賢く楽しく逞しく さん プロフィール

  •  
賢く楽しく逞しくさん: 賢く楽しく逞しく
ハンドル名賢く楽しく逞しく さん
ブログタイトル賢く楽しく逞しく
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yukikami27
サイト紹介文晴耕雨読の日々を、面白く楽しく、 綴って行こうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/09/12 22:42

賢く楽しく逞しく さんのブログ記事

  • ノーカー・アシスト優待証を、頂きました
  • 初雪の白馬 今年の春、車の免許を返納しました。その時、「ノーカーアシスト優待証」のパンフレットを頂きました。高齢者の免許証返納に、協賛した企業によるサービスです。住まいの近くの歩道わきに、葉ボタンのプランター協賛したバス会社が、「ノーカーアシスト優待証」を発行してくれて、それを見せると、バス代が半額になるというものです。県内の協賛バス会社は、十社以上あり、そのうちの一社に出向いて手続きすれ [続きを読む]
  • 大実金柑の甘煮
  • 植えっぱなしの大実金柑が、昨年の半分ほど実を付けました。完熟したものすからもぎ取っているので、この三倍ほど獲れます。ただ、粒が不揃いで、大きな顔して人には上げられません。砂糖は、買い置きのザラメが有ったので、使いました。金柑が完全完熟がだったので、佐藤は5%で様子を見ました。脳には糖分が必要と言われますが、摂りすぎも良くないので、砂糖は少しづつ足していこうと考えましたが、私には丁度良いところです [続きを読む]
  • ヒマラヤトキワサンザシの実
  • 数年前、菜園の通路との境界線に、挿し木した苗か゛三年ほど前から白い花を咲かせ、実を付け出しました。今、びっしりと実を付けた姿は、当初想像すらしませんでした。この実が食べられるならと思い、調べてみましたが、レシピも出て居るから・・・しかし中には「毒がある」との記事も・・・昨年冬の最中、鳥がこの実を突いているのを確認しました。[鳥が食べるのに、人間に毒になるのは変だ」→しかし鳥は噛まずに丸呑みするか [続きを読む]
  • 遅れ馳せながら、野菜が育って来ました。
  • 11月も半ばともなると、街はすっかり秋色ですね。昨日13日、菜園の様子を写真に収めてきました。京水菜です。小松菜と京水菜は、この中では種まきが早い方だったので、そろそろ収穫出来そうです。白菜がやっと巻きだしました。大根は、収穫時の1/3程度の太さです。左側の植物は、抜き忘れた雑草です。ブロッコリーに花芽が着いていました。これは、孫娘が好きだと言っていたので、急遽植えました。一番早いほうれ [続きを読む]
  • 私のブログに、初めてコメントくれた人
  • 彼女は、一年前か二年前か、肺腺癌で多分なくなっていると思います。山登りが好きで、よくご主人と出かけていました。私の故郷信州の山に登っていて、ご主人がリタイヤしたら、信州に住んで、山を眺めて暮らしたいと、主人と話し合っているんだとも・・・彼女は、私がブロクを始めて、最初に訪問してくれて、心細い時に、励ましのコメントを入れてくれた方で、とても嬉しかった事を,よく覚えています。本人は、入院した時か [続きを読む]
  • 紫蘇の実の甘辛煮
  • 紫蘇の実の甘辛煮は、毎年私のテリトリーです。青紫蘇は、もうとっくに終わってしまいましたので、今回は、赤紫蘇で作りました。赤と青の味の差は、味分けは出来ませんでした。紫蘇の実を、筋から剥がすのは、先端を持って元の方に向かって削ぐようにします。後は、みりんと醤油と砂糖で、味付けして煮込みます。赤紫蘇は、青紫蘇に比べて量が少ないので、小鍋でも余裕タップリ?熱いご飯の上から、パラパラ掛けて食べたら、こ [続きを読む]
  • マスカットの二番生りと、柔くて甘い干し柿
  • マスカットの収獲はとっくに終わっていましたが、蔓の先端の方に二番生りが着き、完熟していたので、収穫してきました。甘さは上々で、ちょっと小粒でしたが、四房有りました。渋柿は、もう15年生なので良く生ります。取り分け今年は取り分け豊作で、友達なんかにお裾分けしても、食べきれません。皮を剥いて干して、4日目位であまくなりますが、さらに放置すると硬くなってきます。空気にさらしておけば、どんどん乾燥してしまう [続きを読む]
  • 10月の野菜や果物たち
  • もう十月の半ば、今日は肌寒いです。温州蜜柑が、色付いてきました。これは渋柿で、こちらも全体が色付いてきて、もたもたしていると、木の上で完熟してしまいそうです。もう三回目の収獲です。昨日皮を剥いて、吊るしました。今日も収穫して来たので、明日また干し柿作りです。白菜が、遅蒔きにしては、育って来ましたが、結構虫に食われています。大根も遅蒔きだったので、まだこんなもんです。ほうれん草、収穫は何時に [続きを読む]
  • 24号の被害なんて言えたものではありませんが
  • 台風21号や24号の被害記事が、あちこちで報告されている中で、私の、24号で受けた被害を報告するのは、、もうしわけありませんが・・・ベランダの植木や花の鉢が、倒れたり、引っくり返って居ていて、慌ててやったので、画像は有りませんが、植えなおしたり、体裁を良くしたり、片づけたり清掃したりで、三時間かかりました。その後、急いで、菜園へ行ってみました。上の写真は、捥ぐのを省いてくれたように、落ちた渋柿の内傷、 [続きを読む]
  • この数字、正しく読めますか?
  • 。上の画像よく見てください。特にオレンジ色した、三桁の数字を上から良くみて、、確認してみてください。不思議なことに気づいたら、注意力はまだ大丈夫のようですね。この画像は、あるテレビ局のリアルタイムに情報を伝えている番組の一場面です。さて、どういう問題があるかと言うと、下から五番目の数字と、十と十一番目の数字の、見分けがつきますか?、この三つはすべて193に見えませんか?正しくは、下の一つは193で上の二 [続きを読む]
  • 秋は、果物の収獲が楽しみですが・・・
  • 栗は、実が入ると、毬が割れて、粒が地面に、ばらばらと落ち始めます。これを拾い集めるので、栗拾いと言うわけですが、果物で拾う動作はそう、そうはですね。リンゴ、梨、柿、、桃、ビワ、ブルーベリー等々所謂、所謂、「捥ぐ」ものが殆どです。銀杏は拾う方ですね。さて、栗のレシピも色々ありますが、木が一本の零細企業としては、精々茹でて皮を剥いて、渋皮も取って、そのまま食べるのが手っ取り早いです。写真の栗は、後処理 [続きを読む]
  • 今夜は中秋の名月
  • ススキと団子、懐かしい画像ですね。今時、お米を引いて団子を作り、ススキと共に縁側に飾り、満月を仰ぎ見る習慣は、薄れてしまったのではないでしょうか。私も信州から東京に出てきて、郷里に両親もいなくなって、かすかな記憶となっています。子供や孫たちにも、飾ってやったことは有りません。この絵は、都市初めに紹介した、毛糸編みの絵で、カレンダーになっていて、丁度九月の絵です。私の郷里は、この御嶽海の実 [続きを読む]
  • 地植えを待つ果樹の苗木
  • これはレモンで、先月ブログ友から送ってもらった苗木です。今は鉢の中で、新芽がたくさん伸びています。これは、園芸店で目に入り、発作的に買った、ポンカンの苗木です。植える時は、下から60cmで切るので、カラタチの木に接ぎ木してみようとも、考えています。ただ、今までいろいろ接ぎ木しては見ましたが、成功例はないのです。六月、同系同系異品種が、混植されていて、実が一杯ついていたので、思わず手が出てしまいました [続きを読む]
  • 男の料理
  • トウガラシの葉の佃煮根元の方の硬い葉はいれません。赤く色づいた実や、緑でも大きくなったものは除きました。水は加えず、サラダ油を小さじ二杯で炒め、ザラメ小さじ三杯と麺ツユで味付けしました。途中で味見したら、いつもより辛いので、幼い実も取り除きました。多分、暑い日が続き、雨も降らなかったので、自己防衛本能で、幼い実迄早く辛くなったのではないかと、おもうのですが・・・茗荷の梅酢漬け梅干しは、八月に紹介 [続きを読む]
  • 菜園が出来なくなった後の楽しみは
  • リタイヤ後、ネコヒタの畑を買い、夢の家庭菜園を始め、古稀を過ぎたころ、いずれ体力的にきつくなると考え、野菜中心から果物に、切り替えだしました。最近、大きくなった果樹の剪定や手入れも、楽ではなくなりました。子供たちも家庭菜園の種もがなく、やがて、片道30分の行程も、きつく思うようになり、否応なく諦める時期が来ると、覚悟しておく必要があります。その後、がっくり老け込むなんて愚の骨頂ですね。中央競馬で、土 [続きを読む]
  • 猛暑続きで果樹が断末魔の叫びを!
  • 「異常猛暑続きの上に、雨も降らず、果物農家は落果に悲鳴を上げている」と言う話を聞き、「自分の果樹は大丈夫か」と心配し、丁寧に確認したところ、幸にも被害は出て居ませんでした。ただ、私の筋向いの爺さんの、果樹畑が心配になり、見て見ると「大変だー」先ず上野写真を見てください。青い実は,殆ど木に着いていません。毎日何個かづつ落ちて、落ちた実は、地上で乾燥して、干からびたものから、まだ落ちたばかりで、少し黄 [続きを読む]
  • アジア競泳女子の活躍、何故?
  • アジアオリンピックの前半では、何といっても,池江選手を頂点とする,、女子競泳陣の活躍ですね。男子競泳陣の活躍もありましたが、混合で女子のパワーを借りて、金を取ったのが大きいですね。何故女子競泳はこんなに強いのか?テレビを観ていて、ふと気になったことが有ります。日本の女子競泳選手には、他の国や以前の選手にはは、見られない特徴がありました。水泳だけに、水にちなんだ名前が、特に多かったのです。選手は1 [続きを読む]
  • 初挑戦の西瓜大失敗です
  • 美味しい西瓜の見分け方は、指先でたたいた時に、ポンポンと軽い音がする・・・切った時に割れがなく、赤いところが多く白い皮の部分が薄いこと。と言うと、この西瓜もいい出来みたいですね。ところが、実際は何とも憐れなものなんです。これは、6月24日に撮ったもので撮った、直径が10cm位になっていました。鳥に突かれないように、網を掛けておきました(マス目が大きすぎ位用をなさないようですが、網は15cmほど上げてありま [続きを読む]
  • 果菜の裂果原因は、ハゲと同じだね
  • 四日ぶりに菜園に行ってきました。大玉トマトが一個、ミニトマトが四個、裂果していました。七月は、一個も裂果していませんでしたが、八月に入って、その都度何個か裂果していました。例年だと、7月20日前後が梅雨明けなのに、今年は7月初旬に、明けてむ明けてしまいました。その後、連日連夜の猛暑日と熱帯夜の連続、まして雨降らず。トマトのDNAは、七月中に考えました。「今年は、例年になく雨が少ないから、実の皮は一回 [続きを読む]
  • レモンの苗を戴きました
  • レモンの苗木は、今までに三度植えて、三度とも枯らしてしまい、もうあきらめていました。たまたま、korolemonさんのブログで、「レモンの苗木をあげるよ!」 と言う記事を見つけ、今一度挑戦してみようと、応募したところ、早速送って頂き、今日届きました。挿し木で育てたそうですが、枝ぶりもよく、根もしっかり張っていて、今度は成功しそうな予感がします。鮮やかな黄色いレモンが、たわわになっているのを、想像 [続きを読む]
  • 八月最初の収獲は、欲求不満です
  • 真夏日・熱帯夜の連続を、やっと乗り切ったかと思い気や、、八月に入ってお仕着せ程の雨が、野菜がまごついています。1)ミニトマトは、酸味が有って、肉と皮が硬めのため、裂果はしていません。2)大玉トマトは、追肥をサボった所為か小粒で、横参列の上段の真ん中は、 裂果を起こしています。 3)ナスは、前回採り忘れたのが一本あり、随分大きくなってしまいました。 兎に角、炎天下で熱いから、こんなことも有ります。 この [続きを読む]
  • 台風12号、高速道路を逆走する車に似ている
  • 今は、28日午後五時です。千葉市は、木々の梢が大きく揺れたり、無風になったりしています。大雨警報や大風警報は、既に出て居ます。普通、台風は初夏までは、北上して日本海を北東に向かいます。夏は、やはり北上して、日本列島を縦断します。秋は、日本列島の南を、北東に向かいます。しかし、今回の12号は、北東に向かった後、北西に進路を変え、やがて、日本海を西日本に沿って,西に向かうようです。この情報に触れ、最近多発 [続きを読む]
  • がん検診で三度続けて誤審
  • 健康に意識の高い、40台の女性が、もう十年も前から、毎年がん検診を受けて居た。三年前、フィルを見た当該病院の内科医は、異常を認め「要精研」」とした。その後、当該病院の放射線医は、「異常なし」とした。内科医に対し、放射線医は格上で、内科の診断は無視され、は放射線医の診断を採用した。次の年は、一次二次共に見落とし、「異常なし」となった。更にその次の年も、精研に回してもらえず、亡くなってしまった。当該病院 [続きを読む]
  • トマト類が美味しくなりました
  • 関西より西にお住いの方々には、一週間も前から、大変な災害に見舞われ、心よりお見舞い申し上げます。記録的な大雨の、酷い爪痕は、テレビの特番などで知り、心を痛めておりますが、関東取り分け千葉は雨が降らず、猛暑熱帯夜が続いていて、その所為かトマト類が甘さを増し、美味しくなっていて、驚いています。シシトウを初収獲しました。夕方になっても暑くて、クーラーをつけて居ながら、電気コンロを出して、炙ってビールのつ [続きを読む]
  • そろそろ梅を干そうかな
  • 梅雨は明けたし、梅が紫蘇に染まって来たので、もう少しで天日干しを始められるかな。有り合せの瓶で、不揃いですが、やっと三本集めて、間に合わせました。三本の内一本は、私の好きな蜂蜜梅干しにしようと、考えています。やっとミニトマトが、獲れるように成ってきました。茄子も、中長も獲れ出しましたが、風の強い日が続き、葉に擦れたり茎にぶつかったりで、見栄えがよくありません。それに、やっぱり二人では食べきれません [続きを読む]