ときどりの鳴く 喫茶店 さん プロフィール

  •  
ときどりの鳴く 喫茶店さん: ときどりの鳴く 喫茶店
ハンドル名ときどりの鳴く 喫茶店 さん
ブログタイトルときどりの鳴く 喫茶店
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/shochanshochan_1946
サイト紹介文時や地を巡っての感想を、ひねもす庄次郎は考えつぶやく。歴史や車が好きで、古跡を尋ね、うつつを抜かす。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/09/16 00:52

ときどりの鳴く 喫茶店 さんのブログ記事

  • 三ノ輪・逍遥3  浄閑寺
  • 高校同級会・6/4 ・台東区と荒川区の境界は・・まさに区界って意味深で・・・三ノ輪・逍遥 3:・・のち・飲み会浄閑寺・苦界 、、、「生きては苦界、死しては浄閑寺」吉原遊廓の近くにあり、遊女の投げ込み寺永井荷風の筆塚 永井荷風の墓ではありません。この近くに住んだ彼が、作品の中・・死んだあとこの寺に墓を・と望み、友人・谷崎潤一郎などが、それではせめてもと筆塚を建立した。三の輪駅から「淨閑寺」「樋口一葉館」 [続きを読む]
  • 三ノ輪・逍遥 2
  • 高校同級会・6/4三ノ輪・逍遥 2:・・のち・飲み会ジョイフル三ノ輪:アーケード商店街 三の輪駅から「淨閑寺」「樋口一葉館」「鳳神社」「吉原神社」「吉原大門」などを廻り・また三の輪駅へ 実は、都電に乗ったことがなかった。・同級会が「三ノ輪駅(地下鉄)」集合と聞いて思い立った。・行程は、王子から箕輪までのハーフである・・早稲田の方はまた機会があれば・・・・せっかくだから、「アーケード」を歩いてみようと思っ [続きを読む]
  • 三ノ輪・逍遥
  • 高校同級会・6/4三ノ輪・逍遥 1:・・のち・飲み会台東区と荒川区の境で・・見つけた”明日のジョー”像・三の輪駅から「淨閑寺」「樋口一葉館」「鳳神社」「吉原神社」「吉原大門」などを廻り・また三の輪駅へ道すがらに・・その像はあった。かって、その漫画に”虜”になった。----- 50年も前の話である。そして、確か ---「少年マガジン」「少年サンデー」「ジャンプ」「アクション」「ビッグコミック」が、「朝日ジャー [続きを読む]
  • 紅花の郷・
  • 紅花の郷・桶川市川田谷というところ・ TVで「紅花」を”チラ見”した。恐らくは最上川上流の「おしんの出身地」のところでの撮影だろう。「紅花」は、かっての染料の主役だが、、      現在では主役の座を降りているらしい・桶川は、山形・川北町周辺に次ぐ第二の「紅花産地」であったらしい・ ---・今でも草木染の源流 ・---桶川市べに花まつり 6月16日・17日開催(2018年度) −桶川市観光協---------------------- [続きを読む]
  • 「・・・奈緒」と・小平物語
  • 「・・・奈緒」と・小平物語小平奈緒は、旬な話題の人・・「オリンピックのゴールドメダリスト・スピードスケート選手」。何故あんなに強いのか!・なぜあんなにストイックなのか!なぜ氷上の詩人と呼ばれているのか?などなど・・・は、興味はあるのだが、僕の関心の範疇から外して他に任せておこうと思っている。しかし、とりわけて気になている「文武両道」の意識、、それも選択肢の一義の優先の強烈さを、何故かと問わずにはい [続きを読む]
  • 生成り:「紫陽花」 ・・
  • 例年より・開花が早いとか  ・---TVの情報です生成り:「紫陽花」「がくあじさい」・開花・能護寺(熊谷)や明月院(鎌倉)まではしんどいので、     東京「白山神社」の紫陽花でも見てこようかと思っています。能護寺  ::明月院 両・寺とも訪ねて写真を持っている筈ですが見つからず・・市の広報から借用しました・クイックで拡大梅雨は、-- ・・どこまで来ているのかしら! [続きを読む]
  • 五月・昼下がり 睡蓮・
  • 五月・昼下がり 睡蓮・睡蓮は、基本的に葉に切り込みが入ります。睡蓮は、眠る蓮(の花)・と書きますが・・本当に眠るのでしょうか?蓮には、丸葉に切り込みがありません。根は「蓮根(=レンコン)」といい連なるそうです。池に、コイが泳ぎ、睡蓮が揺れます・・・五月・昼下がり・・ [続きを読む]
  • 山法師
  • 山法師昨今・・公園を「ウオーキング」していると、「山法師」を見かける場合が多い・・この写真は、「ウオーキング」している公園近く  ・・庭木用植林で約30本の、「山法師」・・.... 源氏の「白」は、源氏が「新羅系」であり、その新羅は「白旗」の国であると『書紀』に記述されている ・・・・記憶が遠いので定かではないが、「昔、源平合戦の頃・・九州で、平家の落ち武者が、山法師の「白」を見て・源氏の追手が迫りくるの [続きを読む]
  • 「キスゲ」というか
  • 「キスゲ」というか「キスゲ」というのか「野カンゾウ」というのか、詳しくはないが、、、とにかく、公園の湿地に咲き始めた・「ニッコウキスゲ」の仲間らしいが、”咲く”を見ると、高原を思い起こす・・写真を見た方から「キショウブ」ではないかとご指摘を受けました。ありがとうございます [続きを読む]
  • つる薔薇・・
  • つる薔薇・・つる薔薇・・最近早朝に散歩している・メタボ解消を兼ねて、約5Kmがノルマ・アンドロイド・スマホには、無料の「歩数計」もあり、愛用は、「毎日歩こう 歩数計Maipo」というやつ・・なかなか良い・近場の公園は、散歩する人に便利なように・・  小回り、・500mコース: 大廻り、1100mコース、が選べる・ノルマが5Kmなので、コースを組み合わせて・・・途中・・、「アーチ」の格子のドームがあり、、 つる [続きを読む]
  • 鶴姫神社 ・・
  • 鶴姫神社 ・・  ・・・ 地元の人々は、この鶴姫大明神をツルヒメサマとかオツルダイなどと呼んでいます。昔、ここは広い低湿地帯で入江となっていて、台地の周囲には桜の花が咲く美しい場所でした。 ・・・ 岩槻の伝説より岩槻城主の娘・鶴姫様は、この土地がとてもお気に入りで、よく遊びに訪れたのだそうです。鶴姫様は不幸にも若くして亡くなられました。そこで、この鶴姫様をおまつりしたのが鶴姫大明神ということです。 ◇:岩 [続きを読む]
  • 青梅・塩船観音寺・古刹
  • 青梅・塩船観音寺・古刹 銅葺の屋根の護摩堂です・・比較的新しい・銅葺のさびは緑青(ろくしょう)ですから、色が自然に溶け込みます・この屋根の寺院は、江戸時代からと聞きます。上:山門 下:阿弥陀堂 ??茅葺の仏閣です。情緒あり・ 桃山時代?! 火災にも会わずに残存!本堂も茅葺 ---  密教らしい雰囲気が残っています・○ すり鉢の 重ねつつじに 観世音 ・・庄塩船観音寺:真言宗:東京都青梅市塩船194 [続きを読む]
  • 青梅・塩船観音寺・つつじ
  • ○ 懸崖が 涅槃のつつじ 弘誓舟(ぐぜいふね)  ・・庄青梅・塩船観音寺・つつじ 背景がすり鉢状の谷あい・・です・ もともとは、この地に、まばらに野生していた”つつじ”、、間隙に、隣接から植え直して、手入れした・・と聞きます・ 何株あるのか!見渡すかぎり・・・ ”つつじ”のかなたの頂に、観世音が・・ [続きを読む]
  • 春を探しに ・10  神社の藤
  • 春を探しに ・10  神社の藤神社の藤神池の藤棚・・ ・・・ 神池は瑞籬 ・・・と覚えたり・ ・神池は(かみいけ)であり、稀に(こういけ)と読む。  ・- (しん/じん・いけ)ではない ・瑞牆は(みずがき)と読み、水の垣根を意味する。 - - ”ふじ”は三分咲きと聞いたが、どうして、! 満開に近い・さて、ここは ・・ 越谷・久伊豆神社 です 大変・立派な社格を誇ります・参詣した日も、・結婚式や稚児祝の人がチラホ [続きを読む]
  • 岩槻は、「太田道灌」のつくった街? ・4 平林寺付近・
  • 岩槻は、「太田道灌」のつくった街? ・4 平林寺付近・平林寺付近・古い街には寺が多い・・武蔵野(埼玉)・でいえば、古い街は川越や岩槻を指すのだろう。現代にいたって、町の規模は、大宮や浦和や川口や所沢や越谷などが人口増を繰り返しているが、ここいらのところは規模の小さい宿場町や農村風景だったところがほとんどであった。寺を作るのを開基というのだそうだが、一般の住宅と違ってそこそこの金がかかるのは想像する [続きを読む]
  • 春を探しに ・8  御衣黄・・咲く
  • 春を探しに ・8  御衣黄・・咲く御衣黄・・咲く花の色は移りにけりないたずらに・・ と思っていたら、「右近」が咲いた・右近・緑色の桜である  ・御衣黄とも呼ばれる 桜が、盛りを過ぎて色あせていくさまを、   平安・絶世の美女・小野小町が美貌が老いて廃れていくさまと被せて、       詠んだ和歌は、皮相で寂しいが・・・   みどりの桜は、地味で凛々しい・・後日談:・・約1週間あと・・花の色は、黄色 [続きを読む]
  • 岩槻は、「太田道灌」のつくった街? ・3 寺院 龍門寺
  • 岩槻は、「太田道灌」のつくった街? ・3寺院 龍門寺まず、「龍門」・・??・・中国:洛陽龍門石窟. 龍門石窟は河南省洛陽市から南に13kmの場所・・--- 龍門石窟(りゅうもんせっくつ)と読む・--- 龍門寺は、岩槻市街の東北、日光御成道に・・。宗派は曹洞宗に・岩槻:龍門寺(りゅうもんじ)と呼ばれる。この「龍門寺」は、「りょうもんじ」と呼ばせる寺もかなりあるように聞く・。私の田舎にもあるが、こちらの宗派は、臨 [続きを読む]
  • 岩槻は、「太田道灌」のつくった街? ・2 寺院 淨国寺
  • 岩槻は、「太田道灌」のつくった街? ・2 寺院 淨国寺1587年(天正15年)岩槻城主太田氏房の開基、清巌の開山により創建されたという。早い時期から浄土宗の檀林が置かれ、江戸時代には浄土宗の触頭であった。 淨国寺の山門に、大きく「栴檀林(=せんだんりん)」の文字が浮かびあがる。栴檀とは、成長の大きな「香木」のことで学僧に見立て、複数を林に例えた。つまり・・「漢学の学問所」を意味する大学なのだ。太田氏房・ [続きを読む]
  • 岩槻は、道灌のつくった街 はて? ・1 寺院 芳林寺
  • 岩槻は、「太田道灌」のつくった街? ・1 寺院 芳林寺・1 寺院 芳林寺・・・芳林寺:岩槻区本町1-7-10・--- どうやら、太田道灌は岩槻に住んだことはないらしい。道灌から三代か四代後に道灌子孫が東松山か川島あたりから岩槻に移り、城を築いたのが説としては合理的のように読める。太田資高がその人らしい・・。・芳林寺・開基のおり、伊勢原で謀殺された道灌の「遺骨?や遺髪」を譲り受けて、生越の龍穏寺とこの芳林寺に [続きを読む]