edamame100 さん プロフィール

  •  
edamame100さん: あしぶみ・よりみち・とおまわり
ハンドル名edamame100 さん
ブログタイトルあしぶみ・よりみち・とおまわり
ブログURLhttps://edamame100.exblog.jp/
サイト紹介文HSC気質と不登校
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/09/08 10:11

edamame100 さんのブログ記事

  • 母は孤独 不登校初期の気持ち
  • 小学校に入学して数か月後から登校しぶりが始まった次男が本格的に不登校になったのは小3の頃。現在小6なのであれから3年の時間が流れたことになります。その間で最も辛かったのはやはり不登校初期。学校に慣れるように小1からサポートしてきたのに結局不登校になってしまったこと。次男は体の不調だけでなく心の調子も崩してしまったこと。そしてそれは母親である私の責任のように感じられたこと。我が子がまさ... [続きを読む]
  • 小学生にスマホは早い⁉
  • ただいま小6の次男は次男専用スマホを持っています。スマホを検討しはじめたきっかけは、フリースクールに見学にいったこと。フリースクールに行ってみようかなという気持ちにはなったものの、不安と緊張が強い次男はいつでも連絡が取れる手段がどうしても欲しいと言いました。母子分離不安気味で、家族以外の他人を頼ることができない次男は、学校でも心配や不安なことがあった時に先生を頼ることができないから・... [続きを読む]
  • 6年生なので
  • 次男は4月で6年生になりました。小学校の最上級生です。学校では委員会活動や1年生との交流など6年生は学校の中心となって活動しますよね。次男は学年があがっても不登校を継続することにしました。4月に入ってすぐに学校で面談がありました。校長先生、学年主任、担任の3名の先生が勢揃い(笑)。てっきり担任の先生とだけ面談かと思っていたのでね、びっくりしました。今年度も不登校を継続することを率直に先生... [続きを読む]
  • 安心できる場所と人
  • 新学期が始まり1か月ほど経ちました。新1年生であろう体の小さな子がランドセルを背負って歩く姿を見かけるようになりました。次男が学校へ行きづらくなったのは入学して間もなくの小1でした。当時の次男もあんなに小さくて幼かったんだろうな。入学した頃は次男が不登校になるなんて想像もしていませんでした。不登校になったばかりの頃は、学校へ行けない次男を全く受け入れることができませんでした。泣きながら行... [続きを読む]
  • 新学期が始まりましたね
  • またまたブログの更新を滞らせている間に新学期が始まりました(^^;。このブログに訪れて下さっている方はお子さんが不登校だったり、学校に行きづらい、学校で過ごしづらい方が多いのではないかと思います。それぞれいろいろな思いを抱えながら新学期を迎えられたことと思います。非HSCのお子さんでさえもこの4月は緊張や不安を感じやすい季節です。HSCのお子さんならなおさらです。進級、進学で登校する学校... [続きを読む]
  • 見えづらい次男の特性
  • ブログの更新はなんと1か月以上ぶりです。どれだけ放置していたんだか(^^;。長男の大学入試、次男のフリースクールへの送迎など日々の諸々でパソコンの前にまとまって座る時間がなかなか持てませんでした。さて、次男はフリースクールに週3回順調に通っています。フリースクールに来ている子たちも穏やかな子が多くゲームやyoutubeの好きな動画など共通の話題で仲良くなるのも割と早かったようです。大人の... [続きを読む]
  • かわいそうな子
  • 時折思い出すことがあります。今から2年前の次男が小3の頃。当時は登校していたものの教室には入れず、私も廊下で付き添いしている状況でした。教室の出入り口は常に開いていて、教室に入ってすぐのところに次男の席がありました。それでも見えない壁があるかのように次男は教室へは入れませんでした。休み時間になると廊下へ友達が出てきてくれて、普通におしゃべりしたり楽しそうに過ごしていました。それでも授業が... [続きを読む]
  • きっちりしすぎ?
  • フリースクールへは週2,3回ペースで行っています。次男が最年少ですが、一緒におしゃべりをする友達もでき楽しめるようになってきました。行けばそれなりに楽しくて「明日も行く」「午前中から行く」と前の晩にははりきって言うのですが、翌朝になると「やっぱり休む」「午後からにする」というのは次男のあるあるです。自宅で過ごしてきた時間が長い次男にとってフリースクールは楽しいけれどやはり疲れも感じるのだ... [続きを読む]
  • 学期末の面談
  • 小学校で学期末の二者面談がありました。次男はお留守番です。学校や担任の先生には特に要望はないので近況報告をしました。次男がフリースクールに行き始めたことを先生に伝えると「それは良かったです」と言ってくれました。これまでも先生には次男は学校へ戻るのは難しいだろうと伝えていたので、次男に新しい居場所ができたことを「良かった」と言ってくれたのだと思います。5年生になって初めて教室に入りました。... [続きを読む]
  • フリースクール体験終了
  • 次男は2週間、フリースクールの体験をしました…と言っても毎日行ったわけではありません。そしてフリースクールで過ごす時間も2時間くらいでした。行くか行かないかも自由、何時に行くかも自由。その判断も毎回次男に委ねました。まだ慣れていないので毎回行くときは緊張してドキドキしていたようですが、行ってしまえば楽しく過ごせたみたいです。先日は中学以上のお兄さんがたくさん来ていて、次男のゲームの腕前に... [続きを読む]
  • あの時の自分はやばかった
  • 現在小5の次男は小3の時に強迫性障害のような症状が出てつらい時期がありました。病院にも行きましたが薬は飲まずに時間をかけることで症状は少しずつ影をひそめました。それまで私は学校に行かせることにこだわっていました。でも、身体にも心にも不調が現れたため学校をあきらめました。今思えば、こんなになるまで学校にこだわることなかったなぁと。なんてバカだったのだろうと思います。だけど、学校を手放すのが怖か... [続きを読む]
  • お母さんは変わった
  • 長男は高校3年生。大学合格目指して毎日勉強をがんばっています。現在通学している高校は進学校で、中学生だった長男はどうしてもこの高校に入りたいと勉強をがんばっていました。でも模試の結果もなかなか思うように出ず、受験するかどうか学校で重要視するテストでも良い結果は出ず、学校からも塾からも志望校を変更したほうが良いと言われました。それでもどうしても行きたい!挑戦したい!という気持ちが強かったた... [続きを読む]
  • 自由と責任
  • HSC気質の次男は学校生活がどうしても合わなくて現在不登校中です。本当に全く学校へ行かなくなって丸1年になりました。数日間病気で学校欠席するだけでも、授業についていけなくなるのでは?など学校生活が心配になりますよね。丸1年です。すごいでしょ?(笑)なんとか学校へ行けるようになってほしかった私は、学校での付き添いもしていましたし、毎日何時間目に学校に行くのか?何の授業なら出られそうなのか?... [続きを読む]
  • ハロウィンと友達
  • 今日はハロウィンですね。ハロウィンの仮装衣装や飾りもお店にたくさん出ていますが、私はハロウィンらしいことは何もやっていません(^^;。毎日夕方に次男と一緒にワンコのお散歩に出かけます。その途中でハロウィンの仮装をしている小学生男子の集団が歩いていました。その集団は次男と同じクラスの男子たち。次男と今でも仲良く遊んでいる子もその中にいました。みんな次男の姿を見つけると手を振ってくれました。... [続きを読む]
  • フリースクールへ行くにあたって
  • フリースクールへ見学に行ってからかなり時間が経ちましたが、あれからまだ先へ進んでいません。相変わらず自宅でのんびりと過ごしています(^^♪。見学行ったけどやっぱり行きたくなくなった・・・わけではなく、行こうという気持ちは変わっていません。ですが、フリースクールへ行くにあたって一つ解決しなければならない問題がありました。それは何かあった時のための連絡手段です。次男は不安が強く慎重なタイ... [続きを読む]
  • 林間学校
  • 先日、次男の学年は2泊3日で林間学校がありました。次男は参加しないことを2学期に入ってすぐに決めていました。先生からは宿泊をしなくても、参加できるものだけの参加もできますよとお話をいただいていました。でも5年生になってからは一度もクラスで過ごしたことはありませんからね、行事だけ参加するもの簡単ではありません。次男は林間学校を友達と楽しみたかったなぁという気持ちもあるようです。行きたかった... [続きを読む]
  • フリースクール見学
  • フリースクールの見学に行ってきました!!フリースクールを探し始めたのは次男が小3の頃。今から約2年前です。私が学校で付き添ってどうにか教室で過ごせていたのですが、身体症状が出てしまいとうとう教室へ入ることができなくなり、学校へ行けないならじゃあフリースクールへ!と思って探し始めました。実際は身体症状も出ていたため学校がダメだから他へ・・・というのは難しかったし、次男自身も友達のいる学校へ... [続きを読む]
  • 久しぶりのひとり時間
  • ただいま私、ひとり時間です。今日は次男の病院でのカウンセリングで、夫が半休をとって行ってくれたので私は家にいることにしました。行きかえりの時間、カウンセリングの時間を合わせて約2時間のひとり時間です。ひとり時間は久しぶりです。次男はもう小5でそんなに手がかかるわけではありません。ゲームや動画を一人で見ている時間が長いですし、その間は私もスマホをいじったり、テレビを見たりそれなりに自分の... [続きを読む]
  • 不登校の番組を不登校次男と一緒に見る
  • NHKのウワサの保護者会という番組知っていますか?尾木ママが出演されています。私も最近知った番組で子供の教育にかかわるいろんなこと(受験、お小遣い、お留守番など)を話題にして、複数の保護者の方の実例が出てきます。番組名通り尾木ママを囲んだ少人数保護者会のような番組です。先日は不登校を取り上げていたので録画しておきました。これまでは不登校に関わる番組は次男が寝ている時に見るようにしていまし... [続きを読む]
  • 受け入れる心積もりを
  • 9月1日。この前後は一年でも一番子供の自殺が多い時期ということで、「どうか命を絶たないで」「どうか今いるところから逃げて」というメッセージをよく目にします。命を絶とうと考えている子にこのようなメッセージが届くといいなと思います。自殺を考えてしまう理由は様々だと思います。よく報道されるのは学校でのいじめが原因の自殺ですが、それだけではないでしょう。理由はどんなであれ命を絶とうと思い詰めてい... [続きを読む]
  • 学校や先生に対する私の気持ちの変化
  • 次男が不登校になり、私は学校や先生への気持ちの変化を感じています。私自身は子供の頃、学校生活で特に大きな問題もなく過ごしました。中学や高校くらいになれば嫌いな先生もいましたが、基本的な考えとしては「先生は敬うもの」「学校は正しい」と思っていました。そしてそれは自分が親になってからも変わりませんでした。長男は学年が変わり毎年担任が変わっても先生を嫌うことなく過ごしてきました。ところが中... [続きを読む]
  • 夏休みのおわりに(2)
  • つづきです。以前に次男とはフリースクールについて話をしていました。そしてその時、もし二学期学校へ行かなかったらフリースクールへ見学へ行ってみると。そして今回、二学期も不登校を継続することになったので、フリースクールの話をもう一度してみました。まずゲームばかりの毎日はもったいない、ゲーム以外の経験もしてもらいたいなと思っていること。そして、自分が不安になったり困ったりした時に家族以... [続きを読む]
  • 夏休みのおわりに(1)
  • もうすぐ二学期が始まります。夏休み前には「二学期からは学校へ行ける気がする。林間学校もあるし二学期の最初から行っておかないとなぁ」と言っていました。夏休みももうすぐ終わるので今一度次男の気持ちを聞いてみました。「う〜ん。二学期からは行けると思っていたんだけど、やっぱり行けないなぁ。行ける気がしないんだよ」と正直な気持ちが返ってきました。予想通りでしたけどね(笑)。学校へ行きたい気持ち、行... [続きを読む]
  • 不安の片鱗
  • ここのところずーっと心身ともに調子が良かった次男。1時間くらいならひとりでお留守番も平気になっていたし、不安な言動はありませんでした。ところが最近不安な様子が少し見られます。特に音に敏感になっています。外から聞こえたガタンという音に「何の音?」と少し怖がりながら言ったり、リビングでゲームをしていると「今、何か変な音が聞こえなかった?」と突然言ってきたり。聞こえる音の正体が分からないとちょ... [続きを読む]
  • 大学進学を目指す長男
  • 我が家の長男はただいま高校三年生。受験生です。長男の高校は進学校ということもあり、ほとんどの生徒が大学進学を目指しています。長男も大学進学目指して猛勉強中。一、二年生と部活を熱心に取り組み、勉強は二の次どころかどこへ行ったんだか…くらい後回し。学校の成績はもちろん散々です。大学受験を考えたら一年生の頃からしっかり勉強を始めておくのが得策なのかもしれません。もしも部活に入らずにそこそこ勉強... [続きを読む]