sion さん プロフィール

  •  
sionさん: レンズの向こう側と・・私
ハンドル名sion さん
ブログタイトルレンズの向こう側と・・私
ブログURLhttp://renzunomukougawa.blog.fc2.com/
サイト紹介文写真と少しばかりの言葉と
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/09/13 10:27

sion さんのブログ記事

  • 光る糸
  • 山の中にある我が家自然に囲まれた生活と言えば今風のカッコいい言葉ですが自然の中は色々な物との共生の地でもあるわけでたまに、イノシシ親子が出没したりと言う怖いこともあったりそしてまた、ある時は、蛇が家の中でとぐろを巻いていたことも・・・その時、それを見た私室内犬のグーちゃんの汚物だと思い「こんなところにウンチして・・・ダメでしょう!」と近づいたとたんその汚物がいきなり動き腰を抜かしたことは今もなお、 [続きを読む]
  • 9月を懐かしむ
  • 長い夏が9月まで続きました。でも半ばあたりから一気に涼しさを増し凌ぎやすくなったと思ったら、あっという間にカレンダーを一枚めくることになり今は10月。最近、写真を撮りに出かけない私はPCの前で、昔?撮った写真を見ては懐かしむと言った横着者になりました。そして、写真を見ては、当時の頃を懐かしむ・・・これも、私の楽しみの一つなのかもしれません。記憶があいまいになってきた私を当時の頃に連れて行ってくれるの [続きを読む]
  • 可憐な白い花から実った赤色
  • 可憐な白色の花がやがて青い実を付け次第に赤く熟れていく様(さま)に植物の成長の過程を見ることができるやがて、どの株も真っ赤に熟した実でいっぱいになった。さて、ここらで収穫時とばかり、全ての実を摘んだ。そして、それを数日間天日干しに・・・・艶々した赤い実が日に日に干上がっていく様子が・・・そして、すっかり乾いた唐辛子がシワシワに変化したなんだか複雑な気持で思わず、自分の頬を撫出た・・わ・た・しラン [続きを読む]
  • 晩夏の水辺の風景 
  • 初秋の風を感じながら今年の長く暑い夏を思い出しています。暑いときは水辺へ・・・目から涼を得るってこの事ですね。水辺に佇むだけで、涼を感じるのが不思議なほど。 長い夏を終えた今虫の音を聴きながらスライドし始めた季節の中で振り返った写真を・・・・ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 夏の終わりの夕暮れに・・
  • 今日は8月31日。ギラギラした太陽もこの時間になるとすっかり落ち着いた色に。この夏の感想は・・と聞かれると誰もが「とにかく暑かった〜」と言うだろう。それでも、昨日今日あたりは、これまでに比べると暑さが少しやわらいだような・・・一日の終わりをオレンジ色に染めた太陽が穏やかに沈んでいくそして・・・秋はもうそこまで・・・ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 夏の終わりに忘れ物を…
  • 今年の夏は異常な暑さと異常な雨の量と…とにかく異常でした。夏休みも終わりに近づきわが孫も今頃大忙しかな?そう言えば、今年はひまわりを撮りに出かけられませんでした。暑さに負けてしまって、外に出ることすら億劫で。で・・・・・これは数年前に撮ったひまわりなのですが・・。 眩いほど黄色に輝くひまわりは、写真を見ていてもパワーを感じます。夏の終わりに、忘れ物をしたような気がして。今頃になってひまわり登場です [続きを読む]
  • 残暑の中に清涼感
  • お盆を過ぎるころにはちょっと涼しくなっていたと言うのがこれまでの晩夏でした。が・・今年の夏は異常なほど暑かった。そして、今なお暑さは衰えず少し動くと汗が噴き出る感じで・・・・そんな中、一服の清涼とでもいいましょうか見ているだけで涼しさを感じさせる緑・・・「フウセンカズラ」9月になれば今よりは少し凌ぎやすくなるでしょうか。ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 潮干狩りの風景
  • こんな風景を見ると思い出すのです。もう何十年前になるでしょうか。家族でよく出かけた干狩り。家族の心はひとつ掘る掘る、掘る・・・」家族の誰かが「わぁ〜あった〜」と言えば「あ、私も見〜っけ、あ、ここにも、あここにもあった〜」黙っては採らないのです。いちいち成果を報告したくなるのです。選挙の開票速報のように・・数はだんだん増えていきます。そして、あっという間に、それぞれのバケツはいっぱいに。いい時代でし [続きを読む]
  • 3年ぶりの梅ジュース作りました。
  • 青梅の時期ってあっという間。ついつい買いそびれたりして、梅ジュースを作る機会がありませんでしたが今年、友人から青梅を貰って、3年ぶりに梅ジュースを作ることになりました。以前のブログにも書きましたが、ちょっと変わった作り方。まず、梅を洗って凍らせる。凍った梅を鍋に入れて水は一切いれず、そのまま火にかけ梅を融かすのです。凍った梅は解凍と共に原形をとどめない柔らかい形状に変わっているのを裏ごしします。果 [続きを読む]
  • しあわせみ〜っけ?
  • 何を考えるでもなく草むらのクローバーの緑につられて撮った一枚。後で、じっくりとみてみた。はて・・・この中にしあわせの四つ葉のクローバーはあるのかしら・・・じっくりと、目を凝らしてみたけれど見つからなかった・・見つけられなかった・・・?とでも言うのでしょうか。しあわせなんて、そんなものかも。実は日々の中で感じていないけれど確かに実は「自分は幸せなのかもしれない」とね。しあわせの中に居て私はしあわせを [続きを読む]
  • 角島大橋へ
  • この小高い場所からの橋の姿は最も美しいかな?これから真夏にかけてマリンスポーツも盛んになる海です。先日の日曜日角島までドライブに出かけました。お天気は今にも降りそうかな?と言うほどの悪天候家族で久しぶりのドライブでした。今回は美しい橋と海は半ばあきらめてのドライブでした。案の定、どんよりとした雲が太陽を隠しいつもより暗く、あの透き通ったエメラルドの輝きは今ひとつでした。それでも、橋の曲線と、わずか [続きを読む]
  • やっと雨が。。
  • 6月もそろそろ終わりに近づきました。梅雨入りするも雨は降らず…植物たちは水を恋しがっているでしょう。そんな今日、こちら地方はやっと雨が降りました。主婦にとって雨の日はあまり好まないものですがそれでも、庭の木や花や、一坪菜園のトマトやキュウリなどにとっては嬉しい雨になりました。6月もあとわずか、6月の花アジサイをラインアップしました。写真が多くて少し重くなったかも・・ランキングに参加し [続きを読む]
  • 梅雨の季節は・・
  • 梅雨入りとなりました。これは数年前に行ったアジサイ寺でのスナップ写真です。鬱陶しい季節に人々を慰めてくれる花アジサイの花です。 私の住んでいる町に通称「阿弥陀寺」と言うお寺があります。この季節になると傘をさしてお花見に出かけます。 雨露に濡れた花びらが愛おしいくらい美しくて梅雨の鬱陶しさなど忘れてしまいます。 花言葉は?と言うと「移り気」だとか言われますが花を見る限り、そんな感じは全くありません [続きを読む]
  • 愛犬「hana」
  • 我が家の愛犬「hana」です。来月で4歳になります。始めて我が家に来た時、さて、名前は何にしようかと・・地味な色合いと、このスタイルだから名前だけでも可愛らしい名前に・・・考え「hana」と名付けました。これでも、最初は胴もそれほど長くは感じなかったのですが成長するにつれ、ダックスフント特有の胴長犬に成長。飼い主に似て、少々太目ではありますが健康に育ってきました。 「IKEA]で買ってきたワンちゃんのぬいぐる [続きを読む]
  • 酢橘の花
  • 若い緑に爽やかさを感じる季節我が家の庭を白い花が飾ります。青葉と白のコントラストが爽風を呼び5月色の風になるのです。毎年楽しみにしているこの風景今年もやって来ました。ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • バラ園散策
  • 毎年この季節に友人と集まる場所です。今年も3人が揃いました。美しいものに添える言葉は無用でしょう。下手な言葉ではバラに失礼かなと。。余りにたくさんのバラの写真選ぶのに時間を要しました。結局、自分の好みのバラが登場です。美しいものを見て、お腹が空いてそして、やはり・・・・・次はランチへ・・文字通りの「花より団子」の私達でした。ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします [続きを読む]
  • 子供の日、子供になって・・
  • 毎年行われる鯉の川流し実際に川流しって言う言葉があるかどうかは知りませんが。。要は、空を泳がす鯉ではなく鯉はもともと水の中を泳ぐものだからかと言うことでしょうかわが町の母なる川に放たれた鯉たち川上からの水の流れを口から一杯飲みこんでまるで泳いでいるかのような風景。子供たちはもちろん、大人たちにとっても楽しい眺めでした。童心に返って、飽きもせず、欄干にもたれてしばらく眺めていました。さて、帰りはこの [続きを読む]
  • GW始まりましたが・・
  • 大型連休が始まりました。みなさんどこかに行かれるのでしょうね。我が家は特別な計画は今のところありませんが夫の実家で兄妹家族が集まり義母を囲んでご飯を食べる私が嫁いできて以来40年以上続いている行事です。 当時、小さかった子供たちもそれぞれ家庭を持ち、子供が生まれ・・・と家族構成もずいぶん変わってきました。今では、義父も亡くなり、義母1人になりました。昨年は義姉が亡くなったりと家族が減っていきましたがG [続きを読む]
  • 春うらら
  • 県庁に用がありその帰り、余りにもいいお天気なのでこの場所まで足を延ばしました。ここは市民の憩いの場、スポーツの場「維新百年記念公園」です。広い園内の中に作られた人口の小川を配した遊歩道です。 小川はさらさらと流れ、その中にカモが一羽・・近づいても逃げようともせず、シャッターの音にも驚かずお蔭でゆっくりと撮ることができました。岸にはタンポポが今にも飛び立ちそうなくらい綿毛を膨らませここでも春爛漫を感 [続きを読む]
  • 春を告げる寒桜
  • 今年の春はいつまでも寒くてなかなかソメイヨシノは咲いてくれませんでした。先日やっと、満開を迎えたにもかかわらず雨続きで、桜をゆっくち眺めることもできませんでした。そんな中、数年前に撮った桜の花を取り出してきてあ〜見事な桜・・・・と、一人悦に入っているこの写真。ソメイヨシノではありません、寒桜です。3月下旬に満開を迎える樹齢90年の桜。小学校の校庭に当時の卒業生が植えた桜だそうです。卒業生たちと共に生 [続きを読む]
  • 小雨の中で・・
  • 桜の開花が待たれましたがようやく4月も一週目が終わろうとする先日の日曜日隣町の桜の名所に出かけました。土手に植わった桜は長い長い桜ロードでした。時折小雨がパラつく中、車から降りて、土手沿いを歩きました。 あいにくの雨が災いして、それほどの人出はありませんでしたがそれぞれが、上を見上げて「わぁ〜きれい〜」と歓声に似た声を上げます。咲いて美しく、散りぎわも美しい花なんて、桜以外に有るでしょうか。そ [続きを読む]
  • 雨上がりの桜
  • 4月になったと言うのに未だ冷たい日が続きます。この時期、見ごろの桜も未だ開花をためらい満開には今少し時間がかかりそう。そんな中、家の前の山桜は例年に習って今年も山を飾っています。しかし、さすがに今日の雨は冷たそうでうなだれた花びらにいくつもの雨露がも光ります。この後、うららかな春はやって来るでしょうか。陽気な春が待たれます。ランキングに参加しています。 ご訪問のお印に をよろしくお願いします [続きを読む]
  • 君の名は?
  • 山口市の瑠璃光寺公園に行ってきました。園内を散策しているといきなり、私の足元に一羽の鳥が…私の前をちょこちょこと歩きます。余りにも人馴れしているのには驚きました。近くに寄っても飛び立つこともなく撮影OKよ・・と言わんばかりです。それなら・・・遠慮なく写させていただきます。。と追いながら連写です。さて、この鳥の名前は?「君の名は?」で・・・・調べたのですが・・・「つぐみ?」でしょうか。。ランキングに参加 [続きを読む]
  • 春は何処まで来てるやら・・
  • 毎年この季節になると行く場所です。向こうに見えるのは瀬戸の海空の青、白い雲と競うような濃い紅色の花。。紅梅長い坂を上っていくと海がだんだん下に下がっていく立ち止まり、自分の登って来た道から今の位置がいかに高い場所かを確認しなんだかいい気分。他に人が居なかったら「お〜い」と叫んでいたかもしれないと・・・・つらつらと書きならべたけれど実はこれは昨年撮った写真。もちろん、今年も行ってきます。そして、今度 [続きを読む]
  • 春はまだ遠し・・
  • 赤い花色を見つけたらすかさずシャッターを切りました。それほど、花が少なかったから・・・少し早いかな?と・・・ある程度の予想もありました。なので、それほどのショックもなくあ〜、やっぱり・・・なんて感じでした。でも、正直なところ、残念は残念。私の予想なんて裏切ってほしかったな。。25,000本のやぶ椿の林と言いますが、私には森に見えます。それほどうっそうとした椿の群生です。この通路が咲き落ちた椿で埋まりまる [続きを読む]