KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2015 さん プロフィール

  •  
KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2015さん: KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2015
ハンドル名KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2015 さん
ブログタイトルKYOKUKENZO'S WORKSHOP 2015
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kyokukenzo
サイト紹介文「道」は自ら切り開くもの。 他人の後追いは「道」にあらず。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/09/11 09:42

KYOKUKENZO'S WORKSHOP 2015 さんのブログ記事

  • 中華市場。
  • 中華市場。マンダリンマーケットではいろんなものを売っています。たとえば五香粉を超える十三香粉。孜然調味粉。洋名「クミン」。羊肉料理に欠かせません。「小米」とは粟のこと。オカユにして美味しい。ちなみにふつうのお米は「大米」です。木耳とザーサイの味付け。ご飯のお供。お酒のお供。炒めものにもどうぞ。中華市場。探していたものをここで見つけることはないかもしれませんが探していないものをここであたらしく発見す [続きを読む]
  • 開眼。
  • ちょっとしたことで状況は変わるものだ。今年はゴルフクラブの会員となって30ラウンドほどプレーを楽しんだ。これは、これまでの人生でいちばん多い。でも今年は出だしからドライバーが不調だった。よく考えたらここ3年ほど不調にあえいでいる。お盆のラウンドであるパートナーからクラブ変えてみたら?と、アドバイスをもらった。翌日、別の用で入った千歳のリサイクルショップでいい感じのクラブを見つけさっそく購入した。中古 [続きを読む]
  • どうぞお先に。
  • 人は人から影響を受け人は人に影響を与える。人から受ける影響は良い悪い、大した気にはならないが人に与える影響はとても気になる。どうしてなんだろう。自分の言動で人に窮屈な思いをさせるときとても申し訳なくおもう。自分を優先しない。狭い道では相手が誰であれ100パーセント道を譲る。エレベーターに乗るとき。ブッフェで料理を取るとき。必ず人の後ろにまわる。After you。你先走。お先にどうぞ。どうぞ、お先に。kyokuken [続きを読む]
  • 人と人。
  • 人と人の間。人間社会での自と他のかかわり。会話はその手段として最も身近で最も重要なものと私は思う。会話は言葉のキャッチボール。話すばかりでも聞くばかりでも会話は成り立たない。相手の話を良く聞いて理解し自分の考えをはっきり伝える。言葉がなければ考えは伝わらないがかといって言葉は思いや考えのすべてを伝えられるものではない。同じひとつの言葉でも発する側と受け取る側で意味やニュアンスが違っていることも多い [続きを読む]
  • 田゛んだん。
  • 石狩での所用を済ませたあと当別の街に入りました。ここはハイクォリティの飲食店が多いですね。こんど時間あるときゆっくり歩きたい街です。街の中心田西会館の「田゛んだん」で昼食を。あんかけ焼きそばと街で評判の変なポテトフライ。ビールに合います。「オーッ!」「うめぇ!」。kyokukenzo [続きを読む]
  • 大衆&高級。
  • 札樽国道沿い牛丼「なか卯」の裏手にゴルフ練習場があって隣接の中華料理店が私どもの社員の間で最近人気上昇中です。気軽な大衆中華から高級中国料理まで。フカヒレの姿煮込み。フカヒレの姿スープ。I's delicious!私の好きなホルモン炒め。ドライバーからパターまで。高級中華から大衆中華まで。冬場の特訓のあとで必ず寄りたいお店です。kyokukenzo [続きを読む]
  • プレゼント。
  • おマゴさんにはまだ早いかしら。お友だちが宅急便のミニカーを会社まで届けて下さいました。私が欲しいほどのレアものですが態々届けて下さったお気持ちを尊重してマゴに差し上げます。マゴは大喜びで楽しく遊んでいます。本当にありがとうございます。その夜東京から朋友が来訪。土産に53°泡盛原酒をいただきました。近くの小料理屋で盃を交わします。ハタハタに「晋祠」純米吟醸。何度も言うけどここのザンギは天下一品。帰り際 [続きを読む]
  • うめぇ!
  • いま何時ですか?What time is it now? は掘ったイモいじるな!と言えば外人によく通じるそうです。それとはまた別の話になりますがまだ子供が小さいころハローワールドという幼児用の英会話教材を定期購読していました。先生はバイリンガルアイドルのNHさんでした。その教材の中にハイハイハイディハイディ矢野先生が教えるコーナーがあっておもしろかったと記憶しています。すごくオモシローイ。It's a lot of fun. a lot は「 [続きを読む]
  • 良い会社。
  • 昨日のブログで10年後、会社が今より良くなっていればいいな。と書いた。そのためには、1日1日目の前の仕事に誠意を込めつづけること。とも書いた。良い会社。良い会社ってどんな会社だろう。社会の役に立つ会社。楽しさが伝わる会社。時代の変化に敏感な会社。多くの要求に応える会社。従業員が沢山いる会社。利益を出す会社。多額の税金を納める会社。商品の価格が安い会社。サービスの良い会社。対応が速い会社。電話に出るのが [続きを読む]
  • 今日一日。
  • 3年後。会社はこんなふうになってるといいな。5年後はあんなふう。10年後には・・・。そんなことを毎日のように考えている。でも5年後の世の中がどうなっているのか。私にはわからない。まして10年後のことなどかいもく見当がつかない。ひょっとしたら私もすでに過去の人になっているかもしれない。でも、3年後の理想を実現するため1年先のことくらいまでは具体的に計画をたて1日1日を積み上げていきたい。積み重ねの行 [続きを読む]
  • テロワール。
  • イタリアからオーガニックワインが入荷してきました。オーガニックワインとは化学肥料を使用しない完全な有機農法で3年間ブドウを栽培して初めて、オーガニックの認定を受けることができる。すなわち農薬や殺虫剤未使用で人や環境に優しい。しかも土や樹、天候などその土地のテロワールが十分に味わえる。そんなワインです。 ちなみにテロワールとは作物の生育環境のこと。同じ地域の農地では土壌、技術、地形天候などが共通するた [続きを読む]
  • 特式菜譜。
  • チャイニーズグラン・シェフ陳 建一四川料理を楽しむ会。今年で22回目。ここ数年はほぼ毎年参加させていただいております。チャイニーズの鉄人が自ら鍋をふり、そのライブ映像が客席に流されます。この包みから何が出てくるのかな?この透明シートにいれた状態で蒸し上げるようです。いわゆる耐熱シート。お客さまはワクワクしながら熱々の包みを開けます。わー。北海道産天然海鼠と鮑のやわらか煮込み。最高ですね。ちなみに海鼠 [続きを読む]
  • オレ式ネギラーメン。
  • オレ式ネギラーメン。多めのキャノーラ油で長ネギの青い部分とおろしにんにくをじっくり炒める。(油に香りを移す)。その他具材(チクワ、ハムなど冷蔵庫のハンパ品)を炒め、そこに熱湯を注入。スープ(南華園本仕込しょうゆ味)を溶かし加熱しながら仕上げにごま油を。麺(静内一條製麺の生めん)は1分半のかたゆで。丼はあらかじめ熱湯で温めておくべし。アツアツネギ油がとても美味しいです。kyokukenzo(追記)ポイントは麺 [続きを読む]
  • サンマの事情。
  • 今年はサンマが不漁だった。私はサンマが大好物で郵便局のふるさとグルメを前の年に予約しておく。今年もそろそろかなと思っていたら今ごろになって予定のサイズのものが揃わないので、ひと回り小さなサイズのものをお届けいたします。という内容のハガキが来た。不漁だからね。サンマは自然のもの。獲れないことを恨んでも仕方のないことだ。それから数日して夜遅い時間に電話が来た。若い女性(推測)が先のハガキの内容を重ねて [続きを読む]
  • ヌーヴォ解禁。
  • ボジョレーヌーヴォ解禁の日をここ数年帯広で迎えている。なぜなら、毎年11月の第3木曜を十勝地区のあいさつ回り初日と決めているから。でも、いつもだと近くのコンビニなどで適当に見繕うのだが一年に一回のことだ。せっかく飲むのならハイクラスのものを。というわけで解禁日前日に1本フライングゲットしておいたものを持参した。モメサン ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ“ヴァンタンジュ”2017肴にモツァレラ葱ソース。重厚 [続きを読む]
  • TOKYO CHINOIS。
  • JR代々木駅の東口で待ち合わせ向かった先はオープンして間もない素敵なレストランでした。傘をたたんで洋館のドアを入るとそこから始まるTOKYO CHINOIS の世界。ボタンエビ 古越龍山。よだれ鶏。くらげ 海筍。気仙沼産吉切鮫姿揚 100g。ホタテ 有機野菜夏草花。瞬間スモークダック。和牛麻婆豆腐五つ星お米マイスター厳選一等米。感動!ごちそうさまでした。また来ます。かならず、また来ます。kyokukenzo [続きを読む]
  • 人生の分岐点。
  • 次兄の早すぎた死。私は今から30年ほど前人生の分岐点に立ち決断して札幌に戻った。前職の上司は「北海道に転籍の道を作ってあげるよ。」と言ってくださった。とてもありがたいお言葉だったが丁寧にお断りした。札幌へ帰る第一義は家業を手伝って両親を安心させること。私も辛かったが自分より早く自分の子供を送る哀しみ。強い父が下を向いていた。その様子はいまも鮮明にまぶたの裏に残る。母からはなん百回も長い電話をもらった [続きを読む]
  • 銘酒・晋祠。
  • 今年の9月1日に発売した晋南貿易オリジナル清酒晋祠 純米吟醸 (300?)。おかげさまで大変ご好評をいただいております。晋祠のラインナップをご紹介させていただきます。これは純米吟醸の姉妹品。晋祠の純米酒(720?)です。「純米酒」とは米と米麹だけで造るお酒のこと。ちなみに「純米酒」のうち精米歩合が60〜50% 低温でじっくり造られるのが「純米吟醸酒」です。こちらは当社の歴史を語るに欠かせぬロングセラー商品。清 [続きを読む]
  • 雨のガーデン。
  • アジの塩焼き。納豆2Pは必須。エビス朝の食卓。雨のガーデン会える気がしていくつ人影見送っただろう。朝のガーデンは人影もまばらだ。雨は冷たいけどぬれていたいの思い出も涙も流すから。いや、今朝はそれほど冷たい雨ではない。それほど強い雨でもない。kyokukenzo [続きを読む]
  • 古稀のお祝い。
  • 古稀をお迎えになった「中国料理の巨匠」みなさまをお祝いする会にお招きいただきました。堂々の風格。目黒雅叙園。訪れたのは数年ぶりです。早めに着いたので館内を見学。前来た時より、グレードがそうとうアップしています。さて。いよいよ開宴。実は上京前に電話があり「曲さん。乾杯の音頭を。」と依頼をいただきました。「そんな大役」といったんはお断りしましたが内々の少人数の会だからと説得され、光栄なこととお引き受け [続きを読む]
  • 自信過剰。
  • なにごともやり過ぎはいけない。どうしてああなってしまうのか。私にはわからないがともかく過ぎたるはなお及ばざるがごとしなのだ。自信をもって発言する。自信をもって行動する。自信をもって仕事する。とてもいいことだけど。過剰になるとアイ ラブ ミーが自身の言行や態度に表れて周りが敬遠し始めてもそれに気づかない。過大評価。自意識過剰。トラックの過積載。過激派。過信。ジジの過保護。過少申告(少な過ぎ!)。過ぎた [続きを読む]
  • みゆき通り。
  • 銀座みゆき通り。かつて全国のアイビーリーガーがあこがれたところ。実は私もメンズクラブ誌に出たことあるんです。どれが私でしょうか?正解はいちばん右です。当時VANのマドラスチェックキャンペーンでもらった大きなクリップ。今も重宝しています。kyokukenzo [続きを読む]
  • 銀ブラは楽し。
  • 今日もいい天気だ。お上りさんと東京シティガールの銀ブラ楽しいデート。八丁目から四丁目へさらにお上りします。おお。これがGSIXだよおっかさん。ちょっと館内を視察です。著名芸術家の作品を鑑賞。ええと。草間さん?眺めるだけでもう満足。ブラブラ。この辺は路線価日本一。立ってるだけでもう満足。ここはかつてのIVYリーガーの聖地。と言ってる間に四丁目。楽しいおしゃべり。時は早く流れます。でも、ちょっと疲れた [続きを読む]
  • 餃子店。
  • 烏森口で落ちあった。どこへ行くの?まかせます。じゃあ。とちかごろ繁盛の餃子店へ。つけだれはマイブーム「酢胡椒」で。オイシイネー!いろんなこと。話がはずむ。そしてやっぱり胃の休まるヒマがない。kyokukenzo [続きを読む]
  • 恵比寿にて。
  • 恵比寿で朝を迎えた。昨夜は久しぶりに旧友と飲んだがなんだか胃がシクシクして早めに切り上げた。宿を出て坂をプラプラ下って駅をまたいだ。ちょっと肌寒いけど気持ちがいい。大好きな場所。わぁぁ。こんなところで仕事してみたいな。そのとき携帯が。OK。新橋で逢おう。kyokukenzo [続きを読む]