投資アドバイザー変更相談所−IFA SWITCH さん プロフィール

  •  
投資アドバイザー変更相談所−IFA SWITCHさん: 投資アドバイザー変更相談所 - IFA Switch
ハンドル名投資アドバイザー変更相談所−IFA SWITCH さん
ブログタイトル投資アドバイザー変更相談所 - IFA Switch
ブログURLhttps://ameblo.jp/ifa-switch/
サイト紹介文ロイヤルロンドン、ハンサード、インベスターズトラスト、フレンズプロビデント契約者をサポート!
自由文投資アドバイザー変更相談所ーIFA Switchというサービスを運営しています。http://ifa-switch.com/
海外投資、特にロイヤルロンドン(RL360°)、ハンサード、インベスターズトラスト、フレンズプロビデントを契約して困っている方を安心の定額サポート!IFAと連絡が取れない、商品説明が契約時と異なっている、積み立てを停止・減額のやり方が分からない、、、そのような方達の力になる事をミッションとしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/09/07 19:28

投資アドバイザー変更相談所−IFA SWITCH さんのブログ記事

  • 初期口座に対するよくある誤解〜2年間だけ手数料かかかる?〜
  • 初期約束口座と貯蓄口座積み立て投資をされている方でしたら、初期約束口座(Initial Account)と貯蓄口座(Accumulation Account)という概念は一度は聞いたことがあると思います。初期約束口座(以下、初期口座とします)は、契約開始からある一定の初期の期間中に積み立てる口座の事、貯蓄口座は初期口座が終わった後に積み立てる口座の事を指します。 この初期口座の一定の期間とは、商品と契約年数に依って異なりますが、 [続きを読む]
  • スタンダードライフのIFA移管や契約終了は簡単
  • そもそもIFAはいつでも変更可能なものIFAは中立的な立場で、お客様のライフプランに合った投資商品を提案し契約業務を行います。そして投資を継続している最中は、最も重要なポートフォリオ管理や、住所変更やクレジットカード変更などの各種手続きを代行したりといった役割を果たします。 IFAはIndependent Financial Adviserの略で、独立ファイナンシャルアドバイザー、つまりどの投資商品からも独立していて公平な立場で商 [続きを読む]
  • ハンサード積み立て金の振り込み先変更の件
  • ハンサードの積み立てを銀行振り込みで行っている方はご注意ください ハンサードのアスパイアなどの積み立て投資をしている方に、振り込み先口座変更の連絡が届いています。以下、その日本語全文です。 お客様 各位 平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。先日ハンサード・オンライン(HOL)経由のレターにてお知らせいたしましたとおり、お客様の積立金の振込口座が変更になります。今まではHSBC銀行東京 [続きを読む]
  • 名義人、被保険者、受益者の3つの違いが分かりますか?
  • 契約時には自分が亡くなった後の事も考えましょう積み立て投資を契約されている方は、単独名義にされている方が多いのではないでしょうか?多くの方が、契約当初はまずは資産を増やす事を目的にしていますので、自身が積み立て金を支払えなくなったり、仮に突然亡くなってしまった場合の事を考えていません。 それを考えるためには証券契約で重要な名義人、被保険者、受益者の3つの意味を知る必要があります。定義は次の通りです。 [続きを読む]
  • 「いつ元本まで戻るか」が問題ではない
  • このマイナスはいつ元本まで戻るのでしょうか?不安でしょうがありませんフレンズプロビデントやスタンダードライフ、ハンサード、ロイヤルロンドン(RL360°)の積み立て投資をされている方から、以下のようなご相談を良くいただきます。 積み立て投資を始めて3年になりますが、元本割れしているので心配です。積み立て停止にするか、解約してしまおうか悩んでいます。また、友人は別のIFAで契約していますが、50%以上元本 [続きを読む]
  • ロイヤルロンドンを契約したい!と考える前に
  • ロイヤルロンドンについて最近とてもよくあるお問い合わせとそれに対する回答のご紹介です。ロイヤルロンドンを契約したいのですがどうしたら良いでしょうか?海外投資セミナーでロイヤルロンドンを紹介され興味を持ちました。アジアスという会社の商品も紹介されましたが、契約には一度香港に行く必要があるため、ロイヤルロンドンにしようと思っています。3万円から積み立てを始める事が出来、利回りも良く、資産を海外に [続きを読む]
  • HSBC口座の凍結解除に関する2つの誤解
  • HSBC銀行口座の凍結解除ツアーなどがまた増えているようです。そこで、多くの方が誤解している2つの項目について解説します。ATMカードは即日使えるようにはならない凍結解除自体は即日可能ですが、HSBCの手続きの関係上、ATMカードが使えるようになるのは翌日以降になります。もしATMカードが使えるようになっているか確実に確かめたい場合、また、暗証番号に不安がある場合などは、香港滞在を最低2日間確保しておいた方が [続きを読む]
  • 「暮らしやすい」都市ランキング 1位はやっぱりあの都市
  • 「世界で暮らしやすい都市ランキング」の2016年版が発表されました。このランキングは英エコノミスト誌が、世界140カ国の生活環境を5つの項目(安定性、医療制度、文化と環境、教育、インフラストラクチャー)ごとに、各100点満点で評価したものです。 元のデータはこちらに置いておきます。The EconomistのWEBサイトに無料登録すると入手できます。住みやすい都市の条件は?トップ10は、オーストラリア、カナダ、ニュ [続きを読む]
  • IFAの平均運用成績は無意味?
  • IFAの運用成績って?運用をお願いする所であれば、運用成績、つまりそのIFAが出しているリターンがどのくらいはお客様から見れば当然気になるところですね。また、巷でも運用成績は必ず聞くべきであると書いてあるブログなどを良く見かけます。 しかし、本当に運用成績は重要なのでしょうか? そもそも弊社は、運用実績の開示はほとんど意味が無いどころか、お客様の資産運用に対する大きな誤解を生む原因となると考えており [続きを読む]
  • あなたのフレンズ証券はプレミア?CR?
  • あなたが契約しているのはプレミア?CR?フレンズプロビデントを契約されている方で、自分の商品名が分からない方は実は結構いらっしゃいます。フレンズ社が提供している積み立て投資で、日本人が契約しているものはプレミアかCR(キャピタルリデンプション)の場合がほとんどです。自分が契約しているのがこのどちらなのか不明な方、一発で判定する方法があります。日本で契約した人はCR、香港の場合はプレミア2つの商品には、保険 [続きを読む]
  • HSBC法人口座開設が簡単になりそうです
  • HSBC法人口座開設の厳しさに批判殺到資金洗浄、マネーロンダリングの問題が続発する香港において、HSBCは法人の新規口座開設を厳格化してきました。特に、中小企業や、充分な財務諸表を用意できないスタートアップにとっては非常に開設が困難で、門前払いを食らう事態が頻発していました。 当然、香港内の各業界からは批判が続出、HSBCはそれに対する解決策を考えているようです。法人口座開設の易化6つのポイント解決に向け [続きを読む]
  • 香港でもポケモンGO解禁、アジアで2番め
  •  つい先日お送りしたメールマガジンで、香港ではまだポケモンGOが配信されておらず、心待ちにする香港人の声、投資対象としての側面等をお伝えしましたが、ついに昨日(25日)の朝11時30分頃、配信されたようです。 対象OSはアンドロイドとiOSで、アジアでのサービス開始は日本に続き二番目となります。配信直後にもかかわらず、この日の昼休み時には、「ポケストップ」が4つもある金鐘の特区政府本庁舎付近にスマホ [続きを読む]
  • スタンダードライフからこんな書類が来たら要注意!
  •  「スタンダードライフから何か手紙が来たのですが、意味を教えてもらますか?」 スタンダードライフの積み立て投資(Harvest101)や一括投資(Wealth Amplifier)をやっているお客様から多く頂く質問のひとつです。その中でも緊急性の高いのが、積み立ての引き落としができなかった事を通知してくるパターンです。 毎月クレジットカードもしくは銀行口座振替で支払いをしますが、様々な理由で引き落としが出来なくなっ [続きを読む]
  • HSBC香港の法人口座開設時にも英語力は必要?
  •  前回の記事で、HSBC法人口座開設時に抑えておくべき基本事項を解説致しましたが、読者の方より、「法人口座開設時にも、個人口座と同じように英語力は必要でしょうか?」という質問を頂く事があります。今回はこの疑問にお答えします。法人口座開設に英語力は必須ではない結論から申し上げますと、個人口座に比べれば、英語力はあまり重要視されていません。その理由は、法人口座開設時の面談には、会社に登記されている取締 [続きを読む]
  • HSBC香港の法人口座開設時に押さえておくべき3つの基本事項
  •  イギリスのEU離脱に端を発する世界恐慌懸念、各地で起こるテロによる情勢不安などから安全資産である日本円に投資家の資金が集まりつつあります。一方で、日本ではマイナンバー制度の施行などで海外に財産を移す事に対する関心も引き続き高まっています。 パナマ文書の一件があってから海外投資に及び腰になる人もいる一方で、それでも日本に資産を置いておくよりはと、香港においてはHSBC個人口座及び法人口座のニーズ [続きを読む]
  • 資産のリストアップが出来ていない人に投資の資格無し(5)〜負債の洗い出し〜
  •  資産を把握するための3つの質問には答えられましたか? 自信がない方は、資産を一覧表に書きだしてみましょう。第5回目は、負債の洗い出しについてです。負債の一覧表を作る借金については、資産以上に存在確認をしっかり行って、いついくら支払わなければならないかを完全に把握して置かなければなりません。借金の支払いは、あなた自身の信用に関わる問題だからです。 借金を返済するために、毎月かなりの負担が生じている [続きを読む]
  • イギリスのEU離脱の影響は全くリーマン級ではない
  •  御存知の通り、国民投票によりイギリスのEUからの離脱が決定的となりました。それによる世界経済への影響が各所で議論されておりますが、実際どうなのでしょうか?イギリス、EU、世界経済への影響を簡単に分析しました。EU離脱によるイギリスへの影響マイナス面イギリスがEUを離脱した後、イギリス経済は極めて不安定になることが想定されます。例えば、 EU加盟国との自由な貿易が制限される2015年、イギリスのEUへの輸 [続きを読む]