sekitomozo さん プロフィール

  •  
sekitomozoさん: 老人は寸志を抱いてぼちぼちと
ハンドル名sekitomozo さん
ブログタイトル老人は寸志を抱いてぼちぼちと
ブログURLhttp://setomo2015.blog.fc2.com/
サイト紹介文自転車でポタリングしながら出会った景色や建築などをボケ防止にブログアップしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/09/14 18:51

sekitomozo さんのブログ記事

  • 鳥喰の林をカサコソと
  • 渡良瀬遊水地に向かう途中、久し振りに寄り道してみました。鳥喰(とりはみ)という地区にあるので、勝手に鳥喰の林と呼んでいます。きちんと人手が入っていて気持ちの良い、里の林です。林の入り口です。夏は鬱蒼としていて入りにくいのですが、今は呼んでいますね。自転車を降りて歩くと、落葉がカサコソと音をたてて、武蔵野を逍遥している気分ですいつもの切株に自転車のペダルをのせて定点観測見上げるとクヌギの葉に朝日が当 [続きを読む]
  • 富士山を撮りました
  • 2017.12.09ここのところ関東地方はすっきりと晴れ上がった日が続いています。今朝も、早朝ポタリング・利根川コースでは関東平野を取り巻く山々が顔を見せてくれて、得した気分になりました。埼玉県加須市カスリーン公園・大利根水防センターから富士山を昭和22年のカスリーン台風で利根川が決壊し群馬・埼玉県では大災害になりました。忘れてはいけませんこの施設も早朝立ち寄りなので入ったことはありません。裏側にあるトイレ [続きを読む]
  • 放射冷却で夏を思い出し
  • 2017.12.04ここのところじりじりと気温が下がり始め、夜明け前の最低気温も0℃近くになって来ました。冬ですね。昨日から良く晴れ渡り、放射冷却現象でぐっと冷え込みました。利根川の堤に上って驚きました。来る途中の中川などでも、ほわほわっと川霧が立ってはいましたが・・・日の出の時刻もどんどん遅くなっていて、老良の漕ぎ出しの方が早くなってしまいました霧の中から朝日が昇って来ました。肉眼ではこれから渡る、いつも [続きを読む]
  • サイクリングロードが危ない
  • 早朝ポタリングで江戸川の右岸を南下中の事です。すっきりとした青空。気温1.5℃で気分もシャキッとして走りました。清掃工場の煙突の煙が真横に流れています。どれくらいの風が吹いているのだろう?などと思いながらポタリングすると上空に気を取られていて氷で滑って転んだ訳ではありません。危なそうに見えたのです自転車を転がして、ちょいと演出しました氷ではありません、アスファルトが朝日に輝いているのです。どうして [続きを読む]
  • 唐沢山再挑戦
  • 2017.11.21先週、唐沢山へ紅葉を見に向かったのですが、あまりに風が強く途中で引き返して来てしまいました。電線がヒューヒュー鳴っていたので、風速は10.8〜13.8m/sでした。これはかなり強烈でした。天気も良く、仕事の段取りも良く、今日は再挑戦です!!利根川を渡りながら上流を望むと日光方面は雲に隠れています、水面にも波が少し・・・いきなりのカウンターパンチか橋を渡り堤を左折し上の写真の鉄橋の下をくぐり [続きを読む]
  • 渡良瀬遊水地から富士と筑波を
  • 2017.11.19今朝は渡良瀬遊水地ポタリングコースを走りました。今年一番の寒さという事で気合を入れてスタートしましたが、風も弱く気温も予想より高めで快適。最高気温の話でしょうか。筑波山は見えたのですが、富士山は例によって雲の中。一時間程走って遊水地のいつもの堤防に上がると、雲は消えて、見えました。谷中湖の向こうに小さく白い姿が、はっきりと。手前の葦原はもう冬の様相です。渡良瀬川に架かる新赤間橋の上から。 [続きを読む]
  • 雪の富士山初お目見え
  • 2017.11.12今朝は風も無く快晴。気温も7.5℃と思ったより暖かくて、快適な早朝ポタリングでした。利根川から江戸川を走るいつものコースですが良いことがありました。利根川の堤に上がると筑波山がすっきりと見えました。そして、雲が全く無いのも味気ないものと勝手なことを思いますそれなのに、雲が無ければ富士山も見えるのでは・・・もっと勝手な事を願いますポタリングを続けます。生憎西の方には雲がかかっていて富士山は [続きを読む]
  • 英国大使館別荘・光陰矢の如し
  • 2017.11.01十月は台風が二度も上陸したり老良の都合もあって、残念ながら日光の紅葉は終わってしまいました。中禅寺湖畔にある英国大使館別荘記念公園に行ってきました。自転車でいろは坂を上る気力もなく、車です。平成20年まで大使館別荘として利用されていたものを、修復し昨年公開となりました。もともとは英国外交官のアーネスト・サトウが明治29年に建てた個人の別荘でした。驚きましたサトウは日系人かと思っていたのです [続きを読む]
  • ゲストハウス・青龍kibako
  • 青梅のゲストハウス青龍kibakoに泊まりました、残念ながらツーリングではありません。翌早朝からの仕事のためです。今年の四月にオープンしたそうですが、知らずに今まではビジネスホテルに泊まっていました。ライダーハウスの旅行者向けヴァージョンなので、親しみがあります。歯ブラシ・髭剃り・パジャマを持参して泊まります。旧ほていや玩具店店舗を買い取って始めたそうで、国の登録有形文化財に指定されています。旅の検索サ [続きを読む]
  • 得した気分の男
  • 今年の秋の天気は変です。今週も雨?マークの日ばかりで、週末には台風21号もやって来そうです。こんなに雨続きでは日光の紅葉も終わってしまいます! 今日は一日曇りの予報なので、三日ぶりに朝飯前ポタリング利根川右岸コースに出かけました。これからの季節、カーブミラーは役に立ちません。何とかならないものでしょうかどこのハナミズキの実も真っ赤に色づいています。北海道のナナカマドの街路樹のようなものかもしれませ [続きを読む]
  • 違いが分かった男
  • ようやくススキとオギの違いが分かりました。たいした話ではありませんが・・・先日から花瓶に挿していたススキとオギと思われる二種類の穂先に違いが出てきました。穂の先端から黒っぽい髭のような芒・ノギが出ていますので、これはススキです。山渓ハンディ図鑑にありました。久々の初代タムロン90mmF/2.5マクロの出番です。1980年頃購入したのですが、ちゃんと作動します。こちらはノギはありませんからオギです。毛が長くて [続きを読む]
  • 寒露・いよいよ里の秋
  • 2017.10.08  今日は寒露道路に出ようとしてカーブミラーを見ると、水滴がびっしりと付いていて何も確認出来ません。走っているうちにだんだん霧が濃くなってきました。この秋初めての現象でした。中川、橋の欄干の蜘蛛の巣。あれやこれやと撮り始めると切りがないので、パチリ千葉県野田市の関宿辺りからは江戸川と並走しながら東京湾に注ぎこみます日の出の時刻が遅くなってくると、朝日が川面から昇ってくるようになります。楽 [続きを読む]
  • 思わぬススキの効果?
  • 札幌のすすきのに行くと何か効果があるという話では有りません。4日が中秋の名月なので、ポタリングの途中線路際からススキ(多分オギ)を調達して帰りました。車がいつもよりも遠巻きにして追い越して行きます。家の近くの狭い道路では、後ろに繋がっていました。どうしてだろう?いつもと違う・・・穂が道路側に出っ張っていたからだと気付きました。もっと繊細な葉をして、株のようになって生えているのがススキだと思います。 [続きを読む]
  • 似て非なるもの
  • 知りませんでした。花を見るまでは、てっきりクズと思っていました。線路際に繁茂していたり、電柱や木に絡まってモンスターのような姿をしているやつです。日本中どこにでも生えているのだから、工夫すれば葛粉が無尽蔵に出来るだろうに・・・などとノー天気なことを思いながら渡良瀬遊水地をポタリングしていました。ところが、つるが伸びて来たのでおや?と思い、おかしな花が咲き始めたので違うのでは今まであまり見つめた事は [続きを読む]
  • 富士山初お目見え
  • 2017.09.21爽やかな早朝ポタリングでした。 気温22.6℃ 湿度52%宝珠花橋を渡り江戸川を北上し始めたところで気分爽やかに利根川堤から関宿城博物館を振り返っていつもの利根川左岸のポイントで。目を凝らすと、富士山が顔を見せていました。初見参!本当は、台風一過の翌朝に違う場所で見ましたが、ここでは初です。スマホカメラとは色味が大分違います。レンズがNIKKOR50mmオールドレンズのせいもあるかもしれません [続きを読む]
  • 健気に咲く彼岸花
  • 彼岸花が今年も咲き始めました。いつの間に咲いたのだろう?そういえばお彼岸ももうじきだ・・・。そんな事を思い出させるように咲き始めます。ポタリング途中の堤の斜面にポツリポツリと咲いています。伸び放題だった草が刈り取られると、あっという間に地面から顔を出しますが、真っ赤に咲いて初めて目につく花です渡良瀬遊水地。遠く谷中湖河川の堤は公園や田圃の畔のように管理されている訳ではありません。もし予算の都合で草 [続きを読む]
  • 夏の七草
  • 秋の七草ではありません、北海道2017で出会った夏の七草です。植物に詳しいわけではありません、走っていて特に気になったものをパチリと写しただけです。十種類もありませんでしたので、そのうちの七草を掲載しました。順番は不同です。何と言っても気になるのはこれです。シシウドとかエゾニュウとか。調べても決定打は有りませんが、北海道ですからエゾニュウでしょうか。大きな蕾はフキノトウのようで天ぷらにしたら美味そうで [続きを読む]
  • 9月は爽やかに始まりました
  • 2017.09.03台風一過、清々しい朝です。ワクワクしながら利根川の堤に駆け上がったのですが、地面近くは思ったより霧が深く筑波山も霞んでいました。いつものポタリングコース。利根川から江戸川に入り宝珠花橋まで下った所で折り返します。関宿城博物館まで戻りました。あまりに空が青いので久し振りにパチリスマホカメラは青空を強調し過ぎていますね。境大橋を渡り利根川の左岸を少し遡ると、お気に入り撮影ポイントです。関宿城 [続きを読む]
  • 渡良瀬遊水地に白い雉が出た!!
  • 2017.08.308月の日照時間は過去最低を記録したそうです。雨の日も多く、朝飯前ポタリングにもあまり出かけられませんでした。自転車の駆動部を掃除して、すっきりした気分の朝飯前ポタリングです。関東平野なので、スーッと進みます。クランクを抜いて、チェーンリングも三枚に分解して磨きました。ミドルとインナーの歯のこちら側もピカピカで気持ち良いです。スプロケットもホイールから抜いて磨きました。チェーンはパーツクリ [続きを読む]
  • 北海道を走る2017の最後は青春18きっぷで
  • 2017.08.01 新潟港〜新潟駅〜輪行で帰宅新潟港に予定より10分早い、8時50分に到着しました。穏やかな海で、ぐっすりと眠れました。あっという間の船旅でした。新潟は今年も曇り空でした更に家まで自転車で帰ることも考えたのですが、すっかり忘れていた仕事の事も気になり始めました。欲張らずに、去年と同様、輪行で帰ることにしました。新潟駅近くの宅急便屋さんで、リアバッグを自宅に送ってもらい身軽になりました。去年 [続きを読む]
  • 07.31 ラストランは小樽まで
  • 2017.07.31 野塚キャンプ場〜小樽フェリーターミナル北海道を走る2017も今日がラストランです。小樽まで走り、夕刻新潟行きの船に乗ります。今朝も曇り空です。日も射し始め、これはと思いましたが一瞬の事でした。ラスト・ブレックファーストはいつもの珈琲とパンです。一枚目は甘いあんこ、二枚目はツナマヨを塗って、味に変化を付けています。野菜は後でジュースで採ります。  今年はタンパク質の補給に魚肉ソーセー [続きを読む]
  • 07.30積丹ブルーその2(午後の部)
  • 2017.07.30  美国小泊キャンプ場〜積丹岬・神威岬〜野塚キャンプ場続きです積丹ブルーを堪能した後は野塚キャンプ場を目指して一気に下りました。ペダルを漕がなくてよいのですから楽です。キャンプ場は海水浴場にありました。場違いな感じもしましたが、他にキャンプ場などはありません。こんな昼の時間にテントを張るなんて初めてで、のんびりムード満点です。夕焼けまでには時間が有るので身軽になって神威岬までポタリング。 [続きを読む]
  • 07.30積丹ブルー!!
  • 2017.07.30  美国小泊キャンプ場〜積丹岬・神威岬〜野塚キャンプ場今日も朝から晴れで、楽しく走れそうです。チャリダーにとって、晴天は最良薬です。キャンプ場から見下ろすと、美国の浜にもたくさんのテントやキャンピングカーが。朝食を済ませ、テントをさっさと畳んで、積丹岬を目指します。積丹ブルーを見るためです。山口の兄ちゃんはどうしたのでしょうか、もうバイクを駆って見に行ったのでしょうか。美国の市街地を過ぎ [続きを読む]
  • 07.29小樽までの予定が積丹町まで
  • 2017.07.29 江別キャンプ場〜小樽〜積丹町美国目を覚ました頃より、ずっと霧が濃くなってきました。キャンプ場は道路からだいぶ奥に入ったところにあるので、車の音は一切聞こえません。小鳥のさえずりが聞こえてきますが、残念ながら、名前は分かりません。静かな朝です。食パンを買い忘れてしまい、朝は珈琲だけでした。水平の取れた大きなテーブルとベンチは、安定感があって心も落ち着きます。江別市森林キャンプ場は管理人も [続きを読む]
  • 07.28天気には勝てません・なんとか江別まで
  • 2017.7.28 千歳ライダーハウス〜江別キャンプ場目が覚めて外を見ると、今にも雨が降り出しそうな空模倣です・・・宿の兄さんが、泊まっている皆さんと話をしながら各地の天気を調べてくれますが、何処も芳しくありません。老良の予定地は今日だけでななく、明日も晴れないようです。姿が見えない羊蹄山の麓を走っても仕方が有りません。支笏湖から羊蹄山を回って小樽へのルートは諦めました。今年は諦めることが多いですが仕方あ [続きを読む]