クロ さん プロフィール

  •  
クロさん: 泥酔鉄道ブログ
ハンドル名クロ さん
ブログタイトル泥酔鉄道ブログ
ブログURLhttp://hdrr.asablo.jp/blog/
サイト紹介文いい歳した中年が遊ぶ鉄道・模型を中心に、乗物・交通その他いろいろ書いています。関東地方在住。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2015/09/06 08:48

クロ さんのブログ記事

  • ヒコーキの工作11-前面窓の工作
  • ヒコーキモデルの納期とデカールの乾燥と貼り付け段取りとを考えて、毎晩少しずつ工作をする夜が続いています。。「前面風防」もとい窓ガラスの工作。まず窓ガラスを接着。胴体のカーブより窓ガラスのカーブが緩く補正したい所ですが、透明なプラスチックは折れたり傷が入りやすいのと、そうなった場合の見栄えが酷いことになるので指ではしごかずに接着で補正固定します。しかしカーブはこれでは補正し切れていないため、しごいて [続きを読む]
  • ヒコーキの工作10-ボーイング787の塗装完了→デカール貼り付け再開
  • 2週間後の下館駅なか・駅前フェスタへのサプライズにするべく、ボーイング787の工作を進めました。しかし、塗装で、翼周りをシルバーに塗るのを忘れておりましたので、デカールの貼り付けを一時中断して、塗るべきところををシルバーで塗装します。シルバーに塗るのは、翼の先端周り。ここを銀色に塗装します。こんな感じ。ボーイング787は、主要部分がカーボンで出来た、今までにはない旅客機ですが、翼の先端で、一番いろんなも [続きを読む]
  • 超激安ジオラマベース2017〜更なる設営の短縮を目指して
  • 飛行機の塗料が乾くまでの間に、2週間後の第6回下館駅なか・駅前フェスティバルに向けて、準備を進めます。激安可搬式ジオラマベースですが、更なる設営の短縮を目指して加工しました。今年は、設営のさらなるスピードアップのため、他レイアウトと共用しておらず箱に入る高さの固定できる建物や信号機・標識・電柱は全て固定してしまいます。以前作った旧ジオラマベースから建物を剥ぎ取り、建物の配置を塾考してから別に作って [続きを読む]
  • ヒコーキの工作09-ジェット・ストリップ
  • ジェット・ストリップ・・・ジェッット・ストリッップ・・・・・・・ジェッッット・ストリッッッップ・・・・・・・・・・・・・♪〜♪〜 ♪♪♪♪〜♪〜〜遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休める時、遥か雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、たゆみない  模型の営みを告げています。満点の星をいただく果てしない光の海のもと、豊かに流れゆく デカールの台紙をずらせば、煌く星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂 [続きを読む]
  • ヒコーキの工作08-繰り返す重ね塗り&テキサン練習機の工作01
  • 今日は、産業医の診察を受けるため午後休みを取り、夕方帰ってきてから、適当に呑みながら塗装の続きをしていました。10月7日の記事から繰り返しての塗装を重ねること数回、やっとボーイング787の機体塗装が完了しました。なお主翼はさらに補正塗装します。。。あわせて、テキサン練習機の工作もスタート。機体にベースホワイトを吹いてアルミシルバーのメタリック塗料を吹いて軽く磨きだします。同時に、ボーイング787のエンジン [続きを読む]
  • ヒコーキの工作07-胴回り塗装とか工作とか
  • 今日1日、家のことをやりながちょっとずつボーイング787の工作。機体は仕上げ研ぎと仕上げ塗りを繰り返して、なんとかここまで塗りあがりました。ホワイトの単色塗りです。合わせて、翼もホワイトの単色塗りにします。ーフェイサーで仕上げ。翼も胴体も、これからレタリングを貼って胴体の仕上げに移ることから、最後の仕上げに、サーフェイサーで仕上げます。 [続きを読む]
  • ヒコーキの工作06-胴体の組み立てと再塗装
  • ボーイング787の工作続き。胴体の接着をします。面積も大きいので、少しずつ接着しながら接着流して、輪ゴムとマスキングテープとで仮止めしていきます。飛行機ゲームのプレイ動画を見ながら工作し、機体と翼周りの固定をしました。主翼周りも同様に接着して、テープで固定します。エンジン周りも、ースホワイト→ホワイトを塗ります。窓周りをマスキングしてから、機体全体にベースホワイト→ホワイトを塗ります。光沢がいい感じ [続きを読む]
  • ヒコーキの工作05-機体の塗装
  • ボーイング787キットの組み立て。機体は、組み立て前に一旦ベースホワイトを吹いて、下塗りよせsdryr、全体の色調を落ち着かせます。ベースホワイトを吹いたら、塗装工程での傷を確認。傷は紙ヤスリで研いでから、コンパウンドで磨きますそのあと、窓周りを中心に、機体色のホワイトを塗装します。飛行機の模型は、窓ガラスの表現が鉄道模型とはだいぶ異なります。従来のキットでは窓は抜けておらずデカールで表現するところでした [続きを読む]
  • ヒコーキの工作04-この1週間の成果
  • 10月から仕事の勤務時間が変わり、40分ほど朝寝坊できるようになりました。いつも深夜に帰ってきて、早く帰れた時も疲労困憊で「毎日10分の工作」が出来ない日が続いていましたが、まさかの工作チャンス♪しかし10月第1週の平日朝の工作は、都合2日しか出来ませんでした。堕落一直線ですねやっぱり。。。ある日の朝、作りかけの飛行機モデルのタイヤの片面を塗装し。また別の日の朝、タイヤをランナーから切り離してヤスって反対 [続きを読む]
  • ヒコーキの工作03-エンジンの組み立て
  • 今日は、家事の合間を縫って、1/144ボーイング787(童友社)のエンジン組み立てをしました。最初エンジン周りを塗装してから全体を組み立てます。エンジン中心部の渦巻き(エンジン回転を見極めるためともバードストライク対策とも言われています)のデカールも、この状態で貼ってしまいます。飛行機のプラモデルを組み立てるのは初めてで、板キットと異なりランナーから切り離してどう組み立てるのかがイメージしにくく、「考える [続きを読む]
  • 空港モジュール02-線路の加工
  • 接続部のマージンも含めて長さ600mmの線路を作ります。最初、接続部のことを忘れて「158.5+280+158.5=597」になるよう線路を買ってしまいましたが、今日医者の帰りに「99+158.5+158.5+99=515」になるよう、99mmのワイドレールを買い足しました。これで規格どおり接続部に片側約40mmの余裕を設けることができます。ワイドレールには高架線路として使う際の基礎パーツがあります。セット売りしかなく、158.5mmのパーツが4本余ってし [続きを読む]
  • さよならイケメン
  • 報道等でご存知の方も多いと思われますが、今度の10月をもって、大阪環状線から、103系電車が引退するとのことです。写真は去年来阪した時に撮った「最後の1本」、LA4編成の先頭に立つクハ103-802です。103系自体はまだ関西本線・奈良線・和田岬線・加古川線・播但線・筑肥線に残りますが、考えてみれば、1974年以降の「高運転台・ATC顔」の103系は、これで最後。全車引退となります。1970年代後半、京浜東北線の沿線で幼少期を育 [続きを読む]
  • 新モジュール(?)の準備(?)
  • 去年の今頃もそうでしたが、ここ最近心身の調子を崩しています。最近は残業ができず、夕食早く帰ってきてもぐったり横になってしまいます。もちろん工作も進んでいません。。。そんな中、来年正月明けにモジュールオフをやるべく会場を予約し、謎のモジュール熱が温まりつつあります。とはいっても自宅の収納スペースはもうモジュールが納まる場所がなく、取り壊しによる収納スペース明け渡しもままならず、どうしたものか考えた結 [続きを読む]
  • ヒコーキの工作02-下塗り
  • ボーイング787プラモデルの工作。まずはキット全体にベースホワイトを塗ります。肉薄のところなど、整形の痕が残っているところもベースホワイトを塗って隠蔽。その後、機体のホワイトを塗装。ホワイトは機体を組み立てて表面仕上げしてから、嵌め込み式の窓周りをマスキングして再塗装します。その後、エンジン廻りを塗装します。ファンブレードを銀色に、その後ろの熱気を浴びるエンジン周りを黒鉄色に塗ります。鉄道模型とは異 [続きを読む]
  • 今日のお出かけ&お買い物
  • 今日は、午前中に新年会モジュールオフの会場を手配しました。その後。。。♪黄色い電車で〜 週に1度の東京! 行くぜ東京!!♪♪なんだ坂こんなん坂〜表参道私の靴には〜ウ◯がついてるよ〜拭〜く〜ぜ〜♪というわけで、お彼岸でしたので、青山墓地にある親族の墓参りに行ってきました。墓参りよりも、通りを行き交う見たこともない外車の群れの方に目が行ったりしていたのはここだけの秘密です。その後、神田で精進落としをし [続きを読む]
  • ヒコーキの工作01-開封
  • 昨年の年末につい買ってしまった1/144のボーイング787のプラモデル、次の工作のネタに作ってみることにしました。今回購入した日本航空モデル、実機は現在外国路線のみに充当されていることから、外国型の鉄道模型と合わせるのがしっくり来る存在ですが、このほど日本航空も国内線へのボーイング787の充当を発表したこともあり、国内各社の鉄道模型を引き立たせるストラクチャーとしての役割も期待できそうです。それにしても・・ [続きを読む]
  • 上野口115系補完計画20-Y350編成の更新工事(10)(完成しました)
  • さて、今年春に発売になったKATOの115系300番代湘南色、この車両の車体を再塗装せずにJR時代の更新車に組み上げる工作が完成しました。雪景色の中に置いてみると、それはそれは・・・・(・∀・)イイ!!(・∀・)イイ!!もう堪りません。車体を組み上げる前に、床下にトイレ循環タンクを接着します。今回はスーパービュー踊り子のAssyパーツで、吸い取り口の向きとか洗面台流し管の位置とか正確ではありませんが、雰囲気重視です。最後、車体を [続きを読む]
  • 上野口115系補完計画18-Y350編成の更新工事(9)(窓周りの工作:追加)
  • 前回ズッコけた前面LED列車表示周りの再工作。接着痕をコンパウンドで磨き(2個中磨いてもどうにもならなかった1個は放棄してAssy車体から調達)、家のプリンタで印刷した列車番号表示に表から両面テープを貼って、前面窓裏側に直貼りします。若干オーバースケールですが、このまま進行。窓ガラスを車体にはめ込んで見ると、俄然ご機嫌になってきます。このまま組み上げてしまいたくなってきます。追加で買ってきた「ドア注意」 [続きを読む]
  • キンメ電車とかき揚げタワー
  • 2週間前にたらふく遊んできた伊豆半島。伊豆半島の名物といえば、金目鯛ですね。自分も大好物です。というわけで、伊豆急のキンメ電車に乗ってきました。昭和61年、鳴り物入りで登場したリゾート21ですが、あれから30年経ち、ただのリゾート21では陳腐化してしまったため、金目鯛や黒船をイメージする電車に改装され、さらには豪華リゾート列車に改装された仲間もおります。しかしリゾート21といえば、やはり運転席と直結した展望 [続きを読む]
  • 「鉄仮面」のベース
  • 水曜日、午後休みを取って、頭のよくなるお医者さんに行ってきました。その帰りに都内に出て汚買い物。なんだかんだで諭吉さんになってしまいました。前面窓を駄目にした115系の補修用のコンパウンドと交換用前面ガラス付きのクハ、あとは窓用インレタとトイレタンク。この他にクハ165のシールドビーム車(KATO)をジャンクで3両調達。この顔とGM111系初期型の側面で、一時はステンレス剥き出しの「鉄仮面」が特徴的だった、115系と4 [続きを読む]
  • 工作机のリニューアル
  • 前はリビングの座卓で工作をしていましたが、今の家に引っ越してから、模型工作はダイニングテーブルの上で行うことが多くなりました。工作するときだけ、工具箱とカッティングマットとを持ってきてお店を広げていますが、工具関係の収納に使えそうなグッズを、100円ショップで仕入れてきました。セリアで買ってきた、ブラウンのマガジンラックとペン立てとクリアケース。これを組み合わせると・・・こんな感じで綺麗に工具類を [続きを読む]
  • 上野口115系補完計画18-Y350編成の更新工事(8)(方向幕の加工)
  • 115系の工作はクライマックスで、方向幕の表現です。試作した通り、鳳車両のシールを貼り、あらかじめ黒ゴム色に塗ったトレジャータウンの方向幕ゴムをエポキシ系接着剤で貼り付け。気をつけて工作しますが、はみ出した接着剤は、エナメル系溶剤と爪楊枝で拭き取って乾燥させます。でもやはり色々加工痕が目立つ出来になってしまいました。いっそのことトミックスの完成品を買ってきて台車とカプラーのみ交換した方が早かったので [続きを読む]
  • 上野口115系補完計画15-Y350編成の更新工事(7)(車体のレタリング)
  • 貫通扉をステンレスの銀色に塗装・・・はいいのですが、銀色に塗る過程で塗料が貫通扉以外に回ったり、方向幕の工作の際に接着剤が妻面に廻ってしまった箇所の表面再仕上げとか、緑色の塗装ミスで塗装面がツブツブになってしまったりとか。正直、妻面は「もうどうにでもな〜れ」状態です。。。気を取り直して、工作続行。妻面の塗装が乾いてから、車体表記(所属・ATS・ドア取手)のインレタ転写作業を行ないます。所属とATSは「北 [続きを読む]
  • 上野口115系補完計画15-Y350編成の更新工事(6)(車内の色入れ)
  • 平日は模型工作をしようと思いつつ手が伸びない日が続いています。今日の更新も先週日曜日の記事・・・旅行から帰ってきて片付けをしてから、ちょっと115系の工作をしました。車内の塗装ですが、車内はレッドブラウンに塗装。椅子はエナメル系のデザートイエローに、内装板(運転席仕切り、ロングシート脇の座席)はデッキタンに塗装します。合わせて、実車では存在しない車内柱(室内灯用と思われます)は艶消しブラックに塗装。 [続きを読む]
  • 夏休み家族旅行2017-3 西伊豆ドライブ旅行(3日目午後)
  • 我が家の夏休みは今日までですが、外は秋雨前線の雨。。。今年の夏が終わったことを実感させられます。そんな夏休みのドライブ旅行ですが、宿は3年前の義実家ご両親との家族旅行で行ったホテル伊豆急。今回の旅行ですが、格安プランゆえの山側に面した部屋でしたが、この日は台風の襲来で下田は大荒れ。宿に着いたとき、下田は台風接近の影響で横殴りの雨、波もガンガン叩きつけているような状況で、海に面さない山側の方がいい部 [続きを読む]