ぼらお さん プロフィール

  •  
ぼらおさん: 三十にして立ち、四十にして惑わず
ハンドル名ぼらお さん
ブログタイトル三十にして立ち、四十にして惑わず
ブログURLhttp://hakataseabasslure.blog.fc2.com/
サイト紹介文福岡住在の女子がソルトルアーフィッシングにチャレンジしちゃいます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2015/09/17 19:17

ぼらお さんのブログ記事

  • 葉月ヒラスズキ
  • 最近全然ヒラスズキいってないやん?・・・みたいな苦情(?)が来たので渋々ヒラスズキへ・・・いや、その、ヒラスズキにもシーズンというものがあって、好まれる風向きというものがってですね、あの、いや、やっぱりいいです・・・ [続きを読む]
  • シーバス(スズキ)って美味しい魚なの?③
  • スズキを美味しく食べるための手当てについて魚の“手当て”とは、魚が捕れてからまな板に乗るまでの「扱い」のことです。“how it has been handled” です。どんなにいい魚であっても途中の扱いが雑だと美味しくなりようがありません。私見ですが、ルアーアングラーの多くが魚を締めること、それから、魚を保冷することに関して無頓着すぎるような気がしますね。 [続きを読む]
  • レイン 団長ジグ スリム
  • 団長ジグ スリムメーカー:REINSカテゴリー:サーベリング・タチウオ専用ジグ パイプジグウェイトバリエーション:80g100g評価「団長ジグ」にはいくつか種類がありますが、ここでは「団長ジグスリム」のみを扱います。このジグのパッケージには「私が開発者です」みたいな顔写真が掲載されていますが、このルアーのオリジンは九州は宮崎(もしくは長崎)にあって、いわゆる「ご当地ルアー」なんじゃないんですかね・・・「タフ [続きを読む]
  • タカミヤ FALKEN R フラットエッジ ジグ (ポイジグ)
  • 釣具のポイントのメタルジグ・・・略して「ポイジグ」メーカー:タカミヤ(釣具のポイント)カテゴリー:汎用メタルジグといいつつほぼタチウオ専用ジグウェイトバリエーション:60g80g100g評価関西より東には「釣具のポイント」があまり進出していないらしいので、結構ローカルなルアーになるかもしれません。オーソドックスな「ブランカ」タイプのメタルジグです。その値段と実力で、福岡のタチウオ界隈にて猛威を振るってい [続きを読む]
  • ダイワ クールライン アルファ2 GU1000X/LS
  • これくらいの容量のクーラーボックスって選択肢が多すぎて次から次へと目移りしてしまいますよね・・・(笑)候補に上がったのは下記4機種で、考えに考えた結果、もっともシンプルでもっともコストパフォーマンスがいいGU1000Xを選びました。・S1000X/LS・GU1000X/LS・SU1000X・SU1000X SURFちなみにダイワの小型クーラーは頭に付く文字がそれぞれ断熱材の素材を表しますS=スチロール断熱材 軽いが保冷力は弱いGU=発泡ウレタン [続きを読む]
  • 今度は45匹!
  • キスって水温の変化に敏感なんやな・・・ガチ投げは、日が昇って水温が上昇して岸からキスが離れていったとしても、涼しい沖に逃げた群を(射程的に)狙えるワイの(感度勝負の)ARCでは狙えない(苦笑)朝イチが勝負やな [続きを読む]
  • シーバス(スズキ)って美味しい魚なの?①
  • 非常にデリケートな話題です・・・というのも、スズキは本来美味しい魚なのですが・地域差(水質差)・個体差・季節差が非常に大きな魚で、しかも繊細な白身肉なので、声高に「スズキは不味い」といって憚らない人たちが存在するからです。でもよく考えると旬の時期からハズレた魚、工業地域の湾奥のドブ川で釣った真っ黒な魚、釣ったあとの手当てが杜撰だった魚は魚種を問わず美味しくない可能性が高いわけで、本来の姿のスズキの [続きを読む]
  • ジャッカル アンチョビメタル タイプ1&タイプ2
  • アンチョビメタルメーカー:ジャッカルカテゴリー:タチウオ・サーベリング専用ジグウェイトバリエーション:80g100g130g160g200g250g評価ほんの少し前までは、よく釣れる廉価タチウオ用ジグといえば・アンチョビメタル・メタルフリッカー・ブランカが三大巨頭でしたが、サーベリング業界にはダイワをはじめとする後続メーカーがドンドン参入しており、価格の面ではかならずしもファーストチョイスのジグではなくなりました [続きを読む]
  • 釣ったキスとハゼを食す
  • 魚の調理は「釣った瞬間」から始まります。釣った魚の「旬を知る」ことと「個体差を見抜く目利き」は知識とセンスが問われる事項ですが「血抜き」(この記事を参照のこと)と「保冷」(この記事を参照のこと)は誰でもオートマチックにできることです。今回の魚(つまりキスとハゼ)には血抜きは必要ありませんが、保冷はしっかりしています。釣った魚を美味しく食べようと思ったら「血抜き」と「保冷」を意識して実行してください [続きを読む]
  • RBB ZIPチェストウェイダー No.8696
  • 前回の記事・・・つまり新ウェーダー選定の最後の段階に残った候補が・RBB シュープリームウェイダーII 8695・RBB ZIPチェストウェイダー 8696・アングラーズデザイン フロントジップチェストウェーダー ADW-16・リアス トライバージョン2 FWD-1600で、実際に買ったのがこの【RBB ZIPチェストウェイダー 8696】になります。決め手はやっぱり、このモデルの兄弟である【RBB シュープリームウェイダー 8722】を持っていたこと・・ [続きを読む]