空 さん プロフィール

  •  
空さん: 何のために生きるのか?
ハンドル名空 さん
ブログタイトル何のために生きるのか?
ブログURLhttps://ameblo.jp/taitakau-tan/
サイト紹介文何のために生きなければいけないのか?生きる意味は本当にあるのか?
自由文死ぬその時まで、人生の意味を追い求め続ける・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/09/06 17:39

空 さんのブログ記事

  • 意識による判断の7秒前に、脳が判断・・・
  • NHK教育TVの『モーガン・フリーマン時空を超えて運命か?自由意志か?』を観たのだが、ジョン・ディラン・ヘインズが自由意志を否定するような実験を提示していた。2008.04.17 THU 23:00「意識による判断の7秒前に、脳が判断」:脳スキャナーで行動予告が可能http://wired.jp/2008/04/17/%e3%80%8c%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%88%a4%e6%96%ad%e3%81%ae7%e7%a7%92%e5%89%8d%e3%81%ab%e3%80%81%e8%84%b3%e3%8 [続きを読む]
  • 失って、マイナスになって、それが見つかった時の喜び、幸せ
  • イエスが、99匹の羊を放っておいても、いなくなった1匹を必死に探し見つけた時の喜びの例えを説教したのは、人がマイナスになっていたものをプラマイゼロに戻した時の感動喜び幸福を言いたかったからだと思う。いや、むしろ、プラマイゼロに戻したという以上に、以前よりも大きなプラスになっていると言いたいのであろう。 そして、人はみんなマイナスからスタートしている。みんな生まれつき原罪を持っているから。ヨブ記も [続きを読む]
  • 夢がひろがる
  • 『考える生き方』という本を読んだ。(僕からしたら、はっきり言って、時間の無駄だったし、たぶん、他の人がまに受けたら人生を失敗してしまいそうな悪書だと思った(あくまで個人的感想です)。作者の真似をして生きようとしても、才能や能力が無い人は失敗するだろうから、もっと地道に真面目に平凡に生きていった方がいいであろう。) 人生の意味を追い求めてるこんな僕だから、当然、人生の意味を考える生き方という内 [続きを読む]
  • 「人生は完結」と思う高齢者の自殺ほう助認める動き、オランダ
  • 『「人生は完結」と思う高齢者の自殺ほう助認める動き、オランダ2016年10月14日 14:34 発信地:ハーグ/オランダhttp://www.afpbb.com/articles/-/3104388【10月14日 AFP】安楽死の合法化から約15年を経たオランダで、病気でなくても人生は「完結した」と感じている高齢者が自殺ほう助で死ぬ権利を法的に認めるよう、安楽死法の範囲を拡大する動きが出ている。 オランダ保健相と司法相は12日、議会に宛てた書簡のなかで「熟慮し [続きを読む]
  • 閑話休題
  • 元アナウンサーがツイッターか何かで、透析の患者さんは自業自得だから自費で透析を受けるようにという内容のコメントをして、非難殺到、出演した番組を降板させられるという事態になったらしい。里見清一著『医師の一分』にも医療の本音が書かれてあるらしい。元アナウンサーがいろんな実害を受けているのだが、この本の著者は何か嫌がらせを受けているのだろうか?「「命はすべて平等」なんて大嘘」らしい。やはり、本気 [続きを読む]
  • GOMA の描く世界
  • GOMAという頭部外傷で臨死体験をしたと思われるアーティストの描く点描画が気になる・・・ディジュリドゥという楽器の音楽も不思議な雰囲気で、今後GOMAというアーティストを追っかけてみようかな・・・この世について、自分という存在について、死後の世界について、何かヒントが得られるかもしれない・・・ http://gomaweb.net/news/gomabookrelease/ [続きを読む]
  • 無の状態での自意識
  • 宇宙空間に漂っていると、前も後ろも右も左も上も下もない。もちろん、自分の身体の向きを基準に上下左右前後に人は呼ぶわけであるが、もし、自意識という一点で宇宙空間を漂っていたら前後左右上下の区別はない。漂っているとき、そばを二つの彗星が通り過ぎようとしている場面に遭遇したらどう認識するだろうか?一つの彗星ともう一つの彗星の遠近や遅速や大小や色が認識できるだろう、それと、彗星の運動という時間変化を認識 [続きを読む]
  • 何もない世界
  • 宇宙空間の中で、上下左右の概念が意味をなさないように、外からの刺激次第で人間の価値観世界観は変わっていく。 逆さメガネの実験というのが心理学の分野でいくつか行われている。逆さに見える眼鏡で何日も生活していると、その人の見え方、視覚に変化が起きて、逆さに見える世界・日常の方が自然になってくるわけだ。 世界からの刺激がない状態の無の状態での人間の意識は一体どうなっていく物か???思考実験をし [続きを読む]
  • ペルソナ5
  • 数日前にPS4が発売され、さらに同日ペルソナ5も同時発売された。ペルソナというアニメは一度少し見たことがあるが、その時ははっきり言ってつまらなかった。しかし、ペルソナ5というゲームでは、「人の心を盗む」をテーマに、さらに、近未来的なサイバーティックな映像美が素晴らしそうで、ペルソナ5のプロモーションビデオをネットでいろいろ見ていた。「人の心を盗む」とか「サトラレ」とか、本当に人が何を考えて感じているか [続きを読む]
  • 過去
  • 写真を見ながら過去のことを思い出していると、複雑な気持ちになる・・・今の自分のこの現状を知らない昔の自分からしたら・・・ まるで何も知らないおさなごのようだ。 人間は基本無知な生き物であり、弱く、はかない・・・・ [続きを読む]
  • 9月・・・
  • キンモクセイ もうすぐ金木犀が良い香りを放ってくれる時期になりました。 9月・・・・ ちなみに写真の花はランタナです。香りはないけど、可愛らしく美しいです。。。 [続きを読む]
  • 自分という意識4
  • 自意識・・・自意識はなぜ発生したのか?自意識はちゃんとこの世界で記録されているのか?自意識が感じる苦悩はちゃんと考慮されているのか?僕の場合は、やるべきことはやっていきたいという気持ちはある、義務感じゃなくて、自分の意志で、希望で、自発的意思で。。。やるべきことは日々やっているつもりだけど、不十分であろう・・・自分の力不足を感じる・・・ともあれ、自分が死ぬとき、できるだけのことはやってきた [続きを読む]
  • ヴェルヴートさん パラリンピック
  • パラリンピックが開催されている。前回、女子車椅子100mで金メダルを取って、今回もリオで2連覇を目指しているヴェルヴートさん(ベルギー)は、脊髄の変性疾患で麻痺と疼痛に苦しめられているようで、パラリンピックが終わったら安楽死も今後考えてるようだ、、、(たぶん、今はまだそんなに真剣に具体的に安楽死を検討してるわけではないだろうが…)ベルギーでは、医師による安楽死が合法化されている国だから、やろうと思えば [続きを読む]
  • 人工知能
  • 今朝の日経に、東大教授の人工知能に対する最近のブームに冷ややかな批判をしている記事があった。人工知能は過去何度もブームがあったし、あと30年ほどでくるとどっかの科学者が言っている技術的特異点シンギュラリティにもそんなことはないと言っている。その通りだと思う・・・脳の世紀と言われている今世紀も全然進歩はない・・・ [続きを読む]
  • 自分という意識3
  • 眠る前に思索をしているのだが、意識が自己を認識しその詳細をリアルに正確に観察しようとした瞬間、意識は眠りに落ちてしまう。まるでブレーカーが落ちたとように。ショートしてしまったかのように。触れてはならないものに触れてしまったように。パンドラの箱なのか・・・ [続きを読む]
  • 自分という意識
  • 自分の感じるこの世界そして自分自身この感覚は誰とも共有できないこのクオリアは科学的に記述できない記述できないというのは、果たして存在していると言えるのだろうか?(表現がわかりづらくなってしまった)惑星の動きを記述することはできるし原子の動きも記述できる地球の歴史もわかっている範囲で記述することができるしかし、人間の心を記述することはできない、正確には。。。なぜなら、人間の心の中で考える思考はあっ [続きを読む]
  • 相模原施設の大量殺人
  • 相模原の知的障碍者施設入所者を10何名も殺害したうえなんとか聖という容疑者。彼は大麻精神病で今年措置入院していたようだ。やはり大麻は危険だ!大麻が脳の回路をおかしくすることは当然あり得ることだ。タバコが血管を傷害することはあっても脳細胞そのものに変性や壊死を起こすことはないのに、大麻は脳細胞や神経ネットワークをおかしくさせるのはこれではっきりしたことだろう。精神病とまでいかなくても、性格の偏奇をも [続きを読む]
  • クーデタ−
  • この世に意味などなくても、人生に意味がなくても、この「自分」という意識は脳の不随現象に過ぎなくても、構わない。ただし、無くても良かったのではないだろうか?自分と言う意識は。無くても良かったはずの「自分」(ここで言う「自分」とは自意識の「自分」と僕と言う唯一無二の「自分」の二通りあるけれど、ここではその問題は脇に置いておく)(無くても良かったはずの物が存在する以上、何か意味や意義がありそうであるし [続きを読む]
  • 生まれ出てきてしまった以上、次善の策は・・・
  • 多細胞生物は、その構成細胞の一つ一つが全体の目的に服従するように結束し協調しているから、他の単細胞より繁栄していったわけだ。 さらに、多細胞生物は他の多細胞生物よりも繁栄していくために、その結束力や協調性を高め、全体の能力を高めている。 個々の細胞は、自分中心から全体中心の働きをする。従って、時には、全体の繁栄のために自殺(アポトーシス)をする者もいる。 人間という生物が偉大なのは、器用に道具を使え [続きを読む]
  • アポトーシス
  • 男性由来のY染色体、女性由来のミトコンドリアDNA、、、人類は太古の昔から、同じ人という種同士で闘争を繰り返してきた。クロマニヨン人同士で戦い合い、自分以外の部族は根絶やしにするほど虐殺し、女性だけは残して自分の遺伝子は残そうとしてきた。チンギスハーンのY染色体は世界に何万人もいまだに存続しててその子孫は裕福な生活を送っている。さすがモンゴル大帝国を築いたチンギスハーンの血を受け継いでいるわけだ [続きを読む]
  • 加賀乙彦の不幸な国の幸福論という著書では現代日本の多くの人が豊かさを当たり前のこととして感じ、恵まれていることへの感謝の念がなくなっているから、ちょっとした不運やストレスにすぐに挫折してしまうということらしい。僕一人の個人的な考えで言うと、今の日本の社会の底辺にいるような人、例えばニートや引きこもり、もしくは働いててもフリーターや非正規雇用で職を転々とするような人で、生涯独身で、それでいて、自分 [続きを読む]
  • 人工知能は自意識を持つか?
  • 人工知能は自意識を持つか?普通の科学者なら「持てない」と考えるだろう。そんな普通の科学者は、一方で、人間が魂と身体からなる二元論を否定し、物質主義的に考えている。ここに矛盾がある。精巧で高度で複雑な人工知能を作っても、そこに自意識を芽生えさせる方法はないであろう。しかし、自然界が作った人間には自意識がある。「受動意識仮説」であろうと「意識は幻想である」であろうと、そんなことに関係なく、人間には自 [続きを読む]
  • ホーポノポノ
  • 人生は苦しいことが多い。自分なんかちっぽけ存在だ。叩かれて死んでいく蚊のような存在だ。しかし、かけがえのない唯一の存在だ。うらみつらみ憎しみの被害妄想も、自分中心で誇大的になって全能感にあふれた躁的な高揚した妄想も、絵空事や都合の良いことに現実逃避する空想も、すべて病的で、破綻していて、苦しくなるだけ。こういう悪性の妄想以外の妄想が大切だ。人はみな妄想をもって生きているわけだが、良い妄想、良性の [続きを読む]