キッズメンタルねっと さん プロフィール

  •  
キッズメンタルねっとさん: キッズメンタルねっと
ハンドル名キッズメンタルねっと さん
ブログタイトルキッズメンタルねっと
ブログURLhttp://kidsmental.net
サイト紹介文精神病・精神障害の種類、子どもの心理・メンタルヘルスなど、コミュニケーションスキルや役立つ情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2015/09/18 14:51

キッズメンタルねっと さんのブログ記事

  • 【薬物治療】SSRIの効果と作用、離脱症状と副作用について
  • 【薬物治療】SSRIの効果と作用、離脱症状と副作用についてうつ病や社会不安障害などの心の病気の薬物治療で使用される薬に「SSRI」があります。そこで今回は、治療薬「SSRI」の効果と作用、副作用と離脱症状についてポイントをまとめてみたいと思います。SSRIの効果「セロトニンを調整して不安を軽減する」治療薬であるSSRIは、日本語では「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」の意味で、英語の「Selective Serotonin Reuptake Inh [続きを読む]
  • 【社会不安障害の薬物療法】薬の服用期間や依存性は大丈夫?
  • 【社会不安障害の薬物療法】薬の服用期間や依存性は大丈夫?社会不安障害(あがり症)の治療では、薬を使った薬物療法が中心になります。大切なのは、薬物療法で処方される薬はどんな種類があり、どんな効果があるのか、よく理解して納得した上で治療を受けることです。薬のことを理解し、納得して服用すること社会不安障害(あがり症)の治療は薬を使用する方法が一般的です。適切に薬を服用するためにも、薬がどんな症状に対して [続きを読む]
  • 【社会不安障害の治療薬】種類・効果・作用・特徴について
  • 【社会不安障害の治療薬】種類・効果・作用・特徴について社会不安障害(あがり症)の薬物治療では、主に3つの種類の治療薬を使い、それぞれの症状にあわせて薬の組み合わせを変えて治療を行うのが一般的です。そこで今回は、社会不安障害(あがり症)の治療薬の種類と特徴についてポイントをまとめてみたいと思います。3種類の治療薬|社会不安障害(あがり症)社会不安障害(あがり症)の治療には、主に次の3種類の知慮薬が使わ [続きを読む]
  • 社会不安障害は薬物療法で症状が回復し、病気を治せる
  • 社会不安障害は薬物療法で症状が回復し、病気を治せる社会不安障害(極度のあがり症)は、心療内科や精神科で適切な治療を受けることで、症状が驚くほど改善されていく病気です。過剰反応している脳を薬で抑制し、不安や緊張などの感情を軽減することができます。薬物療法の目的社会不安障害の(あがり症)の薬物療法の目的は、不安感情を軽減し、成功体験を記憶できる状態にすることです。そもそも社会不安障害(あがり症)の人は [続きを読む]
  • 【社会不安障害】あがり症を完治克服すれば再発はしない?
  • 【社会不安障害】あがり症を完治克服すれば再発はしない?極度のあがり症「社会不安障害」は、精神神経科や心療内科で治療を行うことで完治を目指せる病気です。薬物治療では医師の指示を守って薬を飲み、認知行動療法やエクスポージャーなどの精神療法を含めた適切な治療によって、あがり症「社会不安障害」は克服することが可能なのです。きちんと治療して完治すれば、社会不安障害(あがり症)が再発することはないのでしょうか [続きを読む]
  • 【社会不安障害】診察、診断の流れ|リーボヴィッツの評価尺度
  • 【社会不安障害】診察、診断の流れ|リーボヴィッツの評価尺度社会不安障害(極度のあがり症)の診断や治療方針は、患者本人がどんな症状に悩んでいるかによって変わってきます。適切な治療のためにも、病院での診察の際には、自分の状態や症状について、できるだけ具体的に医師に伝えることが大切です。社会不安障害の診察、診断の流れ社会不安障害の診断の流れは、次のような流れが基本的です。①医師による問診医師に具体的に伝 [続きを読む]
  • 【社会不安障害】あがり症が悪化して重症化する悪循環も
  • 【社会不安障害】あがり症が悪化して重症化する悪循環も極度のあがり症(社会不安障害)の場合、「何回か経験して慣れてくれば良くなる」と思いがちですが、そのうち良くなることはありません。経験すること自体が精神的ストレスになり、負の悪循環に陥って重症化してしまうこともあるので注意が必要です。社会不安障害は場慣れするものではない人前でのスピーチのときなどに緊張してしまい、失敗した経験は誰にでもあると思います [続きを読む]
  • 社会不安障害は治療すれば完治する?あがり症は克服できるの?
  • 社会不安障害は治療すれば完治する?あがり症は克服できるの?人の性格は病院で治療できませんが、それが心の病気であれば様々な治療が可能になってきます。極度のあがり症である社会不安障害は心の病気です。正しい治療をおこなうことで、症状も改善し、完治・克服を目指すことができます。逃げていては問題は解決されない人前に出ると顔が真っ赤になったり、頭の中が真っ白になってしまう、といった極度のあがり症は、ひと昔前は [続きを読む]
  • 摂食障害と社会不安障害の合併症も多い|拒食症・過食症
  • 摂食障害と社会不安障害の合併症も多い|拒食症・過食症摂食障害(拒食症・過食症)は、女性の発症割合が多いといわれている病気です。拒食症や過食症という摂食障害を発症する女性は、何かしらの不安障害にかかっている人がケースが多いといわれ、社会不安障害の人が摂食障害になってしまうことも少なくないようです。摂食障害の2つの種類|拒食症と過食症摂食障害は、男性よりも女性の患者割合が断然多い病気のひとつです。摂食 [続きを読む]
  • 【社会不安障害】うつ病との合併症/併発が多い(あがり症)
  • 【社会不安障害】うつ病との合併症/併発が多い(あがり症)社会不安障害(極度のあがり症)は、早期受診・早期治療によって、改善や克服が可能な病気です。しかし、自分では病気であることに気づかず、放置したままでいると、うつ病やパニック障害など他の病気との併発(合併症)を引き起こし、治療が難しくなってしまうおそれがあります。社会不安障害は併発や合併症が多い社会不安障害はまだまだ認知度が高いとは言えず、症状が [続きを読む]
  • あがり症は自律神経、交感神経の働きが原因【社会不安障害】
  • あがり症は自律神経、交感神経の働きが原因【社会不安障害】不安や恐怖の感情は、人間が危険から身を守るために必要な生物として防御本能です。危険や恐怖を感じたときに、私たちの身体が反応するのは自律神経(交感神経・副交感神経)の働きによるものです。そのため、社会不安障害(あがり症)で感じてしまう強い不安や恐怖の原因も自律神経の働きが関係しているといえます。そこで今回は、自律神経(交感神経・副交感神経)の働 [続きを読む]
  • 社会不安障害/あがり症になりやすい性格と体質について
  • 社会不安障害/あがり症になりやすい性格と体質について極度のあがり症「社会不安障害」は心の病気のひとつです。そのため、人前でうまく話せないのは「内気な性格だから」「消極的だから」「緊張しやすい体質」などでかたづけられるものではありません。とはいえ、あがり症(社会不安障害)になりやすい性格や体質があるのは確かです。どんな性格や体質の人が病気になりやすいのでしょうか。あがり症になりやすい性格や体質とは? [続きを読む]
  • 社会不安障害と症状が似ている病気や障害
  • 社会不安障害と症状が似ている病気や障害精神疾患(病気)の中には、社会不安障害(極度のあがり症)と似ている症状がみられるものもあります。同じような症状であっても、違う病気であれば治療方法も変わり、まずは正しい診断を受けることが大切です。対人関係が苦手な病気社会不安障害は、不安や恐怖を抱き人前に出られなくなる病気ですが、対人関係が苦手になる精神疾患は他にもいろいろあります。人前に出ると緊張してしまい、 [続きを読む]
  • 社会不安障害(あがり症)は脳の過剰反応?脳内物質との関係は?
  • 社会不安障害(あがり症)は脳の過剰反応?脳内物質との関係は?人間も含めて生物には、様々な危険から身を守るために本能として不安や恐怖を感じる機能があり、不安や恐怖を感じることは心の自然な反応です。しかし、社会不安障害(極度のあがり症)の場合、危険や不安に反応する脳の反応が敏感すぎて、過剰反応してしまうのです。あがり症の原因は脳の過剰反応?人間が感じている不安や恐怖は、脳によってコントロールされており、 [続きを読む]
  • 社会不安障害・あがり症の体験談と具体例①
  • 社会不安障害・あがり症の体験談と具体例①人前だとすごく緊張してしまう、声や手が震えてしまう、つらい、恥ずかしい、逃げ出したい、といったような状態は極度のあがり症「社会不安障害」である可能性があります。社会不安障害の本人にとってみれば、「自分だけが悩んでいるの?」「他にも同じように悩んでいる人はいないの?」と気になるものです。社会不安障害(あがり症)の体験談と具体例そこで今日は、次の3つの社会不安障 [続きを読む]
  • あがり症は結婚できない?無職・ニートも多い|社会不安障害
  • あがり症は結婚できない?無職・ニートも多い|社会不安障害極度のあがり症「社会不安障害」の人は、強い不安や恐怖を感じることが多く、日常生活でも様々な支障や問題が生じているものです。社会不安障害(あがり症)は、社交不安障害とも呼ばれることがり、人と関わるシチュエーションに不安や恐怖を抱く病気です。そのため、異性との人間関係である恋愛や結婚、たくさんの人と一緒に仕事をする会社での人間関係、地域や近隣にお [続きを読む]
  • 極度のあがり症は性格?治療しても治らないの?【社会不安障害】
  • 極度のあがり症は性格?治療しても治らないの?【社会不安障害】あがり症も極度になると、人前に出ると緊張してしまい、うまく言葉が出てこない、頭の中が真っ白になる、息苦しくて汗が出てくる、手足がふるえる、といった症状がみられます。あがり症はその人の性格や個性の問題であって、病気や障害ではないので治療で治るようなものではない、と考えられていますが、専門的な観点からはどのようにとらえられるのでしょうか。あが [続きを読む]