furu-t さん プロフィール

  •  
furu-tさん: furu-t 学び続ける日々
ハンドル名furu-t さん
ブログタイトルfuru-t 学び続ける日々
ブログURLhttp://manabitudukeru.seesaa.net/
サイト紹介文学び合い 小学校 アクティブラーニング カリキュラムマネジメント 学級経営 みゆき会所属 
自由文「学び合い」から「学び続ける」への深化を。「目的」を見つめ、常に最上を追い求め続ける毎日。 子ども達を楽しみながら、学び続けていける大人に育てたい。福島で震災を経験し、大切なことをたくさん学びました。 福島県の教員を退職し、平成24年度から札幌の小学校教諭に。場所は変わっても「志」を貫いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/09/13 10:16

furu-t さんのブログ記事

  • 「教えやすさ」でも「学びやすさ」でもないもの
  • うちのクラスでは今インフルエンザが流行中。いつもはアイランド型で学び合いをしているんだけど、接触を減らすために机を一時的に前向きに戻す。4月ぶりの前向きの机配置。黒板からはすべての子の顔が見えて、何をしているかが一目瞭然。この座席配置は確かに「管理しやすい」なぁと。 でも決して「教えやすい」わけではない。物理的距離が遠すぎる。視線を遠くに飛ばすと、前の子が見えなくなる。そして「学びやすい」わけでも [続きを読む]
  • 今日の対話の中で見えてきたこと
  • なぜ自分が今教室の学びに 「てつがく」をすえようと思っているのか? それが見えたんだな。 今日、遠くからわざわざ訪ねてきてくださった先生との対話の中でそれが見えてきた。質問に答える度に様々なものが引きずり出されていく? なぜ学び合うのか? なぜ書かせるのか?なぜカリキュラムをマネジメントする必要があるのか? それらはすべて一本の線につながっている。 足りなくて、うまくいかなくて、その中で1つ1つつなげて [続きを読む]
  • 参観した先生より振り返りをいただきました(2)
  • 参観した須田先生(すだっち)から振り返りをいただきましたよ。すだっちはパナソニック研究助成をもらった時からの仲間。そういう仲間に自分の今を見てもらえてよかった。「→」がそれを読んだ自分の感想でございます。古ちゃん学級参観12時間目、漢字の復習とリコーダー。とにかく反復の量が半端ない。その中に最後の1人まで救っていくための工夫が盛りだくさん。短い時間の中でこなしている量がとにかく桁違い。→漢字の学習 [続きを読む]
  • 参観した先生より振り返りをいただきました。
  • 研究視察で1日参観をしてくださった、西岡先生から振り返りをいただきました。「・」で書いてあるところが西岡先生の視点。「→」で少し自分の思いを書きました。こういうのって自分の中で自動化されているから、すごくすごくすごくありがたい。備忘のために、若干説明を入れながらまとめを。12月1日(金)視察研修・机の配置 黒板に背を向けている座席も。 テレビの前に集まるスペース。→教師が話す時間を最小限にするために、 [続きを読む]
  • 生き物を育てるたった1つのコツ
  • だれかに聞いた話でしょうか。それとも何かの本で読んだ話なのでしょうか?よく覚えていないのですが「生き物を育てるコツ」という話が記憶に残っています。クラスで飼う植物、魚など多くの生き物。それらをよりよく育てるたった1つのコツがあるとの話をかなり前に聞いたことがあります。その話を記憶していたのは、その答えが驚くほどシンプルだったからです。生き物を育てるコツ。その答えはなんと「毎日のぞくこと」でした。ど [続きを読む]
  • 「てつがく対話」を日常化するための思考と試行
  • 教科書「で」教える。ということから1歩踏み出す場をつくっていかないとな。そんなことを感じている。教科書はある意味ガイドライン。それをどう解釈し、自分に落とし込むかの練習だ。教科書がある以上、その存在を最大限に生かしていく。それが学びのカリキュラムマネジメントの考え方だ。「教科書」「型」という明確な指針があるからこそ、子どもたちは伸びていく。でも、そういう場の中でも「伸びる子」と「伸び悩む子」がいる [続きを読む]
  • クラスを1日参観してもらいました!楽しかった!
  • 昨日は帯広から2人の先生がいらっしゃって、2時間目からうちのクラスの参観をしてくれたよ。2時間目はリコーダーと国語の漢字の授業。3、4時間目は算数「小数」の単元の学び合い5時間名は理科、「電気の通り道」の実験。そして、放課後は3人でいろんなことを対話。まさにぜいたくな1日でございました。3人で対話していて、いろいろ考えたこと。つらつらとまとめてみる。まずは、対話の中で自分たちの根底にあるものが浮か [続きを読む]
  • 現段階の「算数の授業」はこんな感じです(とりあえずまとめ)
  • 来週は道内から2人の先生が授業参観にきてくれることになりましたよ。冬のこの時期にわざわざ学びにきてくれるなんてありがたいことですね。この感覚、坂内先生と働いていた赤木小学校以来だな。力を抜いて、今の子どもたちの成長を見てもらおうかなと思っている。2人のうちの1人の先生は数学が専門ということで、算数の授業を中心に時間割を組み立ててみた。算数に関しては4月からごちゃごちゃと考え続けていて、今のスタイル [続きを読む]
  • 子育てに大切なことは問いかけること
  • 「子育てに大切なことはなんですか? 」職業柄そんなことを聞かれることが多いです。 保護者さんにそんな質問を受けたとき私はこう答えることにしています。子育ての秘訣はイメージすること。 そして、自分に問いかけることです。問いかけることはたった2つだけ。 「子どもにどんな力をつけてほしいのか?」 「そのために何をすればいいのか?」 子どもを眺めてこれをたまに自分自身に問いかけるのです。そんなことがいい子育てに [続きを読む]
  • 学びのカリマネで「書いたものを読みきれない!」という悩みを解消!
  • 「学びのカリキュラム・マネジメント」これ、やってみるとわかるんだけど、子どもたちにめちゃくちゃ力がつく。でもね、1つ弱点があるのさ。それは…「子どもたちの書いたものを読むのが大変!」ってこと。そりゃそうだよね。やればやるほど、子どもは成長する。書くのが上手になるし、書く量が増えていく。それを国語でも算数でも理科でも社会でもやるんだもん。昨日なんて、国語で説明文を書いて、理科の実験レポートも書いて、 [続きを読む]
  • 「評価」ではなく「自分のまナビ」
  • 「できたね」 と言われれば伸びるのか? 「できていないぞ」 と言われれば伸びるのか? 「そりゃ時と場合によるよね」 そう言われるのはわかってる。 でもその「時」と「場合」ってどんな時? どんな時は認め、どんな場合は認めないの? それが知りたいんだよな。子どもたちの書いたレポートをその子の前で即時評価するようになってから、この「評価」っていう言葉に真っ向から向き合う必然性にかられているわけさ。 よりよい評価 [続きを読む]
  • ようやく覚悟が決まりましたよ…
  • 教育実践ってさ、いつのまにか太っちゃうんだよね。だって、あれもこれも「子どものため」になるじゃない? 「あれもいい」「これもいい」 そうやっていろいろ取り入れてもさ、結局授業は45分なわけじゃない? どんなに素晴らしい実践もさ、足し算を続けたら知らないうちに激太りなわけさ。あれも栄養になる。これも栄養になる。 そうやって、全部食べてもさ、結局胃袋は1つなわけさ。だから、どんなにすばらしい栄養素も、すべ [続きを読む]
  • 学び合う授業は「楽」なんかじゃありません
  • 学び合う授業を追い求めていけばいくほど、自分が当初感じたものとはかけ離れていくことに気づくんだよなぁ。 例えば、 「子どもたちが学び合う授業だと教材研究はいらんよ」なんていう考え。 確かに板書とか、指名とか細かいものは削ぎ落とされていくよ。 でも、逆に教材研究の質は深まっていくのさ。だってね、子どもたちが学び合うっていうことは、教師が引っ込むってことだ。 引っ込むにしても、教えるべきところは教えること [続きを読む]
  • できたできた!ラーメン新聞(^^)
  • この前、なんとなく書いたら意外にもご好評をいただいた記事。「知的で楽しくて力がついちゃう社会の授業への道」http://manabitudukeru.seesaa.net/article/454156136.htmlこの記事通りに学習を進めてきて、先日!とうとう記事が完成しましたよ。単元は「ラーメン工場で働く人々」でございます。はじめて書いたのに、なかなかいいなぁ。壁にはったらみんなのがんばりが見えてきてうれしくなっちゃったよ。「上手だなぁ〜」とかい [続きを読む]
  • 「書く」から「わかる」ようになるのさ
  • 今ね「ドラゴン桜」をもう一度読み込んでいるのよね。だってね、今自分がやっている実践とまるっきり同じなんだもの。そして、その実践に対する批判もまるで同じなのさ。例えばね、おいらの実践の核は「がんがん書くこと!」なんだよね。書いて書いて書きまくって、そのうちに自分の中に何かが生まれてくるって考え方。ドラゴン桜でも同じような問いにぶつかるよ。4巻で出てくるキーワード。「読むより作る」まさに実践形式なのさ [続きを読む]
  • 「ごめんね」「いいよ」が存在しない指導
  • 「ごめんね」「いいよ」小学校でケンカした後にいつも見かける光景。けんかした後ってさ、先生は必ずここまでもっていかないといけないと思っているよね。自分もそう思っていた。お互いに自分の非を認めさせて、謝る。謝らせる。教師は絶対的な審判としてそこに立ちはだかるわけだ。白黒はっきりつけること。これが何よりも大切。今までそう考えてきた。でも、最近そうじゃないということがわかってきたんだな。こんなことを昔の自 [続きを読む]
  • 恐竜ぼっしゅつ注意!
  • 「子どものもつ疑問っておもしれえ!」って話。うちの息子(小1)は恐竜大好き。部屋には恐竜のおもちゃがたくさんあるのさ。幼稚園の時作った作品はこんなだし、図鑑もこんな感じ。話をしていてもマニアックすぎてあなたが何を話しているのかお父さんはまったく理解できないのさ(笑)そんな恐竜大好きな息子。もちろん部屋の入り口にはこんなステッカーがはってあるのさ。今日、息子がこのステッカーを指差しながらこんなことを [続きを読む]
  • 「わかる」と「わからない」の間
  • 教育の真髄とは?それは「わかったつもりにさせること」そして「わかったつもりにさせないこと」人はなぜ学ぶのかな?それは誰もが「できるようになりたい」「わかるようになりたい」と願っているからなんだよね。だから、子どもたちは好奇心のかたまり。「やりたい」「しりたい」「できるようになりたい」って思っている。でもね、いつのまにかそれが「やりたくない」「べつにしりたくない」「できなくてもいい」ってなってしまう [続きを読む]
  • つながる・つながる。子どもたちの発想は無限大!
  • なんとなくおもいついて実践を始めた「つたえるシート」なんだけど。このシートの効力の高さにおどろくばかり。子どもたち、どんどんつなげ始めちゃう。先日の研究授業でここの部分を学習したんだけど。かごの重さを引くと、中に入っているボールの重さがわかるよっていうやつね。そしたら、次の日黒板のわきにおいてあったこれを見てある子が言ったよ。これは前に理科の時間に収穫したホウセンカの種ね(笑)「この種って何グラム [続きを読む]
  • 関わり合わない子
  • 「人はなぜ学び続けていくのだろう?」 この問いにしっかりと向き合っていくとどんな教室を創っていけばいいかが見えてくるんだよね。 学び続けていくために 「義務感」 「叱責」 「強制」 はそんなに重要じゃない。 これがあると確かに学ぶ。 でも、これがなくなったとたん学びの足は止まるのさ。今まで 「教える」という行為を最大限に縮めて、学び合う子どもたちの様子をボーッと眺めてきた。 すると、子どもたちの学び続 [続きを読む]
  • 悩み抜いたけど研究授業、終わりました!
  • 研究授業が終わりましたよ。今回は算数で研究授業を行いました。今回提案したのは「予習」をからめていかに学びを深めるか?ってことなんだな。授業時間は45分しかないでしょ?そこで1、教材に出会わせて2、問題を解いて3、みんなで発表して4、ノートにまとめをして5、類似問題をとく6、その解答をするこれを全部やるなんてむりむりだよね。いつもいろんな授業を参観するけど、いつも1から始まって4で終わっちゃうんだな [続きを読む]
  • グダグダな「委員会活動」からの脱却を!
  • 「せんせ〜い。なにやればいいの〜?」こんな言葉がとびかう委員会活動をどうやって活性化させればいいのかな?そんなことを考えてきたんだな。5年生になると、委員会活動が始まる。でもね。5年生ははじめ、借りてきた猫状態さ。だって、よくわからないんだもの。6年生だって同じこと。5年生の時と違う委員会に入ったら、全然意味がわからないもの。児童会活動の目標は「児童会活動を通して,望ましい人間関係を形成し,集団の [続きを読む]
  • わからない自分を認めることが「伸びる」ってこと。
  • 学校というのは「伸びる」感覚を養う場所だよね。じゃあさ。「伸びる」っていう感覚を養うために必要なものって何かな?まず必要なのは「できたっ!」という感覚を積み上げさせるってことかな。これはよく言われることだよね。「できた!」って思う経験を積み重ねていくことで「伸びる」感覚をつかむことができる。でもね、もう1つ必要だと思うんだよね。それは「できない」っていう感覚をつかむこと。「できない」っていう感覚が [続きを読む]
  • 自然な学びが見たい
  • どうして、ごちそうを作ろうとするんだろう?市の研究集会に出かけて授業参観をして感じたこと。おいらたちが望んでいるのは「日々の授業」につながるアイディアなんだな。でも、研究授業って日々の授業につながらない。毎日できないような課題設定、掲示物、板書…確かにすごい。確かにおもしろい。でもさ、なんかむなしくなるんだな。どうして、教科書を使わないんだろう?どうして、教科書と違う内容にするんだろう?教科書を開 [続きを読む]