五本毛眼鏡 さん プロフィール

  •  
五本毛眼鏡さん: ゴゴゴゴゴゴゴゴ五本毛眼鏡の「合格魂Ⅱ」
ハンドル名五本毛眼鏡 さん
ブログタイトルゴゴゴゴゴゴゴゴ五本毛眼鏡の「合格魂Ⅱ」
ブログURLhttps://ameblo.jp/kaihoudendousi/
サイト紹介文11月に本年度2冊目の旧著の改訂版発売の中受算数解法プロバイダー五本毛眼鏡の大手塾で漲る合格魂を見よ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2015/09/13 23:22

五本毛眼鏡 さんのブログ記事

  • 「算」!
  • にほんブログ村 星野源のコンサートのブルーレイ/DVDの宣伝、ということでYOUTUBEで見られる「SUN」の動画を見ていた思いついたフレーズ・・・ 「減点!壊れそうな字を書いて0(ゼロ)が6のよう」 ・・・その続きが全く思いつかないのですが、忙しいのであえてひねり出すつもりはありません(笑) 最近は3と5の見分けがつきにくい現象も少なからず見る気がします。5の横棒をきちんと書けば防げるものではあると思いますが。 [続きを読む]
  • 本年もよろしくお願いいたします。(27個の5円玉に乗せた想い)
  • にほんブログ村本日毎年行ってる某所への初詣では、この27個の5円玉に思いを託して来るつもりです。 「集団授業は個別への授業の集積」授業のない1月1日にも実践したい、という思いからです(^^) あっ「志望校別の授業」の分は別に用意してありますよ(^^) さて2017年は2冊の拙著の出版という機会に恵まれました。本当に皆様のお力添えのおかげであると感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございます。(^^) 覗いて頂い [続きを読む]
  • 「still alive」がつなぐ生徒との絆
  • にほんブログ村 例えば「大きな森のある山の中」に地球外生命体が潜んでいるとします。 彼らの目的は、「地球のとある資源が目的」で地球を意のままにすることです。そのため、地球の環境破壊が進んでいると宣伝して人心をコントロールしようとします。人間に扮して働きごく一部の人間とかかわりを持ち、PC環境を手に入れてインターネットを通じて地球人に彼らの星に移住するよう勧めるのです。(地球人を減らすことで彼らの征服行 [続きを読む]
  • ぎょうざの満洲
  • にほんブログ村 15年くらいこの仕事をしていて・・・埼玉、東京、神奈川・・・色々なエリアで授業をして来ました。 埼玉エリアを主に担当していた頃によく行っていたのが「ぎょうざの満洲」、「3割うまい!」ってフレーズも大好きです(^^) 今日は昨日と比べても長時間授業が入っていることもあり・・・(いつもことさら気合を入れなくても自然とギアが入っていきますが)「3割気合増し」くらいの気持ちで頑張ります!( `ー´) [続きを読む]
  • いよいよ日曜日のテストもあと1回そして中学受験は●●●ゆえに厳しい
  • にほんブログ村 まずタイトルについてですが、●●●には「フェア」という言葉が入ります。 例えば複数回受験に対する加点など、その志望校に対する熱意に応じた適切と思える範囲での優遇措置などは勿論あると思います。でも明らかにアンフェアという状況で入試は行われないでしょう。人はアンフェアを憎み許そうとしないでしょうから。 以下の話は人がいかにアンフェアを憎み許そうとしないかの例え話ですので、あくまでフィクシ [続きを読む]
  • 前の記事で逆転合格事例を書いていて思い出したこと
  • にほんブログ村 タイトルにつき前回書いた記事のその翌年のエピソード=とある合格事例を思い出しました。 西荻窪の某女子校、当時の偏差値は56くらいだったか・・・偏差値で言うと片手の指の数足りない子でしたが、4日に見事合格をつかみ( `ー´)ノ 覚えているのが当時の室長(以前自分がとある記事で今たくさんの方にお世話になって支えて頂いていますが、その方達と胸を張って仕事を出来るように自分がなれたのは2人の恩人 [続きを読む]
  • 昨日16日(土)入試問題説明会があった学校で
  • にほんブログ村 13年前のこと(以前の記事で今から書く生徒について12年前って書いてしまった気がします。2005年の入試問題を解いて入学しているから条件反射的に2017−2005とやってそう書いてしまったわけですが、今教えている子達は2018年入試を受けるわけだから2018−2005で13年前の生徒ですね(汗)単位をそろえたり、比の記号をそろえたり、基準を合わせて比べないといけない、授業で口をすっ [続きを読む]
  • 通常の単元の中で、計算の処理能力を上げる
  • にほんブログ村 さて、「和一定がわからないとわっ痛え!」などと叫びながら学んでいた比の文章題の後も、5年生、速さであったり立体であったり重要な単元を学んでいく時期ですね。 タイトルについてですが、例えば時間を秒に直す時、1時間=60分=3600秒であることから3600倍すれば、秒に直せるわけですが、そこは60倍してからさらに60倍ではなく、一気に3600倍(30倍して0を2つつける)方が効率的な場合 [続きを読む]
  • 連動することで伸びる
  • にほんブログ村 例えば記事の文末に2冊の拙著の宣伝をいつも載せさせて頂いていますが、2冊揃えると鬼に金棒的なことを書いているのは、詳しく書くと一例になりますが、 「与えられた比の条件をいかす補助線が引けることで」(作業のルールの内容)→「分野横断的に共通する比のルーチンに乗せて解くことが出来る」(思考のルールの内容) あるいは「分野横断的に共通する比のルーチンに乗せることを意識することで」(思考のル [続きを読む]
  • そんなことまであるんですね
  • にほんブログ村 日曜日の授業、志望校別のものも志望校別でないものも担当していますが、 最近の志望校別でない方でクラスでは、MARCH系のとある学校を扱いました。「▲年前(▲には5以下の整数が入ります(笑))この校舎でここの校舎の真ん中のクラス(自分は難関校向けクラスからそうでないクラスまで幅広く担当しますが、その話題にした真ん中のクラスというのは、いわゆる難関校向けでないクラスです。)を担当した時に、こ [続きを読む]
  • 入試がいよいよ近づいてきたと感じる時。
  • にほんブログ村まず前回の記事の最後の方でこんな記述をしました。 御三家、●●●(←県名が入ります(笑))御三家でも上位の学校、WK、駒海洗鷗・・・生徒達が志望する学校にしっかり入れていくためにも直に教えている生徒達への対応を当然最優先にするための時間の使い方をしていきます。( `ー´)ノ本科の生徒達が▲い▲▲の▲▲には絶対負けないように導いていきます!(伏字の▲の部分は次回の記事で正解を発表します、お楽 [続きを読む]
  • 2日(土)や3日(日)にあったテストを本番につなげていく
  • にほんブログ村 2日(土)のテスト(当該日にテストのあった上の学年)に関して言うと、 最後の大問の最終問題は、(その前の小問が出来ていることが前提にはなりますが)まさに拙著で言うと「作業のルール」の32の問題でやるような補助線を引く作業が出来て、 さらに問題46で出てくるような流れで(よく使う図形パターン8と呼んでいるやつ=「思考のルール」でお菓子の「●●●●の里」に似ている!と言及しているパターン [続きを読む]
  • 解き方を教えるだけでなく
  • にほんブログ村 前回のDIAMOND WEBのakiraさん担当分の記事の更新からもう1か月経って12月分のがアップされていますね。 5年生向けの記事で、すいの体積を求めるのに底面積×高さ×1/2とやってしまうミスが見られる旨など書かれていますが、公式が定着する前の段階で経験上本当にしばし見てきたなあ、と自分も共感してしまうところです。 なので少しでもそういったミスを防げれば、と例えば底面が円の形のものであれば、こ [続きを読む]
  • こういうこともあるんですね
  • にほんブログ村 土曜日は本来非番でしたが、いわゆる代講でとある教室に出講しました。 急病や忌引きなどでも授業に穴が開かないように然るべき講師が代わりを務めるようになっています その授業が終わった後のこと、そのクラスの何人かの生徒に囲まれて・・・ 「先生って本書いてますか?」「書いてるけど・・・えっ何で知ってるの?」 ちなみに、さすがにこういった際に本の宣伝をしたりはしません。そのクラスの担当の先生の普 [続きを読む]
  • 明日のテストについて(追記有り)
  • にほんブログ村 算数の問題がどのくらいの難度なのか・・・この時期は難度が上がることも多い記憶があるが、さてどうなりますか。 例えばもしそうなった場合、それでも対応できる得意系の男子であれば差をしっかりつけて数字が高めに出ることもあるでしょうし、 女子で(しっかり守りに入れば、それほど大きく崩れることは防げると思いますが)対応しきれなくて数字を下げる場合も出てくるかもしれないと思います。 ただ、例えば上 [続きを読む]
  • 盛り過ぎたかも(苦笑)+上から見た図や横から見た図を活用する
  • にほんブログ村 1.「アとイの差→ア+ウとイ+ウの差」2.「一番小さい・・・は地道に調べるのアリ!」3.「後ろからも前からも考えていく問題もアリ!」4.「円柱の容器に円柱の棒、底面積は比で」5.「おうぎ形がらみの求角、引くならまずは半径の補助線」6. 傘(加比の理の基本パターンにあたる図形)も色々な向きに隠れている!7.逆比は逆数の比、ただし2数の比の逆比は結局左右が入れ替わった比!8.区別して考え [続きを読む]