五本毛眼鏡 さん プロフィール

  •  
五本毛眼鏡さん: ゴゴゴゴゴゴゴゴ五本毛眼鏡の「合格魂Ⅱ」
ハンドル名五本毛眼鏡 さん
ブログタイトルゴゴゴゴゴゴゴゴ五本毛眼鏡の「合格魂Ⅱ」
ブログURLhttps://ameblo.jp/kaihoudendousi/
サイト紹介文11月に本年度2冊目の旧著の改訂版発売の中受算数解法プロバイダー五本毛眼鏡の大手塾で漲る合格魂を見よ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2015/09/13 23:22

五本毛眼鏡 さんのブログ記事

  • 目の前のクラス上がれ!
  • にほんブログ村 12日(月)に1月まで教えていた卒業生が遊びに来てくれたことがきっかけで(そのアンサー的な感じで)以下の曲の替え歌作りを始めました。 ちなみに以前、「恋」のかえ歌を作った時には、 (この動画の真ん中あたりでゴホンゲが下手くそな歌でブログに載せた替え歌を披露しているのですが(汗))むしろ基礎を固めるためにクラスを下がる描写をしています。 基本的に音を似せることを優先していて、詞について深い [続きを読む]
  • 後期の日曜日の志望校別の授業と東大合格者数に絡めて思うこと
  • にほんブログ村タイトルについてですが、2018年前期の合格者数を元に計算してみると、昨年度(今年1月まで)担当した学校と、その前に数年間担当した学校で2校で計70名を超える合格者数が出ています。それだけ切磋琢磨できる学校に生徒達を送り出しているんだな、と。 送り出してきた生徒達がそういったシチュエーションを負担に思うのでなくプラスに転化しながら、充実した日々を送っていることを改めて願ってやみません(^^) そ [続きを読む]
  • 経験を経験則へ!
  • にほんブログ村図形の問題で必要な「センス」は学習を通して身につくので、たくさん解いて、経験を増やす事が大事。他塾の入試報告(分析)会的な立ち位置の集まりでこういった内容のことが話されていた、というような記事を目にしました。 そういった内容のことがどこかで話されていた、ということに関しては、また聞きの話にあたるものであることは強調しておきたいと思います。またその内容自体の論評的なことも一切差し控えた [続きを読む]
  • 日曜日(4日)にあったテストの算数の個人的感想(0時40分編集済み)
  • にほんブログ村 まずこの手の記事を書くたびにお断りさせて頂いていますが、ゴホンゲは塾を代表して物を言う立ち位置にはございませんので、あくまで個人的感想としておくみとり頂ければ、と思います。 しかく5以降は6年前期でこれから扱う範囲です。いわゆる難関校向けクラス担当の立場から言うと、5年生レベルで考えるなら難度が高めの問題なので(出来るに越したことはないけれど)むしろ6年前期〜夏期にかけてでこのレベル [続きを読む]
  • 大手集団塾講師たる者として街と生きていく気持ちを忘れずに
  • にほんブログ村 いつも文末で紹介させて頂いている2冊の拙著、特に「中学受験算数思考のルール」は、とあるエリアへの愛着がにじむ表現をところどころに散りばめていて、お手にとって頂いた方にニンマリして頂くような状況もひょっとしたらあるかもしれません。(^^) 例えば1月まで6年生本科を担当していた校舎・・・教えていた子達の妹さん達を教えていたり、なんて状況もないわけではありません。 であれば、例えば入試応援応援 [続きを読む]
  • 規則性(繰り返し)の範囲の授業を活性化させるとっておきのやり取り
  • にほんブログ村 規則性(繰り返し)というと「最小公倍数の考え方」がからんでくる問題がありますよね。 例えば、「赤い電球が2秒ついて1秒消えるのをくりかえし、青い電球が3秒ついて1秒消えるのを繰り返す。最初に同時についてから次に同時ににつくのは何秒後かというときに、2+1=3と3+1=4の最小公倍数で12秒後」と考えます。 そういった問題で授業を活性化させるやり取りを思いつきました。さっそく今日実践して [続きを読む]
  • 約数倍数難しいけど頑張りましょう!!
  • にほんブログ村 拙著がらみで記事を書くと、どうしても「図形」分野、比を使う分野に偏ってしまうわけですが・・・(すいません) 最近やってる範囲が難しいという記事をよく見かけますので、1日更新を休むつもりでしたが頑張って書いてみました。皆さまの参考になれば幸いです。 (なお、ご好評頂きました入試問題ゴゴゴゴゴゴゴゴ後日談ですが、こちらも太字の範囲の問題を扱う量が多くなってしまった面は否めません。拙著宣伝 [続きを読む]
  • 残念だけど中学受験算数は将棋ほどは難しくはないから
  • にほんブログ村 金曜日は某校舎で4年生の某クラスを担当しています。「わる数が二けた(以上)のわり算」を演習する様子を見て、記事のタイトルのようなことを思いました。(そう言えば以前藤森哲也五段の著書をもとに記事を書いたこともありました。https://ameblo.jp/kaihoudendousi/entry-12331656377.htmlそれにしても藤井四段と上の記事では書きましたが、あっという間に六段ですからすごいですね。) どうしてタイトルのよ [続きを読む]
  • 理解のレベル
  • にほんブログ村 木曜日教えている6年生は、2月から担当を始めたクラス。簡単な問題を当てながら、先週に引き続き昨日は名前を覚える作業をしていきました。 おそらく次回授業時に、人数が少ないこともあってこのクラスに関しては出席簿で机の位置と照らし合わせたりしなくても顔を見て「●●君!」「△△さん!」ってほぼ言えるレベルになったかな、と思います。 ただ、それは正直に言うなら限られた教室内の中で、顔と名前が一 [続きを読む]
  • 入試問題ゴゴゴゴゴゴゴゴ後日談〜早稲田中学(1次)〜
  • にほんブログ村生徒達の笑顔を思い浮かべながら、時には流したであろう涙を胸に刻みながら2018入試問題をふりかえっていこう、という企画の第4弾です。慶応普通部→洗足VSフェリス→聖光学院(1次)→と続けてきました。 解きごたえのある問題が並んでいる印象でした。1問目からニュートン算、しかもその仕組みで解けると気づけばなんてことないとは思いますが、その見極めに若干時間がかかってしまった場合もあるのではと思い [続きを読む]