あいのひろ さん プロフィール

  •  
あいのひろさん: 心のドアをノックして
ハンドル名あいのひろ さん
ブログタイトル心のドアをノックして
ブログURLhttps://ameblo.jp/hirohappy70/
サイト紹介文あいのひろ学園 心理カウンセラー講座 著書「 なりたあなたになれる 夢をかなえる魔法のマップ術」
自由文心理カウンセラー養成講座、 チャイルドセラピスト養成講座、
アートセラピスト養成講座、カラーセラピスト講座を開講しています。

「夢かなマップ」「話の聴き方講座」「描いた絵で分かる深層心理」「性格分析」で立川市・国立市・八王子市・多摩市・水戸市主催講座 講師担当。著書「なりたいあなたになれる夢をかなえる魔法のマップ術」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/09/06 12:31

あいのひろ さんのブログ記事

  • ★カウンセラーの醍醐味は 〜実践第四回
  • 先日は心理カウンセラー養成講座実践科第四回でした。 カウンセリングには、 初期 ラポール作り(関係形成期) ↓ 中期 深い傾聴(自己検索期) ↓ 後期 行動計画(問題解決期)という流れがあります。この「深い傾聴」の時が、たまらない!ものすごい一体感なのです。その時、クライアントさんと「ゾーン」のような状態に陥ります。周りの声や音は何も聴こえない。この世界にクライアントと自分の二人しかいないような感 [続きを読む]
  • ★言葉で伝える、ありがとう
  • 最近私は眠くて眠くて、うっかり10時間くらい寝てしまいます。待ち合わせの準備のぎりぎりまで寝ている事も。起きてる時間が足りない。。どなたか眠りの森から引き戻してくださーい!で、最近いろんな場面で同じ話を聞きます。それは、「特に身近な人に、ありがとうと言葉で伝える」という事です。家族や親しい友人などから何かをしてもらっても、いつしか当然になってしまい、ありがとうって言うのを忘れてしまったりします。いつ [続きを読む]
  • ★人もいろいろ。木もいろいろ。
  • 「描いた木で分かる深層心理」を開催しました。(チャイルド体験講座) 木には自分自身が投影されます。くるくる描く人太くどっしり描く人木の輪郭を描く人何本も描く人 「木を描いてください」で、一つも同じ木がないのがいいね!木もいろいろ人もいろいろ家族画では、みんな、涙をぽろぽろ流しながら、いろんなお話をしてくれました。家族への思いは特別なんだなあ。あいのひろ今我が子達は、上は大学生で、もはや顔を合わすこと [続きを読む]
  • ★感謝すると身体も整う
  • 面白いことを聞きました。心臓の動きが整っていると、心身が整うそうです。つまり、感情や神経伝達やホルモンのバランスも整うそう。 ストレス多々の日常では、起きている時に、心臓の波形が整うのはまれだと言います。 心臓の波長が整うのは、睡眠中や深いリラックス状態の時。でも起きている時にも整う時がある‼?それは、感謝している時自然の中にいる時整っている人と一緒にいる時だそうです。 仏教や武道などで言われる「心 [続きを読む]
  • ★ベルトコンベアー待ち
  • 最近、お仕事が詰まっていて、ブログを書く時間が取れずでした。そんな中、昨日はカラー練習会では、来年のキーワードを決めました。 写真が横〜私が選んだのは「流」。人生において、何度も、ベルトコンベアーに運ばれるような時期があるように思うのです。そのベルトコンベアーに乗ると、自分がついていけないほど、物事がびゅんびゅん流れていく。私はそのベルトコンベアーを「運命」と呼んでいます。今はそれを待っている感じ [続きを読む]
  • ★コミュニケーション体験講座「心理ゲーム」
  • あなたはゲームの達人?!「心理ゲーム講座」を開催します!「心理ゲーム」って聞いたことありますか?コミュニケーション心理学の用語で、私たちがよーくやってしまう、後味が悪いやりとりのことを言います。例えば、磯野家のカツオくん。本当は褒めて欲しい。だけど、褒められるのは妹や弟ばかり。そこで、イタズラをしてみたり、困ったことをしてみたりする。するとやっと波平やサザエさんがかまってくれる。…これも「キックミ [続きを読む]
  • この世は最大公約数で成り立っている
  • 「この世は最大公約数で成り立っている」103歳の美術家、篠田桃紅さんの言葉です。新聞の字が小さいのも、面白いと思うドラマがないのも、100歳に標準を合わせていないからだ、と。「私みたいに、稀に長生きする人のために商売していたら成り立ちません。新聞社や出版社にしても、厚い読者層に照準を合わせています。」自分は社会で生きている資格がないのかもしれないと感じることもあるそうです。そんな中、篠田さんはこう言いま [続きを読む]
  • ★なりきり3歳児の世界
  • みなさんが好きだった「ごっこ遊び」はなんですか?私は小さい頃、おままごとが大好きでした。ひとりで「あらーおかえりー」「ごはんたべるー?」と家族役も自作自演。一人芝居。毎日毎日、庭にしいたゴザに正座して、エプロンをつけて、目の前のカラのおちゃわんには、御馳走がたんまりのっているように見えて、「ごはんですよー」とやっていました。本当のお母さんになった今となっては、あの頃の想像の世界を絶する、24時間営業 [続きを読む]
  • ★ 私の目に溢れたのは、 あなたの涙だった
  • 「人はつながっているんだなぁ」と強烈に感じる瞬間があります。深層心理の深いところにアクセスすると、お互いの境がなくなり、あなたはわたしわたしはあなたと感じる瞬間がある。彼女と出会って2年。前向きで行動的な彼女は、決して弱音を吐かない女性でした。いつ、その奥の感情の氷が溶けるだろう?と思っていたのですが、今回、グラリと大きく心が動く瞬間に、立ち合わせてもらいました。きっかけは亡きお父さん。私の目に溢 [続きを読む]
  • ★3月大阪いきます!
  • 2019年3月、大阪に行きます!▼サザエさんインストラクター講座3/23(土)13:30-17時 西中島南方駅(新大阪から1駅)詳細はこちら▼夢かなマップインストラクター講座3/24(日)10-14時半 西中島南方駅(新大阪から1駅)詳細はこちら*夢かなインストラクターとサザエさん講座、日程を入れ変える事も可能です。*アートセラピスト講座を開催することも可能です。 西日本詳細はこちら去年9月に久しぶりに大阪に行きタリーズに入 [続きを読む]
  • すべてには、時がある
  • こんな言葉に出逢いました。「天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。(略)捜すのに時があり、失うのに時がある。保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。黙っているのに時があり、話をするのに時がある」きっとすべての出来事に、すべての出逢いに、すべての営みには「時」つまり「旬」があるのでしょうね。例えば、今、そばにいてあげたいと [続きを読む]
  • ★人生で大切なことはほとんど2歳までで育つ
  • 「僕は愛着形成、ちゃんとできてる?」大学で発達心理学を学んでいるらしい息子、突然の質問に困惑する母。笑乳幼児期に形成される「愛着」は、人間関係の基礎ともなります。それが自己肯定感にもつながるというから、なんだか母親は責任重大だね。愛着形成には4つの段階があります。●第一段階 「誰にでも同じ反応をする」生後12週までは、誰にでもニコニコしています。●第二段階「特定の相手に愛着を抱き始める」6ヶ月ごろ [続きを読む]
  • 喜びが二倍になる!
  • ★喜びが二倍になる?? 先日のお誕生日には、お祝いメッセージをありがとうございます!!!いくつになってもお祝いしてくれる方がいるのは嬉しいものですね?? 誕生日はスパに浸かりながら、「自分の為にこの身体を使うと喜びは自分だけだけど、人のために使ったら喜びは二倍になるんだ」と気づいてなんだか嬉しくなってしまいました??誕生日は年に一度の生まれ変わりの日なのかな。また明日から頑張ろうと、生まれたままの [続きを読む]
  • 月下二盃ヲ交ワス 〜言葉のチカラ
  • 「月下二盃ヲ交ワス」という言葉を読んで、日本語って美しいなぁと思うのです。今ホツマツタエの解説書を読んでいるのですが、万葉集にも「言霊」という言葉が三箇所出てくるようで、古代の人も言霊を信じていたようです。言霊とは、物事に作用する言葉の力。ありがとうという言葉を投げかけると、水の結晶が変わるという本がありましたね。言葉には波動がある。人の身体の70%は水分だから、自分が発する言葉によって、自分の身体 [続きを読む]
  • ★子育てしながらお仕事って 〜仙台夢かな・サザエさん
  • 先日は仙台にて「夢かなマップインストラクター講座」と「サザエさんインストラクター講座」でした。今回はお一人当日体調不良で欠席があったものの、お二人の方が山形と岩手から来てくださいましたお二人とも、子育て中のママです。女性向けの講座をしていると、「子供がいても、好きな仕事をしたい」「子供と仕事、どっちも大切。でも大変」というお声をたくさん聞きます。私もこの10年、2人の子供を育てながらお仕事をしてき [続きを読む]
  • ★そうなったら嬉しいけど
  • 「夢を叶えたい!」「海のそばにすみたい!」←これわたしそんな願望・欲望・野望はたくさんありますが、すっごくそれを考えていても、そうならないことってあるよね。夢かな研究家(←いつから?!)としては、「強く思っても叶わない」のがすごく疑問だったのですが、最近自分なりの答えが分かりました。それは、「一旦握りしめたら、それを放つ」のが何より大切なんだなあと思います。「お金が欲しい!」って焦って思っている時 [続きを読む]
  • ★不登校の子供に、時間を決める
  • 以前中学校に勤務していた時は、週3回、不登校の子たちと接っする機会をいただき、本も出版している養護教諭の先生から、不登校について色々学ばせていただきました。その中で、とても勉強になったのは「時間を決める」ということです。不登校と一口で言っても、その子の状況にあわせて色々なパターンがあります。・全く学校に来れない子。・週1回だけ、一時間程度なら保健室に来れる子。・保健室には毎日来れるけど、教室には行 [続きを読む]
  • 答えは出すものでなく出るもの
  • 「問題が起きると、答えをすぐに出したいと思ってしまいます。 でも『答えは出すものでなく、出るもの』です。」矢作直樹さんの本にあった言葉です。無理に答えを出そうとしなくても、人事を尽くして天命を待っていれば、自ずと答えが出てくるのかもしれません。急ぐことも、 焦ることもなく、 待つこと。それについてこんなエピソードが書いてありました。「誰かと待ち合わせして1分でも遅れると烈火のごとく怒る人がいる。でも考 [続きを読む]
  • ★いやいや攻撃の2歳児〜娘はノースリーブがお好き
  • 「いやいや」「いやだあー」で、一日が暮れていく暮れていく・・・母と子の我慢比べの、いやいや期^^;いやいや期は2歳ごろと言われていますが、うちの娘は4歳の時に突然やってきました。4歳の時の娘、反抗期絶好調でした。梅雨の肌寒〜い日でも、ノースリーブがお気に入り。髪の毛には、10個以上のヘアピン&カチューシャをつけるのがオシャレの最先端。(幼稚園の園長先生にも「まあ、、ずいぶんたくさんついてるわね・・ [続きを読む]
  • ★心のゆがみを発見した夜…
  • 今、心理カウンセラー養成講座実践科の「認知行動療法とフォーカシング」のテキストを作り中。自分の「認知の歪み」でを見つけてばかりでなかなか進まない…よくやっちゃうよね。こんなあるあるのゆがみ↓「みんなそうでしょ?」「自分のせいです」「心の読みすぎ」「白か黒か」・・ああ、私もゆがみまくってるわ。認知の歪みを発見した夜。カウンセリングしてほしい(笑)今回の補講授業の日程は以下の通り******【修了生向 [続きを読む]
  • ★木の絵の横に、船を描いたら
  • 「木の絵を描いてください。」 というバウムテストで、木の横に船を描いてくれた方がいました。今までいろ〜んな木の絵を見て来たのですが、船を描いた方は初めてで笑木の横に山や森を描く人は多いですが、海を描く人はとても珍しいのです。描いてくれた方にその理由を聞いて見ました。すると「実は主人が船乗りで。だから描いたんだと思います。」無意識に描いたという船。それはご主人の存在だったのですね。「船乗りなのでなか [続きを読む]
  • ★「あいのひろば」傾聴練習会のお知らせです
  • 学園講師&認定カウンセラーのきゅーちゃんとはるちゃんが、あいのひろばとして傾聴練習会を開催します!傾聴って、やらないと忘れちゃうし、勘も鈍ってしまう。上達するには場数も必要です。「でも練習相手になってくれる人がいない」「生徒同士で練習してもこれが合っているかわからない」というお声もあり、現受講生さんもかつての受講生さんも、「傾聴練習がしたい!」という方にご用意しました!ぜひどうぞ!↓さかいさんのブ [続きを読む]
  • ★人生は4回生まれ変わる?
  • 急に寒くなって、羽毛ぶとんとダウンジャケットを出しました。『春は芽を食べなさい夏は葉を食べなさい秋は実を食べなさい冬は根を食べなさい』という言葉を最近聞きました。なるほど、だから旬のかぼちゃや栗や柿が店頭に並んでいるのね。我が家も昨日はかぼちゃの煮物でした。その季節らしく過ごすのがいいのね。きっと人生も同じだね。吉田松陰が処刑の前日に書き上げた遺書にこんなことが書かれてありました。「十歳にして死 [続きを読む]
  • ★脳内の真ん中に置いておく
  • 睡眠時間を除いた約17時間、どんなことを考えていますか?脳内メーカーみたいなのが流行ったよね。私はたまに、今脳内メーカーをしたら、どうなるかなって考えます。「全部、不安で埋まっちゃう!」ときとか、「他の人のことで埋め尽くされているなあ」とか「あんなことを言ってしまった・・」という不安や他人や後悔でいっぱいになってしまうこともあります。他のことでいっぱいになっている時、「今」や「私」や「目の前の物事」 [続きを読む]
  • ★人生は近くで見ると悲劇だが、遠くで見ると喜劇だ
  • 「ゲシュタルト。」なんだか美味しそうなこの名前(笑)ドイツ語で「統合」「形」などの意味があります。人は誰しも、「欠けた何か」を持っているものです。でも「全体を見ていこう」というのがゲシュタルトの考え方です。それはつまり、「ない」でなく、「ある」があると気づくことなのです。こちらは有名なルビンの壺です。白い壺を見ていると、黒い男女の姿は見えませんよね。同じように、人が何かを悩んでいる時は、一方しか見 [続きを読む]