伊賀山人 さん プロフィール

  •  
伊賀山人さん: 伊賀の徒然草
ハンドル名伊賀山人 さん
ブログタイトル伊賀の徒然草
ブログURLhttps://igasanjin.muragon.com/
サイト紹介文伊賀山中に閑居する隠者の戯言です。
自由文当事務所は、主として、遺言・相続やそれらに関連する財産評価、農地転用、親子DNA鑑定などを取り扱い、三重県伊賀地方を中心に三重県全域及び奈良県・滋賀県など近隣府県の皆様の円滑な相続や事業承継のお手伝いをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/09/05 20:32

伊賀山人 さんのブログ記事

  • 奉獻(献身)
  •  「奉獻(奉献)」は、台湾の民歌歌手蘇芮(スー・ルイ:1952年6月13日〜)が、1988 年1月に発表したアルバム「 台北:跟著感覺走:東京」に収録されている楽曲です。  このアルバムは、全10曲からなり、A面は台湾の曲が5曲、B面は日本の曲が5曲収録されています。  「奉獻」は、台灣の楽曲でA面2曲目に収録されています。  作詞は台湾の著名な音楽プロデューサーでもあり写真家でもある楊立?、作曲 [続きを読む]
  • 我的未來不是夢(私の未来は夢ではない)
  •  【画像中央が「高音王子」と呼ばれた張雨生】  1988年5月31日、台湾の新人歌手5人と1組のデュオが集合してそれぞれの持ち歌を収録した群星合?(オールスター編集)形式のアルバムを「6個朋友(6人の友達)」と名付けて発表しました。  「我的未來不是夢(私の未来は夢ではない)」は、その中で台灣澎湖島出身で当時21歳の若きポップシンガー張雨生(1966年6月7日−1997年11月12日)が演唱して [続きを読む]
  • 明天會更好(明日はもっと好くなるだろう)
  •  「明天會更好」は、台湾の歌謡界を代表する歌手60人以上が集結して作成し、1985年12月に発表したメドレー形式の合唱曲です。  この楽曲は、同年3月28日にアメリカで発表された「We Are The World」と同じコンセプトで作られたチャリティーソングで、いわば台灣版の「We Are The World」ともいえるものです。  そのため、この楽曲の収益金600萬元(約2000万円)は中華民國 [続きを読む]
  • 外婆的澎湖灣:おばあちゃんの澎湖湾(ほうこわん)
  •  「外婆的澎湖灣」は、1979年9月1日に台湾で発表された「校園歌曲」(こうえんかきょく)です。 筆者注:  「外婆」とは母方の祖母、つまり母親の母親のことです。  「澎湖湾」とは台湾南部の嘉義市の西約50キロの海上に位置する大小あわせて90の島々からなる総人口約10万人の澎湖諸島 (ほうこしょとう)にある湾で、港や燈台、砂浜などが連続する風光明媚な入江です。  「校園歌曲」とは「校園民謡」(キャ [続きを読む]
  • 恰似你的?柔(あなたの優しさに似て)
  •  「恰似你的?柔(あなたの優しさに似て)」は、台湾のソングライター梁弘志(Liang Hongzhi :1957年9月2日−2004年10月30日)が作詞・作曲した楽曲です。  梁弘志は、校園民歌(學園フォークソング)の代表的作家で、この曲は彼が世界新聞專科學校(現:世新大學)に在学中に作成したものです。  1979年3月、この曲を当時の新人歌手2名がデビュー曲として歌いました。  一人は、後に [続きを読む]
  • これが青春だ:這個是青春
  •  【昭和42年:伊賀山人高校2年生】  「これが青春だ」は、1966年12月10日に発売された日本の歌手布施明の楽曲です。  作詞は岩谷時子(いわたに ときこ)、作曲はいずみたくです。  岩谷時子は、1939年に神戸女学院大学部英文科を卒業後に、宝塚歌劇団出版部に新入事務員として就職しました。  入社直後23歳の岩谷は、歌劇団にタカラジェンヌとして入団した15歳の越路吹雪と知り合いました。  二人 [続きを読む]
  • 被遺忘的時光 〜忘れられた時間〜
  •  「被遺忘的時光」は、1979年04月に台湾の新人民歌(フォークソング)歌手の蔡琴が発表し、翌年のファーストアルバム「出塞曲」に収録した楽曲です。  作詞・作曲は、台灣島西方約50kmに位置する澎湖島(ほうことう)出身のシンガーソングライター陳宏銘です。    歌詞の内容は、忘れてしまった日々のことを時々思い出して懐かしむという懐旧の情を詠じたものです。  包括的な短い詩ですので、誰の立場で歌って [続きを読む]
  • 抉擇(選択)
  •  「抉擇(けったく)」は、1979年4月1日 に台灣民歌(台灣フォークソング)の新人歌手で当時21歳の蔡琴(1957年12月22日−)が発表した楽曲です。  作詞・作曲は同年齢の梁弘志(1957年9月2日−2004年10月30日)で、この人は後に校園民歌(學園フォークソング)の作家として名を成しますが、当時はまだ世界新聞專科學校と称していた現在の世新大學の学生でした。  その後も梁弘志が47歳の若 [続きを読む]
  • 大空と大地の中で(天空和大地之中)
  •  「大空と大地の中で」は、日本のシンガーソングライター松山千春が1977年6月に発表したファースト・アルバム『君のために作った歌』(きみのためにつくったうた)のA面第2曲目に収録されている楽曲です。  この曲は、北海道出身の松山千春の代表曲であり、さだまさしの「北の国から〜遥かなる大地より〜」と並んで、北海道をイメージするスタンダードナンバーとして40年を経た現在でも広く親しまれています。  作詩 [続きを読む]
  • 旅人よ
  •  「旅人よ」は、日本の俳優兼シンガーソングライターの加山雄三が、自身10枚目のシングルレコードとして、1966年(昭和41年)10月15日に発表した楽曲です。  このシングルレコードには「夜空を仰いで」がA面に収録されており、「旅人よ」はB面にカップリングされています。  また、この2曲は12月15日に発表されたシングル「まだ見ぬ恋人」と共に、翌1967年元日に公開された加山雄三主演の映画「若大将 [続きを読む]
  • 抜根(ばっこん)
  •  【抜根した切り株】  抜根(ばっこん)とは、立木(りゅうぼく)を伐採した跡に残された根株を取り除くことを言います。  昨日、山の神のご託宣により、自宅に残されていたグミの枯れ木の抜根を行いました。  枯れ木とはいえ、樹齢20年で、その根は数十本もあり、地下深く伸びています。  機械力を持たぬ伊賀山人としては、シャベルやツルハシだけで掘り起こすので、なかなか容易なことではありません。  切り株の周 [続きを読む]
  • Ellie My Love(Ray Charles)
  •  「Ellie My Love」は、アメリカのソウルミュージック歌手でありピアニストでもあったレイ・チャールズ・ロビンソン(Ray Charles Robinson、1930年9月23日 - 2004年6月10日)が、1989年に発表した楽曲です。  この曲は、元々日本のロックバンド:サザンオールスターズが、バンド結成3枚目のシングルとして1979年3月25日に発売した楽曲を、レイ・チャールズが英 [続きを読む]
  • 心優しい読者各位へのお知らせ
  •  【伊賀山人の学生証】  10月5日に掲載した記事「まだ見ぬ恋人」の中の「附記:」に記載した「伊賀山人は現役の女子高校生」との記述は、あくまでも冗談です。  記事掲載直後から、この「偽女子高校生」に対して、数多くの賞賛や激励のメッセージを頂き、正に汗顔の至りです。  頂いたメッセージの文末に「・・WW」や「・・(笑)」が記載されていて、メッセージそのものが冗談であることが分かるものもありますが、中 [続きを読む]
  • 最後一夜(最後の一夜)
  •  【映画「金大班的最後一夜」で主人公:金兆麗を演じた香港女優:姚煒】  「最後一夜(最後の一夜)」は、1984年に公開された台湾映画《金大班的最後一夜(金リーダーの最後の一夜)》の主題歌として、映画のラストシーンで歌われた楽曲です。  この映画は、1968年に刊行された白先勇の著作になる同名の短篇小?が原作で、内容は、上海で20歳の頃からショーダンサーとして活躍して大班(班長:チームリーダー)に指 [続きを読む]
  • まだ見ぬ恋人
  •  「まだ見ぬ恋人」は、日本の俳優兼シンガーソングライターの加山雄三が、自身12枚目のシングルレコードとして、1966年(昭和41年)12月15日に発表した楽曲です。  また、この曲は、半月後の翌年元日に公開された映画「レッツゴー! 若大将」の主題歌としても使われています。  作曲はいつものとおり、弾厚作(加山のペンネーム)ですが、作詞は雑誌「平凡」が一般から募集して当選した原とし子の歌詞を岩谷時 [続きを読む]
  • 子供にも分かる月齢簡易計算法
  •  中秋節にあたり、簡単な足し算と引き算の知識が有れば分かる月齢の簡易計算法についてご紹介します。  この計算法は、伊賀山人が子供のころから使っているもので、天文学に基づく科学的解法としての裏付けもありますが、説明を簡単にするため学術的な解説は割愛します。  月齢を知ることの効用は、山を歩く人には夜道が明るいかどうかを知ることが出来ますし、海に行く人には潮の満ち引きを知ることもできます。  また、詩 [続きを読む]
  • 秋櫻の花を觀て詩を賦し故人に寄す
  •  【今日の伊賀山人秋櫻薗】  觀秋櫻花賦詩寄故人 (コスモスの花を見て詩を作り友人に贈る)  碧天如水白雲流 (秋の空は水のように青く、白い雲が流れている)  西風氣爽意自悠 (秋風の空気は爽やかで、自然と気持ちがゆったりとして來る)  隔地遙思多病友 (遠く地を隔てていても 病気がちな友のことを思い起す)  萬花滿苑一山秋 (数えきれないほどの花が庭一面に咲き誇る この山の秋の日に)  觀秋櫻花 [続きを読む]
  • An American Trilogy:美國的三部曲:アメリカ3部曲
  •  An American Trilogy:美國的三部曲は、アメリカ南部テキサス州ヒューストン出身のカントリーソング ライターのミッキー ニューベリーが、19世紀の南北戦争当時の3つの曲をメドレーに編成して、1971年に発表した楽曲です。  この楽曲は、南部連合の非公式国歌となっている『ディキシー(南部の地)』、北軍の行進曲である『共和国戦いの讃歌(リパブリック賛歌)』、バハマの子守唄を元にアフ [続きを読む]
  • 奇跡 〜大きな愛のように〜
  •    『奇跡 〜大きな愛のように〜』は、日本のシンガーソングライターさだまさしが1991年7月25日に発表したアルバム『家族の肖像』(かぞくのしょうぞう)に収録されている楽曲です。  アルバム『家族の肖像』は、親子兄弟だけではなく、祖母や叔母などの親族、家族以前の恋人、子供のころからの友人なども含めて、全ての人を家族と見做して人類普遍の愛を詠い上げた10曲からなり、全てさだ自身が作詩・作曲していま [続きを読む]
  • 伊賀山人秋桜園
  •  秋分の日から一夜明けた今朝の伊賀山人フラワーガーデンの秋桜園をご紹介します。  【紅白のコスモス】  【遊びに来た揚羽蝶】  【南園、遠くに見えるのは南山】  【上から見た南園】  【上から見た西園】   『秋櫻』             作詩・作曲:佐田 雅志 歌唱:山口 百惠(1977年10月1日) 這是首名曲,聽不出是40年前的老歌。 當年18?的山口百惠唱,出嫁的女兒牽掛母親的樂曲。 [続きを読む]
  • 夕陽は赤く
  •  【シングルレコードの2種類のジャケット】  『夕陽は赤く』は、日本の俳優でもありシンガーソングライターでもある加山雄三が、1966年4月5日に発表した自身7枚目のシングルレコードです。  この曲は、『蒼い星くず』とカップリングされて、兩A面扱いで発売されたため、ジャケットは上掲のように2種類ありますが、中身のレコードそのものは全く同じ物です。  作曲は弾厚作(加山のペンネーム)、演奏は加山雄三と [続きを読む]