リカ さん プロフィール

  •  
リカさん: 風に吹かれて旅ごころ
ハンドル名リカ さん
ブログタイトル風に吹かれて旅ごころ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/riri81
サイト紹介文ほぼ毎月の旅を語ります。国内個人旅行で時々女一人旅。はんなり粋に楽しむはずが、気づけばいつも珍道中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2015/09/10 14:44

リカ さんのブログ記事

  • 春は花見と探検に 3-2 (last)
  • その1からの続きです。● 赤い靴の少女?三笠公園から横須賀駅方面に、町を歩きます。海軍カレーやネイビーバーガーの看板をあちこちに見かけます。ネイビーバーガーは「海軍バーガー」のことですが、初めて聞いた時には「ネイビー=濃紺」を連想して、(うわ、食欲湧かなーい)と思ったものでした。実際にはアメリカンサイズで、モリモリ食べる闘志が湧いてきます(笑)。日本丸のような帆船と、少女像。どこかで見たことがある [続きを読む]
  • 春は花見と探検に 3-1
  • 2日目からの続きです。 ● 横須賀・猿島へこの日は平日ですが、友人ミライさんと横須賀に向かいました。目指すは東京湾に浮かぶ唯一の無人島・猿島!実はまだ上陸したことがありません。近年名前が知られて観光客が増えたこの島は、夏になるとBBQ客で大混雑するとのこと。冬は、海風が寒すぎて、凍えそう。(夏と冬はよそう)と考えていたら、なかなかタイミングがつかめずにいました。今は暑くもなく寒くもない、ちょうどいいシ [続きを読む]
  • 春は花見と探検に 2
  • 1日目からの続きです。 ● 昭和記念公園へ前日の鎌倉の桜にかなり満足した母と私。翌日も早起きをして、立川の昭和記念公園に行ってみることにしました。母は何度も行っているそうですが、私は初めて。「米軍基地の跡地で、とにかく広い」と聞いています。敷地面積180ha、東京ドーム約39個分だとか。もはや想像がつきません。立川駅でお弁当を買い、青梅線に乗り換えてひとつめの、西立川駅で降ります。改札を出るとすぐ目の前が [続きを読む]
  • 春は花見と探検に 1-2
  • その1からの続きです。 ● だんかずら鶴岡八幡宮の参道、若宮大路には、段葛(だんかずら)という歩行者用の遊歩道があります。その長さ、465メートル。ここの桜の古木は圧巻でしたが、改修工事を経て、全て若木に変わってしまいました。(しばらく桜は見られないのかな)と思っていましたが、なかなかどうして、きれいに咲いています。まっすぐ伸びる参道は、桜の通り道になっていました。途中で道をそれて、細道に入ります。紅 [続きを読む]
  • 春は花見と探検に index
  • [2018.3.31, 4.1, 4.4]◆ 鎌倉 1-1 ←旅行記へ 母と鎌倉の桜を見に行きました。 鎌倉一大きな山門に上り、富士山と海を一望します。 小町通りは相変わらず観光客で大賑わいでした。  ● prologue ● 鎌倉光明寺 ● 山門は急階段  ● 絶景なり ● 富士山と湘南の海 ● 上から下から  ● 甘茶となむちゃん ● 境内は春爛漫 ● ホテルニューカマクラ  ● 勝烈庵のかつれつ丼 ● 小町通りのスイーツ ● [続きを読む]
  • 春は花見と探検に 1-1
  • ● prologue長かった冬が去り、今年はあっという間に春になりました。「そういえば、鎌倉の桜って、あまり見てないね」と母と話します。思い出すのは、夜のドライブ中に見た段葛の夜桜と、鎌倉山の八重桜のトンネルくらい。日中、ソメイヨシノを見た記憶がないのです。鎌倉は横浜よりも寒いので「もうちょっと暖かくなってから行こうか」と言っているうちにアジサイの季節になっているのが毎年のこと。そこで今年は、母と鎌倉にお [続きを読む]
  • 奥大和・京の桜の少し前 5 (Last)
  • 4日目からの続きです。 ● 雨の京大ふたたび最終日になりました。予報通り、この日も朝からあいにくの雨です。祝日なので、観光客の出を考えて早いバスに乗りましたが、それでもこの日はギュウギュウに混んでいました。三条の宿から歩いてきたというベスは、、京大病院の敷地内で迷ってしまったと、お疲れモードで登場。京大病院ってそんなに広いのね。この日も京大でのフォーラムに参加。たくさんの講義室で大勢の研究者たちの [続きを読む]
  • 奥大和・京の桜の少し前 4
  • 3日目からの続きです。 ● 雨の京都大学この日は朝からあいにくの雨。観光には向かない日ですが、ちょうど用事が入っています。まじめスタイルで宿を出て、バスで京都大学の吉田キャンパスへ。吉田神社に行こうとして、構内に迷い込んだことはありますが、建物の中に入るのはこれが初めてです。これが京都大学のシンボルの、クスノキと時計台。横に大きく枝を広げるクスノキ。「この木なんの木気になる木」みたいです。時計台の [続きを読む]
  • 奥大和・京の桜の少し前 3-2
  • その1からの続きです。 ● 京都てっぱくお次は梅小路公園に行きました。このクラシカルな建物は、日本最古級の木造駅舎といわれた旧二条駅舎(明治37年に建設)。公園内に移築され、今はミュージアムショップになっています。この日は平日ですが、京都鉄道博物館は家族連れで大賑わい。もう子供たちは春休みに入っているのかな。C6226機関車と0系新幹線と東海道本線(たぶん)。懐かしくてほっとするような電車たち。今回は外か [続きを読む]
  • 奥大和・京の桜の少し前 3-1
  • 2日目からの続きです。 ● 新たな竹林の小径春の天気は変わりやすいもの。この日は午後から雨の予報になっているため、早めに出かけました。まずは嵐山に向かいます。市バス一日乗車券で乗って行けるようになったので、早速バスで行ってみます。でもバスだとかなり時間がかかり、延々乗っていく感じ。渡月橋のところで降りて、竹林の道を通りました。なんと、人力車専用の小径が新たに造られていました。その分、竹林が少し伐採 [続きを読む]
  • 奥大和・京の桜の少し前 2-2
  • その1からの続きです。 ● 上賀茂神社へ北野天満宮を訪れた次は、上賀茂神社に向かいました。道路の渋滞で、思ったよりも移動に時間がかかり、神社に到着前にすでに14時を過ぎました。この日は、仙洞御所の見学も申し込んでおり、15時半の回に間に合うか、気になり始めます。仙洞御所に到着する時間を見越して考えると、この神社での滞在時間は20分弱。短いですが、京都に来た折にはいつも訪れる場所なので、少しでもご挨拶して [続きを読む]
  • 奥大和・京の桜の少し前 2-1
  • 1日目からの続きです。 ● 京都は混んでいる2日目の朝。ゆっくり寝ていたい気持ちをこらえて起き、出発。外はとてもいい天気。古めかしい京町屋風の家屋。趣があります。まず京都駅に向かいました。朝から大混雑している駅のバス乗り場を見てびっくり。この時期は混んでいないのかと思ったら、そんなことはありません。今は春。やっぱりみんな京都にやってくるのです。なんと前日から、京都市バスの1日乗車券が、500円から600円 [続きを読む]
  • 奥大和・京の桜の少し前 1-3
  • その2からの続きです。 ● バスで再び山中へ吉野から乗った電車を下市口駅で降りました。次はバスに乗り換えて、天河大弁財天社に向かいます。天川村へのバスは、一日たった3本のみ。乗り損ねないようにしなくてはなりません。バスを待っている間、マンホールチェック。吉野と同じく、鮎がデザインされています。バスは定刻通りにやってきました。小さめのマイクロバスの中は、ほぼ満員。駅前商店街を超えると、どんどん山の方へ [続きを読む]
  • 奥大和・京の桜の少し前 1-2
  • その1からの続きです。 ● 勝手神社のしだれ梅吉野山の門前町の散策を続けます。魚の置物と梅がさりげなく飾られたお店。柚子香桜鮎すしという看板が出ている、枳殻屋(きこくや)というお店です。勝手神社は建物がなく、ススキが生い茂る寂しい光景でした。不審火で本殿が焼失してしまい、目下復興中とのこと。無人の境内。誰に見られることがなくても、しだれ梅がきれいに咲いていました。勝手神社って、京都の大原三千院の奥 [続きを読む]
  • 奥大和・京の桜の少し前 index
  • [2018.3.17-21]◆ 吉野 1-(1) ←旅行記へ 3月中旬、吉野の山に向かいました。 七曲りの坂を上って金峯山寺、石段をひたすら下って脳天大神へ。 世に名高い吉野の桜は、まだつぼみのままでした。  ● prologue ● 大和郡山スタート ● 乗客は顔見知り  ● ターミナル駅吉野 ● 七曲り坂 ● 金峯山寺蔵王堂  ● 岩組 ● 脳天大神龍王院 ● 帰りもスイスイ  ● 吉野朝宮跡 ● 歴史たっぷり吉水神社 ● [続きを読む]
  • 奥大和・京の桜の少し前 1-1
  • ● prologue3月中旬に、京都に行く用事ができました。桜を見たいけれど、ちょっと早いかな。去年、奈良の天川村行きを計画したものの、お流れになっていたので、再びトライしてみることにします。せっかくなので、吉野にも行きたいなあ。ガイドブックにあまり載っていない奥大和(奈良南部)のことは、情報収集が難しいものです。そこで、奈良が好きなあまりに奈良に移住した、奈良博士のサチコさんに相談して、いろいろとアドバ [続きを読む]
  • お台場・横浜ももてなし 2-2
  • その1からの続きです。● さくら味のクッキー大桟橋にて、「日本人はキムチを食べる?」と突然の質問。「キムチ?食べるけど、どうして?」「買いたくて。好物なんだけど、ポーランドでは種類が少ないし高いから」「じゃあ、中華街に行こうか?」「中華街?韓国フードなのに、チャイナタウン?」気にしなかったけれど、そういえば確かに変ですね。中華街では、中国だけでなく韓国やタイのお店も多く、アジアごった煮というイメー [続きを読む]
  • お台場・横浜ももてなし 2-1
  • 1日目からの続きです。● 2日目は横浜この日は地元横浜をガイドする予定。そこでDanielに、桜木町まで来てもらうことにしました。ひとりで来れるかな?ミンさんは今日はお仕事。前日に教えてもらった通り「新橋から京浜東北線に乗るとまっすぐ来れるよ」と伝えます。ところが、路線検索をすると、表示されるのは山手線や東海道線ばかり。あれ、おかしいな?調べてみて、お昼の時間帯には京浜東北線は新橋を通らないことがわかりま [続きを読む]
  • お台場・横浜ももてなし 1-2
  • その1からの続きです。● ビーナスフォートパレットプラザから、ビーナスフォートに入りました。実は私、ここに来るのは初めてです。ロマンチックな雰囲気で、天井の青空がきれい。ここのキャッチフレーズは「女性のためのテーマパーク」なんだそう。ガンダムやトヨタカーを見に来たことならあったのに、すぐそばにあるビーナスフォートを素通りしていた私…女子力足りてないわ!● パレットタウンパレットタウンの観覧車は、イ [続きを読む]
  • お台場・横浜ももてなし index
  • [2018.2.25-2.26]◆ お台場 1  ポーランドの友人が一年ぶりにやってきました。 東京マラソンデーで銀座は大混雑ですが、隣の新橋は休日で静か。 ゆりかもめに乗って、ガンダムやトヨタカーを見学しました。   ● ももてなしランチ ● マカレナ、マッケレル ● ゆりかもめ  ● 冬のお台場 ● 白いガンダム ● MEGA WEB  ● FT-1 ● SETSUNA ● FV2 ● パレットプラザ◆ 風に吹かれて旅ごころ もくじ [続きを読む]
  • お台場・横浜ももてなし 1-1
  • ● prologue去年の3月に、ベルギーとポーランドからやってきた友人親子。今年はポーランドから、息子のDanielだけが来ることになりました。今回はニセコがメインだとのこと。北海道でスキー三昧するようです。ポーランドと言えば、雪が深いイメージ。わざわざ遠い日本まで来なくても、スキーはできるんじゃない?と思いますが、それでも会えるのはうれしいもの。再会を楽しみに待ちました。お喋りで好奇心旺盛な彼は、どんどん日 [続きを読む]
  • 友と雪の四万温泉2
  • その1からの続きです。● 風の谷の湯ぐっすり寝て、朝は自然に目覚めました。夜の間もずっと雪は降り続けていたようで、昨日よりも外は白くなっていました。朝食前に朝風呂に入りに行きます。まだ入っていない「風の谷の湯」が空いているので、喜んで向かいました。ところがそこは、半露天風呂になっており、かなり寒そう。堅実なルナちゃんは、ここは避けて女子風呂へと行きましたが、私は一人残り、入ってみることに。お風呂に [続きを読む]
  • 友と雪の四万温泉 1
  • ● prologue仲良しルナちゃんのバースデーをお祝いしようと、東京近隣のホテルを探しました。でも、今年はとても寒い冬。毎日震えています。う〜ん、温泉に入って身体の芯から温まりたーい。そうだ、温泉に行こう!冬には、いろいろな旅雑誌で温泉特集が組まれます。人気が高いのは、箱根や熱海、そして草津と、行ったことがあるところ。その中で、四万温泉が目に留まりました。まだ行ったことがない場所です。古くからの温泉で、 [続きを読む]
  • 友と雪の四万温泉 index
  • [2018.2.17-18]◆ 四万温泉 1 ←旅行記へ 仲良しの友と、四万温泉に向かいました。 バスを降りると、そこは雪降る別世界。 静かな山の温泉に浸かり、ゆっくりくつろぎました。  ● prologue ● 東京から直行バス ● 雪の中の温泉郷  ● 湯元四萬館 ● 外は雪景色 ● オリンピックの行方  ● TVとトーク ● 山小屋風貸切風呂 ● 木蘭の間  ● 山の幸づくし ● 温泉三昧 ● 友との語らい◆ 風に吹 [続きを読む]
  • 野毛・野毛山・駅裏石段-3
  • その2からの続きです。● 横浜迎賓館野毛山公園の展望台を下りて、すぐ近くにある横浜迎賓館前を通りました。仕事仲間が披露宴で訪れる予定の場所です。竹のエントランスが、さわやか。ちょうどシャトルバスが到着して、きれいに着飾った人たちが降りてきました。この日も披露宴パーティが行われるようです。ほとんどの人が、桜木町からバスに乗ってくるのでしょう。野毛坂を歩いて上る人がいたとしても、裏道石段を通る人は、ほ [続きを読む]