夕日を釣り上げた男 さん プロフィール

  •  
夕日を釣り上げた男さん: 夕日を釣り上げた男の人情話
ハンドル名夕日を釣り上げた男 さん
ブログタイトル夕日を釣り上げた男の人情話
ブログURLhttp://www.murakamitatsuo.com/category/blog/
サイト紹介文田舎の弱小水族館を世界1の水族館へと導いた加茂水族館元館長村上龍男のブログです。
自由文加茂水族館館長時代に執筆していた人情話(ブログ)の続編。
現役時代の裏話や、引退後の日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/09/12 07:54

夕日を釣り上げた男 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 鳥海山に吹き山が立つ
  •  ここ庄内の冬は暗い、雪の季節にはめったにお天道様は拝めないのだが、昨日と今日は珍しいほど強い日が射してよく晴れた気持ちのいい天気が続いた、我が家から庄内平野を挟んで向こうにそびえたつ鳥海山がよく見えていた。 鳥海山は真っ白な雪に覆われて光り輝くようだった。雪の季節になるとめったに姿を見せない出羽富士の晴れ姿をみると思いだすことがある。精度の高い天気予報が日常の暮らしに溶け込んでいる今となっては、 [続きを読む]
  • またまたブドウ籠編みで失礼します
  • 慣れない隠居生活も1年と8か月になったが、慣れたようでそうでもなく老境に入るという事は中々辛いものが有る、と言うのは持て余す時間の使い方に結構苦労をすると言う事だ。体に染みついた仕事人生は一度離れてしまえば、一夜にして朝起きてもすることが無くなる、、、これが今の基本的な自分の姿になってしまう。※ 籠はまず底を編むことから始まる、不揃いなサイズを組み合わせて旨く木型に合わせる時々講演を頼まれたり、人 [続きを読む]
  • 感動して滂沱の涙を流す
  • 1週間ぶりに水族館に出た、のんびり家を出るのでこの頃はいつも10時ごろになっているが、館内はまともには歩けないほどの込みようで、いつになっても衰えを知らないくらげの人気には驚かされる。今月の10日には天皇陛下もここを訪れてくださる事になっているし、そのせいだろう館内には警備を担当する私服の警察官が大勢見回っていた。これほどの大きな存在になることを、わずか3年前の「新クラゲ水族館」建設中にどれほどの [続きを読む]
  • 日本ホタルカズラを知っているか?
  • このところしばらくブログの更新をしていない、体調不良ではないか?と心配してくれる方も居るようだが、この暑さにはさすがに参ってしまい何事にも億劫うになっていたのだ。だれでもそうだが、若いころを思い出してみると夏の暑さは好きだったと思う、情けないが後期高齢者と言われてはもう駄目だ、寒さも暑さもひどく体にこたえる有様だ。遠い昔のことだが夏休みには毎日自転車をこいで3kmほど離れた今野川まで魚取りに行って [続きを読む]
  • ブドウのつる剥ぎは男のロマンだ
  • 6月27日と29日に山ブドウの皮を採りに行ってきた、これが何と思いもよらない重労働だった、今では山奥の集落も若者が出て行き人口が減ってしまった、自分で皮を採ってきて籠を編んでいる人はごく少数に限られている。山ブドウの籠は、物産館や山手のドライブインなどで販売されているのを見ると、見とれるほどに素晴らしい出来栄えはともかく、何と値段の高い事か自分が編むまではいつもそう思ってみていた、しかしいざやって [続きを読む]
  • 羽黒二小の5年生と、ブナの植樹をしてきました
  • 朝から雨が降っていたので中止になるのではないかと心配したが、次第に雨が上がってまずまずの天気になって実行できた、映画村のそばを通って余目牧場に上がってさらに上ると田代谷地と呼ばれる大きなため池に出る。※ 田代谷地と呼ばれる農業用水のため池、ここに友人と30匹のイワナを放流したのはもう10年以上も前になる、静かな良いところだ。その手前にブナの植樹の場所が有る、ここはもう私が26〜7歳の頃(昭和45年 [続きを読む]
  • 八紘沢は昭和45年の思い出か?
  • 6月の16日に月山を超えて山形市に講演のために行ってきた、山形市には講演のためによくゆくが、112号の湯殿山入口近くでいつも思い出すことが有った、今日は思い切って車を止めて標識を入れて写真を撮ってきた。気になっていたのは「八紘沢」の標識だが、湯殿山を通って流れてくる梵字川の橋を過ぎると目立たないがこの沢が有る、やく1km下流で梵字川に合流する小さな沢でここにイワナが居る。水族館に勤め始めて3年目ご [続きを読む]
  • イサダで釣れば面白い
  • 5月15日の日曜日に海の釣りをしてきた、、、が、前に一度試みてアクシデントが有って断念したことは書いたが釣果について述べていない、あの日の釣りはどうだったのかをこの辺で紹介したい。私の釣りはもう20年も前から大物狙いは捨てて、いわゆる2歳狙いに変わってしまった、せいぜい20センチから25?の、、、魚種は何でも構わないから何かが釣れて、自慢の庄内竿を見事に曲げてくれればもう何にも代えがたい幸せなのだ [続きを読む]
  • 今年も始まった渓流釣り
  • 今年2度目の渓流釣りをしてきた、4日前の5月28日に行ったばかりだったがまた出かけたのは良い雨が降ったからで、この間結構釣れた思いが残っていて気がはやり、いそいそと同じ場所に向かったのだ。昨日の雨はもう少し降って欲しかったが、雷交じりの荒れ模様が派手だった割に続かなかった、雨後の増水を期待していた横着釣り師にとっては、雨の降り方はイワナやヤマメが水具合しだいで釣果が決まる大事なポイントなのだ。朝の [続きを読む]
  • 後ろ足で砂を掛けられた訳ではないが似たようなことも有るもんだ
  • 今日本当に久しぶりで海釣りをしてきた、釣りを止めたつもりはなかったが最後の10年近く、あまりの忙しさに出る時間が無かったのだ、振り返ってみればいつの間にかずるずると長く海の釣りをしていなかったことになる。釣りに行った5月15日の日曜日も2300人の入館者でにぎわっていた、外の屋台も結構な繁盛だった実は今日が初めてではなく1週間前に向かったことは向かったのだが、飛んでもないアクシデントが有って結局釣 [続きを読む]
  • 過去の記事 …