近藤麻耶 さん プロフィール

  •  
近藤麻耶さん: 介護施設でキラリと光る
ハンドル名近藤麻耶 さん
ブログタイトル介護施設でキラリと光る"人財”を採用する方法
ブログURLhttps://ameblo.jp/kondo-scg/
サイト紹介文介護採用・人材育成専門コンサルタントの近藤が、日々の気づきなどを発信していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/09/08 14:06

近藤麻耶 さんのブログ記事

  • 「残業0」が生き残りの必須条件である理由
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 今回は、介護現場の業務改善についてお話ししたいと思います。 皆さんの現場では、毎日残業がなく退社できていますか? 最近は「残業時間0」に取り組む施設が増えてきました。というのも、今は完全な「売り手市場」。 求職者に対して、「残業時間0」「有給消化率100%」など「働きやすさ」をアピールすることは、もはや常識です。 逆に言えば、このよ [続きを読む]
  • 現場に潜む「非効率」の正体
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 前回は、介護現場に「非効率」がまだまだ多く存在するというお話をしました。今回は、その原因についてお話しします。 いまだに介護現場に多くの「非効率」が存在する原因は・・・介護現場ならではの特徴にあると考えられます。 原因1 スタッフ全員の動きを把握しづらい  介護現場では、数多くのスタッフが、常に同時進行でそれぞれ違う業務を行っ [続きを読む]
  • 紹介制度を浸透させる3つのポイント
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 前回お話しした「スタッフ紹介制度」について、よくこのような声を聞きます。 「うちの施設でも、紹介制度を導入したのですが、なかなかスタッフに浸透しなくて・・・」「紹介したことでお金をもらえることに、抵抗感があるスタッフもいるみたいで…」 たしかに、「紹介制度」を導入したからといって、すぐに実績につながるケースは稀でしょう。紹介する気 [続きを読む]
  • 紹介制度導入のススメ
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 以前、求職者の情報源は、以下の4種類に分類されるとお伝えしました。 1.採用担当者が発信して、求人媒体を介した情報2.採用担当者が発信した、体験型の情報3.(元)スタッフが発信して、求人媒体を介した情報4.(元)スタッフが発信した、体験型の情報 今回は、「口コミ」の活用方法についてお話しします。注目していただきたいのは4.(元) [続きを読む]
  • 求職者が口コミサイトを利用する本当の理由
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。前回は、「口コミサイト」が今、ブレイクしているともお伝えしましたね。 急成長中の就職口コミサイトとは皆さんは会社の「口コミサイト」をご覧になったことがありますか?セミナーでは、意外と「見たことがない」「知らなかった」という方がまだまだ多いのですが、現在の就職(転職)活動では、メジャーになりつつあります。 ※例えば、「Vorker [続きを読む]
  • 求職者の「4つの情報源」とは
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 先週末も、2日間連続で採用に関するセミナーでお話してきました。参加者の皆さんから、採用の現状をお聞きしましたが、やはり全国どこへ行っても、採用市場は相変わらず厳しい状況ですよね。 早いもので10月に入り、内定式を開催した法人も多かったのではないでしょうか。内定者の方には、これから活躍していただきたいものですね。 ところで、この「就 [続きを読む]
  • “女の園”サバイバル法 トレーニング編
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。これまで3回にわたり、「女性マネジメントシリーズ」をお伝えしました。 シチュエーション別の対処法も、これまでいくつか紹介しましたが。とはいっても、これまで女性のマネジメントに苦労していた方が、いきなりマネジメント上手になる!ということはまずないでしょう。 そこで、このシリーズの最後に、女性マネジメントの練習法についてご紹介します [続きを読む]
  • “女の園”サバイバル法 其の三
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。女性マネジメントシリーズ、第三弾です。早速ですが、皆さんはこのような経験はありませんか? 仕事の進捗を(女性スタッフに)確認しただけなのに、逆ギレされてしまった・・・ 困りますよね…さて、考えられる原因は以下の2つが考えられます 原因1:仕事の結果を出すことよりも     自分が頑張ったことにこだわる女性が多いこれについては前回 [続きを読む]
  • “女の園”サバイバル法 其の二
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。今日からはもう少し、実践的なお話をしていきます。 皆さんは、女性スタッフの相談に乗っている時にこんな風に感じた経験はありませんか? 「相談にのってあげているのに、どうして不満そうなんだろう・・・?」 その原因は、一般的に、男性と女性とでは、コミュニケーションの目的が違うことであると考えられます。例えば、何か悩みごとの相談にのって [続きを読む]
  • “女の園”サバイバル法 其の一
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。今回はちょっとデリケートな話題です(笑) これまで様々な介護施設様にお邪魔してきましたが、どこでも耳にするのが、女性のマネジメントの難しさです。 ご存知の通り、介護現場は女性が圧倒的に多い世界です。”お局様”がいたり、残念ながら”いじめ”があったり・・・そんなお話は、全国共通、当たり前のように耳にします。 リーダー、主任、施設長 [続きを読む]
  • その「伝え方」が人材不足を招く!?
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 リーダー的な立場でいらっしゃる皆さんは、日々部下・後輩の育成を試行錯誤されていることと思います。 これまで色々なマネジメント手法について取り上げてきましたが何を実践するにも大切なのが、“伝え方”です。 特に、女性が多い職場では、「上司が好きか・嫌いか」で生産性が大きく左右されるという調査結果もあります。 もちろん、全ての女性が当 [続きを読む]
  • 会議の“ちゃぶ台返し”対応法!②
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 前回に引き続き、“ちゃぶ台返し”の考察をしていきたいと思います。具体例として、次の3つの意見を比較検証しました。パターン1「納得できません!暑い中ビラ配りはしたくありません!」パターン2「地域の方たちも“ビラは受け取りづらかった”って言っていますよ!」パターン3「去年のビラは1日で10枚しか受け取ってもらえませんでしたよ!」 ポ [続きを読む]
  • 会議の“ちゃぶ台返し”対応法!①
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 今回は、久しぶりに「会議」についてお伝えしたいと思います。 皆さんの施設でも、毎月様々な会議があると思いますが、このような経験はありませんか? みんなで出し合った意見がまとまりそうだったのに、1人のスタッフによって「納得できません!」と“ちゃぶ台返し”をされてしまった・・・ 特に、女性が多い介護業界では“発言力が大きい”スタッフ [続きを読む]
  • 若手スタッフが「お金」に強くなる方法
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。先週に引き続き、お金シリーズ第二弾です。 前回のブログでは、以下の理想的な状態をつくるためにも、現場スタッフに“お金”に関する教育は不可欠であるとお伝えしました。1)現場スタッフに「コスト意識」を持ってもらう→現場スタッフもコスト意識を持つ大切さを理解し、管理者(経営者)が掲げる旗に向かって頑張ることができる 2)管理職に必要な [続きを読む]
  • 「コスト意識」あなたの施設は大丈夫?
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 今回は、“お金”に関するお話です。 介護事業に関わらず、お客様にサービスを提供するには当然、“お金”がつきものです。ですが、介護業現場のスタッフさんは、 “お金アレルギー”の方が多いように感じています。 「もう少し稼働率をアップさせよう!」「利用者様の客単価を上げるようにしましょう」 このような話をすると 「私たちはお金のためにこ [続きを読む]
  • “最強”の採用活動とは?
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどまや)です。前回は、情報の信用度を計る、2つの「物差し」についてお話ししました。 物差し1:公式のルートか、非公式のルートか物差し2:実体験に基づいているか、基づいていないか(=リアル度) これらを掛け算すると、求職者の情報源は、以下の4つのパターンに分類することができます。 ①公式で実体験がない情報②公式で実体験に基づいた情報③非公式で実体験がない情報④非公 [続きを読む]
  • 採用情報の信用度を計る「物差し」とは
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 今回は、求職者の情報源についてのお話です。 いわゆる求人情報は、巷にあふれかえっておりますが、求職者の情報収集方法には、どのようなものがあるでしょうか。 一般的に、メジャーな情報源と言えば ・ウェブ・チラシ・パンフレット・ハローワーク などが考えられるかと思います。また、 ・合同説明会・企業ごとの就職説明会・その他就職イベント な [続きを読む]
  • 意外と知られていない採用活動の“三本柱”
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 突然ですが、皆さんは「採用活動」と聞いて、何を思い浮かべますか?・求人広告を出す・就職説明会を開催する・面接を行うといったことを思い起こす方が多いのではないでしょうか。 もちろん、これらも正解ですが、それは採用活動のごく一部です。皆さんがこれから「採用活動を見直そう!」と考える場合は、以下の3つの視点を同時に持っていただきたい [続きを読む]
  • 採用ターゲットは求職者だけではない!
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。7月に入り、気がつけばもう夏。新卒向けの就職説明会もピークを越しましたね。 とはいっても、福祉系の学生さん、特に専門学生や高校生であれば就職活動はまだまだこれから!というところではないでしょうか。 もし、皆さんの施設の通勤圏内に ・福祉系の大学(学部)・福祉系専門学校・高校(就活生がいる高校) などがあれば、ぜひ、この夏休み期間中 [続きを読む]
  • 新人夜勤スタッフへの申し送りのポイント③
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 今回は、新人夜勤スタッフにありがちな、「判断基準」と「個別ケア」の理解不足をうめるために、3つのポイント <前回までの振り返り>ポイント1:インプットの“質”を高めるポイント2:判断基準を“見える化”するポイント3:“新人レベル”のツールを活用する のうち、最後のポイント「“新人レベル”のツールを活用する」についてご紹介します [続きを読む]
  • 新人夜勤スタッフへの申し送りのポイント②
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 前回は、新人夜勤スタッフにありがちな、「判断基準」と「個別ケア」の理解不足をうめるために、ポイントが3つあるとお伝えしました。 ポイント1:インプットの“質”を高めるポイント2:判断基準を“見える化”するポイント3:“新人レベル”のツールを活用する 今回は、2つ目のポイント「判断基準を“見える化”する」についてご紹介します。 ポ [続きを読む]
  • 新人夜勤スタッフへの申し送りのポイント①
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 前回は、新人夜勤スタッフは、以下の「2つの“不足”」を抱えているとお伝えしました。 不足1:「判断基準」の理解不足不足2:「個別ケア」の理解不足 この「不足」を埋めるには、3つのポイントがあります。 ポイント1:インプットの“質”を高めるポイント2:判断基準を“見える化”するポイント3:“新人レベル”のツールを活用する 今回は、 [続きを読む]
  • 新人夜勤スタッフに「足りない」ものとは?
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 前回は、新人夜勤スタッフが起こしてしまいがちな事故事例を取り上げその事故の原因こそが、皆さんや新人スタッフの「不安」の正体であるとお伝えしました。 早速、種明かしをしてしまいます。 これらの事故の原因は、以下の「2つの“不足”」にあると考えられます。皆さん、あるいは新人スタッフが抱える不安の正体はこれだったのです。 不足1:「判 [続きを読む]
  • 新人夜勤の「不安」の正体は?
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 6月になりました。4月入社の新人スタッフは、そろそろ夜勤を経験し始める時期ではないでしょうか。 教える側も、新人スタッフも、なにかと不安の多い「夜勤」ですが、そのリスクは年々高まっているといえます。 というのも、皆さんが日々感じていらっしゃるように、人材不足の時代です。ひと昔前のように、入社時点での「経験」や「スキル(介護福祉士 [続きを読む]
  • 会議中の困ったさん、こんな時どうする?
  • 介護採用コンサルタントの近藤麻耶(こんどうまや)です。皆さまこんにちは。 前回の「CASE1 ちゃぶ台返し」に続き、パターン別の「困ったさん」対処法をお伝えします。皆さんの施設には、このような方はいらっしゃいませんか? CASE2 いつも遅刻してくるAさん遅刻してくる人は、大体いつも決まっているものです。そんなAさんには、少々手間をかけて対策をしましょう。対処法:会議の前に3回釘を刺す手間はかかりますが、この [続きを読む]