五本毛眼鏡 さん プロフィール

  •  
五本毛眼鏡さん: ゴゴゴゴゴゴゴゴ五本毛眼鏡の「合格魂Ⅱ」
ハンドル名五本毛眼鏡 さん
ブログタイトルゴゴゴゴゴゴゴゴ五本毛眼鏡の「合格魂Ⅱ」
ブログURLhttps://ameblo.jp/kaihoudendousi/
サイト紹介文11月に本年度2冊目の旧著の改訂版発売の中受算数解法プロバイダー五本毛眼鏡の大手塾で漲る合格魂を見よ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2015/09/13 23:22

五本毛眼鏡 さんのブログ記事

  • (緊急)3年生向けですが難関校入試にも役立つakiraさんの記事。
  • リブログさせて頂いた記事の前のその1の記事で、まず1■2■3■4■5■6■7■8■9=100という、二つの文字をくっつけて2ケタの数にしているのが一つもないシンプルな式が掲載されていました。これについてakiraさんが今回その2で書かれているように、「つるかめ」の技法で埋めていったらなら例えばこういう式が出来ますね。 つるかめ算のように全部極端な場合を考えて、まず全部+を入れたら45になります。つまり5 [続きを読む]
  • 繰上合格の思い出もまた今年の戦いの力に変えて(変更部分有り)
  • にほんブログ村9月末でブログ村の方は脱退いたします。(9月9日更新の記事でその主旨について書いております。)お手数おかけいたしますが、それ以降は更新状況はアメーバの機能等を通じてフォローして頂ければ、と思います。例によって、定型フォーマットで楽に更新するぞ!シリーズです(笑) 以下のうち、ゴホンゲが本科担当生徒の繰上合格を経験したことがない学校がこの中にひとつだけあるので選びなさい(問題文微妙に変 [続きを読む]
  • 「二●●●者」1巻第1講18ページ目にツッコむ!
  • にほんブログ村後期ますます忙しくなる中、定型フォーマットで軽い負担で更新できる内容のものを・・・ということで考えました。他の方を下に見たり、笑いものにしたくないゴホンゲですが架空の世界の事象にツッコむのはお許し頂ければ・・・という思いもあります 今回のように単行本何巻第何講何ページ目のとあるセリフだったり状況だったりにツッコむという感じで、ストーリー自体には極力触れないように・・・という風に考えて [続きを読む]
  • ブログで1年後の自分へ手紙を書こう!
  • にほんブログ村ブログで1年後の自分へ手紙を書こう!みんなの回答を見るキャンペーン詳細 1年後の自分へ・・・2月の結果を元に、自信を持って担当しているクラスに対して授業が出来ていますか?そうなるためには今頑張らないといけないね(笑)勿論まず授業を頑張ることが大前提ですが、1月にいつものように谷保の天満宮にお参りに行く時のために(生徒達が志望校にご縁がありますようにってことで)5円玉、今からストックして [続きを読む]
  • あなたがブログをはじめたきっかけを教えて!
  • にほんブログ村あなたがブログをはじめたきっかけを教えて!みんなの回答を見るキャンペーン詳細 2011年3月中旬にアメーバのサービスを利用し始めました。お世話になっている方に、アメーバのとあるサービス気に入ってるんですよ、どうですか?的なお声かけをその前からして頂いていて、それまではそれほど興味がわかなかったのですが、その2011年3月中旬のある出来事をきっかけに、少しでも人とのつながりを求めるような [続きを読む]
  • 今の5年生が入試を迎える2020は意外と●●の個数が多い。
  • にほんブログ村6年生担当校舎での夏期講習の持ち授業はおかげさまで全て無事終了することが出来ました。明日以降も他の校舎で担当の授業が入っている日がありますが、後期忙しくなる中で、毎日のように更新できる機会があるとすれば、もうこのタイミングが最後だと思いますので、明日以降アメーバの方から14周年にちなんで、こういう記事で書いてみませんか?って言われてるお題で書いていきたいと思いますので、また覗いて頂け [続きを読む]
  • 緊急更新・・・とらぬ狸の皮算用でした(苦笑)(追記有り)
  • にほんブログ村https://ameblo.jp/kaihoudendousi/entry-12392515715.html 今日14日ゴホンゲと、解けば解くほどきちんと今後の糧になる「不思議な不思議な」(笑)授業の時間を共にしてくれたみんなありがとう! 授業の冒頭に自己紹介がてら本書いてます!(例の以下2冊です)みたいな話はさせてもらいましたが、 補助線の引き方で難問がスイスイ解ける! ! 中学受験算数 作業のルール 全面改訂版 (YELL...1,620円Amazon 6年後東 [続きを読む]
  • ●ボンちゃんを鍛える?本日の生徒向けの至言。
  • にほんブログ村 今日それなりに離れた地域からも集まって来る子供達に、最後に一言かけるとしたらどんな言葉だろう、と考えました。 まずは、問題を解けば解くほどにきっちり今後の糧へとなっていく「不思議な不思議な」授業をしっかりして(^_-)-☆ そして授業の内容に基づいた真面目な総括を勿論した後で、締めはちょっとゴホンゲらしく(苦笑)ダジャレ混じりで、でもちゃんと今後さらなる可能性を広げていくための一言にしたい [続きを読む]