キレンジャク さん プロフィール

  •  
キレンジャクさん: 回復期病棟から在宅へ
ハンドル名キレンジャク さん
ブログタイトル回復期病棟から在宅へ
ブログURLhttps://ameblo.jp/dodobird1564/
サイト紹介文脳出血後回復期病棟を経て在宅介護をしています。
自由文在宅介護を体験して初めて分かる困難さやストレス。
介護するうえでの工夫など日々の生活の中から綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/09/06 13:11

キレンジャク さんのブログ記事

  • ダイエット
  • 家庭の事情で、老人保健施設に入所することになった 我が家の気難し屋さん 大正生まれのおじいさん おうちの中では わがままで 気難しい しかし 一歩外に出ると 大抵の人が 温厚だとか 紳士だとか言われている そんなお爺さんだが 老人保健施設に入所20日で げっそりと痩せた 2kgの体重減少 老人保健施設tでは  苦労があったのだろうか あったのだろう 何とも言えない [続きを読む]
  • 血圧の薬変更
  • 血圧の薬 変更 初めて変更を願い出たのは ショートスティを利用するため その施設は、介護老人福祉施設 看護師も配置されている しかし 胃瘻からの投薬は無理 希望するなら利用はお断り 理由は看護師不足と言われた そのため 血圧の薬を 顆粒から錠剤にしてもらった 誤嚥の危険におびえながら 服薬ゼリーで小さな錠剤を服用する 実は、厚生労働省は介護福祉士に胃瘻からの栄養の補給は認めている もちろん必要な教育や研修を修了 [続きを読む]
  • 最近はもっぱらツイッター
  • 母が膝関節置換術の入院したころ 大した理由もなくツイッターを始めた ツイッターはブログと違ってタイムリーに反応がある 花が咲いた 雨が降った 猫が転んだ たわいもない内容でも 誰かがみてる 良くも悪くも 誰かがみてる [続きを読む]
  • プライバシーはいずこ
  • 介護保険 自己負担減額申請 すべての通帳 有価証券 他 今まで知らなかった 目を背けていた 両親の懐具合を知った 勿論役所の人も知った 持てるものならいざ知らず 持たないことをこうも赤裸々に知りたくなかった 介護保険の利用は 見知らぬものを家に招き入れサービスを受ける 個人情報の保護って 誰から守るのだろうか? [続きを読む]
  • 介護を受ける側が、練習すべきこと
  • 何気なくTVを見ていた 介護破算にならないために何を準備すればよいか そんなテーマであった 講師は結城康弘 快適な介護生活を送るために介護を受ける側が練習しておくべきこと 3つ その一番は ありがとうの練習 私には 予測していない解答であった 介護する側は人間である 普段から感謝の気持ちを伝えていれば おのずと手厚い対応をしてくれる 確かに 介護 要介護の関係となった時 それまでの関係の総決算として 介護状態 [続きを読む]
  • 勝手に動くな
  • 骨折事件まで 要支援2 ディサービスには週2回 ゲームに興じる日々であった 予期せぬ転倒 鋼線けん引 骨接合術 セオリー通りに夜間せん妄を起こし 長谷川式では23点と高得点をたたき出した 病状や今後のリハビリについて説明を受けても そんな事は関係なく動こうとした そしてついに 看護師に言われた 「勝手に動くんだから」 「自分でやってください」 ガーン ガーン 自分でやっていいのですか リハビリの先生 行動には見守り [続きを読む]
  • 偽サイト?
  • 在宅介護を始める前は 月に一度 高速に乗って デパートで日常から解放されていた 何を買うでもない ただ ブラ ブラ しかし 在宅介護が始まり ディサービスの利用を始めても 9時 4時縛りでは 外出も阻まれ  目的のない ブラ ブラ は 出来なくなった そして 通販のお世話になるようになった はじめのころは  もっぱらアマゾン を利用していた しかし だんだん 楽天だ 何だと そして 偽サイトにつかまった 1万を超 [続きを読む]
  • 在宅介護の限界は近いのか?
  • 実父が脳出血で倒れて この春で在宅介護の5年目に突入した 在宅を始めたころは 追々 ショートスティなども入れて 在宅の継続をと考えていた。 しかし、初めてのショートスティでまさかの PEGチューブ破壊 それ以来 要介護者のショートスティ拒否 なんだかんだと イライラしつつ 在宅を継続 満を持して 実母の膝関節置換手術に踏み切った しかし誤算は その後の転倒 骨折 在宅まで 老健施設でのリハビリも検討されている [続きを読む]
  • 久しぶりのブログ
  • ご無沙汰の理由 母は、要支援2であった そんな母が、いよいよ屋外歩行が危険になった エイヤー そんな気持ちで 膝関節の手術を決心した 手術は無事に終わり リハビリテーションもスムーズに進んだ 気難し屋さんの介護もあって 早々に退院した しかし 退院後 初の通院日 病院で転倒した 大腿骨の骨折 即入院  手術 ディサービスに行かせている 要介護4の 気難し屋さんを何処に行かせるか 一晩 いや二晩 さすがに参った それ [続きを読む]
  • オムツ外し その後
  • オムツ外しは はっきり言って うまく行っていない オムツいじりも 常態化している 目が離せない 眼を離すために 抑制手袋を着用させる 嫌がる 怒る いや 激怒する 外す いじる パンツにしたら 漏らす オムツをしたとたんに 尿意を訴える 気難しいおじいさん 耳が遠くなったおばあさん おばあさん もう 何もできん つまり傍にいて 尿意を訴えるのを待つため うーーーーん どうしたものか 高次脳機能障害 手ごわいぞ [続きを読む]
  • オムツ外し 3日目
  • 昨日は デイサービスのため リハパンに 2回用パッド パットの使用はなく トイレで排泄をした模様 そして 今日 朝から 失禁4回 いや めげるものかと ひたすら 普通のパンツを履かせる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 [続きを読む]
  • オムツ外し 良い点 困る点
  • オムツ外し 良いですね これまでのイメージです これが本来の人間の姿です オムツをしている状態は普通の状態ではありません オムツをしているのは良くないことですから外しましょう 外したら どんなに良いだろう まだ2日目ですが 結構 大変です なぜなら 排泄の欲求に 対応するためには 対応できる状況をつくっておかなければなりません これまでのように こちらの都合でオムツ替えとはいきません 人間の尊厳を守る オムツ外 [続きを読む]
  • ドキドキするわ
  • ゴールデンウイークの混雑を避け ショッピングモールへ買い物に出かけました なれないショッピングモールで目印となる GAPを確認 建物入り口を 写メします さあ お買い物開始 会員になっているお店で ドキドキしながらQRコードをかざし 同じところをぐるぐる ぐるぐる 何回か回って  少しずつ  お店の位置関係を 学習します 用事を済ませ 目印のGAP で QRコードをかざして 会員割引も無事に受けられ 迷わ [続きを読む]
  • 防犯対策
  • 入院準備ですよ きっかけは 車があるから 在宅だと思ったけど 宅配業者に言われた言葉です これはいけない 介護保険サービスを利用することになって 不特定多数の人が家に出入りします 住宅改修もしました そして 不在になることを 多くの人に周知します 防犯カメラの検討もしてます これには すぐ近くの家に入った空き巣の経験が影響しています それは その家のおばあちゃんのお葬式でした 近所となり  皆  斎場にいま [続きを読む]
  • 入院日決定
  • おばあちゃん(気難し屋さんの妻)・私の実母 の入院です 片方の手術に1ケ月半 3ケ月空けて もう片方を手術します 気難し屋さんの施設申し込みも完了して 入所通知を待つばかりです この件は 簡単には行きませんが この時点で気難し屋さんの在宅は終了です 介護を他人にゆだねることに不安はありますが 結構限界です おばあちゃんの手術という こう言う理由で在宅が終了するとは予測していませんでした ゴタゴタしている間に  [続きを読む]
  • いよいよ手術日も決定
  • おばあちゃんが、ひざの手術をする 長年農業をしてきたこの地方の女性は 多くの人がこの手術を受ける 人工膝関節置換術である 予定手術であるから あたふたすることはない そんな事より 気難し屋さんの存在である 90日余りの入院生活 それに伴うあれこれ この期間 気難し屋さんの在宅介護は難し ショートステイ? 90日はショートか? こんな時どうするのかな? [続きを読む]
  • 介護も第2ステージ
  • 私の父(通称 気難し屋さん)は 脳出血で救急搬送された そして急性期病棟に入院 血種除去術を受け 回復期病とを経て 在宅療養を開始した 通所ケアでは 虐待の洗礼を受け 訪問リハ 訪問看護に訪問介護 デイサービスに 訪問療養マッサージ  訪問診療を利用して 今では片麻痺の健康体になっている 一方 私の母(気難し屋さんの妻)は10年前の大腿骨骨折から 杖歩行となり&nbs [続きを読む]
  • 一人では抱えきれない
  • 気難し屋さんがショートスティに行ったが 先日支払いに行くと PEGからの注入があると 次回からの利用はお断りしたいと言われた 理由は看護師の退職だそうだ 私は PEGからの注入はしなくて良いです そう答えた 気難し屋さんの妻は 最近歩行が難しく 今月から室内用の杖を使用し始めた 浴室や自室でも転倒した どうしたものかと [続きを読む]
  • 花見
  • 最近は 花の名所と言えば 大抵 いずれかの高齢者の施設車両がみられる ディサービスでも 施設でも お出かけは 高齢者の好評なのだろう 我が家の高齢者二人も それぞれのディサービスから 花見に出かけた 良いな さて 介護担当の私と言えば もっぱら花見は 我が家の桜 我が家の椿これらは 要介護者となった 気難し屋さんが植えたもの 全盛期には 愛好家の人たち [続きを読む]
  • ショートスティも無事終了しました
  • 約2年ぶりに ショートスティに行ってもらいました 色々あって 在宅で見続けることが 継続できない場合も起こりうる そんなこともあって 再開です 結局 私自身の許容レベルをどこまで下げられるかが問題なのですが たかが 1泊2日 食事を食べなくても 水分が補給されていればいいか そんな感じです 予想通り  主食は食べても副食は2・3割 この食事も 本人自身が仕方ないと思 [続きを読む]
  • 春を実感した日
  • 昨日とはうって変わって良いお天気です 鶯も上手に鳴いています ぽつぽつと咲き始めた春の花たちの一足先に 咲きそろった紫菜花です 我が家の庭から数本を花畑に移植しましたが このままだと 周囲がすべてこの花になりそうな勢いです 一足先に咲いた菜の花では ミツバチたちが忙しく働いていました [続きを読む]
  • 正体は、誰か
  • 今年もミモザの花が満開になった いつもは行かないミモザの木の所へ行った すると その木の近くに 直径20?  深さ40cmほどの 穴  2つ いったい誰の仕業か 近所の人に聴いてみた 穴は 誰が掘ったのだろう ある人は 夜遅く 帰宅する途中 我が家の横で 狸に出会った きっと狸の仕業に違いない この穴から20mほど離れたところに栗畑を持つお [続きを読む]
  • ヤフオク 初体験
  • 介護の日々で困るのは 思うような外出が出来ない バイト先の高校が 甲子園に出場するが 日帰りの応援にも参加できない 何しろ朝6時出発 試合終了帰郷となると 無理無理 そんなこんなで お買い物は通販が多くなる 猫砂しかり 最近では 食料品以外おおかた通販である そこで孫1号が好きなぬいぐるみを買おうと ”クロネコぬいぐるみ”と検索すると ヤフオクにヒット [続きを読む]