsuka Tumulus (Okayama Pref.)
  •  あとでわかりましたが小迫(こさこ)大塚古墳岡山県矢掛町は全国第四位の巨大石室、こうもり塚古墳のある総社市に隣接していました。といっても備中国分寺近くのなだらかな広がりとは異なり、矢掛町はかなり急峻な山間に囲まれています。同じ備中でもずいぶんと違う印象です。 福山市の古墳をいくつか見たあと井原鉄道矢掛駅から徒歩で南に下り、小迫大塚古墳を訪ねる予定でしたが、今回は時間の関係でやむなくタクシーです。小 [続きを読む]
  • 女体山古墳(太田市)(群馬県)(中期)Nyotaisan Tumulus (Gunma Pref.)
  •  今回の中期古墳、女体山古墳は東日本最大の前方後円墳 墳長220mの太田天神山古墳の県道を挟んだ向かいにあります。前方部(現地説明板は造出しと書いています)の短い帆立貝形古墳ですがその墳長はなんと106mとびっくりするほど巨大です。後円部径は84mもあります。同時期に造られ以前紹介した東京世田谷の野毛大塚古墳が墳長87m、後円部径が67mですから、その大きさがイメージできるのではないでしょうか。帆立貝形としては墳 [続きを読む]
  • エンドウ山古墳(桜井市)(奈良県)(終末期)■Endouyama Tumulus(Nara Pref.)
  • 今回の終末期古墳、エンドウ山古墳は既に紹介した赤坂天王山古墳の南西、倉橋溜池に面した尾根にあります。桜井駅南口から奈良バスで大宇陀行きで下尾口(さがりおぐち)で下車し、赤坂天王山古墳(信号右折)を通り過ぎて倉橋溜池の周囲をぐるりと廻り登り口のトンボ広場まで歩いて30分ほど。水面に映る山々は美しくジョガー以外人には会いませんでした。静寂の一言です。肝心のエンドウ山古墳、詳細な道順が画像とともに記され [続きを読む]
  • 長塚古墳(沼津市)(静岡県)(後期)Nagatsuka Tumulus (Shizuoka Tumulus)
  • 墳形がわかる前方後円墳を目の前にするとなぜかホッとします。今回の墳長55mほどの前方後円墳、長塚古墳は素人目にも築造当時の姿を想像することができます。意外だったのは南側周濠から6C前半の須恵器が出土し後期古墳ということが確実であるにもかかわらず、前方部は未発達で前期古墳の様相を呈しているということです。後円部径は31mに対して前方部幅は16.5m、高さも6.5mに対して3.6mしかありません。ひょっとして中期 [続きを読む]
  • 童男山22号墳(八女市)(福岡県)(後期)■Dounansan Tumulus 22(Fukuoka Pref.)
  • 今回紹介するのは福岡県八女市の標高100mほどの山懐に広がる童男山古墳群に属する22号墳です。既に巨大な石室をもつ1号墳及び2号、3号墳は紹介しましたが、今回の22号も大変規模の大きい石室を有する円墳です。1号墳の前の道から南西方向に500mほど下った林のなかにあります。素人目にはこれまで紹介した三基よりも墳丘の残りがよいような気がします。残念ながら今回の22号墳も羨道部分は削られていますが、それでも九州の石室に多 [続きを読む]